センシティブ ツイッター。 Twitter:センシティブな内容とは?解除の設定方法を徹底解説

Twitterのセンシティブな内容を解除!英語で解除できない時の対処法も解説|アプリ村

センシティブ ツイッター

1)画像がURL表示になっている 2)センシティブな内容が含まれる可能性のあるツイート 3)通信環境が悪い 4)Twitterアプリや端末の不具合 5)ツイートの削除 6)Twitter運営側の不具合 1)画像がURL表示になっている スマホアプリ版Twitterで見ると、ツイートに添付されている画像がURLになっていて、次のようにわざわざ開かないと画像が表示されない場合があります。 これは、Twitterの設定によるもので、設定変更によって簡単に解決することができます。 なお、 画像のURL表示の設定はスマホ版特有の設定です。 PC版Twitterではデータ量などを気にしないで使用できることが多いため、常に画像が表示されるようになっています。 2)センシティブな内容が含まれる可能性のあるツイート 相手がTwitterの設定でセンシティブな内容を含むものとして設定している場合、画像や動画が表示されません。 これは自分のTwitterの設定を変更することで表示できるようになります。 なお、PC版Twitterの場合、デフォルトの設定でも「表示」ボタンから表示させることができます。 ブラウザ版Twitterからでなければいけませんのでご留意ください。 スマホアプリ版Twitterのツイートで表示されている「設定を変更」をタップすることで、ブラウザ版Twitterに移動できます。 b)ブラウザ版Twitterでの表示 ブラウザ版Twitterでは、Twitterの設定を変更せずとも「表示」を押すことで表示させることができます。 3)通信環境が悪い Twitterの画像はサーバーからデータを受信することで見れています。 通信環境が良くない場合にはデータの受信がうまく行われず、画像が見れないことが多いです。 通信環境が悪い場合のよくある原因として次のようなケースが考えられます。 PC:ブラウザの再起動やPC本体自体の再起動 スマホ:アプリやブラウザの再起動や端末自体の再起動 iPhoneの場合、ホームボタンを2回連続で押し、バックグラウンドで起動しているアプリの中からTwitterアプリを上にスワイプすることでアプリを閉じることができます。 軽微な不具合であれば、再起動することで解決できることが多いです。 意外と効果的な手段なのでぜひ試してみてください。 5)ツイートの削除 画像が添付されていたツイートを削除された場合には、参照先がなくなるため画像が表示されなくなります。 相手の削除行為が反映されるまでのタイムラグや画像のURLが拡散されている場合に発生しやすいです。 この場合は、直接相手に画像を送付してもらう以外確認する方法はありません。 6)Twitter運営側の不具合 上記以外でスマホアプリ版Twitterでもブラウザ版Twitterでも見れない場合、Twitter運営側のシステム不具合という可能性もあります。 この場合、Twitter公式アカウントの公表や同じような症状で困っているTwitterユーザーを探してみましょう。 Twitter公式アカウントでは次のように公表されることもあります。 Twitter運営側のシステム不具合の場合、改善されるのを待つしかありません。 SNS等で状況確認しながら気長に待ちましょう! 2. まとめ 以上、Twitter画像表示されない|URL表示やセンシティブな内容等についてでした。 URL表示やセンシティブな内容によって画像が表示されない場合には、設定を変えるだけで簡単に表示させることができます。 設定を確認してみてください! それ以外では通信環境の不安定さが要因ということが多いです。 Wi-Fi環境下で実施してみるなど、通信環境を改善してみてください!.

次の

Twitter(ツイッター)のセンシティブな内容とは?設定方法や解除の方法を解説

センシティブ ツイッター

センシティブの基準は何か では何がセンシティブで何がセンシティブではないのか、確認していきましょう。 Twitterによるとセンシティブな内容とは• 写実的な暴力表現• 成人向けコンテンツ• 強姦及び性的暴行に関するコンテンツ• グロテスクなコンテンツ• ヘイト表現を伴う画像 と明言されています。 上記いずれかに該当し、センシティブ認定された画像については、 画像が表示される前に警告メッセージが出ます。 ただ何がひっかかるかはTwitterのさじ加減的なところもあるので、開いてみたら普通じゃん、といったケースも多々あるようです。 しかし、実際にこれマズいんじゃないのというものもしっかりフィルターにかかっているので、うっかり開いてオーマイガー!!なんてことにならないよう注意しましょう。 センシティブな内容の画像・動画を非表示にしよう このセンシティブな画像は、お好みで表示にも非表示にもできます。 まずは非表示の仕方からみていきましょう。 非表示にする方法-ブラウザ版 こちらはログインしてから行いましょう。 歯車マークから設定画面を開き、プライバシーとセキュリティへ進みます。 その後、セキュリティに表示されているセンシティブな内容を含む画像・動画を表示するのチェックを外しましょう。 これでTwitterがセンシティブ認定した画像・動画、それを含んだツイート、リツイートは表示されません。 非表示にする方法-スマホ版 次にスマホ版ですね。 アプリを開いて、• アイコンメニューの設定とプライバシーをタップ• プライバシーとセキュリティをタップ• セキュリティに表示されているセンシティブな内容を含む画像・動画を表示するのチェックを外す これで設定は完了です。 ちなみに iPhoneの場合、なぜかアプリではセキュリティチェックはずしができないので、Safariなどのブラウザから行う必要があります。 お近くのノジマ店舗を検索いただけます 逆にセンシティブな画像・動画を表示してみる 逆にセンシティブな画像・動画を表示したいなら、設定を変える必要があります。 パソコンで表示させる パソコンで表示させる場合、警告メッセージが出たらそれを 無視して「表示する」をクリックすればOKです。 今後もセンシティブな画像を閲覧できるようにしたい場合は、警告メッセージにある「設定を変更」をクリックします。 これでセンシティブなものが閲覧できるようになります。 Androidで表示させる Android版の設定変更は基本的にはパソコン版と同じです。 ただ、 最新のバージョンにアップデートしておく必要があります。 iPhoneで表示させる iPhoneも基本的にはAndroidと同じです。 ただ例によってアプリでは設定までできませんので、 Safariなどのブラウザを使って設定を変えなくてはなりません。 ブラウザ版でのログインが必要なので、若干メンドクサイですかね。 センシティブ認定以上にセンシティブなものが表示されたら 仕方ないことではありますが、Twitterが考える「センシティブ」を超えた画像や動画が表示されるケースがたまにあります。 もちろん見たくはないので、非表示にしたいところですが、なにせセンシティブに引っかかってこないため、非表示にすらできないケースもあります。 そんなときの 対処法として、「通報」があります。 この通報は、いわゆるTwitterの運営側がユーザーから集めた情報で、センシティブな投稿を見つけ出すようなものです。 ユーザーが直接モノ申すことができるわけですね。 通報は、通報したいツイートの右上のあるVのマークをタップし、「ツイートの報告」を開きます。 そこから「センシティブな画像を表示している」をタップすればOKです。 また通報した後、そのツイートをしたアカウントをブロックかまたはミュートする設定が行えます。 ミュートとはフォロー解除やブロックを行わずに、特定のアカウントのツイートがタイムラインに表示されないようできる機能です。 ミュートしたことは相手にはわからないので安心です。 またミュートはいつでも解除できます。 ミュート設定について詳しく 先ほども言いましたが、ミュートというのはフォローの解除やブロックではなく、特定アカウントのツイートがタイムラインに出ないようにするための、第三の方法です。 ミュートされたことは相手にはわからない上に、いつでも解除できるのでラクちん。 ミュート済みのリストを表示することもできます。 ミュートの詳細について ミュートにはいくつか覚えておくべきポイントがありますので紹介します。 まず、ミュートしているアカウントでも自分をフォローできる上、自分もミュートしているアカウントをフォローできます。 なんとも奇妙ですが、できるらしいです。 そしてここポイントかも。 ミュートしているアカウントからもダイレクトメッセージが届きますが、プッシュ通知やショートメール通知は届きません。 いちいち通知が届かないので、ウザくなくてよいかも!? フォロー中のアカウントをミュートするとどうなる? フォロー中のアカウントをミュートした場合、そのアカウントからの返信、 ツイートは [通知] タブに表示されます。 それと、ミュートする以前にミュートしたアカウントから送信されたツイートは、ホームタイムラインには表示されなくなります。 そして会話をクリックかタップしたときには、ミュートしているアカウントの返信は表示されます。 フォローしていないアカウントをミュートするとどうなる? フォロー中のアカウントをミュートした場合とは違い、• そのアカウントからの返信や ツイートは [通知] タブに表示されない• 会話をタップしてもミュートしているアカウントの返信は表示されない• ミュートしていないアカウントが、ミュートしているアカウントのコメントをリツイートしたとき、そのツイートは表示されない。 という仕様になっています。 ミュートする方法 <ツイートからミュート>• ツイートの アイコンをクリック• [ミュート] をクリック <プロフィールからミュート>• ミュートするアカウントのプロフィールページに移動• メニューのアイコン…をクリック• オプションのリストから [ミュート] を選ぶ ミュート解除の方法 まず、ミュートしているアカウントのプロフィールに移動します。 ブラウザページの場合は、ミュートアイコンをクリックしてミュートを解除します。 アプリの場合は、[このアカウントのツイートをミュートしています] の隣にある [ミュートを解除] をタップします。 ブロックの機能もおさらい ブロックはミュートとは違い、別のアカウントとのやり取りをコントロールする機能です。 その意味ではミュートよりも厚い盾のようなもので、特定アカウントから連絡が来る、ツイートが見られる、フォローされるのを文字通り、「ブロック」してくれます。 ブロックの詳細 公式サイトからかいつまんでまとめてみましょう。 ブロックしたアカウントはあなたをフォローできない、あなたもそのアカウントをフォローできない• フォロー中のアカウントをブロックすると、フォローが解除される。 相手が自分をフォローしていた場合、相手もフォローが解除される• ブロックした通知は相手に行かないが、相手があなたのプロフィールを見るとブロックされていることがわかる• ブロックしたアカウントからの通知は届かない ちなみにこのブロックは、あなたがログインしているときだけ機能するので、ログインしていないことに気が付かず、嫌な相手のツイートを見てしまって「キィ----」とならないようにご注意ください。 ブロックされるとどうなる 逆にあなたがブロックされた側だとして、何ができなくなるか見ていきましょう。 相手(あなたがブロックされた人)をフォローできない• ログイン状態で相手のツイートを見られない• ダイレクトメッセージを送れない• ログイン状態で相手のフォローアカウント、フォロワー、いいね、リストを見られない• リストに追加できない• 写真にタグ付けできない などが起きます。 ブロックの方法 <ツイートからブロック>• ブロックするアカウントのツイート上部にあるvアイコンをクリック• [ブロック] をクリック• [ブロック] を選んで確定 <プロフィールからブロック>• ブロックするアカウントのプロフィールページに移動• プロフィールページでその他アイコン…をクリック• メニューから [ブロック] を選ぶ• [ブロック] をクリック まとめ 特定のキーワードが含まれるツイートや、特定のアカウントのツイートを見たくない場合、ミュート機能を使いましょう。 ミュート機能を使えば相手に気づかれずに非表示にできます。 嫌いな言葉、嫌いな人のツイートを、セルフセンシティブ判定でブロック! これでTwitterは、もっと、快適になる!.

次の

Twitter:センシティブな内容とは?解除の設定方法を徹底解説

センシティブ ツイッター

センシティブ(sensitive)の意味とは? センシティブ(sensitive)とは感覚が敏感な様子 センシティブ(sensitive)とは、基本的に感覚が敏感な様子を表します。 例えば、センシティブ(sensitive)を人に当てはめた場合、ある1つの発言に対して他の人よりも気にしやすかったり、敏感に反応してしまったりする人がセンシティブな人だと言われいます。 会社や身近には必ずいるタイプですよね。 また逆に、センシティブ(sensitive)を話や話題に当てはめた場合、みんなが気にするような内容の話だったり、あまり言ってはいけない内容だったりする話のことを指します。 このようなセンシティブな内容に関しては後ほどまた詳しく紹介していくので、是非最後まで読んでみてくださいね。 慎重に相手をしないといけないという意味もある センシティブ(sensitive)とは、先ほどのように人に当てはめたり話に当てはめたりしますが、他にも慎重に相手をしないといけないという意味で使われる時もあります。 例えば、上司に「Aさんはセンシティブだから気をつけてね」と言われた場合には、Aさんは少しのことで傷つきやすいので慎重に接してほしいという意味でとることができます。 このように、センシティブ(sensitive)には内に秘められた内容の意味も含まれていることをしっかり頭に入れて使いこなしましょう。 次の記事は、メゾの意味について解説した記事になります。 「メゾ」という言葉を知っていますか?マクロやミクロとも間違われやすいメゾですが、それらの詳しい違いについて次の記事ではしっかり説明されています。 メゾは、ビジネスを語る上でも欠かせない用語でもあるので、是非知識として覚えておきましょう。 誰の身近にも一人はいる、様々なことに敏感な人。 長い人生を生きていればそのような人たちともコミュニケーションをとっていかなければならないことも多いですよね。 そしてそのような人たちのことを「センシティブな人」と呼ぶことができます。 センシティブは、そこまでネガティブなイメージがないので本人に「センシティブだね」と言っても大丈夫ですし、先ほど例に挙げたように第三者に対して「あの人はセンシティブだから言動には気をつけてね」と使うこともできます。 しかし、似たような意味でナイーブという表現はネガティブ要素を含むので控えましょう。 これは、相手がセンシティブな人であってもなくても言えることになります。 例えば、Aさんが最近愛犬を亡くしたばかりなのに、犬の話ばかりをするのはNGですよね。 この時には「犬の話」自体がセンシティブな話題というふうになります。 このように、普段はその話をしても大丈夫だけれどもある一定の期間、タイミングにその話をするのはNGという事柄に対して「センシティブな話題」と使うことができます。 「今Aさんにとって犬の話はセンシティブな話題だから控えよう」という例文も作れますね。 日常でも使うことがあるかと思うので参考にしてください。 日本だとわかりにくいかもしれませんが、特に海外では宗教や政治、その他一般常識でタブーとされていることを話すのはNGです。 これもセンシティブな話題の1つになってくるので覚えておいてくださいね。 トラブルに巻き込まれる可能性もあります。 次の記事は、マッチポンプについてです。 マッチポンプという言葉をご存知ですか?ビジネスで時々聞く言葉でもあるので、使えるようになっておくと周りからも一目置かれますよ。 次の記事では、そんなマッチポンプの正しい意味や由来、使い方などが解説されています。 ぜひ参考にして、仕事で使ってみてくださいね。 これは、センシティブの類語としてもよくあげられる言葉になっています。 デリケートの意味自体は、「繊細である様・微妙な様」というような、センシティブとも通じる意味を持ち合わせています。 そのため、「センシティブな人」のことを「デリケートな人」と呼ぶこともあります。 他にも、「デリケートな神経の持ち主」など、神経や性格自体にデリケートを使うこともあります。 よく使われる言葉でもあるので、是非覚えておいてください。 繊細は、センシティブを説明する時にもよく使われますよね。 先ほどもデリケートやセンシティブを説明する際に使用しました。 このように、センシティブには、繊細という主に含まれているので類語だと言えます。 繊細の方が、センシティブよりも意味が広く単純になっているのでよく使われます。 例えば、繊細は、人にも物にも話題にも使うことができます。 「繊細な作りをした商品・洋服」「繊細な人」「繊細な話題・言葉」などです。 読み方はえいかんです。 日頃はあまり使わない言葉なので、使い方がよくわからないという人も多いでしょう。 鋭感は、意味自体は物事に対して鋭い感覚を持っているという意味で、芸術の中で使われることが多いです。 感受性が豊かな人にぴったりの言葉ですよね。 例えば、Aさんが知人の画家であるBさんに対して「やはり画家は鋭感がある」というと、Bさんの物事とを鋭くキャッチする感覚を褒めていることになります。 普段使いにくい言葉ではありますが、覚えておくと素敵ですよね。 これは、感受性が豊かという言い方にも置き換えられますが、強いの方がより敏感さが込められたニュアンスになります。 センシティブな人は、小さなことに対して敏感に感情を揺れ動かされるため感受性が強いという言葉で表すことができるのです。 無神経とは、普通であれば遠慮したり控えたりするところを、気にせずに行動したり発言したりすることを言います。 そしてこの言葉は、使うとネガティブなイメージを与えるので、発言する際には注意してくださいね。 鋭感の反対と考えるととてもわかりやすい言葉かと思います。 鈍感とは、あるものごとに対して気付きにくかったり、周りは気づいているのにその人だけ気付かないというような状況のことを指しますよね。 日常でもよく使われる言葉でもあります。 是非覚えておいてください。 次の記事は、エトセトラの意味についての記事です。 エトセトラは、一見難しそうな言葉ですが意外と日常でも耳にする言葉ですよね。 正しい意味や書き方、日本語と英語の使い方の違いなども知っておくと、もっと幅広く楽しく使うことができますよ。 是非、次の記事を最後まで読んでしっかり学んでみてくださいね。 Twitter(ツイッター)におけるセンシティブとは?解除方法は? ツイッター(Twitter)のセンシティブとは閲覧注意の内容のもの ツイッター(Twitter)におけるセンシティブとは、主に閲覧注意の内容のもののことを指しています。 グロテスクな内容のものであったり暴力的な内容のものはロックがかけられてしまうのですね。 これはもともとロックがかかっていることが多いため、自分で解除しなければ内容を見ることはできないようになっています。 しかし、これらを解除して内容をみたいという好奇心旺盛な方は、これから教えるツイッター(Twitter)のセンシティブを解除する方法を試してみてくださいね。 センシティブの解除の方法自体はとても簡単で、危険なものではないので安心してくださいね。 センシティブの表記があるツイートをタップして設定に飛ぶ まずツイッター(Twitter)のセンシティブを解除するには、ツイートとして出てくる「このツイートはセンシティブな内容が含まれているため閲覧することができません」というツイートをタップします。 すると、ツイートの詳細が表示され、左下の方に設定に飛べる文字があるのでさらにそこをタップします。 英語から日本語に文字表記を変換する すると、ここで全て英語表記になっている設定画面が現れます。 これでは何を押して捜査していいのかわからないというかたも多いかと思うので、文字表記を英語から日本語にシフトさせます。 「Language」というような表記があるかと思うので、そこから頑張って日本語に変えてみてくださいね。 プライバシーからセンシティブの閲覧を許可する 最後に、プライバシーの項目からセンシティブな内容にツイートを表示するかしないかのチェック項目がついた部分があるので、そこのチェックを入れれば完了です。 これでセンシティブな内容のツイートも見ることができます。 逆に見たくないという時にも、ここからチェックを外せばセンシティブなツイートはロックされます。 これで、ツイッター(Twitter)のセンシティブを解除する方法がわかりましたね。 人によってはこの設定にすることでツイッター(Twitter)をもっと楽しめるようになるので、是非今回紹介したツイッター(Twitter)のセンシティブを解除する方法を実践してみてください。 次の記事は、アテンションの意味についてです。 アテンションは英語の単語として「注意」という意味だと覚えた記憶がある人も多いのではないでしょうか?次の記事では、そんなアテンションという言葉に関しての知識がたくさん紹介されています。 注意書きの例文もあるので、役に立つこともあるかもしれませんよ! センシティブに使い方を知って活用できるようにしよう! いかがでしたか?今回は、センシティブ(sensitive)の使い方や意味について解説していきました。 センシティブは、意味合いや使われる場面が多いので使い分けで混乱しそうですが、「感受性が豊かな人」「相手を敏感にさせる話題」の2つを押さえておけば大丈夫です。 是非、日常でも積極的に使ってみてくださいね。 次の記事は、オープンマインドについてです。 オープンマインドという言葉を聞いたことがありますか?字を読んでみるとわかりやすいのですが、性格や考え方がオープンな人のことを主に指します。 次の記事でも、そのことについて詳しく説明されているので早速読んでみましょう。 これまでよりも物知りになれますよ!.

次の