大阪 市 ライブ ハウス コロナ。 大阪の別のライブハウス、新たなクラスターか…感染判明3人がイベント参加 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

新型コロナ:大阪のライブ参加者把握難航 90人超の連絡先不明 (写真=共同) :日本経済新聞

大阪 市 ライブ ハウス コロナ

大阪府は28日、ライブハウスなど新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した業種に限って続けていた休業要請の解除を決めた。 大阪と同様に21日まで緊急事態宣言が続いていた兵庫県や京都府も解除を決めており、近畿地方では6月1日午前0時から、すべての業種に対する休業要請が終わる。 大阪府の解除対象はカラオケ、スポーツクラブ、ライブハウス、接待を伴う飲食店など。 解除する日は兵庫や京都と足並みを合わせ、当初予定していた5月30日から6月1日にずらした。 この日の対策本部会議で決めた。 休業要請を解除する前提として、業種ごとに業界団体などがつくった感染防止のガイドラインを守ってもらうことを依頼する。 ライブハウスや接待を伴う飲食店にはガイドラインがないため、府が独自に策定した。 ライブハウスには原則着席してもらうことや、ステージと客席を2メートル以上離したり、アクリル板などで遮蔽(しゃへい)したりするなどの対策を求めた。 接待を伴う飲食店には、接客の際に身体的な接触を避けることや、お酌をするときは手指を消毒することの徹底を要請する。 いずれの業種にも、QRコードを使った府独自のコロナ追跡システムの導入も求める。 しかし、吉村洋文知事は28日、「2度、3度と波が来たときに同じ措置をすると、府民の生活がもたないんじゃないか」と慎重な姿勢を示した。 府が示したガイドラインに困惑するのがライブハウスだ。 4月6日から休業してきた「長….

次の

大阪市集団感染するライブハウスとは?誰のライブが原因か?

大阪 市 ライブ ハウス コロナ

大阪府文化芸術活動(無観客ライブ配信)支援事業について 新型コロナウイルス感染症対策のため、営業を休止している府内の劇場、演芸場やライブハウス等の民間施設が、文化の発信拠点としての社会的な役割を継続できるよう、無観客ライブの配信事業の立ち上げ支援を新たに行います。 また、この支援を通じて、音楽アーティストや漫才・落語・浪曲などの演芸家等が出演する場を創出するとともに、府民に自宅に居ながらにして文化芸術を楽しんでいただく機会を提供します。 新着情報(令和2年6月3日更新) ・ 大阪府文化芸術活動(無観客ライブ配信)支援事業プロモーションライブについて掲載しました。 をご覧ください。 (令和2年6月3日) ・ 無観客ライブ配信の公演スケジュールについては、をご覧ください。 (令和2年6月2日) ・ 「新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」を追加しました。 (令和2年5月27日) ・ 「よくあるご質問(FAQ)」を更新しました。 (令和2年5月22日) ・ 「募集要項」、「様式」、「様式記入例」、「チェックシート」について、お問合せなどを受けて更新しました。 「無観客ライブ」配信へのサポート 「無観客ライブ」配信へのサポートに関する情報については、をご確認ください。 新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン (令和2年5月27日更新) 「音楽コンサートにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン(無観客公演関係)」については、をご確認ください。 その他 補助金の概要については、をご確認ください。 更新前の募集要項については、以下をご覧ください。 ・ ・ このページの作成所属.

次の

コロナ感染拡大|大阪市内の別のライブハウスの場所や店名は?いつのイベントで感染者がでたの?

大阪 市 ライブ ハウス コロナ

大阪府では10日、新たに男女18人の新型コロナウイルス感染者が確認され、計73人となった。 うち少なくとも6人は大阪市内のライブハウスで開かれたイベントに参加。 府内の複数のライブハウスで小規模な感染者集団「クラスター」が発生し、全国各地から訪れた人へと感染が拡大した最大の要因は何だったのか。 ライブハウス「Arc」でクラスターが発生したのは先月15、16日。 窓のない会場に100人を超える観客が訪れ、身動きも取れないほどにぎわっていたという。 大阪市保健所も「閉鎖された空間に大人数が集まり、ライブなので声も発していたと思われる。 今、専門家会議などで一番危険といわれている状況だったのだろう」と推測する。 ライブハウスは音漏れ防止などのため、気密性が高いところが多い。 重症急性呼吸器症候群(SARS)流行時には「スーパースプレッダー」と呼ばれる多くの人への感染源となった患者の存在が指摘されたが、新型コロナでは、一部で疑わしい事例はあるものの、感染者の8割は他人に感染させていないという厚労省のデータも示された。 保健所も「はっきりとは分からないが、うつす人、うつさない人の個人差もあるし、感染した側の免疫力の問題もあるのでは」とみている。 大阪のライブハウスだけに感染を拡大する原因があるわけでもない。 ある医療関係者は「たまたま大阪のライブハウスに行った人の中に、症状がひどくなった人が出た。 それでPCR検査を受けて陽性と判明し、行動が洗い出されて、ライブハウスに行ったことが判明。 参加者を調べたら、どんどん出てきたということ。 ライブハウスの形状は全国でそう大差はなく、無症状でPCR検査を受けていないだけで、どこでも起きている可能性がある」と指摘する。

次の