ヒドロキシジン。 2

医療用医薬品 : アタラックス

ヒドロキシジン

不眠症治療薬の一覧 主な睡眠導入剤、睡眠障害治療薬の一覧です。 バルビツール酸系、ブロモバレリル尿素、クロラール等は最近はあまり使われないので省きました。 分類 一般名・成分名 主な製品名 ベンゾジアゼピン系 超短時間作用型 トリアゾラム ハルシオン 非ベンゾジアゼピン系 超短時間作用型 ゾルピデム マイスリー ゾピクロン アモバン エスゾピクロン ルネスタ ベンゾジアゼピン系 短時間作用型 ブロチゾラム レンドルミン ロルメタゼパム エバミール、ロラメット リルマザホン リスミー ベンゾジアゼピン系 中間作用型 フルニトラゼパム サイレース、ロヒプノール エスタゾラム ユーロジン ニトラゼパム ネルボン、ベンザリン ニメタゼパム エリミン ベンゾジアゼピン系 長時間作用型 フルラゼパム ダルメート ハロキサゾラム ソメリン クアゼパム ドラール メラトニン受容体作動薬 ラメルテオン ロゼレム オレキシン受容体拮抗薬 スボレキサント ベルソムラ 抗不安薬の一覧 主な抗不安薬の一覧です。 文献によっては作用時間や力価が入れ替わるものもあるのでご了承ください。 分類 一般名・成分名 主な製品名 ベンゾジアゼピン系 短時間作用 高力価 エチゾラム デパス ベンゾジアゼピン系 短時間作用 低力価 フルタゾラム コレミナール クロチアゼパム リーゼ ベンゾジアゼピン系 中期作用 高力価 ロラゼパム ワイパックス アルプラゾラム コンスタン、ソラナックス ベンゾジアゼピン系 中期作用 中力価 ブロマゼパム レキソタン、セニラン ベンゾジアゼピン系 長時間作用 高力価 フルジアゼパム エリスパン クロナゼパム ランドセン、リボトリール ベンゾジアゼピン系 長時間作用 中力価 クロキサゾラム セパゾン ジアゼパム セルシン、ホリゾン ベンゾジアゼピン系 長時間作用 低力価 クロラゼプ メンドン クロルジアゼポキシド コントール、バランス メダゼパム レスミット ベンゾジアゼピン系 超長時間作用 高力価 ロフラゼプ メイラックス メキサゾラム メレックス フルトプラゼパム レスタス ベンゾジアゼピン系 超長時間作用 低力価 オキサゾラム セレナール セロトニン作動薬 タンドスピロン セディール 抗ヒスタミン薬 ヒドロキシジン アタラックス 不眠症治療薬と抗不安薬の違い 同じベンゾジアゼピン系でも睡眠障害にメインで使われるものと、抗不安にメインで使われるものとに別れる。 不眠症治療薬の違いと使い分け ベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系は、基本は作用時間での使い分け。 入眠障害には超短時間か短時間、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害には中間から長時間。 正直マイスリーとアモバン・ルネスタの使い分けは好みの部分も大きい気がする。 ベンゾジアゼピン系のトリアゾラムは抗不安が結構ある。 短時間型ではリルザマホン(リスミー)は最近あまりみない。 ブロチゾラム(レンドルミン)とロルメタゼパム(エバミール・ロラメット)はブロチゾラムの方がよく使われるが、ロルメタゼパムはグルコロン酸抱合で直接胆汁に排泄されるので、肝障害をもつような高齢者にも使いやすい。 中間作用型はニメタゼパム(エリミン)はあまり使わない気がする。 他はそこそこ処方を見る。 フルニトラゼパム(サイレース・ロヒプノール)、エスタゾラム(ユーロジン)、ニトラゼパム(ネルボン・ベンザリン)の中では、フルニトラゼパムは短時間型に分類されることもあるくらいなので、作用発現が早いイメージ。 エスタゾラムは緑内障に禁忌じゃないのが特徴。 長時間作用型はクアゼパムが一番使われている気がする。 空腹時使用に注意。 ロゼレム、ベルソムラは新しい機序のためベンゾジアゼピンが使えなかったり、耐性がある、習慣性がある、もしくはそれらを防ぎたい時などに使う。 最近は結構第一選択もみる。 ロゼレムは入眠障害、ベルソムラは睡眠障害全般に使われるイメージ。 抗不安薬の違いと使い分け 抗不安薬もベンゾジアゼピン系の中では、基本は作用時間での使い分け。 ここにさらに力価の概念も加わる。 一部は催眠作用に期待して使われることもある。 短時間作用型ではエチゾラム(デパス)が一番使われている。 催眠作用目的での処方も多い。 フルタゾラム(コレミナール)は適応に「過敏性腸症候群、慢性胃炎」の身体症候も明記されているためか、内科でも処方を見ることがある。 クロチアゼパム(リーゼ)は低力価のためか、医師側もやや気軽に処方している印象あり。 中期作用では、ロラゼパム(ワイパックス)、アルプラゾラム(コンスタン・ソラナックス)が高力価。 この二つはそこまで使いわけが明確でないと思うが、アルプラゾラムは睡眠障害に対しても適応が明記されている。 中力価のブロマゼパム(レキソタン、セニラン)もよく使われる。 特徴とまでは行かないかもだが、適応にうつ病における不安・緊張が明記されている。 長時間作用型は最近はあまり主流ではない感じ。 これ使うなら超長時間型のメイラックス使っているケースが多い。 強いて挙げるとクロナゼパム(ランドセン、リボトリール)はまだ使われるが、どちらかというとてんかん薬の面が多い。 あとはジアゼパム(セルシン、ホリゾン)の離脱症状を起こしにくい点は知っておいて良いと思う。 超長時間型は圧倒的にロフラゼプ酸エチル(メイラックス)が使われる。 フルトプラゼパム(レスタス)の方が強いとも言われているが、あまり強い・弱いで切り替えている感じはない。 メキサゾラム(メレックス)とオキサゾラム(セレナール)は長時間型に分類されることもある。 ちなみにベンゾジアゼピン系の適応で、心身症は器質的な障害を伴った疾患で神経症(不安・緊張・抑うつなど)と区別されている。 ベンゾジアゼピン系以外ではタンドスピロン(セディール)は知ってて良い。 セロトニン作動によって抗不安効果。 ベンゾジアゼピン系の副作用の心配はないが、効果もはっきりしたものではなく、実感まで時間がかかることが多い。 あとはアタラックスも知ってて良いかも。 作用機序は抗ヒスタミン。 より詳しい情報はポータルサイトでも 今回の記事のような、薬剤師の専門情報はネット検索でもなかなか見つからなかったりします。 より詳しくまとまった情報は、薬剤師のポータルサイトを活用するのも選択肢です。 無料で使える大手の薬剤師ポータルサイトだと m3. comと 日経DIの2種類が有名どころですね。 comは業界ニュースの他にも、 薬剤師掲示板の機能があり、通常のネット検索では見つからないような情報、他の薬剤師の考えなども知ることができます。 閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。 上記は m3. comの薬剤師掲示板の一例です。 日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。 こちらは薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典など使いやすいコンテンツがあります。 ちなみに登録完了までは、1〜2分かかるので、正直少し面倒くさいです。 勤務先とかも入力する必要があるので。 しかし、 今やらないと後ではもっとやる気にならないので、メリットを感じる場合は今、登録しても良いでしょう。 デメリットとしては、ニュースメールとかが来るようになります。 登録するメールアドレスはご注意ください。 勤務先情報を登録しますが、勤務先に電話とかがかかってきたり、本人確認が来ることはないでその点は安心してください。

次の

ヒドロキシジン:アタラックス

ヒドロキシジン

このため、抗不安剤本来の使用目的である 神経症による不安・ 緊張・ 抑うつなどの症状を鎮めることのほか、 じんましん、 湿疹 しっしん・ 皮膚炎・ 皮膚 瘙痒症 そうようしょうといったかゆみを伴う皮膚病の治療にも使用されます。 このような症状がおこったら使用を止め、すぐ医師に相談してください。 このような症状が現れたときは、医師に相談してください。 また、自覚できない副作用もあるので、医師から指示された検査は必ず受けてください。 1日あるいは1回の服用量・服用時間・服用回数・服用期間については医師・薬剤師の指示を守り、かってに中止したり、減量・増量しないでください。 内服剤は、必ずコップ1杯以上の水で飲んでください。 てんかんなどのけいれん性疾患になったことがある人、QT延長、QT延長をおこす薬を服用している人、肝・ 腎 じん機能障害、緑内障、前立腺肥大症、重症筋無力症、認知症、消化性潰瘍または十二指腸閉塞症、不整脈のある人は医師に相談してください。 過去にこの薬の成分や、セチリジン、ピペラジン誘導体、アミノフィリン、エチレンジアミンを使用して過敏症状を起こしたことがある人、ポルフィリン症の人は使用できません。 必ず医師に報告してください。 あらかじめ医師に伝えてください。 とくになどの中枢神経抑制剤、などと併用すると、この薬や併用薬の作用が増強されることがあります。 出典 病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版 病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版について.

次の

アタラックスの効果と副作用

ヒドロキシジン

Key:ZQDWXGKKHFNSQK-UHFFFAOYSA-N ヒドロキシジン(Hydroxyzine)は構造中にとを含むの一つである。 1953年に初めて発見され :1、1956年に発売された。 商品名 アタラックスまたはアタラックス-P。 日本で承認を取得したのは1957年6月である :1。 2015年現在も使用されている。 中枢神経があり、強いと弱い抑制効果を持つので、として 、主に神経症における不安・緊張・抑うつの軽減補助に用いられる。 があるので、、によるにも使われる。 、、効果を持つが、内の用量ではやの危険はないとされる。 ()症候群の低減にも使用される。 またオピオイドの鎮痛効果の増強と、オピオイドの副作用である瘙痒感、嘔気、嘔吐の軽減に用いられる。 剤形は錠剤、注射剤、カプセル剤、シロップ剤、散剤があり、錠剤および注射剤が塩、その他が塩である。 後発品ではパモ酸塩が錠剤化されている。 ヒドロキシジンの類薬として、、があり、効能・効果、用法、禁忌、警告、副作用等が似通っている。 第二世代のはヒドロキシジンのヒトでのの一つである。 効能・効果 [ ] 日本で承認されている効能・効果は、• ヒドロキシジンは、、に分類され、又としても用いられる。 特に歯科や産科で汎用される。 オピオイドの代謝と体内からの除去を抑制する作用がある [ ]。 やより重篤なによる器質性疾患の正常化に使用される。 全般性不安障害に対しては系薬剤であると同等の作用を持つ。 ヒドロキシジンは慢性、、、誘発性などの症状の治療にも使われる。 近年ならびに過去の研究では、肝臓、血液、神経系、泌尿器への副作用はないことが確認されている :1。 ヒドロキシジンの鎮静作用を期待しての ()はなどのには無効であるが、全身麻酔後のや薬剤の作用を増強するので、患者毎の状況に応じて麻酔前補助療法に使用することができる :1。 その他にも、ヒドロキシジンは非バルビツール酸系鎮静剤 として術前の鎮静、神経症などの神経学的症状の治療、不安・緊張の緩和に使われている。 ベンゾジアゼピンおよびスコポラミンに対して拮抗作用も相乗効果もない事から、歯科、産科、その他手術・外科処置、急性疼痛において第一選択薬として、併用薬として、必要に応じてその後の処置にも用いられる。 前臨床研究 [ ] ヒドロキシジンはラットの実験での脱出失敗を減少させる。 禁忌 [ ] 下記の患者には禁忌である。 ヒドロキシジン、製剤成分、セチリジン、ピペラジン誘導体、アミノフィリン、エチレンジアミンに対する過敏症の既往がある患者• ポルフィリン症の患者• 妊婦または妊娠している可能性のある婦人 ラット、マウス、ウサギの妊娠初期にヒドロキシジンを大量(ヒトでの治療域を超えた量)に経口または筋肉内投与すると、胎児の異常が観察される :2。 ヒトに通常量を使用した場合の研究は実施されておらず、影響は確認されていない :2。 動脈内に投与すると、末梢の壊死を起こすおそれがある (重要な基本的注意)。 また米国では静脈内投与が溶血を惹起するとして禁忌とされている。 抑うつ性を持つ薬剤や中枢神経作用を持つ薬剤と併用する際は、本当に必要な場合のみ最小限の量に留めるべきである :2。 ヒドロキシジンの長期投与によりが発現する可能性があるとの研究がある。 投与開始後7. 5ヶ月頃より、持続的な首振り、唇を舐める行動、他の様運動などの事象が報告され始める。 高齢の患者で系薬剤またはそれ以前の神経系用薬剤の使用がヒドロキシジン投与の長期化とジスキネジア発現に関与していると思われる症例があり、フェノチアジン系薬剤の投与歴のある患者ではヒドロキシジンの長期投与は禁忌とされた。 副作用 [ ] 重大な副作用として添付文書に記載されているものは、ショック、アナフィラキシー様症状、肝機能障害、黄疸、(注射薬のみ)注射部位の壊死・皮膚潰瘍である。 英語版の添付文書にはなども記載されている。 ()作用が弱いので系症状の重篤性は低いとされる。 眠気を催す事があるので、自動車の運転等危険を伴う機械類の操作には従事しない事 :2。 幻覚や錯乱などの中枢神経系症状は稀であり、過量投与時に見られる :3 他、神経心理学的異常の治療に用いられた場合に見られることが多い。 幻覚や催眠の副作用はヒドロキシジン単剤の臨床試験では報告されていないが、刺激作用による鎮静効果の一部として説明される。 これらの副作用は、やなどの中枢神経用薬がを抑制することによる副次的影響とも説明される. :794-796。 ヒドロキシジンがヒトの記憶力(記銘力と記憶量)に与える影響についてテストが実施され、が記憶量を低下させる事と比べると、「比較的安全」であるとされた。 が記憶量に悪影響を及ぼすのに対して、ヒドロキシジンは記憶に関する副作用が見られなかった :1。 記憶力についてロラゼパムと比較した臨床試験では、ヒドロキシジンを投与された患者は傾眠などの鎮静効果を感じたが、同時に記憶力テストに対して自分はできるという感覚、注意深いという感覚、成し遂げられるという感覚を持ったと話した :3。 一方で、ロラゼパムを投与された患者はテストを継続できないと感じ、冷静さを失っていると感じた。 10人の内8人がバランス感覚が可怪しく、単純な体動を制御できないと報告した :3。 ヒドロキシジンは活性と活性を有するので多くの精神病患者に適用できる。 他に、ヒドロキシジンは睡眠導入剤として作用してを短縮し、睡眠継続時間を延長する(さらに日中の眠気も見られる)事を示した研究がある。 この作用は女性に多く見られた。 より重篤な副作用が発現する可能性があるので、高齢者に使用できない医薬品の一覧に収載されている。 代謝および薬物動態 [ ] ヒドロキシジンは経口投与、筋肉内投与、静脈内投与で使用される。 経口投与された場合、消化管から速やかに吸収される。 投与30分以内に効果が現れる。 的には、経口投与、筋肉内投与された後速やかに吸収されて全身に分布し、効果は投与後1時間以内に発現し、半減期は成人の場合20時間前後である :12 :13。 血中より皮膚に高濃度に分布する。 セチリジンは鎮静効果がより弱いものの、同等の抗ヒスタミン効果を有し、で除去できない。 他の代謝産物として N-脱アルキル体、 O-脱アルキル体があり、血中半減期は59時間である。 両代謝物は主におよび ()による。 高齢者(65歳以上)の場合、経口投与では血中半減期は29. 3時間に延長し、 ()は約2. 2倍になる :14。 注射薬についてはデータがない :14が、同様であると思われる。 また肝機能障害を有する患者に投与すると、血中半減期が延長する :13 :13。 他の鎮静薬と同様に、大量投与により過鎮静や錯乱を起こすおそれがあるので、如何なる剤形であれ、多量に使用する場合は医師の監視下で投与すべきである :3。 ヒドロキシジンの ()作用は抗不安薬としての有用性の基礎となっていると思われる。 抗セロトニン作用を持たない他の抗ヒスタミン薬は抗不安効果を持たない。 その他 [ ]• ()の回顧録 Prozac Nation の中に、思春期前にAtaraxを大量に服用して自殺を試みたとの記述がある。 本作は、『』として映画化されている。 映画の中に、Vistarilの広告が表示される場面がある。 出典 [ ]• Simons FE, Simons KJ, Frith EM January 1984. The Journal of Allergy and Clinical Immunology 73 1 Pt 1 : 69—75. ファイザー 2010年11月. 2015年5月5日閲覧。 Shorter, Edward 2009. Oxford [Oxfordshire]: Oxford University Press. SCHRAM, WS March 1959. Diseases of the Nervous System 20 3 : 126-9. FDA DrugInfo:• 2015年5月5日閲覧。 2016年7月2日閲覧。 2016年7月2日閲覧。 2016年7月2日閲覧。 2016年7月2日閲覧。 2016年7月2日閲覧。 Llorca PM, Spadone C, Sol O, and others November 2002. J Clin Psychiatry 63 11 : 1020—7. 2015年5月6日閲覧。 June 1958. Calif Med. 88 6 : 443—444. Porsolt, Roger D. ; P. Martin, A. Fromage, C. Giurgea 1989. Drug Development Research 17 3 : 227—236. ; M. Araki; H. Brown 1982. Ann Neurol. 11 4 : 435. , 2004• Anderson, Philip O. ; James E. Knoben; William G. Troutman 2002. Handbook of Clinical Drug Data. Medical. ; W. Deberdt 1990. Human Psychopharmacology 5 4 : 357—362. 2007年3月9日閲覧。. Alford, C. ; N. Rombautt, J. Jones, S. Foley, C. Idzikowskit and I. Hindmarch 1992. Human Psychopharmacology 7 1 : 25—35. 2007年3月10日閲覧。. 2010年2月1日時点のよりアーカイブ。 2010年2月22日閲覧。 ファイザー 2010年11月. 2015年5月5日閲覧。 Irish Medicines Board. 2014年2月9日閲覧。 "The extent of renal excretion of VISTARIL has not been determined"• Gillard M, Van Der Perren C, Moguilevsky N, Massingham R, Chatelain P February 2002. Molecular Pharmacology 61 2 : 391—9. The Journal of Allergy and Clinical Immunology 86 6 Pt 2 : 1025—8. Japanese Journal of Pharmacology 43 3 : 277—82. Drug Metabolism and Disposition: the Biological Fate of Chemicals 25 6 : 675—84. Orzechowski RF, Currie DS, Valancius CA January 2005. European Journal of Pharmacology 506 3 : 257—64. Berger, F. 1957. Annals of the New York Academy of Sciences 67 10 : 685—700. Tripathi 2013. JP Medical Ltd. 165. Barbara Olasov Rothbaum; Stein, Dan J. ; Hollander, Eric 2009. American Psychiatric Publishing, Inc. Lamberty Y, Gower AJ September 2004. Pharmacology, Biochemistry, and Behavior 79 1 : 119—24. Wurtzell, Elizabeth 1995. Prozac Nation: a Memoir. New York, London: Riverhead. 関連資料 [ ] 印刷物 [ ].

次の