東北道 渋滞 情報。 <お盆期間の渋滞予測>東北エリア・高速道路の渋滞ピークは8月10日と17日!|じゃらんニュース

東北自動車道の情報INDEX:リアルタイム交通情報、ライブカメラ、渋滞予測、工事規制、ルート検索、SA/PA情報等

東北道 渋滞 情報

【重要なお知らせ】• 高速道路料金の休日割引適用除外について(6月14日まで延長)• 高速道路会社4社(NEXCO3社及び本四高速)および宮城県道路公社では、新型コロナウイルスの感染拡大防止を図るため、6月14日まで休日割引の対象日となる土・日曜日に通行した場合でも、休日割引が適用されません。 詳しくは各社ホームページをご確認ください。 ・ ・ ・ ・• 【災害等関連情報】• H28年 熊本地震 関連情報• (九州地方整備局)• H23年 東日本大震災 関連情報• (東日本高速道路株式会社)• (東日本高速道路株式会社)• 【JARTICからのお知らせ】• [新型コロナウイルスの都内交通渋滞への影響]• 都内一般道路について、新型コロナウイルスによる影響が及んでいることを想定し、当センターが提供する『渋滞統計システム』 を活用して調査を行いました。 ・ 2020. ・ 2020. 『渋滞統計システム』の詳細は からご覧いただけます。 [報道発表]• 2014. 10 『災害時情報提供サービス』 の報道発表について• 『災害時情報提供サービス』 を報道発表しました。 発表資料につきましては からご覧いただけます。 [各種情報の提供]• 一般道路の「交通規制情報(11種別)」、「交通規制情報(103種別)」、「断面交通量情報」、「交差点制御情報」を更新しました。 (2020. 01) ダウンロードはへ。 断面交通量情報及び交差点制御情報のリンク番号の最新情報については、公益財団法人日本交通管理技術協会のホームぺージ( 及び )に掲載しています。 [職員採用について]• 2020. 【その他のお知らせ】• 2019. 12 (一般社団法人日本自動車タイヤ協会)• 2019. 13 (国土交通省)• 2015. 28 (一般社団法人日本自動車連盟)• 【道路交通情報】• 2020. 10 (仙台東部道路、首都高速道路 羽田線)• 2020. 09 (東海北陸自動車道)• 2020. 05 (中部横断自動車道)• 2020. 02 (北陸自動車道、中央自動車道、首都高速道路)• 2020. 29 (秋田自動車道・日本海東北自動車道)• 2020. 28 (日本海東北自動車道)• 2020. 27 (東北自動車道・秋田自動車道、山形自動車道・日本海東北自動車道)• 2020. 25 (秋田自動車道、常磐自動車道・仙台東部道路)• 2020. 22 (小田原厚木道路)• 2020. 15 (秋田自動車道・湯沢横手道路、常磐自動車道)• 2020. 13 (山形自動車道)• 2020. 07 (磐越自動車道)• 2020. 28 (名神高速道路)• 2020. 27 (中央自動車道)• 2020. 23 (日本海東北自動車道)• 2020. 20 (中国自動車道)• 2020. 13 (青森自動車道、日本海東北自動車道)• 2020. 16 (首都高速道路 湾岸線)• 2020. 18 (首都高速道路 横浜北線)• 2020. 13 (三陸沿岸道路)• 2020. 10 (神戸淡路鳴門自動車道)• 2020. 07 (東海環状自動車道、松山自動車道、九州自動車道)• 2020. 06 (新東名高速道路)• 2020. 31 (常磐自動車道、中国自動車道)• 2020. 28 (根室道路)• 2020. 27 (深川・留萌自動車道、東名高速道路)• 2019. 23 (首都高速道路 横浜北西線、阪神高速道路 環状線及び大阪港線渡り)• 2013. 27 (工事行事予定情報、冬期閉鎖情報等を提供開始)• 【個人の方】• 2020. 【採用情報】• 2020. 【その他】• 2014. 2020.

次の

東北自動車道の情報INDEX:リアルタイム交通情報、ライブカメラ、渋滞予測、工事規制、ルート検索、SA/PA情報等

東北道 渋滞 情報

上り線の渋滞予測 NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本、JB本四高速、日本道路交通情報センターは、8月8日~18日にかけてのお盆期間の渋滞予測を発表した。 下り線では10日~12日に渋滞が多発する見込み。 10km以上の渋滞は、10日に44回、11日に43回、12日に36回、期間中に合計で231回の発生が予測されている。 このため、比較的空いている13日~14日の移動が推奨されている。 上り線では14日~15日に渋滞が多くなる見込み。 10km以上の渋滞は、14日に35回、15日に36回、期間中に合計で289回の発生が予測されている。 このため、比較的空いている16日~17日の移動が推奨されている。 とくに長いものとしては、8月14日17時頃に東北自動車道(上り線)の上河内SA(サービスエリア)付近で45kmの渋滞が発生することも予測されている。 2018年の実績値と比べると、10km以上の渋滞は22回増加するが、30km以上の渋滞は10回減少する見込み。 各社では時間帯別の渋滞予測データを公表するとともに、Webサイト上でリアルタイムに渋滞状況を確認できるようにしている。 スマートフォンの地図アプリに搭載された渋滞表示機能なども活用しながら、時間帯をずらすなどして、うまく渋滞を回避していただきたい。

次の

<お盆期間の渋滞予測>東北エリア・高速道路の渋滞ピークは8月10日と17日!|じゃらんニュース

東北道 渋滞 情報

<お盆期間の渋滞予測>東北エリア・高速道路の渋滞ピークは8月10日と17日! 2019. 07 お盆休みも近づいて、車で帰省や旅行をされる方も多いのではないでしょうか。 車で移動するのは便利だけど、気になるのは渋滞…。 できれば、少しでも渋滞を避けて移動したいですよね。 NEXCO各社より、2019年お盆期間の渋滞予測情報が出ていますので、参考にしてみてください。 今回は、東北エリアの情報をご紹介します。 5km以上の渋滞発生は昨年とほぼ同じ回数と予測 NEXCO発表のお盆期間〔8月8日(木)~18日(日)〕の5km以上の渋滞予測(東北地方)によると、2018年の48回と比較して2019年は45回とほぼ同じくらいの予測。 詳細は以下の通りです。 お昼過ぎを中心に渋滞が発生するので、時間帯をずらすなど検討をしてみてください。 上りの渋滞は、夕方を中心に発生するので、こちらも時間帯をずらすなど、検討をしてみてください。 朝も早い時間からの渋滞が予想されているので、午後出発なども検討してみてください。 朝早いと居眠り運転や集中力の低下につながる危険もあるので、こまめな休憩などを心がけてくださいね。 どの路線も夜まで渋滞が続く予想となっていますので、こちらも午前に時間帯をずらすなど検討してみてください。 まとめ 20km以上の渋滞となれば、普段よりもたくさん時間も掛かってしまいます。 快適な移動のためにも、渋滞予測を役立てて、時間をずらすなどの工夫をしてみるのもいいかも知れません。

次の