カルーセル バナー。 カルーセル表示実装ならjQuery「blog.grandprixlegends.com」が簡単でおすすめ

スライドバナー/カルーセルに必要なのは「切り替え矢印」ではなく「ラベル」

カルーセル バナー

スポンサードリンク カルーセル表示の細かい設定が可能な「slick. js」自由度も高く、レスポンシブにも対応 上記サイトにて動作デモが確認出来ます。 カルーセル表示と一言でいっても見た目や動きは様々です。 複数アイテム同時に切り替わってほしい、自動的に動いてほしい、水平方向・垂直方向の動きを切り替えたいなど細かい指定はたくさんあると思います。 デモを見てもらえばわかりますが「slick. js」を使えば大抵のことはオプションを指定するだけ出来てしまいます。 カルーセル「slick. js」を導入している事例 実際に導入しているショップがないか探してみました。 そして、見つけたのが楽天ショップオブザイヤー受賞の常連のを見るとカルーセル表示を使って商品を陳列しています。 バナーが並んでいる部分より少し下にある 新着アイテムを表示している部分にカルーセル表示が使われています。 5つのアイテムが並んでおり自動的に5つのアイテムがスライドする仕組みになっています。 可愛らしいドレスが次々と切り替わるので見ていても思わず注目してしまいます。 簡単な実装方法について より、赤枠のボタンをクリックしてファイルをダウンロードしてください。 ダウンロードしたファイルの中から slick. css slick-theme. css slick. min. js fontsフォルダ一式 の3つのファイルとfontsフォルダを使います。 また、よりjquery. min. jsもダウンロードしてください。 1枚ずつ切り替えるカルーセル表示について 実装サンプル1 サンプルソース sample1. single-item'. htmlファイルと同一フォルダ内に各ファイルを配置した状態なので、各自の環境に合わせて書き換えてください。 fontsフォルダもcssファイルと同一階層に配置するのを忘れないで下さい。 忘れると左右の矢印、下側のドットナビが表示されません。 7行目から11行目 カルーセル化したいclass名を実行時に指定しています。 実行時にはオプションを指定して動き・見た目を指定することが可能ですが、このサンプルはオプション指定は何もしていない状態です。 13行目から20行目 カルーセル表示したい部分のタグ記述です。 を実行時のクラスで指定しているかと思います。 内側のカルーセル表示したい部分1つ1つはで囲まれています。 このサンプルは画像しか記述していませんが実際に商品を陳列する場合はリンク、商品名、価格などの情報を記述することになるかと思います。 22行目から30行目 表示位置、見た目等の微調整をしてます。 背景が白の場合左右の矢印も同色となってしまったので背景に色を付けています。 動作サンプル 指定出来るオプションを一部紹介 実行時に指定出来るオプションも豊富です。 以下に一部を記述(詳細は公式サイトを確認ください。 ) nfinite 無限ループの有り無しを設定 arrowsは 矢印の有り無しを設定 accessibility 矢印キーの操作の有無 autoplay 自動実行の有無 autoplaySpeed 自動実行時のスピード arrows 左右の矢印のナビゲーション有無 dots 下部のドットのナビゲーション有無 draggable ドラッグ操作有無 fade フェード有無 infinite 無限ループ有無 pauseOnHover オートプレイ時のホバーで停止 responsive レスポンシブ設定 slidesToShow 表示するスライド数 slidesToScroll スクロールするスライド数 speed 切り替えスピード設定 swipe スワイプ操作の有無 vertical 縦方向 オプションを指定した記述について さきほどのサンプルソースにベースにオプション指定をしてみます。 サンプルソース sample2. multiple-items'. ナビゲーションの設定、表示数の設定、スライド時の移動する数など 垂直方向への自動スライドを指定(vertical:true を指定 自動的にスライドさせるのも簡単 結構需要があると思われる自動的にスライドさせるのも簡単です。 自動実行に関するオプションを指定するだけ autoplay: true, autoplaySpeed: 4000, サムネイル表示にも対応 H30. 10 slick. jsがバージョンアップされており、サムネイル表示にも対応していましたので追記しました。 slick. jsだけで色々な表現方法ができるのはありがたいですね。 main-item'. thumb-item'. 画像の数を増やす場合は、内側のdivタグを追加していきます。 メインを1つ追加したらサムネイルエリアにも追加するようにしてください。 また、スクリプトの記述についてですが、3行目から10行目がメインエリア、11行目から16行目がサムネイルエリアに対する動作を設定しています。 スライドの表示数、移動数など設定しています。 asNavForで連動させるサムネイル、メインのクラスを指定しています。 ここでは、指定していませんが自動スライドなどと組み合わせることも可能です。 サムネイル実行サンプル サムネイル画像をクリックするとメイン画像も連動して移動するようになっています。 いかがでしょうか、基本的な部分を抑えるだけでもある程度のことは出来てしまいそうですね。 レスポンシブやスワイプにも対応しているのですが、今回は一部しか紹介できていません。 また機会があればその他のオプション指定などについても紹介できたらとは思います。 それでは、ぜひ活用してみてください。 slick. jsを使った別サンプル おすすめ! こちらの記事を参考にスライダーを表示しようと思ってます。 サーバーにUPする階層が悪いのか、表示できずに困ってます。 min. js(今DLするとこの名前でした) slick-theme. css slick. css slick. min. js と同じ階層にUPしています。 fontフォルダもフォルダごと同じ階層にしてあります。 どこが間違えているのか分からずお手上げになってしまいました。 お忙しい所誠に申し訳御座いませんが、ご教授頂けると助かります。 恐れ入りますが宜しくお願い申し上げます。

次の

blog.grandprixlegends.com:アップル風カルーセルUIは意味があるのか?

カルーセル バナー

スライダー・カルーセル・ローテーションバナーのデメリット 1.バナーブラインドネス効果が発生するリスクがある 人は無意識のうちにサイト内にある広告を無視しようとする傾向があります。 そのため伝えたい情報を詰め込んでいるはずなのに無視されてしまうリスクがあります。 脈絡のない内容を続けると、より広告風に見えてしまう可能性が高まるので採用するにしてもストーリーを持たせるなどの対策が必要です。 自動スライドの間隔次第で不快感を与える可能性がある バナーの内容次第で読み込める時間は変わります。 その内容が一定であれば問題ないですが、読み込むのに時間がかかるのであればユーザーが読み込む前にスライドが移動してしまい不快感を与えます。 スライドを表示する順番や量が適切でないと伝えたい内容が伝わらない。 当然ですが表示される順番にクリックされる回数は変わります。 また最初とそれ以外でも大きな違いがあります。 またメッセージが多すぎるとユーザーは全てを認識できません。 伝えたいメッセージは極力厳選しましょう.

次の

インスタグラム広告のサイズやバリエーションを紹介

カルーセル バナー

当ブログはレスポンシブWebデザインなので、グローバルメニューやサイドメニューなどのUIが端末の閲覧幅により可変します。 特にスマホ閲覧ではサイドバーが本文の下部に回り込み、フッターと連続したメニュー構成になります。 大概のレスポンシブサイトの左右カラムは当ブログと同様に反応するか、サイドメニュー自体をCSSで非表示にしています。 そのため、スマホユーザーは表示領域の狭さと相まって、ページ下段に場所を移したサイドバー掲載のおすすめ商材メニューを目にする機会が極端に減ってしまいます。 それはアナリティクス解析の直帰率の高さからも容易に想像することができます。 スマホ環境には、こうした内部リンクからの成約を妨げる要因があり、スマホユーザーの行動を制限してしまいます。 管理者の私かコアなファンでない限り、フッター付近のおすすめ商材リンクバナーまで辿り付くアクションはそう簡単に取って貰えません。 本来であればおすすめ商材は、さりげなくではありますがスマホのファーストビュー(アクセス時の初期表示領域)に表示したいものです。 ただし、ヘッダーに推奨商材をはめ込んだ、アフィリエイト報酬欲しさ丸出しの露骨な掲載スタイルは採りたくないので、なかなか良い案が浮かばず、しばらく放置していました。 何か良いアイデアはないものかと漠然と思っていたところ、Googleのスマホ検索結果にヒントがありました。 あるアーティストを検索した際、アルバムCDのサムネイル画像とキャプションがカルーセルパネルで表示されていたのです。 カルーセルとは、メリーゴーランドがクルクルと同じ場所で回転するように、Webページの定位置で複数の画像が横にスクロールする機能を指します。 ギャラリー風スライドショーといえば簡単にイメージできるでしょうか。 自動で動くスライドショーと違うのは、スマホユーザーが指でスワイプして画像が横にスクロールする点です。 スマホの狭い画面で勝手に動く、スクロール機能や画面下部に貼りついたオーバーレイ広告などは、ユーザーがページに集中する妨げとなり、敬遠されがちです。 ユーザビリティ上も、好ましくないというアンケート結果が出ているため、スクロールはユーザーに任せることにしました。 カルーセルパネルは狭いエリアに複数のコンテンツを表示させることができるため、スマホにとってベストな選択であると判断し、早速作業に取り掛かりました。 WordPressのカルーセルプラグインがないので「Owl Carousel 2」を利用 先ずWordPressのプラグインを探しましたが、私の希望を満たすものはありませんでした。 あまり用途がないのでしょうか、そもそもカルーセル機能を持つプラグイン自体見つかりません。 今回のスマホ用カルーセルパネルの要点は次の通りです。 WordPressへの設置• レスポンシブ対応(この時点ではパソコン表示も視野に入れていた)• Google検索結果で見たようにカルーセルパネルの左右にある画像の端が少し見え、スクロールを促すもの• (カルーセルだから当たり前だが)無限ループするもの あれこれ悩み、結局は「Owl Carousel 2」というjQueryスクリプトを利用することにしました。 「Touch enabled jQuery plugin that lets you create a beautiful responsive carousel slider. 」というサブタイトルが付いた無償jQueryプラグインです。 今回は上記のスマホ用カルーセルパネルの要点を満たした「stagePadding」タイプを採用しました。 このサイトからソースをダウンロードします。 この記事を書いている時点では「Owl Carousel Source - 2. 0-beta. 4」が最新です。 トップページのボタンよりダウンロードファイルがリンクされています。 ダウンロードファイルを解凍し、次の3ファイルを抜き出します。 carousel. min. carousel. min. css• theme. default. min. css WordPressへの書き出し CSSファイル WordPressテーマのheader. phpに次のCSSを追加します。 CSSファイルの格納ディレクトリは適時変更してください。 carousel. min. theme. default. min. トップの場合は、トップ用ファイル(home. phpなど)。 カテゴリ一覧はcategory. phpかarchive. phpなど。 詳細ページはsingle. phpになります。 owl-carousel' 」と連動しますので、同じクラス名にしてください。 5行目の配列のパラメーターは次の通りです。 例は10件。 例はランダム表示。 10行目で記事に設定したアイキャッチ画像を呼び出しています。 11行目のID,'carousel-title',true ;? カスタムフィールドが分からない場合は、ページタイトルを表示するなどに変更してください。 jsファイル JavaScriptファイルを読み込みます。 header. phpに記入した際、当アフィリ課ではjQueryが競合したため、footer. phpの直前に記入しました。 また、WordPressのテーマによってはjQueryを既に読み込んでいる場合がありますので、1行目から4行目までは不要な場合もあります。 window. jQuery document. carousel. min. owl-carousel'. ここで使用したカルーセル表示をコントロールするオプションは次の通りです。 stagePadding: 20,(両端画像のはみ出し幅)• loop:true,(無限ループ)• margin:10,(画像間の幅)• responsive(レスポンシブ対応。 表示幅が0から600pxまでは画像3個、600px以上は5個を表示) その他のオプションはOwl Carousel 2 公式サイトの「」から確認することができます。 functions. php(スマホのみ表示の場合) カルーセル表示はスマホ向けとしてパソコンでは非表示としました。 当ブログはレスポンシブWebデザインのため、CSSで対応することも可能ですが、functions. phpに下記コードを追加して、プログラムでスマホのみの表示としました。 何もない場合は空白。

次の