クライング ゲーム。 映画「クライング・ゲーム」…おとぎ話みたいだけど好き

映画 クライングゲーム ネタバレ感想 サソリが人間のサガか

クライング ゲーム

Here we go again, it's the game we love 歌詞の意味: どうぞもう一度、それは私たちの愛ゲーム Sheets all over the floor and they laced with drugs 歌詞の意味: シート全体にわたって床と彼らの薬物混入 You ain't play your cards right, you had the Ace of Clubs 歌詞の意味: 右のカードを再生するではない、クラブのエースをしていた Hit you with the Ace of Spade, in your face, and shrugged 歌詞の意味: あなたの顔にスペードのエースをぶつけるし、肩をすくめる Blood drippin' out your arm on my Asian rugs 歌詞の意味: 私のアジアの敷物のあなたの腕をしたたるような血 We was just planning a wedding, caught cagin' doves 歌詞の意味: ちょうど結婚式、キャッチ cagin' 鳩を計画していた You was just tellin' your mans, that you hate the clubs 歌詞の意味: あなたはちょうどテリン '、マン、クラブを憎むこと Now we in the crying game, heart laced with slugs 歌詞の意味: 今はナメクジが織り交ぜられて泣いているゲーム, 心の中 Are you alone? 歌詞の意味: 1 人なのですか。 Do you need someone? Is it too late to talk? 歌詞の意味: 誰かする必要があります。 話は、それは遅すぎるか。 Did I wait too long? 歌詞の意味: 私は余りに長く待つでした? Thousand words 歌詞の意味: 千の言葉 Don't change a thing 歌詞の意味: ものを変更しません。 Is it only three? 歌詞の意味: それは 3 つだけですか。 Three words that you're missing? 歌詞の意味: 欠落しているが 3 つの単語ですか。 Where did you go? Couldn't see 歌詞の意味: どこに行きましたか。 見ることができなかった I was too busy 歌詞の意味: あまりにも忙しかった Could've just said no 歌詞の意味: だけは言った Where would you go? I think I know 歌詞の意味: どこに行くでしょうか。 私が知っていると思う Hoo, hoo 歌詞の意味: ホー、ホー We're 'bout to play here 歌詞の意味: 私達は ' ここでプレーする試合 We're 'bout to play here 歌詞の意味: 私達は ' ここでプレーする試合 Hoo, hoo 歌詞の意味: ホー、ホー We're 'bout to play here 歌詞の意味: 私達は ' ここでプレーする試合 The crying game 歌詞の意味: 泣いているゲーム I could've given everything 歌詞の意味: すべてを与えている可能性があります。 Don't wanna let the tears begin 歌詞の意味: 涙を開始させる必要はありません。 We're 'bout to play here 歌詞の意味: 私達は ' ここでプレーする試合 The crying game 歌詞の意味: 泣いているゲーム I could've given everything 歌詞の意味: すべてを与えている可能性があります。 Don't wanna let the tears begin 歌詞の意味: 涙を開始させる必要はありません。 We're 'bout to play here 歌詞の意味: 私達は ' ここでプレーする試合 The crying game 歌詞の意味: 泣いているゲーム Welcome to the crying game where you lose your soul 歌詞の意味: あなたの魂を失えば泣くゲームへようこそ Where it ain't no easy cash, you got to use the toll 歌詞の意味: フリー ダイヤルを使用して、簡単に現金ではない、どこ Ain't no cruise control, you 'bout to lose control 歌詞の意味: クルーズ コントロールではない場合 ' コントロールを失う試合 Ain't no smilin' faces here, we slammin' doors and dishes 歌詞の意味: Smilin ' に直面しているここで、もちろん我々 はドアの料理ではないです。 Sayin' we don't miss each other, but it's all fictitious 歌詞の意味: 言って ' 私たちは、お互いを逃してはいけないが、すべて架空のもの Sayin' that we had enough, but enough of what? 歌詞の意味: 言って ' 我々 が十分をしていたが、十分に何ですか? Another slap to the face, another uppercut 歌詞の意味: 別のアッパーカット、顔に別の平手打ち I'm just abusive by nature, not 'cause I hate ya 歌詞の意味: 私はちょうど性質上、虐待私屋嫌いだってないです。 Not 'cause I wanna, guess I wanna imitate ya 歌詞の意味: たいんだ私は ya を真似したいと思います I know it's hard, I know I intimidate ya 歌詞の意味: 私はそれは難しい私は、私は ya を威圧知っている知っています。 But is you stayin' or goin'? 歌詞の意味: しかし、きらめきやなんかは、? I couldn't breathe and you ain't even know it 歌詞の意味: 息ができなかったし、もそれを知っているではないです。 How come you never show it? 歌詞の意味: どのようにあなたはそれを見ることか。 All this love you speak of 歌詞の意味: あなたが話すこのすべての愛 All I want is to love and be loved 歌詞の意味: 愛し、愛されることがほしい To love and to be loved 歌詞の意味: 愛することと愛されることを I'm losin' a thing 歌詞の意味: 私は事を losin ' します。 I thought I'd win 歌詞の意味: 私は勝つだろうと思った And I'm coming undone 歌詞の意味: 私は元に戻す来ていると 'Cause the tears don't end 歌詞の意味: 涙が終了しない原因 Where did you go? Couldn't see 歌詞の意味: どこに行きましたか。 見ることができなかった I was too busy 歌詞の意味: あまりにも忙しかった Could've just said no 歌詞の意味: だけは言った Where would you go? I think I know 歌詞の意味: どこに行くでしょうか。 私が知っていると思う Hoo, hoo 歌詞の意味: ホー、ホー We're 'bout to play here 歌詞の意味: 私達は ' ここでプレーする試合 We're 'bout to play here 歌詞の意味: 私達は ' ここでプレーする試合 Hoo, hoo 歌詞の意味: ホー、ホー We're 'bout to play here 歌詞の意味: 私達は ' ここでプレーする試合 The crying game 歌詞の意味: 泣いているゲーム I could've given everything 歌詞の意味: すべてを与えている可能性があります。 Don't wanna let the tears begin 歌詞の意味: 涙を開始させる必要はありません。 We're 'bout to play here 歌詞の意味: 私達は ' ここでプレーする試合 The crying game 歌詞の意味: 泣いているゲーム I could've given everything 歌詞の意味: すべてを与えている可能性があります。 Don't wanna let the tears begin 歌詞の意味: 涙を開始させる必要はありません。 We're 'bout to play here 歌詞の意味: 私達は ' ここでプレーする試合 The crying game 歌詞の意味: 泣いているゲーム Hoo, hoo 歌詞の意味: ホー、ホー Hoo, hoo 歌詞の意味: ホー、ホー このページは、歌手 クライング ・ ゲーム によって作成された Pinkprint のアルバムに収集された ニッキ Minaj の歌詞を提供するように設計されています。 次のテキスト バージョンの クライング ・ ゲーム を読むことができます。 同じアルバム内の他の曲に興味がある場合は、[クライング ・ ゲーム] をクリックしてください。 同じ歌手のアルバムの包括的なリストを検索するには、[ニッキ Minaj] をクリックしてください。 あなたはそのような歌詞を愛する場合は、あなたのお気に入りにこのページを追加することができます。 便宜上、クライング ・ ゲームの画像版をダウンロードして印刷したり、メール、Twitter、Instagram、Pinterest、Google、Reddit、VKなどを介して友達と共有することもできます。 このページの最後には、アラビア語、チェコ語、デンマーク語、ドイツ語、ギリシャ語、フィンランド語、フランス語、ヘブライ語、ハンガリー語、イタリア語、日本語、韓国語、オランダ語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、ルーマニア語、ロシア語、タイ語など、他の42の言語でクライング ・ ゲームの歌詞が表示されます。 一方、PDF版の歌詞が必要な場合、またはクライング ・ ゲームのMP3を無料でダウンロードしたい場合は、私たちに書いてください。 一方、このアルバムに収録されていない他の曲をご存知の方は、お気軽にお問い合わせください。 データベースの次回の更新時に含めます。

次の

クライング・ゲーム : 作品情報

クライング ゲーム

」などと書かれていたし、語らないのが礼儀な作品なのかもしれないが、大好きな作品なので、少し思い出して語ってみたい。 二転三転しまくるストーリーが面白い まず、おさらい的なあらすじを簡単に…。 「」の主人公ファーガスは、(独立過激派)のテロリスト。 彼とその仲間が、英国軍に捕らえられた同士を解放するための人質として黒人兵士・ジョディを誘拐してくることから物語がはじまる。 主人公のファーガスは全くイケメンではなく、パッとしない雰囲気なのだが、独特の色気がある。 (と自分は思う。 ) また「なんで、あんた、テロリストになったん??」とツッコミを入れたくなるくらいのお人好しで、その優しさを人質のジョディに見抜かれ、2人の間には奇妙な友情が芽生える。 「自分が殺されたら、ロンドンにいる恋人に愛していると伝えてくれ。 」というロマンティック極まりないメッセージを託されたファーガスは、ジョディの死後、律儀にロンドンに向かい、美しい美容師のディルと出会う。 夜バーでの「」という曲を歌う、不思議な魅力の美女、ディル。 惹かれあった2人は夜を共にしようとするが、ここで信じられない展開が!! ディルはなんと男性だったのである…!! うっわー、独特な雰囲気の美人だと思ったけど、まさか… ええっ?ジョディってどういうつもりでファーガスにあと頼んだんやろ?? …などなど頭の整理がつかないまま、ストーリーはさらに進む。 「」が素晴らしいのは、最大のオチが明らかになるのが映画の半ばなのに、そのあとも物語が二転三転続け、全く退屈させないという点にあると思う。 優しい男・ファーガスが魅力的 ファーガスは非常に優しい男で、ディルが男だったことに驚き拒絶してしまうが、その態度を後日謝り、紳士的に対応する。 ファーガスはゲイではないので、付き合うつもりはもうすっかり無いのだが、ディルの方は優しいファーガスにどんどん惹かれていってしまう。 ファーガスの不器用な優しさに胸がキュンキュンしてしまい、「これは惚れてまうわ〜。 」「男だけどめっちゃ美人やし、もしかしたらワンチャンあるかも。 頑張れディル〜!!」などと応援しながら観る(笑)。 そこに残滅したはずのテロ組織の同僚が追いかけてきて、ファーガスとディルを巻き込もうとする。 ディルを守り抜くファーガスがとにかくカッコいい。 ファーガスの優しい性格…面倒なのに結局他人に譲ってしまうような性格をあらわすものとして、映画本編の中に、ある寓話が登場する。 サソリがカエルにおぶってもらって川を渡っているが、川の途中でサソリがカエルを刺してしまい、2人して溺れる。 どうして?と問うカエルにサソリは「それが自分の性だから。 」と答える。 ジョディはこの話をしながら、「あんたは優しい性の人間だから俺を助けてくれるはず」…ファーガスを説得しにかかっていた。 「人間の性(さが)は変えられない」というこの例え話が、「あたしはあたしでしかいられない」と語ったディルにもかかってくるのが面白い。 色んな愛のかたちがある ディルのもともとの恋人であり、冒頭に登場したジョディ(黒人の男性兵士)だが、実は拉致された経緯は、ハラップに引っかかったからである。 ジュードというテロの女性メンバーの誘惑に引っかかってしまったのだ。 うろ覚えだが、「あんな女。 自分の恋人の方がずっといいのに魔がさした。 」みたいなことをジョディが口走るシーンがあったと思う。 子供の頃は性の多様性について今よりもっと無知だったため、初めて観たとき、 「ジョディはディル(男性)が好きなのに、なんで女のハラップなんかに引っかかってしまったの??」と不思議だった。 ジョディがどういう性の好みをしているか詳細は分からないが、ディルとのパートナーシップにおいても男性役だったろう。 元々は女性が好きだったが、ディルだけが特別で、付き合った男性はディルだけだったかもしれない。 あるいはずっとだったかもしれない。 また兵士だから、自分の家を遠く暫く離れた孤独の中、出会った誘惑に勝てなかったというのが1番大きいのかもしれない。 イギリスから差別されるも、黒人のジョディをまた差別していた…という描写はリアルである。 マイノリティを描いているのに悲壮感があまりない それにしても、この物語のヒロイン・ディルはかなりのマイノリティだよなあ、と大人になってから思う。 「有色人種の」…海外に住んだことのない自分は人種問題について中々肌で知る機会がないと思っているが、恐らくディルは白人社会で最も激しい差別を受ける人間ではないかと思う。 しかしこの映画、マイノリティの苦悩とか、差別されるものの苦しみとか、そういうものにはスポットを当てていないように個人的には感じる。 「ジョディが助けにきたはずの英国軍の装甲車に轢かれてしまう」シーンだけは、「」のラストのアレに近いものがフッとよぎるかもしれないが…。 この作品が大好きで、昔ルエディションのDVDを購入し、のオーディオコメンタリーもきいたのだが、ジョーダン監督は、「この映画を政治的な映画として撮るつもりは全くなく、メロドラマとして面白いものをつくろうとしたら偶々こういう話になった」…と語っていたと思う。 「女性らしいと思った人が男性」…というミが物凄く上手く描けているからこそ、「人の本質はみかけと同じだとは限らない」というメッセージがダイレクトに響いくのかな、と思う。 有色人種で、者であるディルを差別せず、紳士的に接し続けるファーガス。 どうやらワケありの過去を持っていて、例え獄中に行くことになっても、ファーガスを愛し続けるディル。 なんの縛りもなく、相手を受けとめる2人がカッコいいし、憧れる。 「成長して変わること」がのぞまれたり…あるいは「絶対に変わらない人の嫌な部分」をみせつけられて絶望したり… そういう物語が多い中、「変えることのできない自分がいる」を肯定的にとらえ、そういう他者をも受け止めてみせる…という姿勢の「」はとても優しい作品だと思う。 現実は厳しいのよね~とは思うし、だからこそ「」はラストも含めておとぎ話のようにも映ってしまうが、今でも大好きな作品だ。 dounagadachs.

次の

「クライング・ゲーム」:死んだ人質の恋人と元 IRA 兵士の危険で甘く刺激的な愛を縦横無尽に描く、捻りのきいたサスペンス&ドラマ映画

クライング ゲーム

解説とあらすじ・スタッフとキャスト 解説:元IRA(アイルランド共和国軍)兵士と、彼が死に至らしめた男の恋人との、危険で甘美な恋を描いたサスペンスタッチのラヴストーリー。 アメリカでは最初、ニューヨークで単館上映されたが、次第に話題となり拡大公開し、ヨーロッパ映画としては異例の大ヒットとなった。 九二年度アカデミーオリジナル脚本賞受賞。 監督・脚本は「スターダスト」のニール・ジョーダン。 製作はスティーブン・ウーリー。 エグゼクティヴ・プロデューサーはニック・パウエルと、ジョーダン作品でおなじみのコンビ。 撮影は「エドワードII」のイアン・ウィルソン。 音楽は「フィル・コリンズ in バスター」のアン・ダッドリーで、同名の主題歌は元カルチャー・クラブのボーイ・ジョージがそれぞれ担当。 出演は「狼の血族」のスティーブン・レイと、本作が映画初出演のファッションモデルのジェイ・デイヴィッドソン。 共演は「バード」のフォレスト・ウィテカー、「ダメージ」のミランダ・リチャードソン、「ヒア・マイ・ソング」のエイドリアン・ダンバーら。 キネマ旬報ベストテン第四位。 KINENOTE あらすじ: (このあらすじは、最後までネタバレしてますので注意!!)英国軍に捕らえられた仲間たちを釈放するための人質として、黒人兵士ジョディ(フォレスト・ウィテカー)がIRAの一団に誘拐された。 アジトに幽閉されたジョディの見張りにはファーガス(スティーブン・レイ)という男が当たった。 二人きりで過ごすうちに、いつしか彼らはお互いに友情を抱く。 ジョディはファーガスに「あんたは親友だ。 それがあんたの性なんだ」と語る。 ジョディは、自分が殺されたらロンドンにいる恋人ディルに会って「愛していた」と伝えてほしいと頼む。 ジョディは救出にやって来た英国軍の装甲車にひかれて死亡し、IRAのアジトも軍の急襲を受けて炎に包まれた。 かろうじて逃げ延びたファーガスはロンドンに赴き、美容師のディル(ジェイ・デイヴィッドソン)に会う。 ファーガスは、夜はバーで歌うディルの美しく不思議な魅力にひかれ、二人は急速に接近する。 だが服を脱いだディルを見た彼はディルを拒絶する。 ディルは男だったのだ。 ディルを傷つけたと感じたファンガスは謝罪し、ディルも彼を許して2人はやがて和解するが、幸せは長くは続かなかった。 死んだと思われたIRAの女性メンバー・ジュード(ミランダ・リチャードソン)とリーダーのピーター(エイドリアン・ダンバー)が現れ、ファーガスに要人暗殺計画に参加するよう強制した。 断るとディルの命はないと脅迫され、ジェンドに屈したファーガスは、ディルの髪を切って男装させ、ホテルに隠す。 意を決したディルはファーガスをベッドに縛りつけ、何もかも聞き出す。 ファーガスの遅延のためにピーターは死に、計画は失敗。 怒りに燃えたジュードは二人の元にかけつけるが、ディルの銃弾を浴びて死んだ。 ファーガスはディルを逃がし、身代わりに自首する。 数か月後、ファーガスのいる刑務所に面会にやって来たディルの姿があった。 確かに驚きの展開があるんだけども、個人的にはサスペンスアクション的内容を勝手に期待してたので、ラブストーリー要素? が強くなっていくところが期待はずれ(作品のせいではない)。 以下、重要なネタバレします。 人間はみんなサソリか 驚きの展開ってのが、ディルが男だったという…(笑)。 彼というか彼女と言うべきなのかよくわからんが、ディルがファーガスの前で全裸になるくだり。 ディルの下半身にモザイクがかかっていることもあり、ファーガスが何に切れているのか、最初はよくわからんかった(笑)。 サソリの性(サガ)ってのがこの作品のテーマなんだろうなと考えるに、ファーガスはカエルなのかなと思えるけど、最初は激怒してたくせに、そのうちディルを受け入れていくようになることを考えると、サソリだったようにも思える。 要するに、人間なんてどっちに転ぶかわからんということなんではないか。 アブノーマルだと知っていたって、それを拒否する気持ちがあったって、ファーガスみたいにその世界に流されていく人間もいるわけだから。 そういう、自分にもコントロールできないカオスな内面を持っているというのが、特定の個人ではなく、人間みんなのサガなんかもしれない。 あと思ったのは、ファーガスって人間的に悪いやつではない(優しい)けど、仕事に関しては有能ではないよね。 その割にはピーターたちに頼りにされているというか、腕を買われているような感じがするんだけど。 なぜだろうか。 使い勝手がいいから?.

次の