お とも de マイル 割引。 おともdeマイルの予約方法や当日変更方法を元スタッフがわかりやすく解説!

JAL おとも de マイル割引!2人以上限定のマイルと組み合わせたお得な運賃!

お とも de マイル 割引

JALのおともdeマイル割引は、 同行者が1名から3名いる場合、JALの国内線の運賃が割引になる制度です。 家族旅行やグループ旅行を安くしたい場合に最適です。 JALのおともdeマイル割引の、利用条件や割引料金などについてまとめてみました。 JALのおともdeマイル割引、その概要。 JALのおともdeマイル割引は、 JALマイレージ会員を含む2名~4名のグループで 同じ路線を往復で利用する時に利用できる割引料金です。 出発日の2ヶ月前の朝9時半から4日前まで の期間に予約を入れることができます。 利用するためには、 JALマイレージ会員のマイルが10000マイルあることが必要です。 気になる割引料金について。 同行者3名までの運賃は、 往復で最安値が19000円、最高値が36000円です。 利用できる期間には制限があり、 年末年始などピーク時には利用できません。 利用可能期間は、2つのシーズンに分けられていて、 最安値は同じですが、最高値が違います。 安いほうの「期間1」に利用する場合には、 最高値でも往復31000円となります。 利用条件の注意点など。 JALのおともdeマイル割引で予約できる席数は限定のため、 旅行の日取りと行き先が決まったら早めに予約することをおすすめします。 予約はJALホームページの国内線ページから行うことができます。 また、予約日当日中に購入しなければなりません。 まとめ 利用できる時期や予約可能期間、席数、購入方法の制限はありますが、 うまく利用できればかなりお得に家族旅行・グループ旅行ができるJALのおともdeマイル割引。 覚えておいて損はありません。

次の

おともdeマイル割引の予約方法を教えてください。

お とも de マイル 割引

JALのおどもdeマイルとは JMB会員本人と、同一便・同一クラスに搭乗の上、同一路線を往復する場合に利用可能なサービスです。 同行者は 3名までOKとなっているので、家族旅行やグループ旅行におトクな運賃となっています。 その内約は、グループの1名はマイル10,000マイルを利用し、同行者は割引運賃を利用することになります。 割引運賃は一人あたり15,000円から36,000円となっていて、利用する路線や予約のタイミングによっては非常におトクな運賃となっています。 もちろん 往復で15,000円を切るような路線ではおトクではなくなるので、見極めが必要です。 先日、沖縄旅行に行ってきたのですが、比較的直前に決めた旅行だったので春休みと重なっていることもありJALの「先得」やANAの「旅割」などのおトクで安い運賃販売は軒並み終わっていました。 春休みの沖縄、飛行機代高いですねぇ〜。 スクショを取り忘れたのでウル覚えなのですが、「福岡ー沖縄」で1人片道20,000円前後、家族4人で15万円ぐらい往復で必要だったような気がします。 流石にいくらなんでもそんなには払えないと思って考えたのが、久しぶりのマイル活用です。 ワタシも妻もJGCを目指して修行中なので、少しでもFOPや搭乗回数実績を加算させたかったのですが、流石にコストが高すぎです。 なので、 それら加算の対象外となるマイルを使った予約も許容することにしました。 特典航空券の検討 まず、特典航空券を検討します。 修行を兼ねないならJALでもANAでもいいのですが、 ANAは相変わらずダメダメでした。 出発も遅い便しか空いてないし、帰路も朝の便しか空いていません。 その点 JALはほぼすべての時間帯で空席がありました。 やはりマイルを利用した予約はJALの方が遥かに有利です。 往復12,000マイル、 4人で48,000マイルが必要になります。 コレならばイケるのですが、コツコツ貯めたマイルを大量に放出するのにはちょっと抵抗があります。 マイル単価も1マイル=3円ぐらいになるので悪くはないのですが・・・。 おともdeマイルの検討 次に検討したのが最初にご説明した「 おともdeマイル」の利用です。 こちらの予約も特典航空券枠とほぼ一緒なので、ANAではダメでJALならば比較的便を選択できました。 1人が10,000マイルで、残りのヒトが(ワタシが選んだ時間帯では)27,000円往復で必要となる設定です(帰路をクラスJにしたからなので、普通席なら往復で26,000円の設定です)。 3人だと81,000円必要で、すべて 有償で飛ぶより断然安くなりました。 ただもう少しマイルを使ってもいいかなと思って、ワタシと妻、別々で子供一人ずつおともdeマイルを適応させようと考えた結果、 10,000マイル+27,000円x2 で合計4人分の予約を最終的に入れました。 つまり 20,000マイル+54,000円が最終的な支払いです。 すべて有償で購入するのと比べても、10万円分ぐらいを20,000マイル(実際は帰路がクラスJなので1,000マイル加えて22,000マイルですが)で補っているので、かなり有効にマイルを利用できたと思っています。 おともdeマイル、修行の身での誤算 今回はマイルを利用した航空チケット利用なので、JGC修行の加算になるのは最初から諦めていました。 しかし、後日JALのマイル実績表をみて気付いたのです。 コチラがおともdeマイルのマイルを利用したヒトの実績表。 当然マイルもつかなければFOPも回数も加算されていません。 コチラは子供のマイル実績表なのですが、 普通に搭乗マイルに加えてFOPも搭乗回数も加算されています。 ワタシ、おともdeマイルも「マイルを利用した予約」なので同伴者ともども加算外だと勝手に思っていたのです。 慌ててJALのサイトをチェックしたら・・・ 「 同行者はFOPも搭乗回数も積算対象です」としっかり載っているではないですか ;O;。 コレならば、やはり同伴者3名にすればワタシか妻、どちらかのJGC修行の足しになったはずなんです。 しかも「福岡ー那覇」往復ならばそんなに悪く無い単価です。 もしくは子供をメインに据えて、 親である我々が同伴者になればどちらも修行加算にできるという旨味も・・・。 しかし今回痛みを伴いましたが、 おともdeマイルはJGC修行に利用できる、と言うことが分かりました。 実際これは非常にメリットが大きいことで、 修行中の身でも家族同伴で旅行をすることがはあります。 その時、修行中だったら有償チケットが必須と思っていましたが、「おともdeマイル」させてもらえば、家族連れ修行でもマイルもコストも削減できるというわけです。 今後、JALの修行は継続していくつもりなので、JALは特典航空券もおともdeマイルもANAより予約しやすいこともあり、積極的に利用していくことができると思います。

次の

「おともdeマイル」を初めて使ってみたら安すぎて驚いた

お とも de マイル 割引

みなさん「おともdeマイル」って使ったことありますか?お恥ずかしい話ですがわたくし、あまり仕組みをよく理解しておらず、予約の画面の隅っこの方に出てるのをみて「こんな運賃もあるのか・・・」ぐらいにしか思っておりませんでした。 初めて使ってみたので、その感想というか顛末をご紹介します。 我が家は妻とセガレと私の3人で、セガレはついに来月で3歳を迎えることになりました!それ自体は大変めでたいことで、どうやってお祝いしようかいろいろ計画中なのですが、一つ問題になるのは3歳になると国内線も有料になるということ。 正直、ここのところすっかり大きくなったセガレをお膝に乗せていると親の方がグッタリ疲れてしまう始末。 こりゃ3歳児はちゃんと1人分の席が必要だねと話していたところで、航空運賃のルールって、よく考えて作られているもんだなと思います。 予約しようと思ったら、子供料金って意外と高額!というか、大人向けの先得とか得便割引って割引の幅で結構安くなっているので、大人も子供もそれほど金額が変わらないんですね。 ということで思い出したのが「おともdeマイル」。 たとえば私が10,000マイルを消費すれば、ほかに1〜3名が割引運賃で乗れるという仕組みです(きょう調べて初めてちゃんと分かった)。 来年4月に青森の実家に帰省する際に使おうと思いますので、通常は15,000マイル/1名の特典航空券よりマイルが安くで済むのがまず1つめのメリット。 これは大きい。 肝心の、他の同行者の割引運賃がどれぐらいなのか調べて、お得感があればこれで予約してみようと調べてみました。 搭乗予定の便の最安値は先得の14,890円。 これに対しておともdeマイルの同行者の料金はなんと13,490円!先得より安い! これは使わないと損ですね。 今回は私とセガレがおともdeマイル、妻は特典航空券を使って予約してみました。 往復3人を先得だと8万円オーバーのところ、3人で約27,000円+25,000マイルという破格の条件で帰省できます。 新幹線に乗ってしまうと1人片道18,000円ぐらいですから、もともと先得の方が安いんですが、それが霞んで見えるぐらいの安さで、驚きました。 これなら帰省した時、親にいろいろごちそうしたりできるってもんです。 JALさん、ありがとうございます!.

次の