ふるふる アイス 長野。 長野市三才で美味しいおすすめジェラート「作りたて生アイスの店 ふるフル」

人生の楽園のヘーゼルナッツ(長野県長野市)のお取り寄せ通販方法!生アイス店のふるフルの場所や営業時間、駐車場、プロフィールや口コミは?10月5日放送

ふるふる アイス 長野

ふるフルの生アイスはイタリアの最高峰メーカーの万能調理機で生産されています ふるフルでは、 食材の入手~生産~最終消費(および廃棄)まで追跡する「トレーサビリティー」を導入し、安心・安全な食品加工と販売を行っているそうです。 使っている 食材は長野県長野市上駒沢古里地域で採れた「野菜や果物」を使用。 それをイタリアの最高峰メーカー「」の万能調理機で作るなど品質にもこだわりがあるそうです。 ちなみに、ロボクーボは長野市の業務用小型食品製造機器の輸出入の専門商社「」が取り扱っているので、岡田浩史さんが勤めていた厨房機器を扱う輸入商社というのはココのことでしょうね。 ふるフル の生アイスとは? ふるフル の生アイスはカップまたはコーンで提供されています。 アイスクリームの値段は「 シングル(350円)、 ダブル(400円)、 トリプル(450円)」の3種類。 他にも古里地域で採れた果物(いちご、りんご、ラ・フランス)などで作ったジャムも販売しています。 人生の楽園2019年10月5日 予告 人生の楽園 2019年10月5日 予告は以下の通りです。 故郷の新たな名産にと、早期退職してヘーゼルナッツ栽培を始めた岡田浩史さん 59歳。 仕事で訪れたイタリア・トリノで雪の中で豊かに実るヘーゼルナッツを見て、故郷の新たな名産にしたいと調理用機械の輸入商社を早期退職し、苗を購入して栽培を始めた岡田浩史さん 59歳 と、それを支える妻の珠実さん 58歳 の物語。 消費期限その日限りの濃厚な味とは!?

次の

ちょいたび日記。:長野市 つくりたて生アイスのお店ふるフル。

ふるふる アイス 長野

こんにちはtakaです。 今週もお待ちかねの番組「人生の楽園」の 時間がやってきましたね。 毎週、どんな素敵な方々が出られるのか 非常に楽しみで自分もこんな風に 過ごしたいな~と妄想にふけれる 時間ですね。 今年も早いもので10月、神無月ですね~ 毎回、予告のところに毎月の異称を見てそういう呼び方もあったな~と 思い出すのも楽しみです。 全国の神々が集まるという伝説の出雲大社がある 出雲国 島根県 での陰暦10月の異称は神在月、 出雲以外では「神無月 かんなづき 」というのに対していう 今回 2019年10月5日 放送の 「人生の楽園」では、 長野県長野市の生アイス屋の『ふるフル』さんです。 サブタイトルにつけられてる ~ ヘーゼルナッツを名産に ~ という名前からも放送見る前から 素敵な妄想が勝手に広がっていきそうな 感じですよね。 どのようなところなのか調べましたので 一緒に見ていきましょう! 今回のふるフルさんに負けない幸せそうなご夫婦が ご家族が笑顔たっぷりの第二の人生でお届けする 絶景・絶品の様々な楽園の記事もありますので、 よろしければご覧ください。 『ふるフル』の場所や営業時間は? 岡田浩史さん 59歳 と妻の珠実さん 58歳 のお二人が オープンさせました、『ふるフル』 の場所などの情報です いつもながら人生の楽園に登場される ご夫婦は笑顔が素敵な素晴らしい方が 多くさすが「人生の楽園」と題する 番組に出るだけはあるなぁとうらやましく思います。 店名:つくりたて生アイスの店 ふるフル 所在地:〒381-0082 長野県 長野市大字大字 上駒沢 920 アクセス:三才駅から800m 北陸新幹線 北長野駅で北しなの線乗り換え 「三才駅」下車 TEL:026-251-3334 営業時間:[月~金] 10:00~18:30 [土・日] 9:30~18:30 定休日:不明 営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。 このような天気のよさそうな日に こんな感じの場所で食べる生アイスは最高でしょうね。 可愛らしい看板も良いですね~。 美味しそうなアイスが並んでますね~ お店の外観やお店で販売しているアイスともに 素敵な感じですね。 そもそもなぜ長野県で生アイスのお店をと 考えたのでしょうか? 『ふるフル』が長野県長野市で営む理由は? 長野市出身の浩史さんは高校を卒業後、 アイスクリーム店やパン店に勤務。 その後、友人と洋菓子店を開きますが28歳の時、 厨房機器を扱う輸入商社に転職。 珠実さんと結婚し2人の子どもが生まれました。 転機となったのは、48歳の頃。 お菓子の製造機器を輸入するために イタリアのトリノを訪れた時のことでした。 一面に広がるヘーゼルナッツ畑を目にし、 雪の中でも元気に実るヘーゼルナッツに衝撃を受けます。 「将来、故郷に新たな名産品が必要になる」 と常々考えていた浩史さん。 「ヘーゼルナッツなら長野でも作れるのでは?」 との思いを強くしていきます。 2013年、53歳で会社を早期退職。 翌年の春に遊休農地を借り、ヘーゼルナッツを植え始めました。 同時に6次産業化するための拠点を作ろうと 食品加工会社を立ち上げます。 さらに、信州産のおいしいヘーゼルナッツを 多くの人に味わってもらいたいと、 生アイスの店『ふるフル』をオープンさせました このような素敵な第二の人生を一緒に歩める パートナーがいることに独身の私は非常な憧れを抱きますね~ 泣 50歳くらいになりますと、「のんびり暮らしたい」 『地元に貢献したい』と思う人が多くみられるように感じますね。 最近、私もなんとなくその気持ちが分かるような気がしてきました。 そんな岡田浩史さんと妻の珠実のご夫妻が 考えたお店の商品がどのような物か気になりますね スポンサードリンク 3. 『ふるフル』の世界初? の商品やお値段は? 『ふるフル』はつくりたて生アイスの店 です。 ヘーゼルナッツは寒さに強く、病害虫にも強いことから、 比較的栽培に手間がかからないと言われます。 しかし、 収穫は地面に落下した実をひたすら拾う大変な作業。 愛情込めて育てたヘーゼルナッツは 岡田浩史さんのお店『ふるフル』で様々なスイーツに生まれ変わります 美味しそうな果実が『ふるフル』さんの手で このように美味しそうなアイスクリームへの変貌します。 季節ごとの様々な果物なども取り入れ、季節の変化も楽しめますね~。 季節の変化の楽しみだけでなく、記念日には特別なケーキも作ってくれるとか このような気遣いもリピーターが 多くなる理由の一つなんでしょうね スポンサードリンク 4. 『ふるフル』さんの評判・口コミは? そのような『ふるフル』さんの口コミ・評判は? 「 濃厚で忘れられない味」とリピーターも多く、評判です 混雑状態が発生するほどの大盛況ぶり。 お客様が増えるのはお店側としてはご自身の 商品を気に入ってもらえたことの証として 嬉しいですが、周辺への配慮がちょっと大変そうなのが たまにきずですね。 長野市のアイス よくお邪魔しているアイス屋さんです。 いつも作りたての美味しいアイスですよ。 「しぼりたて牛乳」は、あっさりとしているのにコクのあるし、 季節毎の味覚を使用した「本日の特撰素材」、ヘーゼルナッツ・抹茶・チョコレート etc・・・ なかなかのラインナップ。 素材にも神経使っているのが分かります。 たぶん一度も冷凍しないため美味しいのでしょうね~ お聞きしたら賞味期限はその日の内、地方発送も出来ない!そこでしか食べる事ができない! こだわってますね~ 残りは廃棄なんでしょうか? ビジネス的にはかなり・・・ですね。 素材を粉砕する時は、酸化を防ぐため真空状態にして粉砕してるとの事です。 これはちょっと驚きました。 ちなみにジャムも販売していて美味しかったです。 季節毎の味覚を使用した「本日の特撰素材」のラインナップの豊富さや 素材の新鮮さへのこだわりなどへの評価が高いですね~。 人生の楽園の撮影時の風景は? これからもどんどんいろんなメディアに 取材され注目度アップしていくと良いですよね~ 最後までお読みいただきありがとうございます 今回のふるフルさんに負けない幸せそうなご夫婦が ご家族が笑顔たっぷりの第二の人生でお届けする 絶景・絶品の様々な楽園の記事もありますので、 よろしければご覧ください。

次の

「ふるフル」(長野市

ふるふる アイス 長野

「100年後の長野の農業を明るくしたい。 若者が職業の選択肢として農業に手を挙げられる時代にしたいんです」 そう力強く話してくれたのは、今年7月31日に長野市上駒沢にオープンした、つくりたて生アイスの店「ふるフル」を運営する株式会社フル里農産加工 代表取締役の岡田浩史さんです。 「つくりたて生アイス」とは一度も冷凍しないため、賞味期限はその日のうちに、そこでしか食べることができず、地方発送もできない、売切れ次第終了というアイスです。 岡田さんの前職はイタリア製の調理機器などを販売する輸入商社の営業マンで、国内外を合わせて年間200日はホテル暮らしの出張族だったといいます。 「正直、典型的な企業戦士で子どもの入学式、参観日、運動会等の学校行事には全くいけませんでした。 全部、家内に任せていましたから。 家内には頭が上がりません」 まさに内助の功だったと、岡田さんは当時を振り返ります。 そんな東奔西走のサラリーマン時代を過ごしてきた岡田さんは、体調を崩したこともあり退職後は奥様とのんびり過ごしたいと考えるようになります。 「ある日、犬の散歩で近所を歩いていたら地元の農業が盛んなことに気付いたんですよ。 それで、地元の農産物を使った仕事をしたいって考えたんです」 今までは忙しく全く気付かなかった長野市の盛んな農業。 自身も今まで全国の生産者さんのお手伝いをしてきたノウハウを地元に恩返しするつもりで起業しようと決意します。 「商売をやる上でいろいろ考えましたが、16歳から21歳までアイスクリーム屋で働いていたことや、27歳から勤めた前職の輸入商社で食品加工の勉強やアイスクリーム店の立ち上げに関わっていたので、これなら活かせると思いました」 現在、自家農園のほかに近所の農家さんからも野菜や果物を仕入れ、アイスクリームとして販売しています。 「うちはとにかく生のアイスを提供しているので、冷凍は一切していません。 地方発送もしていません。 それに果物や野菜のシャーベットなら果汁と糖類だけで水はほとんど使わず、皮まで細かく粉砕して一緒に素材として使用する事で栄養価が高いものを提供します」 徹底して「生」という鮮度にこだわり、ここでしか食べられないもの、野菜や果物本来が持つ素材の美味しさをなるべくそのまま提供したいと岡田さんは考えます。 そのために特に気を付けている点もあるそうです。 「一番の難点は、素材を粉砕すると進む酸化です。 皮が気にならないように高速粉砕すると茶色くなってしまいます、それを防ぐために真空状態で粉砕しているんです。 この方法により酸化せず、色がきれいな仕上がりになり、菌の発生リスクも少なくできるんです」 取材日にちょうどオープンして1か月が経ち、1万人超えのお客様を迎えたといいます。 「アイスクリーム屋は唯一修業しなくても始められるビジネス。 機器がコンパクトで安くなり間口は広い。 しかし、やり始めると奥は深い。 だから好きでないと続かない商売なんです」 と岡田さんは断言します。 岡田さんは25年間、アイスクリーム店や加工の現場に携わり、全国で講演会やコンサルティング指導も行ってきました。 そのため退職した現在でも、毎週のようにアイスクリーム店開店希望の経営者や、スィーツ店のオーナーさんらが岡田さんの下に訪れます。 「アイス好きが多い女性は、お客様の立場に立って作り続けることができるので成功する方が多いです。 生アイスはとにかく鮮度が命。 お客様に常に新鮮なものを提供するという強い気持ちがないと作れないんです。 少しでも妥協した時点で商売は衰退していきます」 生アイスクリーム業界を自らの目で見て、肌で感じてきた岡田さんは口を酸っぱくして言います。 というのも実は、つくりたて生アイスというジャンルを25年前に日本で初めて考案したのが他でもない岡田さん自身だからです。 「アイスクリームは日本で唯一賞味期限がない商品です。 だからこそ1日しか日持ちのしない『デイゼロ』の『つくりたて生アイス』を提案したんです」 実はあの生キャラメルという名前も岡田さんが命名し、講習会等を通じて北海道に広がっていきました。 まさに業界の革命児! 現在、農林水産省関連の中央サポートセンター6次産業化プランナーに登録されているという岡田さん。 「6次産業は、生産、加工、販売の全てに携わります。 今の農業は生産中心ですが、全て自分達の手で行う6次産業化が実現すれば長野の農業の未来は変わってくるはず。 そのためにもまず、私が成功してビジネスモデルとなる必要があるんです」 と改めて帯を締めなおす岡田さんは現在、ヘーゼルナッツの国産化を目指し、自家農園等に5種類150本の苗を植えて、長野の風土に合うヘーゼルナッツを模索しているといいます。 「仕事でよくトリノに行っていたんですが、長野とトリノは同じ冬季五輪開催地であり、長野のリンゴのように、トリノにはヘーゼルナッツがあるんです。 これをペーストやチョコレートに加工して販売することを生産者の方々にお伝えするのが今後の目標です」 お店の収益をヘーゼルナッツに投資しているという岡田さんの飽くなき挑戦は続きます。 取材を終えお店を出ようとすると、甘い匂いに誘われてアシナガバチがやってきました。 彼らの鋭いハリもこの店のアイスを目の当たりにすれば、滑らかなスプーンに変わるような、そんな気がしてなりませんでした。

次の