エラー が 発生 したため iphone を 復元 できません で した。 iPhone復元できない?専用のiPhone復元ソフトを試したら?

【2020年】iTunesやiCloudからiPhoneバックアップが復元できない症状と対処法をまとめ!

エラー が 発生 したため iphone を 復元 できません で した

先日、iPhone7を購入した際、いつものように古いiPhone6Sから新しいiPhone7にデータを移そうとしましたが、とあるエラーでつまづいてしまいました。 なんだかんだ半日以上もあーだこーだ手こずったので、今後の為にメモしておきます。 何故かうまくいかない いままでなら、データの移行というと• iTuneにてバックアップ• 新しいをUSBで繋いで復元 っていう、2ステップで簡単終了のはずなんですが、今回はなぜか途中で 「を復元できませんでした。 不明なエラーが発生しました(***)」 なんていうエラーが出て先に進みません。 いつものように、のバーが進んでいきますが、さんざん待った挙句の最後に上記のエラーです。 カッコ内にはエラー番号がありましたが、確か4000番台だった気がします。 仕方ないのでDFUモードを試す もう初代の頃からを使ってきたので、何か困ったときにはDFUモードっていうのが体に染み付いているので、今回もとりあえずDFUモードにしてもう一度チャレンジしてみます。 support.. com 対処法は以下の通り。 最新バージョンの をインストールします。 コンピュータおよび デスを再起動します。 または パソコンのアップデートがないか確認します。 アップデートの際にコンピュータを再起動した場合は、再起動後にもう一度アップデートがないか調べてください。 別の USB ケーブルを使ってデスを復元してみます。 別のコンピュータでデスを復元してみます。 デスを強制的に再起動します。 何をやってもダメ……まさかの文鎮かい? 一応全部やりました。 ケーブル変えたり、他のマシンにしたり、挙句の果てにMacBookAirでやってみたり。 とにかく起動さえしてくれれば、復元できなくても最初から設定し直しでもOKだから……とか思いつつやりましたがダメ。 普通に起動すらせずに例のエラーで止まり、本体は虚しくiTuneへ接続してくださいのスタート画面になるだけ。 朝イチから始めた作業も、この時点でもう夕方になってました。 おいおい、これはいわゆる文鎮ってやつですか?? 頭にはそんな言葉がよぎります。 救世主登場!! 更にで調べていく さらに調べていくと、こんなページを発見。 このDr. Foneってので色々と調べてみると、本来などのバックアップをするためのソフトらしいんですけど、どうやらこれで あの忌まわしいリンゴループから救出することが可能とのこと……。 でも怪しいソフトっぽいし、買うのためらうなぁ……と思っていたら、なんと この修復機能はお試し版でも利用可能だって言うじゃないですか。 これはもうやってみるしかないでしょ。 タダでできるならやらない手はない 内心、うそだぁ~~怪しいだろ?と思いつつ、インストールして立ち上げてを接続すると、丁寧に「起動障害から復元」というメニューがありました。 恐る恐る、このメニューを選択して、開始ボタンを押してみると……。 なんと!!! 1分も経たずに作業は終了してが普通に立ち上がっているじゃぁないですか!! (ちょっと興奮のあまり、途中経過をあまり覚えていないので、作業の詳細はソフトの説明サイトを御覧ください) まとめ というわけで、ちょっと怪しい「Dr. Fone for 」ですが、こいつを使うと、 立ち上がらなくなってしまったを超カンタンに救えてしまうかもしれないので、もし困っている方がいるなら、ちょっと試してみると良いと思います。 Snail.

次の

エラーが発生したため、iPhone&#…

エラー が 発生 したため iphone を 復元 できません で した

iTunesを使用してiPhone、iPad、またはiPodを更新または復元すると、エラーコードまたはアラートが表示されます。 これは通常、 iTunesエラー! エラーが発生したため、iTunesに会ったときの対処方法はiPhoneを復元できませんでしたか? iPhoneはガジェットの最も人気のあるブランドの一つでも、さまざまなエラーを逃れることはできません。 何人かはちょうど「あなたはそれをもう一度やり直そうとしましたか?」と言うでしょう。 これはうまくいくかもしれません。 エラーはすべてのガジェットの一部であると思われ、デバイスはそれではなく、デバイスにポップアップするたびにミニハート攻撃を受けます。 最近のiOSでは、アップデート、復元、内部接続、ハードドライブの問題のいずれかによって多くのエラーが発生しています。 それらのうちのいくつかは、操縦と修正が容易です。 この記事では、異なるiTunesエラーを修正する方法を説明します。 1:iDeviceを復元または更新する際にiTunesのエラーが発生しました。 デバイスの復元や更新中に異なるエラーが発生した可能性があります。 あなたは " このデバイスは復元できませんエラーXXX以前のiTunesからのメッセージで、ちょうど何が起こったのか疑問に思いました。 一般的なエラーは通常、単純なもののために存在します。 したがって、iDeviceを更新または復元するときに最初に検討する必要があることがあります。 ここにいくつかあります:• 安定したインターネット接続。 更新と復元には完了するまでに時間がかかるため、強力なインターネット接続が必要です。 あなたが切断されたり、インターネットがプロセスの間に減速し始める場合は、あなたがiTunesのエラーに遭遇する大きなチャンスがあります。 以前より速度テストを行い、Wi-Fiルーターが正常に動作することを確認してください。 ファームウェアの問題。 お使いのデバイスに適したファームウェアがインストールされていることを確認してください。 そうしないと、エラーが発生することが保証されます。 セキュリティソフトウェア。 場合によっては、アンチウィルスとファイアウォールを無効にして、認証をブロックしないようにする必要があります。 あなたのハードドライブとセキュリティソフトウェアの間に誤解があるからです。 この問題は、主にエラー2、エラー4、エラー6、エラー9などを引き起こします。 そのため、ファイアウォールの設定を確認して、iTunesがブロックされていないことを確認してください。 USBケーブルとポートの問題。 iPhoneデバイスはUSBケーブルに関しては非常に敏感ですので、AppleオリジナルのUSBケーブルを使用することをお勧めします。 また、お使いのデバイスをコンピュータに接続する際には、サードパーティやアクセサリなしで直接接続してください。 場合によっては、これらのハブポートに十分な電力が供給されていないため、デバイスとコンピュータ間の通信が中断されることがあります。 実際、シンプルなものは誰のデバイスにもエラーを引き起こします。 そういうわけで、注意が非常に重要です。 さあ、いくつかの一般的なエラーを修正する簡単な方法に移りましょう。 2:iPhoneの復元中にiTunesのエラー問題を解決するための一般的な解決策 iTunesのエラーの多くは、専門知識なしで簡単に修正することができます。 以下は、iTunesでエラーコードを修正する一般的で簡単な方法です。 ソリューション1:携帯電話を再起動します。 最初にiPhoneをコンピュータから外し、再起動します。 これを行うには、ホームボタンを長押しして、少なくとも10秒間スリープまたはスリープ解除ボタンを押してください。 7と7 plusを使用している間は、音量を下げるボタンを押し続けて、一度にスリープまたはスリープ解除してください。 解決方法2:USBケーブルを交換します。 上記のように、使用しているUSBケーブルを交換するか、別のUSBポートを使用してください。 USBケーブルが正しくないと、実際にエラーが発生します。 ソリューション3:携帯電話のストレージを確認してください。 空き容量が不足しているため、転送されているデータに対応できないため、エラーが表示されることがあります。 あなたの写真やビデオを失うことなく、いくつかのメモリを整理したいですか? ここに簡単なヒントがあります。 スペースを解放するには、キャッシュ、クッキー、ログ、ブラウザの履歴などのデータを取り除いてください。 これを行うには、[設定]、[一般]の順に選択します。 一般の下で、ストレージとiCloudの使用法を選択します。 Manage Storage(ストレージの管理)に移動し、その後、任意のアプリケーションを選択できます。 私たちが持っている次のソリューションに移行する - 解決策4:コンピュータを再起動し、電話機をリセットする。 携帯電話をリセットするには、設定に行き、全般、リセット、すべての設定のリセットを選択するだけです。 ソリューション5:より安定したインターネット接続を探します。 接続が弱いため、エラーが発生することがあります。 より安定したWi-Fiに接続したり、ルータを再起動したりすることができます。 ソリューション7:iTunesを修復してiPhoneエラーを修復する。 iTunesが古くなっている場合も、エラーが発生します。 これを修正するには、更新する必要があります。 どうやって? 単に更新をチェックするだけです。 これはiTunesのヘルプセクションで見ることができます。 アップデートが検出されたら、ダウンロードして完了するまで待ちます。 問題が解決したら、お使いのデバイスでiTunesにアクセスして、まだエラーがないかどうかを確認します。 解決策8:アンチウイルスを無効にする。 さらに、最初にウイルス対策とファイアウォールを無効にしてください。 また、認証をブロックするものがあるかどうかを確認します。 上記の解決法はうまくいかない可能性があります。 そして、あなたがこれらのステップを試みるならば、それはあなたのデバイス上でより深刻な問題につながるかもしれないので注意してください。 しかし、まだ望みを失うことはありません。 あなたのデバイスをあなたのために適切に機能させ続けるためにあなたが試みることができるもう一つのことがあります。 パート3。 あなたの電話をDFUモードで設定してiTunesのエラーを修正 デバイスファームウェアアップグレードモードとも呼ばれる、DFUモードでの電話の設定。 これにより、デバイスはどの状態でも復元できます。 そして、それを行う方法がここにあります。 iPhone、iPadまたはiPod touchでDFUモードに入る• USBケーブルを使用してデバイスをコンピュータに接続します。 中断を防ぐために、100作業ケーブルを使用してください。 デバイスの電源を切る。 デバイスの電源を切った後、コンピュータでiTunesを起動します。 電源ボタンを3秒間押し続けます。 HomeボタンとPowerボタンを10秒間押し続けます。 電源ボタンを離しますが、デバイスのiTunes通知に接続するまでホームボタンを押し続けます。 これは、デバイスがリカバリモードで検出されたことを示します。 iTunesでデータをバックアップして復元します。 データを再起動し、電話でエラーがないかどうか確認してください。 デバイスの画面が空白で、ロゴが表示されていないことを確認する iPhone、iPadまたはiPod touchでDFUモードを終了する Appleロゴが表示されるまで、ホームボタンと電源ボタンを押し続けます。 Apple TVでDFUモードに入る• microUSBケーブルを使用してデバイスをコンピュータに接続します。 6-7秒間、 "Menu"と "Down"ボタンを同時に押し続けると、デバイスが強制的に再起動します。 再起動直後に「メニュー」と「再生」を同時に押すと、メッセージがポップアップ表示されます それが回復モードでApple TVを検出したと言っている。 Apple TVでDFUモードを終了する "Menu"と "Down"ボタンを押したままにします。 Apple TVが再起動します。 パート4:FoneDog Toolkitを使用してiTunesエラーを修正する FoneDogツールキットを使用すると、iTunesのエラーを簡単に解決できます。 そのiOSシステムリカバリモジュールは短期間でエラーを修正できるため、ガジェットの安全性を心配する必要はありません。 Step 1: "iOS System Recovery"オプションを選択します。 あなたがに行くことができます ツールをダウンロードしてください。 または、異なるバージョンのリンクをクリックするだけでダウンロードできます。 or FoneDogを起動または実行したら、ツールキットのインターフェースで " iOSシステム復旧"オプションで始まります。 ステップ2:iDeviceをコンピュータに接続します。 一度あなたが iOSシステム復旧、 USBケーブルを使ってiDeviceをコンピュータに接続します。 FoneDogツールキットはあなたのデバイスを自動的に検出するはずです。 デバイスが検出されたら、「 開始"ボタンをクリックします。 ステップ3:ファームウェアをダウンロードします。 ファームウェアをダウンロードしてください。 ツールキットがオペレーティングシステムの異常を修正するためには、ファームウェアをダウンロードするように求められ、それは必須です。 FoneDogは最新のiOSバージョンをダウンロードして提供します。 あなたがしなければならないのは、 修理"ボタンを押して、ダウンロードが完了するのを待ちます。 ステップ4:iOSの修復を開始します。 ダウンロードが完了すると、ツールは自動的にiOSの修復を開始します。 この手順では、デバイスを使用することはできません。 あなたがデバイスを操作すると、レンガになる危険性があります。 ステップ5:修復完了! 修復には数分かかることがあります。 修理が完了すると、ソフトウェアから通知があります。 そのようにデバイスのプラグを抜くことはできません。 デバイスが取り外されるまで、デバイスが最初に再起動するのを待ちます。 FoneDog また、画面のブラックアウト、ブートループ、ワイドスクリーンの問題などを解決するための解決策も提供します。 それだけでは解決できませんが、メモリやデータを失うことなくiDeviceを修正できます。 同時に、あなたのiPhoneや他の機器は、ロック解除された機器でさえも、最新の非刑務所壊れたバージョンに更新されていますね。 上記の解決方法ではまだデバイスを修理できない場合は、地域のサプライヤにサービス保証についてお問い合わせください。 どのデバイスにも多くのエラーがありますが、若干の問題はありません。 いくつかのものは単純なものに起因するもので、簡単に修正することができ、まったくできないものもあります。 もう一度何かエラーが発生した場合は、もう一度遭遇しないことを本当に望みますが、慌てずに提示されたさまざまな解決策に従ってください。 すべてを試してみるまで失敗してしまったら、プロの助けが必要かもしれません。 この記事では、お使いのデバイスのエラーの問題を解決するのに役立つことを本当に願っています。 ビデオガイド:iPhoneでiTunesのエラーやシステムの問題を解決する方法.

次の

『エラーが発生したため、iPhone”xxxxx”を復元できませんでした』への対処方法

エラー が 発生 したため iphone を 復元 できません で した

iPhone復元できないです。 復元中に「iPhoneを復元できませんでした。 不明なエラーが発生しました」対処方法を教えてください。 iPhoneは多機能端末を呼ばれるパソコンに近い機能で利用できる電話なのですが、以前のガラケーに比べると色々な事が出来るようになっており、どんどん保存するデータの容量が増えてしまう方多いかと思います。 しかしそうなると心配なのはiPhoneのデータが消えてしまった場合の対応についてになります。 iPhoneは簡単な操作で色々できる分、間違えて削除してしまう誤作動を起こす確率が高いので、間違えて誤削除したデータを復元する事ができる仕組みを作っていく必要があります。 しかし、iPhone復元できる手段があるにも関わらず、不明なエラーが出てiPhoneが復元できないという事態が起こってしまうのです。 更に、復元はiPhoneに内蔵されている内蔵メモリーにアクセスするので、そのデータを抜き出す形で対応していくものがほとんどなのですが、もし復元に失敗すると残っているデータも全て完全になくしてしまいます。 そのためただ復元するだけではなく、より完璧にiPhone復元できる方法を探す必要があります。 Part 1: iPhoneが復元できない一般の対処法 iPhone復元できない場合、iTunesでiPhoneを復元 一般的なiPhone復元方法として知られているのはiTunesを使用した復元方法になります。 iTunesは無料アプリとして手軽に使用できるので、ほとんどの方が利用しているソフトでもあるのです。 また開発会社がiPhoneを開発した会社でもあり、相性もいいのですが、iTunesはバックアップを取得してそのバックアップを元に復元していく方法になります。 しかしiTunesはバックアップを取得した状態でないと復元ができないので、間違えて削除してパソコン側にバックアップを取得した状態でないと復元の効果を発揮しません。 iTunesでiPhone復元できない場合の一般的な対処法を紹介します。 iTunesのバージョンが最新になっているか確認する。 iTunesバージョン確認方法• iTunesを起動• iTunes画面左上にある黒白の四角マークを選択• 「メニューバーを表示」を選択• 「ヘルプ」を選択• 「バージョン情報」を選択しiTunesのバージョンを確認 2. 復元時に特定のエラーが表示されていないか確認する。 iPhone復元中に「iPhone を復元できませんでした。 不明なエラーが発生しました(エラーの数字)。 」の警告が表示される場合があります。 この(エラーの数字)に表示されているエラー番号で復元ができない原因を特定することができます。 エラー番号について詳しくはApple公式サイトでお調べください。 パソコンの再起動をする。 Part 2: dr. foneでiPhoneを復元してみましょう 上記一般的な対処法を確認した後、まだiPhoneを復元できない場合、代わりに、iPhone復元するソフトとして、をお勧めします。 iPhone復元するソフトでiPhoneを使用するとiPhoneのデータをiCloud復元できない状態やiPhoneのデータをiTunesで復元できない物をしっかり復元する事が出来ます。 iPhoneの復元ができない状態を作ってしまうとせっかくのiPhoneの機能をフルに活用できないのです。 iPhoneが復元できないを悩まされないように、紹介した話をもとに楽しくiPhoneのデータの復元を対応しましょう。 iPhone復元できない不明なエラー21やiPhone復元できない3194等がありますので、端末からしっかりと復元してくれる上にエラーにも対応したを使用して完璧に復元対応する事をお勧めします。 そこで、でiPhoneを復元する手順を詳しく説明ます。 ステップ1.iPhoneを接続し、iPhone復元するソフトを起動し、まずはスキャンしてください。 iPhoneをパソコンに繋いで、を起動してください。 そしてメイン画面上の「データ復元」機能をクリックします。 iPhoneをパソコンに接続し、「iOSデータを復元」モードを選択します。 左側メニューから2番目の「iTunesバックアップファイルから復元」モードを選択して、iTunesで生成したバックアップファイルが自動的に表示されます。 復元したいバックアップファイルを選択してください。 「スキャン開始」ボタンをクリックすると、iTunesバックアップのデータをスキャンし始めます。 ステップ2.iPhoneのデータをスキャンしています。 少々待ってください。 iTunesバックアップファイルからiPhoneのデータを分析中です。 スキャンの時間は選択したデータ形式や容量に比例します。 分析完了後、自動的にスキャン処理を開始します。 スキャンが完了後、検出されたデータを自動的にプレビュー確認できます。 ステップ3.データ種類により、iPhoneを復元します。 データ種類によって、「パソコンに復元」、「デバイスに復元」という二つの選択が出てきます。 「パソコンに復元」にすると、iPhoneのデータをパソコンにバックアップ保存します。 データを復元し始めます。 こうするとiPhoneに含まれているデータが全て復元されます。 iPhone 復元できない不明なエラーはなかなか自分で原因を探し出す事は難しいので、復元できない状態をiPhoneで作らないためにはより細かい対応をしてくれるWondershareのというソフトを使用する事が重要です。

次の