栗原 はるみ ヨーグルト スコーン。 ヨーグルトスコーン | 栗原さんちのおすそわけ | 雪印メグミルクのデザート

クレームダンジュのレシピ 水切りヨーグルトでクリームチーズなし 栗原はるみさん

栗原 はるみ ヨーグルト スコーン

オーブンは180度に予熱する。 バターは1cm角くらいに切り、使う直前まで冷やす。 ボウルに薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖を入れ、指先を広げて軽く混ぜ、全体をふんわりと合わせる。 2 に 1 のバターを加え、指先で粉にもみ込んで、さらさらの状態にする 写真a。 3 にヨーグルトと溶いた卵を加え、軽く混ぜる 写真b。 牛乳を加減しながら加え 写真c 、粉っぽさがなくなるまで混ぜたらひとつにまとめる。 打ち粉 分量外 をふった台に出し、手のひらで押さえながら2~3cm厚さにのばす。 型で抜き、残った生地はもう一度まとめて型で抜く 写真d。 天板にクッキングペーパーを敷いて 6 を並べ 写真e 、180度のオーブンで約12分焼く 写真f。 焼き上がったら、砂糖を加えて泡立てた生クリームやメープルシロップ、好みのジャムなどを添えていただく。

次の

[B!] 1.ヨーグルトスコーン|栗原はるみのミルクのある生活|雪印メグミルク株式会社

栗原 はるみ ヨーグルト スコーン

オーブンは180度に予熱する。 バターは1cm角くらいに切り、使う直前まで冷やす。 ボウルに薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖を入れ、指先を広げて軽く混ぜ、全体をふんわりと合わせる。 2 に 1 のバターを加え、指先で粉にもみ込んで、さらさらの状態にする 写真a。 3 にヨーグルトと溶いた卵を加え、軽く混ぜる 写真b。 牛乳を加減しながら加え 写真c 、粉っぽさがなくなるまで混ぜたらひとつにまとめる。 打ち粉 分量外 をふった台に出し、手のひらで押さえながら2~3cm厚さにのばす。 型で抜き、残った生地はもう一度まとめて型で抜く 写真d。 天板にクッキングペーパーを敷いて 6 を並べ 写真e 、180度のオーブンで約12分焼く 写真f。 焼き上がったら、砂糖を加えて泡立てた生クリームやメープルシロップ、好みのジャムなどを添えていただく。

次の

クリームスコーン|レシピ|ゆとりの空間

栗原 はるみ ヨーグルト スコーン

美味しいスコーンが食べたくて、夜な夜なスコーンのレシピを調べていた毎日。 私、スコーンが大好きなのですが、大好きがゆえに食感等かなりこだわりがあって。 その理想の食感のものを自分で作れる気がしなくて、あえて家で作ることをしていませんでした。 ですが、少し前に美味しいスコーンをよばれる機会があって。 それがなんとフードプロセッサーを使って作ったもので。 それ以来美味しいスコーンを作るために、フードプロセッサーを購入しようと検討していました。 それと同時期にeringoさんがクイジナートのフードプロセッサーについてクリップされていて、購入するならクイジナートにしようと検討しています。 (今も迷い中。 ) でもフードプロセッサーを使わずに作ったらどんな感じなのかも知っておこうと思い、栗原はるみさんのヨーグルトスコーンのレシピで作ってみました。 (前置きが長くてすみません…) いい大きさの型がなくて、ボテガのグラスで型抜きしたので、少し大きめ。 笑 形もなんだかイビツですが。。 いい感じの割れ目ができました。 パカっと半分に割って、先日作った手作りジャムをのせて。 大げさかもしれませんが、かなり理想に近い食感のスコーンが出来て。 このことを特に気を付け、ぱぱぱーっと作りました。 とても美味しくできたので、もうすこし練習を積めば人に出せるレベルになりそうです。 笑 主人も、子どもたちも「めちゃくちゃ美味しい!!」と喜んで食べてくれました。 手づくりってやっぱりすばらしい。 そして栗原はるみさんのレシピにも改めて感動しました。

次の