くるねこ アニメ。 アニメ『くるねこ』の動画まとめ

「くるねこアニメ」 黒糖かふぇらてで登場 9月22日から発売

くるねこ アニメ

拾った猫を育てつつ、里親探しをする様子を描いたブログ発のコミックエッセイ「くるねこ」。 累計200万部を突破した単行本のほか、ファンブックやグッズ、TVアニメと展開する本作が10月5日からスマホ視聴に合わせた縦型アニメ配信アプリ「タテアニメ」で配信が開始される。 超!アニメディアでは4回にわたって、本作のキャストインタビューを掲載。 第4回目は、気に入ったものは何でも隠してとっておくクセのある少々気難屋のメス猫・ぽっちゃんを演じる井口裕香に、作品の魅力、溢れ出す猫愛を語ってもらった。 ーー収録現場の様子を教えてください。 穏やかで優しい時間が流れていました。 スタッフさんもキャストもみんな猫好きで、休憩中も本番中もずっと幸せでした。 みんなの「うちの猫トーク」はとどまるところを知りませんでしたね。 もっと聞きたかった! あと、アフレコ日に写真撮影もあると聞いたので意気揚々と猫の顔がドーンと描いてあるTシャツを着て行ったら、、流石にそれは私だけでした…。 みんな猫柄の服着てくると思った…あれれ…恥ずかしい…。 ーー演じる上で意識したところ、難しかったところはありますか? 収録前に監督とくるねこ大和先生から、「みんな猫だけど、それぞれ「猫格(人格)」がある、というところを大切に演じて下さい」とのお言葉をいただきました。 みんな個性豊かで、それぞれのキャストの方のお芝居を聞きながら演じるのは本当に楽しかったです。 ぽっちゃん(ぽ子)の台詞の「うぇぇぇぇええ」「あーーーぁ」「おてて痛いの」というセリフは、原作読んでるときから好きなところでした。 演じる時に意識したポイントなので、くすりと笑っていただけたら嬉しいです。 ーー 作品には何匹もの猫が登場しますが、一匹推し猫を挙げるとしたら? カラスぼんです。 「タンスのなか、異常ありやっせぇぇええん!」って言うシーンが大好きです。 高いところが苦手なのに登っちゃったり、降りられなくて大声で飼い主呼んだり。 おバカちゃんであればあるほど、愛しい。 好きです! ーー今回出演された皆さん全員が猫好きということで、猫好きな人なら共感してしまう『猫あるある』を教えてください。 その家独特の遊び方って、ありますよね。 「はぴはぴ」、うちでもやってみようと思いました。 我が家のあるあるだと、夏の季節は虫を狩ってくるのが定番です。 犬はサスケくん、ハルくん。 みんな大切な家族です。 我が家のしろちゃんと、ぽっちゃんは、ちょっと似ています。 しろの近くでクシャミすると「うぇぇぇぇええ」って言われます。 確実に文句を言っています。 ーー最後に「ここを押さえておけば作品をより楽しく見ることができる」というポイントなど、この作品の魅力を教えてください。 猫好きさんと一緒に見ると、より楽しめると思います! そして「我が家の猫あるある」トークが止まらないと思います。 <タテアニメ情報> ・価格 無料(アプリ内課金有) ・プラットフォーム 推奨 iOS バージョン iOS9.

次の

アニメ情報 無料動画 くるねこ

くるねこ アニメ

1 昔ばなし-1• 2 昔ばなし-2• 3 ポ子の鼻• 4 収集癖の原点• 5 軍手偏愛者• 6 迷子ぼん-1• 9 拾った日-5にゃん登場-• 10 5にゃん来訪• 11 伝播する文化• 12 里親探し始まる• 13 拾いもの1• 14 拾いもの2• 15 拾いもの3• 16 ねこがいる生活• 17 覚りの妖怪• 18 ぷはっ• 19 コレクター• 20 ダンボール• 21 トイレハイ• 22 魔王のじゅうたん• 25 入院• 27 脱ぎう• 28 脳内劇場• 30 白くん入院• 31 白くんの里親候補• 37 享年5分• 42 おにぎりの刑• 43 水もしたたる• 45 成功! 46 カレーにゃる一族• 50 別腹.

次の

アニメ『くるねこ』の動画まとめ

くるねこ アニメ

拾った猫を育てつつ、里親探しをする様子を描いたブログ発のコミックエッセイ「くるねこ」。 累計200万部を突破した単行本のほか、ファンブックやグッズ、TVアニメと展開する本作が10月5日からスマホ視聴に合わせた縦型アニメ配信アプリ「タテアニメ」で配信が開始される。 超!アニメディアでは4回にわたって、本作のキャストインタビューを掲載。 第4回目は、気に入ったものは何でも隠してとっておくクセのある少々気難屋のメス猫・ぽっちゃんを演じる井口裕香に、作品の魅力、溢れ出す猫愛を語ってもらった。 ーー収録現場の様子を教えてください。 穏やかで優しい時間が流れていました。 スタッフさんもキャストもみんな猫好きで、休憩中も本番中もずっと幸せでした。 みんなの「うちの猫トーク」はとどまるところを知りませんでしたね。 もっと聞きたかった! あと、アフレコ日に写真撮影もあると聞いたので意気揚々と猫の顔がドーンと描いてあるTシャツを着て行ったら、、流石にそれは私だけでした…。 みんな猫柄の服着てくると思った…あれれ…恥ずかしい…。 ーー演じる上で意識したところ、難しかったところはありますか? 収録前に監督とくるねこ大和先生から、「みんな猫だけど、それぞれ「猫格(人格)」がある、というところを大切に演じて下さい」とのお言葉をいただきました。 みんな個性豊かで、それぞれのキャストの方のお芝居を聞きながら演じるのは本当に楽しかったです。 ぽっちゃん(ぽ子)の台詞の「うぇぇぇぇええ」「あーーーぁ」「おてて痛いの」というセリフは、原作読んでるときから好きなところでした。 演じる時に意識したポイントなので、くすりと笑っていただけたら嬉しいです。 ーー 作品には何匹もの猫が登場しますが、一匹推し猫を挙げるとしたら? カラスぼんです。 「タンスのなか、異常ありやっせぇぇええん!」って言うシーンが大好きです。 高いところが苦手なのに登っちゃったり、降りられなくて大声で飼い主呼んだり。 おバカちゃんであればあるほど、愛しい。 好きです! ーー今回出演された皆さん全員が猫好きということで、猫好きな人なら共感してしまう『猫あるある』を教えてください。 その家独特の遊び方って、ありますよね。 「はぴはぴ」、うちでもやってみようと思いました。 我が家のあるあるだと、夏の季節は虫を狩ってくるのが定番です。 犬はサスケくん、ハルくん。 みんな大切な家族です。 我が家のしろちゃんと、ぽっちゃんは、ちょっと似ています。 しろの近くでクシャミすると「うぇぇぇぇええ」って言われます。 確実に文句を言っています。 ーー最後に「ここを押さえておけば作品をより楽しく見ることができる」というポイントなど、この作品の魅力を教えてください。 猫好きさんと一緒に見ると、より楽しめると思います! そして「我が家の猫あるある」トークが止まらないと思います。 <タテアニメ情報> ・価格 無料(アプリ内課金有) ・プラットフォーム 推奨 iOS バージョン iOS9.

次の