ドコモ光 ルーター。 ドコモ光GMOとくとくBBのルーターはどれがおすすめ?レンタル方法も解説

ドコモ光GMOとくとくBBの無料レンタルルーターはどれがいい?性能比較とおすすめ紹介

ドコモ光 ルーター

自宅内に Wi-Fi環境をつくりたい• ドコモ光の速度を向上させたい ルーターはドコモ光のONU(光回線終端装置)やモデムに接続すると、 スマホや携帯ゲーム機などにインターネットの電波を送信する中継地点の役割を果たします。 また、パソコンやプリンター、スマートスピーカーなど、おうちのさまざまな通信機器や家電を邪魔な配線なしで接続できます。 また、ドコモ光の速度を向上させるためには 最新の通信規格・v6プラスでの接続が有効です。 しかし、 v6プラスを利用するには、v6プラスに対応したルーターを使わなければいけません。 v6プラスについてはを参考にしてくださいね。 ONUとモデムは役割が同じ!インターネット回線方式で変わる ルーターを接続する、ONUやモデムについても、おさらいしておきましょう。 ONUもモデムも インターネット回線の信号を、パソコンなどで使えるようデジタル信号へ変換する役割を持つ機械です。 違いは自宅のインターネット回線が、 光回線方式かアナログ回線方式で接続されているかによって名称や機能が違いますよ。 自宅のインターネット回線が光回線なら、 光信号をデジタル信号に変えるためのONUが必要ですし、ADSLやVDSLなどのアナログ回線なら、 アナログ信号をデジタル信号に変えるためのモデムが必要なのです。 ドコモ光ではひかり電話を契約した場合、無線LAN機能を備えたONU一体型ルーターのレンタルも可能です。 ドコモ光で利用するルーターの選択肢は4つ!あなたにオススメは? ドコモ光で利用するルーターは、以下の4つの方法で用意します。 ドコモ光ルーター01を購入• ドコモ光電話対応ONU一体型ルーターをレンタル• プロバイダから無線LANルーターをレンタル• 市販の無線LANルーターを購入 あなたにとってどのルーターを選ぶのがいいのか、フローチャートでみてみましょう。 光回線でひかり電話も利用する場合は、ドコモ光電話対応ONU一体型ルーターが設置されます。 ドコモ光電話対応ONU一体型ルーターはWi-Fi機能有り、無しによりレンタル料が変わります。 ひかり電話を利用しない場合は、ドコモ光ルーター01か、市販のルーターを購入します。 ドコモ光のプロバイダによっては、無線LANルーターを無料でレンタルできますよ。 プロバイダがドコモnetならドコモ光ルーター01を購入しよう ドコモ光ルーター01はドコモ光が推奨する無線ルーターで、 有線では最大1Gbps、無線でも最大867Mbpsと高速通信が可能ですよ。 v6プラスなどのIPv6接続方式にも対応しており、 回線の混雑を避けて快適な通信環境を確保することも可能です。 高性能のドコモ光ルーター01の価格は8,880円 税抜 で、ドコモショップで購入できます。 プロバイダをドコモnetで契約すると、 ルーター01の購入代金が実質無料になるキャンペーンを行なっていますよ。 ドコモ光ルーター01のメリット・デメリットはをご覧ください。 ひかり電話も利用するなら無線LAN機能付きのONUもレンタルできる ドコモ光でひかり電話も契約したい場合はONUでなく、 ONU一体型ルーター(ホームゲートウェイ)の設置が必要です。 ONU一体型ルーターのメリットはWi-Fi接続のための機器がひとつで済むので、配線まわりがすっきりしますよ。 デメリットはWi-Fi機能を利用すると、レンタル料金がかかることです。 ドコモ光のONU一体型ルーターは、NTTからレンタルする無線LANカードを本体に挿入してWi-Fi接続ができます。 NTT東日本エリア・西日本エリア別の光電話対応ルーターのレンタル料金をみてみましょう。 対象エリア 無線機能 月額利用料 NTT東日本 なし 無料 あり 300円 NTT西日本 なし 無料 あり 100円 無線LANカードのレンタル料は東日本で300円、西日本では100円です。 毎月のレンタル料を支払いたくない人や、長期でWi-Fiルーターを利用する予定の人は、無線LANルーターを購入したり、プロバイダから無料でレンタルすることをオススメします。 プロバイダによっては高性能無線LANルーターを無料レンタルできる ドコモ光のプロバイダでは特典として、高性能無線LANルーターを無料レンタルできる会社もありますよ。 プロバイダごとにレンタルしている無線LANルーターと、スペックの表をご覧ください。 GMOとくとくBBの無線LANルーターは、最大速度が1,300Mbpsで、ドコモ光のプロバイダの中でも高スペックですよ。 レンタルできる無線LANルーターでプロバイダを選ぶなら、がオススメです。 プロバイダのv6プラスオプションは対応ルーターが不可欠 ドコモ光回線の混線状態を回避し、速度を安定させるv6プラスはプロバイダによって対応していない会社があります。 ドコモ光を契約する際には、 v6プラス対応のプロバイダを選びましょう。 Twitterでドコモ光 v6プラス ルーターレンタルについて調べた結果、2017年9月~2019年3月までの期間で20件のツイートがありました。 Love4TaylorはIPv6対応なのか(?)、凄く速い印象。 ツイートからもわかるように、ドコモ光の速度を安定させるには、v6プラスに対応したルーターが不可欠ですよ。 GMOとくとくBBの無線LANルーターが人気 GMOとくとくBBのv6プラス対応無線LANルーターは、スペックが優れており、速度も安定していて人気があります。 GMOとくとくBBを選べば、最大20,000円のキャッシュバックがもらえたり、1年間無料でセキュリティサービスが受けられたりと、無線LANルーターの無料レンタル以外にもさまざまな特典がありますよ。 ドコモ光は市販の無線LANルーターも利用可能 ドコモ光は無線LANルーターをNTTドコモやプロバイダからレンタルする方法の他にも、 家電量販店や通販で買える市販の無線LANルーターや、 もともと持っている無線LANルーターも利用できますよ。 市販の無線LANルーターも、ドコモ光のONUや光電話対応ルーターに接続してWi-Fiを利用できます。 ルーターを長期利用する人や、ドコモ光から乗り換える可能性がある人、プロバイダを変更する可能性がある人は、市販の無線LANルーターがオススメですよ。 たとえば、2019年4月10日現在、価格. comで人気の高いv6プラス対応ルーター・Aterm WG2600HSの購入価格は、 最安値で7,874円です。 2年以上無線LANルーターを使うつもりであれば、購入したほうがお得な場合もあるので、ご自分にとってベストな方法を選んでくださいね。 ドコモ光で使える市販の無線LANルーターを選ぶポイント 市販の無線LANルーターを購入する場合に気を付けたいポイントは以下の3つです。 v6プラスに対応しているか• 最大通信速度は高速か• スペックは最新か ドコモ光で高速通信を利用するためには、 ルーターの規格選びが重要です。 回線混雑を避けて、快適な通信環境を確保することが可能なv6プラスなどの「IPv6 IPoE」・「IPv4 over IPv6」接続方式にも対応しているものを選びましょう。 周波数や通信規格、通信速度もドコモ光の速度にあった、 最新の規格かを確認する必要があります。 周波数帯と通信規格、通信速度の欄に以下の表示が記載されているWi-Fiルーターを選びましょう。 周波数帯 通信規格 通信速度 2. 4GHz、5GHz IEEE802. 4GHzと5GHz両方の周波数帯に対応するWi-Fiルーターを選ぶことで、 ほかの家電製品や通信機器の影響を避け、快適に無線通信ができます。 そのほか、ONUと無線LANルーターを接続するためのLANケーブルにも通信規格があるので、 新しい規格のLANケーブルを使うと速度はより向上しますよ。 ドコモ光のルーターを接続・設定する方法 ドコモ光でルーターをレンタルするときは、 ドコモ光の開通工事スタッフがONUの設置と一緒にルーターを接続してくれます。 プロバイダからレンタルするルーターや市販のルーターは、 開通工事後に契約者がONUとつなげましょう。 また、ドコモ光の無線LAN機能付ONU一体型ルーターも、契約者が用意したルーターも、パソコンなどの通信機器とWi-Fiでつなげる初期設定は、 契約者自身が行わなくてはいけませんよ。 ドコモ光のルーターを初期設定する手順は、以下のとおりです。 ドコモ光のONUとルーターをLANケーブルで接続する• ルーター側は「LAN」と書かれているポートにLANケーブルを差す• ルーターとパソコンもLANケーブルで接続する ルーター側で使用するのは「LAN」ポートです。 複数あればどこに差してもOKですよ。 もし、2台以上のパソコンを接続する場合はで詳しく説明していますのでご覧ください。 ルーターの初期設定をする 周辺機器とルーターが接続できたら、ルーターの初期設定をします。 ドコモ光でONU一体型ルーターをレンタルする場合は、電源を入れるだけでインターネットへの接続状態を自動で検知するので、特に設定は必要ありませんよ。 ドコモ光のプロバイダでレンタルしたルーターや、市販のルーターを利用するときは、パソコンを使って以下の方法で設定してください。 セットアップカード用意する• スマホのホーム画面で「設定」のアイコンをタップし、Wi-Fiの設定画面を開く• スマホの設定でWi-Fiがオフになっている場合はオンにする• 無線LANルーターの「AOSS」ボタンを長押し• スマホのWi-Fi設定画面でセットアップカードに記載と同じ文字列を選択して接続• スマホのブラウザを開き、画面に沿って初期設定する ドコモ光のスマホでの初期設定についてはで詳しく説明していますのでご覧ください。 設定が難しいという人はネットトータルサポートに問い合わせ ルーターの設定方法が不安な方は、オプションサービスの ドコモ光のネットトータルサポート 月額500円 を利用しましょう。 ルーターだけでなくインターネット機器全般の設定を、 遠隔操作で案内してくれますよ。 ネットトータルサポートについて詳しくはをご覧ください。 つながらない!故障した!ドコモ光ルーターの困りごとを解決 設定は間違ってないはずなのに「インターネットがつながらない!」「もしかして故障?」とさまざまな困りごとが発生する場合がありますよね。 例えば、以下のようなトラブルでお困りではありませんか。 ドコモ光で使っているルーターがつながらない• ドコモ光やプロバイダからレンタルしているルーターが故障した• ドコモ光で使っているルーターの電波が弱い• ドコモ光からレンタルのルーターが届かない ドコモ光のルーターにまつわる問題の解決策を、確認していきましょう。 ドコモ光でルーターがつながらない時にまず試したいこと ドコモ光で利用しているルーターがつながらないときは、一度 ONUやルーター、接続機器の電源を落とし、ONUとルーターの電源をコンセントから抜いて再起動をしてみましょう。 ルーター内部で軽いエラーなどが起こってつながらない場合は、再起動で直る場合もあります。 もしも、Wi-Fi接続だけでなく有線接続でもつながらない場合は、 ドコモ光やプロバイダに通信障害が起きている可能性もありますよ。 ドコモ光がつながらない場合はで詳しく説明していますのでご覧ください。 レンタルしているルーターが故障した場合は問い合わせよう NTTドコモでレンタルしているルーターが故障した場合に、初期不良だったときは 無償でルーターを交換してもらえますよ。 以下の窓口かドコモショップに交換や修理ができるか問い合わせましょう。 ドコモ携帯電話から:局番無し113(通話料無料) 一般電話から:フリーダイヤル(通話料無料) 修理が可能な場合は、以下の手順で修理対応してもらいます。 局番なしの113もしくは(通話料無料)に電話をかける• オペレーターにルーターの型番や接続方法を伝える• 訪問日を決定する• スタッフが訪問し、修理可能か判断する• 修理可能と判断したときは、ルーターを預け、代替機を借りる プロバイダからレンタルしているルーターの場合は、契約しているプロバイダへ問い合わせしましょう。 しかし、プロバイダからのレンタルの場合、 故意の破損だと違約金が発生する場合もあるので注意しましょう。 ルーターの電波が部屋によって届かないときは中継器を使おう 無線LANルーターによっては、 電波が部屋の位置や障害物によって届きにくいことあります。 ルーターが全くつながらないのではなく、部屋によって電波が届きにくい、またはつながらない場合は、中継器を利用して改善する場合がありますよ。 レンタルのルーターが届かない場合の原因 契約時に登録した住所が間違っているときは、ドコモ光の無線LANカードやプロバイダのルーターが届かないことがあります。 また、フレッツ光からドコモ光に転用し、フレッツ光から借り受けたルーターがそのまま利用できるときも、ドコモ光からはルーターは送付されません。 無線LANカードやルーターの申し込みから時間が経っても自宅へ機器が届かないときは、 ドコモのサポートセンターや契約しているプロバイダに問い合わせましょう。 ドコモ光でルーターを利用する際の注意点 ドコモ光でルーターを使う際の注意点は以下の2つです。 レンタルしているルーターは解約時に返却する• 無線LANルーターのセキュリティに注意する レンタルしているルーターは返却に注意しよう ドコモ光を解約する時は、ドコモ光からレンタルしていたルーターを返却しなくてはなりません。 フレッツ光からドコモ光に転用し、なおかつフレッツ光からレンタルしていたルーターを使用している場合も、ドコモ光の指示に従い、 解約後速やかに返却してくださいね。 プロバイダからレンタルしているルーターは、解約後にプロバイダへ返却します。 期日までに返却しない場合に、 違約金が発生する場合もあるので、注意しましょう。 他人にWi-Fiを使われるかも?セキュリティに注意しよう 無線LANルーターは正しくセキュリティ設定をしておかないと、他人に勝手に不正アクセスされる可能性があります。 無線LANルーター本体のパスワードを変更しておくなどの対策が必要ですよ。 ドコモ光ルーター01なら、専用の有料セキュリティサービスを利用できます。 ドコモのセキュリティについてはで詳しく説明していますのでご覧ください まとめ ドコモ光でルーターを使えば、 スマホやパソコン、タブレットなどをWi-Fiでインターネットにつなぐことができます。 v6プラス対応のルーターなら、 ドコモ光のインターネット速度が安定し、動画や、ゲームなどを快適に楽しめますよ。 ドコモ光で使うルーターは、4つの方法で用意できます。 ドコモ光電話対応のONU一体型ルーターを利用する• ドコモ光ルーター01を購入• GMOとくとくBBなどのプロバイダを契約して無料レンタル• 市販のルーターを購入 ドコモ光電話を利用するなら、無線LAN機能付きのONU一体型ルーターをドコモ光からレンタルできますが、レンタル料金がかかります。 ドコモ光のプロバイダ会社によっては、 高性能無線LANルーターを無料レンタルできたり、ドコモnetなら ドコモ光ルーター01の実質無料キャンペーンが受けられたりしますよ。 市販のルーターを接続することも可能ですので、購入する際はv 6プラスに対応しているかどうか、 ルーターの規格選びが重要です。 それぞれの特徴や価格を比較し、ドコモ光の速度アップのためにも、最適なルーターを選んでくださいね。 この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます• ドコモ光は、通常のIPv4接続でなく混雑を回避して通信できる「v6プラス」で接続すればより快適に通信できます。 ただしv6プラスを利用するに …• 「ドコモ光ルーター01」はNTTdocomoが2017年2月からドコモ光向けに販売・提供している無線LANルーターで、ドコモ光が推奨していま …• ドコモ光のプロバイダのひとつ、「GMOとくとくBB」。 今回は、評判の良いGMOとくとくBBが本当におすすめなのか、メリットやデメリット、評 …• ドコモ光がつながらない、または通信速度が遅い原因は、周辺機器・プロバイダ・回線のどれかにあります。 もし急なトラブルがあっても冷静に対処でき ….

次の

ドコモ光GMOとくとくBBの無料レンタルルーターはどれがいい?性能比較とおすすめ紹介

ドコモ光 ルーター

ドコモ光のONUに無線LANルーターを接続する• ONU一体型のドコモ光電話対応ルーターをレンタルする 無線LANルーターを使う場合は、壁の光コンセントに接続されているドコモ光の機器=ONU(光回線終端装置)に、LANケーブルで機器を接続します。 参照: また、ONU一体型のドコモ光電話対応ルーターのように機器自体にWi-Fi機能が備わっている場合は、NTTから無線LANカードをレンタルして挿し込まなければWi-Fiを利用できません。 しかし、ドコモ光電話対応ルーターで無線接続利用するなら、余計な機器を接続しなくても、1台のみでWi-Fiが利用できます。 無線LANルーターとWi-Fi機能付きのONU、どちらがあなたに向いているか、メリットとデメリットをそれぞれ確認しておきましょう。 利用料金 メリット デメリット 無線LANルーター レンタル=0円~ 購入=3,000円~15,000円 ・プロバイダから無料でレンタルできる ・ドコモ. netでドコモ光ルーター01を実質無料で購入できる ・市販や手持ちのルーターでも利用できる ONUにさらにLANケーブルで接続するので、配線が混雑しやすい ドコモ光電話対応ルーター 無線LANカードレンタル=100円~300円 ・配線がスマート ・設定が簡単 ・毎月レンタル料金がかかる それぞれの方法について、さらにくわしく解説していきましょう。 無線LANルーターはプロバイダで無料レンタルできる ドコモ光ではプロバイダを25社から選べますが、 契約するプロバイダによっては高性能無線LANルーターを無料でレンタルできますよ。 また、ドコモ光ではプロバイダによって速度を安定させる通信規格・v6プラスを利用できます。 v6プラスに対応しているプロバイダと契約するかどうかで、ドコモ光の速度は大幅に変わりますよ。 GMOとくとくBB• So-net• @nifty• ぷらら• andline• DTI v6プラス対応無線LANルーターのスペックでプロバイダを選ぶなら、 最大1733Mbpsの高性能ルーターをレンタルできるGMOとくとくBBがオススメです。 v6プラス対応プロバイダについてさらにくわしく知りたい方は、をご覧ください。 ドコモnetを契約するならドコモ光推奨のルーター01が実質無料 ドコモ光では無線LANルーターなら、「ドコモ光ルーター01」を推奨しています。 ドコモ光ルーター01もv6プラスやv6プラスと同等のIPV6 over IPV4サービスに対応しており、高速通信が可能です。 ドコモ光ルーター01本体には遠隔操作ボタンがついており、ドコモネットトータルサポートを契約すると、パソコンなどの困りごとも簡単に解決してもらえます。 ドコモ光ルーター01はドコモオンラインショップなどで購入でき、販売価格は8,880円(税抜)です。 しかし、 プロバイダをドコモ. netで契約する方はキャンペーンにより、ドコモ光ルーター01の購入で10,000円分のdポイントがプレゼントされます。 実質無料でドコモ光ルーター01が購入できるのでお得ですよ。 ドコモ光ルーター01についてはをご覧ください。 市販の無線LANルーターも利用可能 ドコモ光では市販の無線LANルーターや、もともと 他社回線などで使っていたルーターも利用可能です。 市販の無線LANルーターを用意する場合、通販サイトなどでは3,000円ほどで購入できる機種もあります。 レンタルでは破損した場合に実費が請求される場合もあり、月々のレンタル料金を支払わなくてはいけない場合は長期的にみると購入したほうが安くなることもありますね。 ただし、市販や手持ちの無線LANルーターを使う場合は、規格やスペックに注意しましょう。 v6プラスに対応したプロバイダと契約していても、無線LANルーターがv6プラスに対応していなければ意味がありません。 また、無線LANルーターによっても最大通信速度が違うので、いくらドコモ光の回線速度が最大1Gbpsでも、古いルーターによっては思った速度が出ないこともあります。 無線LANルーターを自分で用意する場合は、最新の規格に対応しているかをしっかり確認しましょう。 ドコモ光で利用する無線LANルーターのスペックについては、のちほどの項目で解説しています。 ドコモ光で利用できる無線LANルーターについては、もあわせてご覧ください。 ドコモ光からONU一体型のドコモ光電話対応ルーターをレンタルする ドコモ光で光電話を契約した方がレンタルするドコモ光電話対応ルーターでも、Wi-Fi機能が利用できます。 基本的にドコモ光でWi-Fiを使うことに手続きは必要ありませんが、ONU一体型のドコモ光電話対応ルーターの場合は、無線LANカードのレンタルに申込が必要です。 ドコモ光電話対応ルーターはレンタル料金が無料ですが、無線LANカードは毎月レンタル料金がかかりますよ。 無線LANカードのレンタル料金は、お住まいの地域がNTT東日本エリアかNTT西日本エリアかによって変わります。 住んでいる地域 無線LANカードレンタル料金/月 NTT東日本 300円 NTT西日本 100円 ドコモ光電話対応ルーターで無線LANカードを利用するには、ドコモショップかインフォメーションセンターで手続きをしましょう。 ドコモ光を新規で契約するなら、申し込み時にドコモ光電話対応ルーターでWi-Fi接続したいと伝えておけば、開通工事の際に工事業者がルーターと一緒に持ってきてくれます。 ドコモ光でレンタルできるルーターについては、もあわせてご覧ください。 ドコモ光でWi-Fiを設定する方法 ドコモ光のONUにLANケーブルで無線LANルーターを接続する、もしくはドコモ光電話対応ルーターに無線LANカードを差し込めば、基本的に無線でインターネットができます。 しかし、 Wi-Fiを利用するにはまず、設定をしなくてはいけませんよ。 ドコモ光でWi-Fi設定をするには、2つのステップを踏まなくてはいけません。 ONUもしくはルーターにドコモ光の初期設定をする• 初期設定が完了したONUもしくはルーターと、スマホ・パソコンなどの通信機器を接続する もともと利用していた無線LANルーターやONUがあり、プロバイダを変更していなければ、初期設定は完了しているはずなので、ステップ1を飛ばしても問題ありません。 ドコモ光を新規で申し込んだり、新たにONUや無線LANルーターを設置したりする場合は、まずWi-Fi親機である機器にドコモ光と接続するための情報を入力しなくてはいけませんよ。 ルーターの設定が完了したら、スマホやパソコンなどをそれぞれWi-Fiでつなげていくという流れです。 Wi-Fiルーターにドコモ光の初期設定をする手順 無線LANルーターやONUにドコモ光の情報を設定する手順は、以下のとおりです。 パソコンやスマホのブラウザから、ルーター設定のためのセットアップアドレスにアクセスする• ルーターのIDとパスワードを入力する• プロバイダの認証IDと接続パスワードを入力する 設定をしなくてはWi-Fiでパソコンやスマホはつながらないのですが、電波が届く範囲ならルーターのセットアップアドレスにはアクセスできるようになっています。 まずはルーター自体のIDとパスワードを入力して、管理画面にログインしましょう。 ルーターのメーカーによって、セットアップアドレスやID、パスワードは異なります。 全てルーターの説明書などに記載されているので、設定する際には手元に用意しておきましょう。 ルーターの説明書がない!という方のために、ドコモ光でよく使われるWi-Fiルーターの主要メーカーのセットアップアドレス・ID・パスワードをまとめておきますね。 メーカー セットアップアドレス ID・パスワード ドコモ光電話対応ルーター 192. 168. 168. 168. 1 ID:admin パスワード:初回ログイン時に設定 BUFFALO 192. 168. 1 ID:admin、password、root パスワード: (スペース) IO-DATA 192. 168. 1、または 192. 168. 1 設定なし(出荷時) ルーターの管理画面にアクセスできたら、ドコモ光で契約しているプロバイダの認証IDと接続パスワードを入力します。 プロバイダのIDとパスワードは、ドコモ光契約時に送付されたプロバイダの契約書類に記載されていますよ。 ルーター設定画面にログインし、プロバイダの情報を入力してはじめて、Wi-Fi接続ができます。 無線LANルーターや無線LANカードを用意しただけでは、ドコモ光の設定が完了するまでWi-Fiは使えないと覚えておきましょう。 ドコモ光の初期設定については、を参考にしてください。 ルーターの初期設定が完了したら、スマホやパソコンをWi-Fiで接続していきましょう。 iPhoneとドコモ光をWi-Fi接続する手順 iPhoneとドコモ光をWi-Fiで接続してみましょう。 まずはルーター本体のラベルなどに記載のSSIDとパスワードを確認しておきます。 iPhoneのメニューから[設定]を選びます。 [Wi-Fi]を選択しましょう。 ルーター本体の[SSID]と同じ名前を選びます。 パスワードの入力画面でルーター本体の[暗号化キー]を入力します。 画面上部にWi-Fiマークなどがつけば、接続が完了しています。 インターネットブラウザなどを開いて、問題なくWi-Fiで通信ができているか確認しましょう。 Androidスマホとドコモ光をWi-Fi接続する手順 Androidのスマホとドコモ光を、Wi-Fiで接続してみましょう。 スマホのメニューから[設定]をタップし、[Wi-Fi]を選択しましょう。 ルーター本体の[SSID]と同じ名前を選びます。 パスワードの入力画面でルーター本体の[暗号化キー]を入力します。 画面上部にWi-Fiマークなどがつけば、接続が完了しています。 Androidスマホの画面や設定方法は機種によって違いますので、くわしくは各メーカーの説明書を確認しましょう。 パソコンとドコモ光をWi-Fi接続する手順 パソコンでドコモ光をWi-Fiで接続するには、ディスプレイ下などに表示されているWi-Fiマークをクリックしましょう。 電波を受信しているWi-FiルーターのSSIDが並んでいますので、接続したいSSIDをクリックします。 ネットワークセキュリティキーなどを求められますので、ルーター本体に記載の[暗号化キー]を入力しましょう。 Wi-Fi接続の手順や表示はパソコンのメーカーやバージョンによっても異なりますので、くわしくはお使いのパソコンの説明書を参考にしてくださいね。 パソコンでWi-Fi接続する方法については、も参考にしてください。 AOSSボタンやWPSボタンがあればさらに簡単 無線LANルーターによっては、WPSボタンやAOSSボタンなどが利用できる場合もあります。 WPSボタンやAOSSボタンは、アクセスポイントとも呼ばれ、ボタンを押すだけで簡単に近くにある通信機器とWi-Fi接続してくれますよ。 スマホやパソコンはもちろん、携帯ゲーム機やスマートスピーカーなど、WPSまたはAOSSでの接続設定に対応している機器は多いので、ルーター本体にボタンがついている人は試してみましょう。 ドコモ光のWi-Fiが遅い!つながらない!対処法を紹介 ドコモ光でWi-Fiをさまざまな機器と接続しているときに、速度が遅かったりつながらなくなったりした場合の対処法をご紹介していきます。 ドコモ光のWi-Fiが遅いときの原因と対処法 ドコモ光でWi-Fiの速度が遅い場合は、以下の原因が考えられます。 無線LANルーターのスペックを確認する• v6プラスを利用する• スマホやパソコンのスペックを確認する• 中継器を利用する 無線LANルーターのスペックを確認する ドコモ光のインターネット速度が遅いと感じたときは、まずパソコンや通信機器をLANケーブルでルーターに直接繋げてみましょう。 有線で接続したときに通信速度がWi-Fi時より大幅に向上したら、速度が遅い原因は無線LANルーターにあります。 無線LANルーター自体の最大通信速度や、周波数の規格を確認しましょう。 ドコモ光の最大通信速度1Gbpsの回線を快適に利用するために必要なスペックを、まとめてみました。 あなたがお使いの無線LANルーターのスペックと見比べてみてくださいね。 11ac/11n/11a/11g/11b 最大伝送速度 800Mbps~1Gbps以上 周波数帯 2. インターネットユーザーの中でも、NTTの光回線を使うフレッツ光や光コラボユーザーは7割以上を占めていますよ。 同じ回線を多くの人が利用するので混雑状態になり、夜間や週末などは速度が低下してしまいます。 ドコモ光のプロバイダによっては、混雑した回線を回避し、よりつながりやすいポイントでアクセスするv6プラスサービスを提供しています。 v6プラスを利用するには、v6プラスを提供するプロバイダとの契約と、v6プラス対応のルーターが必要です。 v6プラス接続サービスの利用料金は無料の会社も多いですが、あらかじめ サービスの申し込みが必要な場合もありますよ。 v6プラス対応プロバイダと契約している方でも、速度が遅いと感じたときは、サービスが利用できているか確認しましょう。 v6プラス、つまりIPv6 over IPv4で接続しているか、こちらのサイトで簡単に確認できます。 プロバイダのIPv6サービスに登録する。 パソコンやタブレットのコントロールパネルからアダプターの設定変更に入る。 利用するネットワークデバイスを選択し、プロパティーを開く。 「IPv6アドレスを自動的に取得する」と「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」をチェックし、詳細設定をクリックする。 IP設定が「自動構成のみ」になっていることを確認し、右下のOKをクリックする。 DSNタブを開き、「プライマリおよび接続専用のDNSサフィックスを追加する」をクリックしてから「プライマリDNSサフィックスの親サフィックスを追加する」をチェックし、右下のOKをクリックする。 v6プラスの判定をしてサービスを利用できていなかった方は、契約中のプロバイダに問い合わせましょう。 中継器を利用する おうちの中で部屋によってWi-Fiがつながりにくい、電波が弱いと感じたときは、中継器の利用がオススメです。 Wi-Fiルーターの電波を中継地点として受信して、より離れた場所や部屋に飛ばしてくれる中継器を使えば、違う階や入り組んだ間取りでもWi-Fi接続がスムーズになります。 中継器は家電量販店や通販サイトなどで購入できますよ。 ドコモ光のWi-Fiがつながらないときの原因と対処法 ドコモ光のWi-Fiが全く接続できなくなった場合の解決法を紹介しましょう。 無線LANルーターを再起動させる• 初期設定が間違っていないか確認する• ドコモ光やプロバイダの通信障害が起きていないか確認する ルーターを再起動させる Wi-Fi接続が急にできなくなった場合に、まず試していただきたいのが無線LANルーターの再起動です。 このとき、無線LANルーターに接続しているONUなども一度電源を落とし、コンセントからコードを抜いてしばらく置いてみましょう。 1~2分経ったらコンセントを挿し、ONUから無線LANルーターへ順に電源を入れていきます。 Wi-Fiがつながらなくなったスマホやパソコンなどの通信機器も、一緒に再起動しておくといいでしょう。 無線LANルーターや通信機器の軽いエラーが原因でつながらないときは、再起動で回復する場合があります。 無線LANルーターの説明書や本体を確認し、ルーターの管理画面に入力するIDやパスワードが間違っていないか確認します。 さらに初期設定に必要なプロバイダのIDとパスワードも、入力ミスがないかチェックしてくださいね。 jp」のように、メールアドレスのような文字列を採用しています。 契約時に届くプロバイダの書類や、プロバイダのオンライン契約者ページなどでも確認できる場合があります。 また、設定は間違っていないのにWi-Fiが接続できないときは、機器の初期不良なども考えられます。 契約しているプロバイダ、もしくはドコモインフォメーションセンターへ問い合わせましょう。 くわしくは、も参考にしてくださいね。 ドコモ光のWi-Fiを持ち運ぶには? ドコモ光で光電話対応ルーターや無線LANルーターを使ってWi-Fiを利用できるのは、ドコモ光の回線工事をした自宅内だけです。 Wi-Fiでスマホなどを接続できると、どこにいてもパケット量を気にせず快適に通信できて、便利ですよね。 外出時にもWi-Fiでタブレットやノートパソコンなどを利用したいという方は、ドコモのモバイルWi-Fiルーターも検討してみましょう。 2019年春には、下り最大通信速度が1Gbpsを超える最新機種「Wi-Fi STATION HW-01L」が発売予定です。 ドコモのモバイルWi-Fiルーターについては、をご覧ください。 まとめ ドコモ光でWi-Fiを利用するには、以下の2つの方法があります。 ドコモ光のONUに無線LANルーターを接続する• ONU一体型のドコモ光電話対応ルーターをレンタルする 無線LANルーターは市販や自前の機器も使用可能ですし、ドコモ光のプロバイダによっては無料で貸し出している会社もあります。 また、ドコモ光電話対応ルーターなら、NTTから無線LANカードをレンタルし、本体に差し込むことでWi-Fiが接続できます。 ただし、無線LANカードのレンタルには100円~300円の月額料金が発生します。 ドコモ光でWi-Fi接続時の速度を安定させるために有効なv6プラスを利用する際にも、v6プラス対応のルーターが必要なので、契約中のプロバイダ会社のサービスをチェックしてみましょう。 この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます• ドコモ光は、通常のIPv4接続でなく混雑を回避して通信できる「v6プラス」で接続すればより快適に通信できます。 ただしv6プラスを利用するに …• 「ドコモ光ルーター01」はNTTdocomoが2017年2月からドコモ光向けに販売・提供している無線LANルーターで、ドコモ光が推奨していま …• ドコモ光でルーターを使うと、Wi-Fi接続ができるようになり、同時に複数の端末でインターネットが使用できます。 さらに、v6プラスに対応した …• ドコモ光では、ルーターをレンタルすることが可能です。 また、ドコモ光の基本料金にルーター料金も含まれていますので、実質無料でレンタルできます。

次の

ドコモ光のホームゲートウェイとは?ONUやルーターとの違い

ドコモ光 ルーター

目次 この記事でわかること• ドコモ光のルーターレンタルが無料って本当? インターネットでドコモ光のルーターについて検索すると、「ドコモ光に申し込むだけでルーターがついてくる」「無料で使える」といった情報が多数がHITします。 これは、半分は本当で半分はうそです。 どういうことかと言いますと、ドコモ光では、たしかにルーターレンタルが無料ですが、自動的にルーターが送付されるのではなく、 ドコモ光に申し込む際に契約者自らルーターレンタルも申請しなくてはならないのです。 また、 無料レンタルできるルーターは、有線接続専用のルーターのみです。 パソコンなどの機器にLANケーブルで接続すれば利用できますが、ケーブル差し込み口がない無線専用のゲーム機やスマートフォンなどでは利用できませんので注意してください。 ちなみに、 Wi-Fi対応型のルーターをレンタルしたい人は、ドコモ光でWi-Fiルーターを申し込み、Wi-Fiルーターの月額料金を支払う必要があります。 東日本西日本別ルーターの種類と料金 ルーターレンタル料は、管轄のNTTによって異なります。 無線接続をするには無線LANカードが必要 ルーターさえレンタルすれば、Wi-Fi接続が利用できるというわけではありません。 ルーターに無線LANカードを挿入しないと、ルーターをレンタルしたとしても有線接続しか利用できないのです。 つまり、 ドコモ光でWi-Fiルーターを利用する場合、NTT東日本エリアの人は月に600円、NTT西日本エリアの人は月に200円かかります。 【注意】解約時はルーター返却が必要 当然ですが、ルーターは「レンタル」ですので、 ドコモ光を解約するときにはルーターも返却しなくてはいけません。 一定期間内に返却しないとレンタル機器の代金を請求されることもありますので、忘れずに返却してください。 ドコモ光でルーターをレンタルするメリット 有線接続だけを利用するときは無料でルーターレンタルが可能です。 しかし、無線接続も利用したいなら、 NTT東日本エリアなら税抜き600円、NTT西日本エリアなら税抜き200円のレンタル料金がかかります。 とはいえ、ルーターを購入する場合はルーター料金を全額一括で支払わなくてはなりませんが、ルーターレンタルなら毎月わずかのレンタル料金で利用できますので、初期費用を下げることができますね。 ルーターレンタルをすることのメリットは、初期費用が少なくなるだけではありません。 その他にも、次の3つのメリットがありますのでご紹介します! 故障した場合は無料で交換可能 ドコモ光でルーターレンタルをすると、 ルーターが故障したときは無料で別のルーターに交換してもらえます。 ただし、 利用者が故意にルーターを壊したときや、過失によってルーターが壊れたときは、ルーターを無料で交換してもらえませんので十分に注意して使用しましょう。 自分でルーターを購入すると、購入するショップによっては返品や交換を受け付けていないことがありますよね。 とくに激安ショップでは、初期不良以外はどのような理由であれ返品や交換不可であることが多いです。 その点、ドコモ光でルーターレンタルした場合は、利用期間にかかわらずいつでも不具合があれば交換可能です。 安心して使い続けたい人には、ドコモ光のルーターレンタルをオススメします。 困ったときにドコモサポートが受けられる ルーターの使い方や設定方法がわからないときは、ドコモサポートを利用できます。 自分で購入したルーターの場合はサポートセンターがないこともありますし、サポートセンターがあったとしても、サポート期間(基本的にはルーターのメーカーサポートは1年間)を超えると利用できないこともあります。 しかし、ドコモ光でルーターレンタルをすれば、利用期間にかかわらずいつでもサポートを受けることができます。 申し込みをすると工事と一緒に設置してくれる ドコモ光に申し込むときに同時にルーターレンタルも申し込むと、回線工事スタッフが、ルーターの設置まですべて実施してくれます。 機器の接続が苦手な人は、ドコモ光を申し込むタイミングでルーターのレンタルも申し込むようにしてください。 ちなみにドコモ光の申し込みは、キャッシュバックキャンペーンを実施している正規代理店から行うのがオススメです。 GMOとくとくBBではドコモ光の契約で最大20,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。 気になった方は以下のボタンから詳細を確認してくださいね。 ドコモ光でルーターをレンタルするデメリット ドコモ光でルーターレンタルをすると、万が一の場合には交換してもらえ、しかも、利用期間にかかわらずサポートを受けられます。 機器の不具合や設置が不安な人には、ドコモ光でルーターをレンタルすることは良い選択肢だといえるでしょう。 しかし、ルーターレンタルにはデメリットがないわけではありません。 主なデメリットを2つご紹介します! 毎月料金を支払う必要がある 先程も解説しましたが、ドコモ光で無線LAN接続ルーターをレンタルすると、 毎月レンタル料金を支払わなくてはなりません。 ルーター料金とLANカード料金は別設定となっていますので、それぞれ申し込まなくてはなりません。 NTT東日本エリアにお住まいの人なら、年間のレンタル料金は税抜き7,200円にもなってしまいますので、決して安い出費とはいえないでしょう。 最新機種はレンタルできない ドコモ光では、最新機種のルーターはレンタルできません。 有線接続のルーターも無線接続のルーターもいずれも最新規格ではありませんので、速度や使い勝手などに不満を感じる人もいるでしょう。 最新規格無線ルーターの購入 最新機種の無線ルーターを利用したい人は、の購入を検討してみてはいかがでしょうか。 ドコモオンラインショップで税抜き8,880円で購入できます。 お得にドコモ光ルーター01を購入したい人は、ドコモ光申込時にドコモ光ルーター01を購入し、同時に「光ルーターセキュリティ」と「ネットトータルサポート」の2つのオプションサービスに加入しましょう。 加入が完了すると、ドコモ光ルーターの価格に相当するdポイント(8,880ポイント)がもらえますよ。 次の記事でも詳しく解説していますので参考にしてくださいね! GMOとくとくBBなら無料で最新ルーターをレンタル可能 さらにお得にルーターを利用したい人は、ドコモ光のプロバイダとして GMOとくとくBBを選んでみてはいかがでしょうか。 GMOとくとくBBでは、 Wi-Fi接続にも対応している最新のルーターを無料でレンタルできます。 しかも、GMOとくとくBBの最新ルーターは、 回線が混雑しにくく高速通信が期待できるv6プラスにも対応しているため、速度に悩んでいる方にもオススメです! さらにGMOとくとくBBからドコモ光を申し込むと、 最大15,000円のキャッシュバックを受け取ることができますよ。 ドコモ光のプロバイダ、GMOとくとくBBについては次の記事もご覧ください。

次の