佐賀 県 ハンドボール 協会。 加盟団体一覧

長崎県ハンドボール協会

佐賀 県 ハンドボール 協会

県高校総体などに代わって開催されているSSP杯。 先週末は、期間中最多となる26競技が行われました。 23日はハンドボール、競泳女子、ラグビーです。 ハンドボールは男女とも神埼清明と佐賀清和の決勝となりました。 去年の県高校総体を制した、男子の佐賀清和は総体中止が発表されたあと、来年以降を見据えてキャプテンを2年生に譲りました。 新チームで神埼清明との一戦に臨みます。 その後も連続得点で神埼清明がリードする展開。 これに対し佐賀清和は、元主将、古庄選手のゴールなどで食い下がります。 しかし、その差は中々縮まりません。 競泳女子の注目は1年生から全国大会常連、佐賀商業の末廣真生選手。 今大会で競技を辞めることを決めています。 佐賀商業3年・末廣真生選手:「悔いが残らないように自分の力を出せたらいい」目標は、自身が持つ県記録1分1秒75を切ることです。 末廣真生選手:「(Qきょうの目標は?)1分0秒ぐらいが目標。 はい」 そして迎えた末廣選手のレース。 まずは専門の背泳ぎです。 ダイナミックな泳ぎで他の追随を許しません。 2位以下を大きく引き離しフィニッシュします。 果たしてタイムは…。 惜しくも記録更新とはなりませんでした。 佐賀商業3年・末廣真生選手:「感覚が悪くなかったのでベストタイムぐらいと思ったけどプラス0.8秒ぐらいかかったので、最後にあるメドレーリレーでリベンジしたい」 記録を塗り替える最後のチャンスとなるメドレーリレー。 3年生にとっては高校生活最後のレースです。 目標はチームのベストタイム4分18秒35の更新です。 第1泳者の末廣選手は、安定した泳ぎで2人目につなぎます。 気になるタイムは…。 わずか0.1秒及ばず。 またも自己ベストとはなりませんでした。 全員でつなぐ最後のレース。 一人ひとりが必死の泳ぎを見せます。 こちらもベストタイム更新とはなりませんでしたが、佐賀商業は男女ともに総合優勝です。 佐賀商業3年・末廣真生選手:「後悔なく終われました。 最後だから思い切って自分の力を出し切って終わろうと思って頑張った」 表彰式が終わると…。 後輩たちは3年生の引退に寂しさを隠せません。 佐賀商業山口伊織主将:「みんなで協力しながら1年後自分たちのタイムを超えられるような強い選手になってほしい」 38回連続で花園に出場している佐賀工業。 選手自身も順調な仕上がりに自信を見せます。 佐賀工業・内川朝陽主将:「みんな15人、試合に飢えているんで、がめつくいけたらなと思います」 悲願の県大会制覇を目指す鳥栖工業。 就任1年目の徳永元紀監督の下、チームは泥臭いラグビーを掲げています。 鳥栖工業・尾中将真主将:「きょうの試合で全部出し切りたいと思います。 佐賀工業をつぶせるようなタックルをします」 尾中選手は去年から中心選手としてチームを牽引してきましたが、大会2日前にアクシデントが襲います。 練習中に右足首を負傷し試合はスタメンから外れます。 試合は序盤から佐賀工業がトライを積み重ね、前半を終えて89対0。 鳥栖工業を突き放します。 出場の機会を信じる尾中選手。 そして試合終了まで残すところ10分あまり。 徳永監督:「交代お願いします」心身共に限界が近づいていた鳥栖工業がよみがえります。 その4分後。 未だ無得点の鳥栖工業は、スクラムで佐賀工業に真向勝負。 そしてボールはチーム1のキック力を誇る山本真暉選手へ。 ドロップゴールが決まって、遂に点を奪います。 試合のスコアは178対3。 しかしこの3点にはチームの汗と涙が凝縮されていました。 鳥栖工業・尾中主将:「体を張ってタックルにいく(仲間の)姿を見て感動した。 (花園を目指し)限界まで練習を頑張ってそこでしっかり出し切りたい」.

次の

長崎県ハンドボール協会

佐賀 県 ハンドボール 協会

4em din-next-w01-light,din-next-w02-light,din-next-w10-light,sans-serif ; background-color:rgba 255, 255, 255, 1 ;color: 605E5E;border-style:solid;border-color:rgba 0, 0, 0, 0. style-ju0evkxsnavContainer select. style-ju0evkxsnavContainer select. style-ju0evkxsnavContainer select:not. style-ju0evkxsnavContainer select:not. style-ju0evkxsnavContainer select:not. style-ju0evkxsnavContainer select:not. style-ju0evkxsnavContainer select:not. style-ju0evkxsnavContainer select:not. style-ju0evkxsnavContainer select:not. style-ju0evkxsnavContainer select:not. style-ju0evkxsnavContainer select:not. style-ju0evkxsnavContainer select:not. style-ju0evkxsnavContainerarrow,. style-ju0evkxsnavContainer select:not. style-ju0evkxsnavContainerarrow,. style-ju0evkxsnavContainer select:not. style-ju0evkxsnavContainerarrow. style-ju0evkxsnavContainerarrow. style-ju0evkxsnavContainerarrow,. style-ju0evkxsnavContainerarrow,. style-ju0evkxsnavContainerarrow,. style-ju0evkxsnavContainerarrow,. style-ju0evkxsnavContainerarrow,. style-ju0evkxsnavContainerarrow,. style-ju0evkxsnavContainerarrow,. style-ju0evkxsnavContainerarrow,. style-ju0evkxsnavContainerarrow,. style-ju0evkxsnavContainerarrow,. style-ju0evkxsnavContainerarrow,. style-ju0evkxsnavContainerarrow,. style-ju0evkxsnavContainerarrow,. style-ju0evkxsnavContainerarrow,.

次の

加盟団体一覧

佐賀 県 ハンドボール 協会

県高校総体などに代わって開催されているSSP杯。 先週末は、期間中最多となる26競技が行われました。 23日はハンドボール、競泳女子、ラグビーです。 ハンドボールは男女とも神埼清明と佐賀清和の決勝となりました。 去年の県高校総体を制した、男子の佐賀清和は総体中止が発表されたあと、来年以降を見据えてキャプテンを2年生に譲りました。 新チームで神埼清明との一戦に臨みます。 その後も連続得点で神埼清明がリードする展開。 これに対し佐賀清和は、元主将、古庄選手のゴールなどで食い下がります。 しかし、その差は中々縮まりません。 競泳女子の注目は1年生から全国大会常連、佐賀商業の末廣真生選手。 今大会で競技を辞めることを決めています。 佐賀商業3年・末廣真生選手:「悔いが残らないように自分の力を出せたらいい」目標は、自身が持つ県記録1分1秒75を切ることです。 末廣真生選手:「(Qきょうの目標は?)1分0秒ぐらいが目標。 はい」 そして迎えた末廣選手のレース。 まずは専門の背泳ぎです。 ダイナミックな泳ぎで他の追随を許しません。 2位以下を大きく引き離しフィニッシュします。 果たしてタイムは…。 惜しくも記録更新とはなりませんでした。 佐賀商業3年・末廣真生選手:「感覚が悪くなかったのでベストタイムぐらいと思ったけどプラス0.8秒ぐらいかかったので、最後にあるメドレーリレーでリベンジしたい」 記録を塗り替える最後のチャンスとなるメドレーリレー。 3年生にとっては高校生活最後のレースです。 目標はチームのベストタイム4分18秒35の更新です。 第1泳者の末廣選手は、安定した泳ぎで2人目につなぎます。 気になるタイムは…。 わずか0.1秒及ばず。 またも自己ベストとはなりませんでした。 全員でつなぐ最後のレース。 一人ひとりが必死の泳ぎを見せます。 こちらもベストタイム更新とはなりませんでしたが、佐賀商業は男女ともに総合優勝です。 佐賀商業3年・末廣真生選手:「後悔なく終われました。 最後だから思い切って自分の力を出し切って終わろうと思って頑張った」 表彰式が終わると…。 後輩たちは3年生の引退に寂しさを隠せません。 佐賀商業山口伊織主将:「みんなで協力しながら1年後自分たちのタイムを超えられるような強い選手になってほしい」 38回連続で花園に出場している佐賀工業。 選手自身も順調な仕上がりに自信を見せます。 佐賀工業・内川朝陽主将:「みんな15人、試合に飢えているんで、がめつくいけたらなと思います」 悲願の県大会制覇を目指す鳥栖工業。 就任1年目の徳永元紀監督の下、チームは泥臭いラグビーを掲げています。 鳥栖工業・尾中将真主将:「きょうの試合で全部出し切りたいと思います。 佐賀工業をつぶせるようなタックルをします」 尾中選手は去年から中心選手としてチームを牽引してきましたが、大会2日前にアクシデントが襲います。 練習中に右足首を負傷し試合はスタメンから外れます。 試合は序盤から佐賀工業がトライを積み重ね、前半を終えて89対0。 鳥栖工業を突き放します。 出場の機会を信じる尾中選手。 そして試合終了まで残すところ10分あまり。 徳永監督:「交代お願いします」心身共に限界が近づいていた鳥栖工業がよみがえります。 その4分後。 未だ無得点の鳥栖工業は、スクラムで佐賀工業に真向勝負。 そしてボールはチーム1のキック力を誇る山本真暉選手へ。 ドロップゴールが決まって、遂に点を奪います。 試合のスコアは178対3。 しかしこの3点にはチームの汗と涙が凝縮されていました。 鳥栖工業・尾中主将:「体を張ってタックルにいく(仲間の)姿を見て感動した。 (花園を目指し)限界まで練習を頑張ってそこでしっかり出し切りたい」.

次の