おい なん だ これ は。 オープン!食パン専門店「おい!なんだこれは!」

上越市飯に高級食パン専門店「おい!なんだこれは!」20日オープン|上越タウンジャーナル

おい なん だ これ は

「おい!なんだこれは!」 ユニークな名前の食パン専門店が20日、上越市飯の山麓線沿いにオープンした。 オープンしたのは「おい!なんだこれは!」。 商品は食パンのみで、プレーン・レーズンの2種類。 原材料は小麦粉にはちみつや生クリーム、そして発酵バターを使用している。 店を運営するのは金沢市のビッグチョイス。 食パンの製造は、全国で高級食パンをプロデュースしている岸本拓也さんに依頼した。 岸本さんは上越市にパン文化が根付いていないといい、新しいパンの価値を発信したいということ。 「我々の独自製法で作った、びっくりするようなパン。 納豆でも美味しい、ご飯の代わりに食べて欲しい」とPRしている。 また、ビッグチョイスの代表取締役 板谷恒太郎さんは「たまには高いパンを食べたり、それをお土産にする文化を発信していけたら。 こういう空間にきて元気になってもらいたい」と話している。 食パンは2斤分で、プレーンが税別800円、レーズンが税別980円。 「おい!なんだこれは!」はあす20日、午前10時にオープンする。

次の

新潟県上越市に発酵バターを使用した高級食パン専門店「おい!なんだこれは!」3月20日グランドオープン

おい なん だ これ は

「おい!なんだこれは!」 ユニークな名前の食パン専門店が20日、上越市飯の山麓線沿いにオープンした。 オープンしたのは「おい!なんだこれは!」。 商品は食パンのみで、プレーン・レーズンの2種類。 原材料は小麦粉にはちみつや生クリーム、そして発酵バターを使用している。 店を運営するのは金沢市のビッグチョイス。 食パンの製造は、全国で高級食パンをプロデュースしている岸本拓也さんに依頼した。 岸本さんは上越市にパン文化が根付いていないといい、新しいパンの価値を発信したいということ。 「我々の独自製法で作った、びっくりするようなパン。 納豆でも美味しい、ご飯の代わりに食べて欲しい」とPRしている。 また、ビッグチョイスの代表取締役 板谷恒太郎さんは「たまには高いパンを食べたり、それをお土産にする文化を発信していけたら。 こういう空間にきて元気になってもらいたい」と話している。 食パンは2斤分で、プレーンが税別800円、レーズンが税別980円。 「おい!なんだこれは!」はあす20日、午前10時にオープンする。

次の

『やっと買えたぞ!』by ごち川うま蔵 : 高級食パン専門店 おい!なんだこれは!

おい なん だ これ は

「おい!なんだこれは!」 ユニークな名前の食パン専門店が20日、上越市飯の山麓線沿いにオープンした。 オープンしたのは「おい!なんだこれは!」。 商品は食パンのみで、プレーン・レーズンの2種類。 原材料は小麦粉にはちみつや生クリーム、そして発酵バターを使用している。 店を運営するのは金沢市のビッグチョイス。 食パンの製造は、全国で高級食パンをプロデュースしている岸本拓也さんに依頼した。 岸本さんは上越市にパン文化が根付いていないといい、新しいパンの価値を発信したいということ。 「我々の独自製法で作った、びっくりするようなパン。 納豆でも美味しい、ご飯の代わりに食べて欲しい」とPRしている。 また、ビッグチョイスの代表取締役 板谷恒太郎さんは「たまには高いパンを食べたり、それをお土産にする文化を発信していけたら。 こういう空間にきて元気になってもらいたい」と話している。 食パンは2斤分で、プレーンが税別800円、レーズンが税別980円。 「おい!なんだこれは!」はあす20日、午前10時にオープンする。

次の