コロナ イブプロフェン チェーン メール。 【デマ拡散】根拠のない新型コロナウイルス感染予防策が拡散!?【デマ一覧を紹介】

「イブプロフェンで新型コロナが悪化する?」臨床医に聞いて分かった“飲んではいけない薬”の真偽

コロナ イブプロフェン チェーン メール

全世界で感染拡大が続く新型コロナウイルス(COVIT-19)。 治療薬も見つかっていない中、飲んでよい薬・飲んではいけない薬はあるのでしょうか? 中国・武漢から始まり、日本や欧米でも感染拡大が続いている新型コロナウイルス・COVIT-19(以下、新型コロナ)。 私が営んでいる漢方薬局でも「抵抗力を上げる漢方に変更して欲しい」といった旨の相談が多くなっております。 同氏が挙げた新型コロナの感染者が避けるべき薬とは 「イブプロフェン」や「コルチゾン」と呼ばれる抗炎症薬です。 同氏は続けて、感染者がこれらの薬を服用すると症状を悪化させる恐れがあると記しています。 これは信頼できる情報なのか、実際にこれらの薬は避けるべきなのか、本記事では一般の方がドラッグストアなどでも入手可能な「イブプロフェン」に絞って解説いたします。 イブプロフェンとは……頭痛、生理痛、歯の痛みなどにも使われる抗炎症薬 イブプロフェンとは、炎症を鎮める代表的な薬です。 専門的にはNSAIDs(エヌセイズ:非ステロイド性抗炎症薬)と呼ばれるカテゴリーに含まれます。 イブプロフェンは炎症を抑える作用があることから、主に頭痛、生理痛、腰痛、関節痛、歯の痛み、そして発熱などに対してしばしば使用されます。 イブプロフェンは病院で医師が出す処方薬としてだけでなく、一般の方がドラッグストアなどで購入できる頭痛薬などにも含まれることが多い成分でもあります。 その分、今回のツイート内容が多くの方にも注目されているのでしょう。 新型コロナでイブプロフェンを避けるべき根拠はあるのか 大国の厚生大臣が発表するほどのことですので、根拠が薄いとも考えにくいのですが、同大臣のツイッターでも「新型コロナ感染者がイブプロフェンなどを服用していると症状が悪化する」と短く記されているのみです。 本記事を執筆している2020年3月18日の段階では、まだ新型コロナとイブプロフェンの明確なつながりはわかっておらず、科学的根拠は明らかにされていません。 まだ確実な情報とは断言できない中で、どのような薬を選ぶべきなのか、現状の薬は変更する必要があるのか、悩まれる方は少なくないと思います。 以下では、現状の新型コロナウイルスの脅威の中で、私たちがどのようにイブプロフェンに代表される抗炎症薬と付き合っていくべきかを解説します。 病院からイブプロフェンが処方されている場合……自己判断での安易な中止は避ける 腰痛や関節痛など何らかの症状があり、既に病院からイブプロフェンが処方されている場合、 自己判断での中止は避けるべきです。 急な服用停止により、抑えていた痛みなどが再燃してしまう可能性もありますので勧められません。 一方、病院受診時とは異なる症状が現れた場合は、処方医や調剤を受けた薬局に連絡を入れて指示を仰ぐのが良いでしょう。 具体的な「異なる症状」とは、 急な発熱、咳やのどの痛み、関節痛、寒気などといった、いわゆる「インフルエンザや風邪のような症状」です。 その理由については後述します。 市販薬のイブプロフェンを服用している場合……無症状なら過度な心配は不要 もし頭痛や生理痛などで市販薬のイブプロフェンを服用している場合も、上記で挙げたようなインフルエンザや風邪のような症状がなければ過度に心配する必要は少ないでしょう。 一方でそのような症状がある場合は薬剤師などに相談しつつ、NSAIDsとは異なるカテゴリーに含まれる 「アセトアミノフェン」という抗炎症成分が入った薬を選ぶのが良いでしょう。 冒頭で紹介した仏厚生大臣も発熱の際などはアセトアミノフェンの使用を推奨しています。 イブプロフェンによる「ライ症候群」とは……ウイルス感染症時の服用による副作用 ではなぜ「インフルエンザや風邪のような症状」が出たときは、まず専門家に相談するべきなのか。 その理由の一つに「 ライ症候群」の存在があります。 イブプロフェンに代表されるNSAIDsには、ライ症候群という副作用が知られています。 ライ症候群とは、インフルエンザなどのウイルス感染症を患っている際にNSAIDsを服用すると意識障害、嘔吐、けいれんなどが起こりやすくなるというものです。 特にライ症候群は小児に起こりやすいことが知られています。 つまり、新型コロナかどうかに関わらず、ウイルス感染症に対して、NSAIDsの使用には注意が必要なのです。 一般の方は、発熱があっても、その体調不良がただの風邪なのか、インフルエンザによるものなのか、新型コロナなのか、またはそれ以外のものなのか判断することは不可能でしょう。 したがって、インフルエンザや風邪っぽい症状がある場合、特に小児の場合は、市販薬で対応するのなら、アセトアミノフェンを含んだものが推奨されています。 イブプロフェンは「悪役」ではない……正しく理解して適切な使用を イブプロフェンに代表されるNSAIDsは決して怖い薬ではありません。 冒頭で挙げた通り、炎症を鎮める代表的な薬なので、頭痛、生理痛、関節痛など、幅広い症状の緩和に有効です。 一方で上記のように今回の新型コロナウイルス感染症に限らず、インフルエンザなどの感染症とは相性が悪いこともすでに知られている通りです。 繰り返しになりますが、 新型コロナに対してNSAIDsがどのように影響するのか、現段階では分からない点が多いです。 しかし、 新型コロナに限らず感染症による症状が疑われる場合、NSAIDsはより慎重な使用が求められます。 誤解やフェイクニュースに注意 本記事をご一読頂いた方は問題ないと思うのですが、他メディアにおいて見出しだけを見るとあたかも 「アセトアミノフェン(またはイブプロフェン)が新型コロナの撃退に有効」と勘違いしてしまいそうなものがあります。 SNSが発達した現代では素早く情報が世界中を駆け巡ります。 一方で誤解やフェイクニュースも新型コロナと同じように国境に関係なく拡散してしまいます。 その点にも気を付けながら日々の情報に接して頂きたいと思います。 本記事のまとめ• 仏厚生大臣が「新型コロナにかかった場合においてイブプロフェンなどの服用は症状を悪化させる」可能性に言及した• 一方でイブプロフェンを含むNSAIDsという抗炎症薬のグループは危険な薬などではない• しかし、インフルエンザを含む一部の感染症においてNSAIDsは慎重な使用が求められる• 感染症の可能性がある場合、抗炎症薬にはアセトアミノフェンが推奨されている 新型コロナ感染症騒動に思うこと……基本の手洗いと睡眠時間確保で体調管理を 最後に一薬剤師として、今回の新型コロナウイルスの感染拡大に、私たちはどう向き合うべきかについても触れたいと思います。 まず現時点で、 新型コロナに対する一番の対処法は、自身の免疫力を落とさないことに尽きると考えます。 新型であろうと旧型であろうと、ウイルスに対して私たちの身体に備わっている免疫はそれを排除し、さらに崩れた体調をもとに戻そうと働きます。 連日の報道を見ていると、ついその日の感染者数や死亡者数にばかり目が行って不安な気持ちになってしまうかもしれませんが、多くのケースでは感染後に回復しています。 詳しくは厚生労働省の「」をご参照ください。 したがって、西洋医学的な治療法が確立していない現段階においては、頻繁な手洗いと睡眠時間の確保が最も有効な対応法と考えられています。 最新の情報に接するのは良いことですが、情報過多になり睡眠不足になってしまっては本末転倒です。 本記事が新型コロナ、さらに感染症とNSAIDsに代表される抗炎症薬との正しい付き合い方の一助になれば幸いです。

次の

【解説】 新型ウイルスにイブプロフェンは危険? 事実と作り事の区別を

コロナ イブプロフェン チェーン メール

NSAIDs服用中に急性腎障害を起こすリスクとしては「脱水」のほかに「発熱」「食事量の減少」「誤って多量に服用した場合」「ほかの併用薬がある場合」などが挙げられる。 想像してみると、いずれのリスクもNSAIDsを服用するときに同時に起こりそうな状況だ。 では、いったいどのようにして腎臓を守ればいいのだろう。 厚生労働省が公表している「重篤副作用疾患別対応マニュアル 急性腎障害(急性尿細管壊死)」によると、急性腎障害は多くの場合は原因を取り除くことで進行を止め、改善させることが可能だという。 しかし、中には受けたダメージがもとに戻らない場合もあるため、急性腎障害が起きるリスクを知って、予防に努めたり、早期発見・早期治療に結びつけたりすることが大切だ。 腎臓を守るために誰にでも取り組めることは2つある。 まず、併用薬等の薬のことで心配や疑問があれば遠慮なく薬剤師に相談するということ。 もう1つは脱水予防のために水分をしっかり摂るということだ。 飲み水だけに注意していてもダメで、食事の量にも留意するのがポイントだ。 なぜなら1日に必要な水分2. 5Lのうち飲み水から摂取する分が1. 2L、それに匹敵する1Lが食事に由来するためだ(残りの0. 3Lは体内で作られる)。 体調不良で食事が摂れないと、気がつかないうちに水分不足に陥るおそれがある。 発熱するなどして体調が悪いときには「のどの渇きを感じる前に」を目安に、こまめに水分を摂ることを心がけるといいだろう。 体の中から体重の約1%の水分が失われると自覚症状として「のどの渇き」が現れると言われている。 アセトアミノフェンの服用リスクは? このようにNSAIDsの服用にはメリットだけではなくリスクもある。 ではWHO が自己判断でのイブプロフェン服用を避けるよう呼びかけていた際、代わりに使用することを勧められていた解熱鎮痛薬「アセトアミノフェン(国際一般名称:パラセタモール)」はどうなのだろう。 服用にリスクはないのだろうか。 結論から言うとアセトアミノフェンにも服用にリスクはある。 アセトアミノフェンは解熱作用と鎮痛作用をもつ薬で、炎症を抑える力はあまり強くない。 NSAIDs とは異なる仕組みで熱を下げたり痛みを和らげたりする作用を発揮すると考えられており、NSAIDsで問題となる消化管などの副作用が少ないとされている。

次の

コロナ自己診断法でデマのチェーンメール拡散中!日赤コメントや10秒息を止める等の判断は嘘?

コロナ イブプロフェン チェーン メール

100年前のスペイン風邪などと同様、第2波、第3波の襲来も心配され、市民は先の見えない不安の中にある。 そんな中で、増殖を続けているのが、コロナ情報に関するチェーンメールだ。 種類は多数あるが、中でも、特に拡散力の強かったとみられる二つのメールを例に考えてみる。 不幸の手紙は、文面が脅迫的で、受け取った人は「不安」に駆り立てられて、そうするのに対し、チェーンメールは、一見もっともらしい情報を含んでおり、「善意」から、知り合いにも教えてあげよう、と転送してしまうのが特徴だ。 一つ目は、感染拡大の初期、2月に出回ったもので、「武漢療養所に派遣された医師から送っていただいた貴重な情報」という触れ込みだった。 内容は症状、予防法などを紹介しているが、流行が始まってから、まだあまり時間が経過していないこともあって、「コロナウイルス肺炎は鼻水のない、乾いたせきをします。 これが最も簡単な識別方法」など、現時点から見れば、噴飯ものの虚偽情報を多数、含んでいた。 中でも、「ウイルスは耐熱性がなく、26~27度の温度で死ぬ」との記載は、「それなら、人体に入った途端、死滅するのでは」と、信憑性が疑われたためか、「36~37度」や「56~57度」と書き換えたバージョンが生まれ、拡散した。 この度、4月頭からコロナ外来に選出され……」という書き出しで始まる。 東大病院は、感染の疑いのある人に対応する「帰国者・接触者外来」、すなわち「コロナ外来」を開設していない。 よって、フェイクと分かる。 これも内容は、症状や治療法などに関するもので、薬剤の適否、投与量などが書かれ、専門的に見えるが、ウェブなどに掲載されている情報ばかり。 冒頭の病院名をぼかしたり、他の病院に替えたりしたものも出回っている。 ウェブ検索すると、ブログやホームページ(HP)に引用されているのが、本稿執筆時点で1200件ヒットし、この1週間ほどで2倍に増えた。 当初、医師会や個人医院のホームページにも掲載されていたが、さすがに、現在は削除されている。 LINEなどプライベートなSNS空間では、さらに多くの引用がなされているとみられる。 流布情報の集積だけなら、大した害はなさそうにも見えるが、時々、誤った情報を含んでいる。 作成者(部分改変者を含む)には、メールが拡散していくのを楽しむ愉快犯のような要素があると考えられる。 これも、コロナがもたらした鬱屈(うっくつ)した社会情況の反映だろうが、その片棒を担がされないよう、「専門家」や「現場からの声」を掲げる、出所不明の情報には、ご用心。 (時事通信社「コメントライナー」2020年5月20日号より) 【筆者紹介】 北原 斗紀彦(きたはら・ときひこ) 1975年時事通信社入社。 ジュネーブ特派員、社会部長、解説委員、横浜総局長、編集特報本部長を経て、時事通信出版局代表取締役、時事総合研究所代表取締役。 2016年10月より現職。 ジャーナリストとして社会問題やメディア状況をウオッチ。 共著にドキュメント「破防法 日本を揺るがした400日」、「世界王室マップ」。

次の