高 レベル の 危険 アカウント が ハッキング さ れ まし た すぐ に パスワード を 変更 し て くだ さい。 ライブラリ

「Amazonお支払い方法の情報を更新してください」というメールを分析する

高 レベル の 危険 アカウント が ハッキング さ れ まし た すぐ に パスワード を 変更 し て くだ さい

それに加えて、最近は日本国内の取引所もコインチェックはまだ通常運転にもどっておらず、ビットフライヤーもZaif(ザイフ)も注文がうまく通らなかったりなど、使いにくさが顕著になってきています。 更にクラーケンはセキュリティーの高さには定評があるため安心して取引ができます。 ではさっそく見ていきましょう。 Kraken(クラーケン)でアカウントを作る これがクラーケンのトップページです。 わかりやすく目の前にCREATE AN ACCOUNTとありますね。 Emailアドレス、Username、そしてPasswordを入れましょう。 もし日本語でやりたければ、ページの一番下まで行き、 LanguageのところでJapaneseを選べば…このように日本語ですすめることができます。 メールアドレス、ユーザー名、パスワードを記入したあと「私はKrakenのサービス利用規約とプライバシーに同意します」のボックス(赤丸)のところをクリックして、新規登録を押せば完了です。 少しして、クラーケンから登録したメールアドレス宛に下記のようなメールが来ます。 赤丸がついているリンクをクリックしてアカウントを有効化します。 すると下のようなページが出てきます。 そしてアカウント確認を押します。 するとこのような青字で登録完了のお知らせが出ましたら、アカウント登録完了です。 認証レベルを上げる アカウントを作ったばかりだと、認証レベル0なので、何もすることができません。 自分の個人情報を入力することによって、認証レベルを上げていきます。 ページ上部の認証申請をクリックすると、認証レベルの一覧表が出てきます。 二段階認証で自分のアカウントのセキュリティーをより強固なものにする。 二段階認証とは自分が最初に設定したパスワードとは別に、もう一つパスワードを設定して、自分のアカウントを外部から守るためのものです。 どこの取引所でも、ほぼすべての仮想通貨を取引している人もこの2段階認証をお勧めしています。 すこしめんどくさく感じるかもしれませんが、とても大事なことなので設定しましょう。 セキュリティーのタブに行き、二段階認証をクリックします。 いつ二段階認証を確認するようにするか設定することができます。 アカウントログイン時だけなのか、ログイン、取引、入出金の時すべてに二段階認証を付けたいのか、設定をします。 ここでは試しにアカウントログインの二段階認証をしてみます。 アカウントログインをクリックすると写真のように、二段階認証のやり方が4つの中から選べます。 Yubikeyはわからないので飛ばしますが、パスワードは一番最初に作ったパスワードとはまた 別のパスワードを設定します。 Google認証はGoogle Authenticatorというアプリをダウンロードする必要があります。 このアプリを使いQRコードを読み込んで、ログインの際にこのアプリが表示した数字を打ち込むという方法です。 TOTPは(Time-based One Time Password の略で、一定時間たつとGoogle Authenticatorが新たなパスワードを発行します。 HOTPは(HMAC One Time Passwordの略で、ログインのたびに、Google Authenticatorが別のパスワード作ります。 Google認証が一番安全ですが、仮想通貨自体が初めてで、Google Authenticatorの使い方がわからない場合は最低パスワードだけでもいいので、自分の二つ目のパスワードを設定しましょう。 Google Authenticator は安全な二段階認証の手段ですが、Google Authenticator自体のバックアップが取れないため、何の準備もなしに携帯の機種変更や、携帯をなくした場合、自分のアカウントに入れなくなる恐れがあります。 その辺のことはくりぷとさんが、わかりやすくまとめてくれているので、時間のある人はぜひ読んでみてください。 【仮想通貨】機種変でハマった2段階認証アプリの注意事項|渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログ — くりぷと 暗号通貨ライター CryptoBloger 以上でアカウントの開設、二段階認証の設定は完了です。 あとはお金を入金すればいつでも取引を始められます! 入金のやり方 まずは一番上のタブの入出金をクリック、そしてそのすぐ下の赤枠で囲まれた入金をクリック 日本円入金の場合は日本円をアメリカドルの場合は米ドル(USD)をお選びください。 あとは説明に従って、銀行に振り込みます。 日本円の場合は最小入金金額5000円、アメリカドルの場合は20ドルです。 実際に仮想通貨取引をしてみよう 成行注文 上部タブの取引をクリックすると上の写真のような画面が出てくると思います。 まず成り行き注文(今現在のビットコイン価格で取引する)か指値(最初に、ビットコインがこの値段までいったら、取引をコンピューターが自動でしてくれる)を決めます。 上の写真は成行注文の画面です。 XBT(ビットコインの略称)の欄に自分が欲しい量のビットコインを記入します。 00なので、少しだけビットコインを買いたい場合は、例えば0. 19とでます。 つまり約10ドル分のビットコインを買うということですね。 10ドルだけ買いたいのであれば、あとはUSDを売ってXBTを買うという緑のボタンをクリックします。 すると自分の注文のサマリーが出ます。 もし本当にこの条件で買いたいのであれば、注文を送信を押して、注文完了です。 指値注文の場合 0. 00を入れました。 そして緑のUSDを売ってXBTを買うを押して、注文サマリー画面でもう一度自分の注文をチェックして、注文を送信を押して、注文完了です ちなみにもっと細かく注文の設定をしたいという方は、画面左上部の、中級、上級をクリックすれば、注文をさらに詳細に設定できます。 以上が、クラーケンでのアカウント開設から、二段階認証の設定、仮想通貨トレードまでの工程でした。 これで好きなように仮想通貨をトレードできます! お疲れさまでした。

次の

blog.grandprixlegends.com:「PCをハッキングして盗撮したぞ」と脅迫される事件の教訓

高 レベル の 危険 アカウント が ハッキング さ れ まし た すぐ に パスワード を 変更 し て くだ さい

「あなたのPCをハッキングし、ウェブカメラで盗撮した」といきなり脅迫されたら、あなたは平静でいられるだろうか? 2018年7月頃から、「あなたがポルノを見ている様子を録画した」と脅迫されるメールを受け取ったという報告が急増している。 この脅迫メールには、パソコンをハッキングした証拠として、「メールで利用しているパスワード」が書かれているほか、ムービーを公開されたくなければ1400ドル(およそ15万円)をビットコインで支払うようにとの要求がある。 この詐欺行為による被害額は50万ドル(およそ5500万円)を超えたという()。 多くの詐欺がそうであるように、このメールの送り主は、実際にパソコンをハッキングしているわけではない。 ただメールを受け取った側にしてみれば、自分の使っているパスワードが表示されているため、「ハッキングされてしまったかも」と勘違いしてしまいやすいのがポイントだ。 なお、このパスワードがどこから流出したのか、まだ正確な情報は得られていないという。 この事件の教訓はなんだろうか? まず、「あなたのパソコンをハッキングした」などと脅迫するメールが届いたら、あせって行動しないことだ。 「ウイルスを検出した」などという警告画面でユーザーを動揺させ、ウイルスに感染させたり、不正なアプリをインストールさせたりする「」も流行している。 宛先が不明なメールはむやみに開かないこと、セキュリティ対策ソフトなどをインストールしておくことが肝心だ。 なお、パソコンのウェブカメラのハッキングが気になる、あるいはうっかり不正なアプリに悪用されてしまいたくない……という場合、記事冒頭の写真のように、付箋などで直接ふさいでしまうのも一つの方法といえる。 もう一つ注意しておくことがある。 今回の件に関しては、サイバー犯罪者が、流出したパスワードを不正に入手している可能性がある。 あるサービスからパスワードが流出してしまうと、ほかのサービスでも同じものを使いまわしている場合、それらすべてに不正アクセスされてしまう可能性がある。 つまり、パスワード管理に気をくばる必要もあるだろう。 パスワードを設定する際には、推測されにくいよう、アルファベットと数字や記号を入れ込んだものにしておきたい。 パスワード管理ソフトを使うのも有効だ。 クラウド経由でデータを共有できるソフトなら、パソコンからでもスマホからでもパスワードが同期されてすぐに使える。 さまざまなSNSやウェブサービスなどを利用するのが当たり前の昨今にあっては、セキュリティ対策の一環として、パスワードを強力なものにしておく必要がある。 今回は、McAfee Blog「パスワードセキュリティの過去、現在、未来。 そして管理の3つのポイント」を紹介する。 パスワードセキュリティの過去、現在、未来。 そして管理の3つのポイント かつて、パスワードは物理的な壁を超えるために使われていました。 秘密の集会に参加するための合言葉や金庫を開けるための暗証番号など、枚挙にいとまがありません。 デジタルの時代に突入し、パスワードは、私たちのSocialアカウントから電子メールに至るまであらゆるものに鍵をかける、個人情報のゲートキーパーという役割を担うようになりました。 時代は変わっても、アクセスできなかった場所へのアクセスを可能にするというパスワードの役割は変わりません。 つまり、パスワードを安全に管理することが極めて重要なのです。 5月2日はWorld Password Day(世界パスワードデイ)でした。 パスワード管理方法が時代と共にどのように変化してきたのか、パスワードセキュリティの過去、現在、そして未来について触れてみたいと思います。 目次 過去 多数のパスワードを管理することは大変です。 以前は、パスワードを紙切れやノートに書いて管理していました。 このような手間が原因で、ユーザーは同じパスワードを複数のアカウントに使い回す傾向がありました。 さらに、ユーザーは覚えやすいように、できる限りシンプルなパスワードを作る傾向にあります(愛犬の名前や誕生日など)。 現在 残念ながら、現在もこうした傾向に大きな変化は見られません。 今年のアンケート調査からも、パスワードのセキュリティは、まだまだ万全ではないことが明らかになりました。 アンケートに回答したユーザーは、パスワードが必要なオンラインアカウントを平均23個所有しています。 しかし、それに対して使用しているパスワードは平均で13個でした。 つまり、パスワードのリストがこの世から無くなるのは、まだまだ先のことになりそうです。 ユーザーが実際にパスワードを忘れてしまうと、状況はさらに悪化してしまいます。 未来 うれしいことに、パスワードセキュリティの未来は明るいと言えます。 生態認証、多要素認証などの高度なテクノロジーを採り入れた最先端のパスワードソリューションがすでに利用されています。 現に一部のウェブブラウザはパスワードの完全撤廃を目指しています。 今後、こうしたソリューションは増えていくことでしょう。 これ以外にも、未来のセキュリティに備えて、ユーザーが個人で取ることのできる対策もあります。 パスワードに第一のセキュリティ関門としての役目を、確実に果たしてもらうためのポイントを以下にご紹介します。 すでに他のブログでお伝えしていることと重複している部分もありますが、ご一読いただき、ご自身のパスワード管理について振り返るきっかけにしていただければと思います。 パスワード管理の3つのポイント: 1. 強力なパスワードを作成: パスワードは、私たちのデジタル生活への鍵です。 不正にアクセスされることがないよう、必ず、強力で固有のパスワードを作成してください。 数字、小文字と大文字、記号を織り交ぜてください。 パスワードは、複雑であるほど破られ難くなります。 また、「12345678・・・」などの連番や「password」など、よく使用され、簡単に暴かれてしまうようなパスワードは避けましょう。 文字数は、だいたい8文字以上求められますが、可能な範囲で長めに(13文字など)しましょう。 1桁増えるだけで、解読までにかかる時間が増大します。 アカウントごとに異なるパスワードを使用: 各アカウントに異なるパスワードを使用することで、ハッキングされた場合に、すべてのアカウントが危険にさらされる状況を避けることができます。 多数のパスワードを管理することは大変だと感じるかもしれませんが、アカウントの安全を確保するための有効な対策です。 パスワードマネージャーを使用: パスワードマネージャーを導入し、セキュリティレベルを上げてください。 パスワードマネージャーを使うことで、強力なパスワードの作成や、多数のパスワードを覚えなければならないという問題が解消され、利用頻度の高いウェブサイトには自動的にログインできるようになります。

次の

『ハッキングされています! すぐにパスワードを変更してください!』を受信したらどうすべき?(迷惑メールへの対処方法)

高 レベル の 危険 アカウント が ハッキング さ れ まし た すぐ に パスワード を 変更 し て くだ さい

キュリオステーションブログをご覧くださいまして、ありがとうございます! この記事では「迷惑メール『ハッキングされています! すぐにパスワードを変更してください!』を受信したらどうすべき?」についてご紹介いたします。 件名は「-自分のメールアドレス-ハッキングされています! すぐにパスワードを変更してください!」 メールの件名に自分のメールアドレスが記載され、かつ「ハッキングされています! すぐにパスワードを変更してください!」と注意を促す文章のメールを受信しました。 ハッキングされているとメールで知らせてくれるのは親切なのかな?注意喚起にしては物騒なタイトルだし、まともな送信者からのメールなのかな?と思いながら本文を確認して驚きました。 こんなことがあるのか!と。 受信したメールの件名にも、本文にも自分のメールアドレスが表示されているのですが、驚いたのはその本文に示されている見覚えのあるパスワードの文字列です。 今は使っていないパスワードですが、以前本当にパスワードとして使っていたことのある文字列ですから……これはヤバいかもしれないぞ…… ですが、そのメールに書いてあることを実行する必要はありません! 以前にもご紹介したことがあり、お約束のご案内だとは思いますが、迷惑メールの送信者(攻撃者)は悪意を持って迷惑メールを送信していますから、メール受信者が心配になるような仕掛けをたくさん用意しています。 メールの内容を確認すればするほど、メールの本文を読めば読むほど、「もしかしたら……」「そんな訳は無いはずだけど……」と、不安を煽るようにできています。 そんな術中にはまらないように気をつけましょう。 不安な気持ちになったら、コーヒーや紅茶など、ご自身の好きな飲み物を淹れて一息つきましょう。 迷惑メールの本文全容 こんにちは! 私はあなたに悪い知らせがあります。 2019年 xx月 xx日 — この日、私はあなたのオペレーティングシステムをハッキングし、あなたのアカウント( xxx curiostation. com)にフルアクセスできました。 その日のあなたのアカウントパスワード( xxx curiostation. com)は: 【ここにウェブサービスで本当に設定したことのあるパスワードが記されていました】 それはどうだった: その日接続していたルータのソフトウェアには、脆弱性が存在しました。 私は最初にこのルータをハックし、その上に悪質なコードを置いた。 インターネットに接続すると、私のトロイの木馬はあなたのデバイスのオペレーティングシステムにインストールされました。 その後、私はあなたのディスクの完全なデータを保存しました(私はすべてあなたのアドレス帳、サイトの閲覧履歴、すべてのファイル、電話番号、あなたのすべての連絡先のアドレス)を持っています。 あなたのデバイスをロックしたかったのです。 ロックを解除するために、私はお金がほしいと思った。 しかし、私はあなたが定期的に訪れるサイトを見ました, そしてあなたのお気に入りのリソースから大きなショックを受けました。 私は大人のためのサイトについて話しています。 私は言う — あなたは大きな変態です。 無限のファンタジー! その後、アイデアが私の頭に浮かんだ。 私はあなたが楽しんでいる親密なウェブサイトのスクリーンショットを作った 私はあなたの喜びについて話しています、あなたは理解していますか?. その後、私はあなたの喜びの写真を作った あなたのデバイスのカメラを使って. すべてが素晴らしくなった! あなたの親戚、友人、同僚にこの写真を見せたくないと強く信じています。 それに、私はあなたに多くの時間を費やしました! 私はBitcoinsだけを受け入れる。 私のBTCウォレット: 1LCmNKBd4RC4aJJDxGSeFEQfjA3sUsQXum Bitcoinウォレットを補充する方法がわからないのですか? どの検索エンジンでも、「btc walletにお金を送る方法」と書いてください。 クレジットカードに送金するよりも簡単です! お支払いの場合は、ちょうど2日以上(正確には50時間)をご提供します。 心配しないで、タイマーはこの手紙を開いた瞬間に始まります。 はい、はい。 それはすでに始まっています! 支払い後、私のウイルスと汚れた写真は自動的に自己破壊されます。 私はあなたが賢明であることを望みます。 — 私のウイルスを見つけて破壊しようとしないでください! (すべてのデータはすでにリモートサーバーにアップロードされています) — 私に連絡しようとしないでください(これは不可能です;送信者のアドレスは自動的に生成されます。 ) — 様々なセキュリティサービスはあなたを助けません。 あなたのデータは既にリモートサーバー上にあるので、ディスクのフォーマットやデバイスの破壊は役に立ちません。 私は支払い後にあなたに再び邪魔をしないことを保証します。 これはハッカーの名誉のコードです。 これからは、良いアンチウィルスを使用し、定期的に更新することをお勧めします(1日に数回)! 私に怒らないでください、誰もが自分の仕事をしています。 お別れ。 〜本文終わり〜 こちらもやはり文章がおかしいですね! メール本文の文章は翻訳サービスを利用して、外国語から日本語へ翻訳をしているものと思われます。 意味不明な文言や意味不明なこともありますが、概ね伝わる文章なので、ますます心配になるかもしれませんが、気にしなくて大丈夫です。 文中の「あなたは大きな変態です。 無限のファンタジー!」を読んだところでは、笑いを堪えることができませんでした。 わたしは大きな変態ではありません!! メール送信者の目的とは? 本文中にありますが、仮想通貨の詐取です。 このメールでは、778ドルをビットコインで支払うように要求しています。 当然、支払う必要はありません。 メール本文に説明されているような脅威は真実ではありません。 メールを受信したら、どうすれば良い? メールを削除しましょう。 まったく知らない送信者からのメールや、自分のメールアドレスが送信者になって件名が外国語のような怪しげなメールは開かないことも大切です。 実はこの迷惑メール、パスワードの漏洩について知らせてくれました これはヤバイかもしれないと思いながら、思い当たる節はないか記憶を巡らせてみました。 メールアドレスが収集されて悪用されるということはもはや防ぎようは無く、これを問題とするよりは対応策を身につけるべきところではありますが、パスワードとのセットはさすがに危ないところです。 (今回記されていたパスワードは5年以上前に利用していたことのある、アルファベットと数字だけの簡単なパスワードでした) なにしろ、多くのウェブサービスにおいて、メールアドレスとパスワードのセットはそのサービスを利用するために個人を特定するための情報であるからです。 私しか使えないはずのサービスが、メールアドレスとパスワードのセットが漏洩することで、悪用される可能性が激増します。 このメールアドレスとパスワードをセットで利用しているサービスがあるならば 今すぐ、そのウェブサービスにログインしてパスワードの変更を行ってください。 どのサービスで利用しているかわからない場合は、念のためよく使うサービスに登録しているメールアドレス(ログインID)、パスワードを確認しておきましょう。

次の