東方 キャラ。 【投票】東方Projectのキャラ人気投票ー( ...

旧強さランク(キャラ項目にあるランク)

東方 キャラ

東方Projectとは、同人サークル上海アリス幻樂団の著作物である。 弾幕系シューティングを中心としたゲーム、書籍、音楽CDから成る。 東方Projectの作品を一括して東方シリーズ、東方Projectシリーズと称することもある。 狭義には、「東方Project」とは、上海アリス幻樂団のメンバー「ZUN」が制作している同人作品の総称である。 ZUNは「弾幕系シューティング」と呼ばれる種類のシューティングゲームシリーズを制作している。 この他、同人サークル黄昏フロンティアと共同制作している対戦型格闘ゲームシリーズが、外伝作品として位置づけられている。 上海アリス幻樂団は同人ゲームの他に同人音楽サークルとしての活動もしており、東方Project作品群として同人音楽CDを制作している。 また、商業誌において東方Projectに関する小説や漫画が発表されており、ZUNは小説本文や漫画原作を担当し、挿絵や漫画作画は他者が行なっている。 これらいわゆる「商業作品」も、東方Project作品とされている。 博麗の巫女(霊夢本人)が居ないと 幻想世界のバランスが崩れるらしいのだが本人は気にしていない(というよりも、判っていない様子)。 また、スペルカードルールの作成にかかわっている。 性格は他者に無関心、辛らつ、現金と主人公としてはかなり冷めている。 とはいえ、その無関心な性格が転じて、差別されないという理由で妖怪など色んな者に好かれている。 だが本人はそれを全く意に介していない。 ただ、その所為で賽銭が集まらないのが悩み。 なのでお賽銭をたくさん入れてくれた人にはとっても親切。 異変解決も本来はあまり乗り気ではなく、必要に迫られて赴く場合が多い。 だが一度動けば、ノリノリで自慢の直感を駆使し、相手が妖怪だろうと人間だろうと 暴力的に解決する裁定者。 スペルカードを用いた戦いにおいては幻想郷でも最強クラスであり、空間跳躍に無敵モードまで駆使できる。 ただし巫女としては未熟らしく、月に行った際に上位巫女である依姫に惨敗した。 実は陰陽玉という博霊の秘宝にして秘密兵器を持つが、最近は目立った出番がない。 神社の仕事は掃除することとお茶を飲むことだけ。 魔理沙とは仲は良いらしく、一緒に居る事が多い。 たまに思いつきで神事などを行うが、すぐに飽きてしまう。 それで紫にお仕置きされる事もある。 最近ではサボリすぎ(?)の影響で仙人にすらお仕置きされている。 (東方茨歌仙1巻 平時では勘が働かないのか、ポケポケでかなり抜けているところがあるらしい。 才能のある霊夢と対照的に日々の努力でまわりにくらいついている。 大胆で図々しく見えるが、強がり設定なのであって実は乙女なのであまりつついて泣かしてはいけない。 一人称が「俺」だと偽物。 昔うふうふ笑ってたのは触れられたくない過去。 (ちなみに、昔は「魔理沙」ではなく「魔梨沙」だった。 何があった・・・?) 魔法は星くずがモチーフ。 きらきらして可愛いが殲滅力は絶大。 手癖が悪く、特に理由もなく嘘をつく。 趣味は世の中の役に立たない方向で魔法を乱射すること。 特技は敵味方問わず技をパクるラーニングすること。 「覚えた…!!!」 元々はパチュリーの通常攻撃だった「ノンディレクショナルレーザー」を スペルカードとしてラーニングした前科ことがある。 ある意味青魔法使いなのかもしれない。 盗むものは店の物や貴重な本や乙女のハートなど多種多様。 弾幕はパワーだぜ!と強行な力技重視を標榜しており、萃夢想ではとうとう魔法以外にも 箒で相手に殴りかかったり、ヒップアタックでガッしたりという荒技に出た。 実は家出(勘当)少女だったりとネタは尽きない。 勘当の理由は一応魔法が関係しているとか。 いつのまにか文に幻想郷最速の座を奪われていた。 求聞史紀で、妖怪化のフラグが見え隠れしていたが・・・。 風神録において、属性魔法(コールドインフェルノ)も扱えることが判明。 現在、ツチノコをペットにしている。 ・・・はずなのだがその話題は全然無い。 霊夢曰く、ツチノコは大食いだし、夜中いびきとか五月蝿い。 はたして、すぐに嫌になってツチノコを退治したくなるという霊夢の言葉は的中したのやら。 三月精を利用して、霊夢を騙した事もある。 実は、良家のお嬢様とも言われているが、そんな事は最近では忘れられている。 攻めも受けも自由自在。 そんな彼女も妖精に対しては情け容赦無く、これらを尽滅する弾幕をお見舞いする。 「いよいよもって死ぬがよい。 人肉大好き。 そーなのかー。 暗い所が好きであり、また食糧を調達するために周りを真っ暗にする。 が、局地的すぎるがため逆にバレバレ。 しかも暗闇を作った本人でさえも周りが暗くて見えていないらしい。 障害物にぶつかるところをよく目撃される。 暗闇の中での獲物の捕食方法については丸呑みから猟奇まで諸説紛々。 幽々子に次ぐ食欲魔人。 たいてい二言目には「食べてもいい?」 頭のリボン(お札?)が取れるとEX化するらしいが描き手によって姿や設定が異なる。 ただし、自分では取ることができないらしい。 「そーなのかー」ばかり言っている事から、そーなのかーボタンにされたり、 ワギャンの弾のようになったり、音ゲーになったりする。 (しかし本編では「そーなのかー」は一度しか言っていなかったりする。 尤も、名(迷?)台詞としてあまりに定着してしまったためか、逆輸入に近い形で 文花帖(書籍)に「へーそーなのかー」という台詞が出てくることになるのだが・・・。 ただし「わはー」は公式では一度も言ってない。 強気で不屈。 アイシクルフォールEasy。 マイナスK。 or Die! どんな簡単なナゾナゾでも答えられない程度の能力。 しかし、そのことが書かれた新聞の記事に反論する事はできる。 一人称は「あたい」でも「あたし」でも、どちらでも良いらしい。 大妖精とかリグルとか割と色んなのと仲がいい。 あたい妖精だから斬られても平気~。 風神録にて、ケロちゃんこと諏訪子の登場により、蛙ネタ再燃の予感。 最近ではかくれんぼにおいても最強の座を得る為、三妖精に弟子入りを志願した。 …と思っていたら、大戦争勃発。 ついにあたい、泣く子も凍る主人公! 本気になれば巫女より怖い!…らしい。 味覚がお子さまなのか、苦い物は苦手な様子。 なぜか外人に圧倒的な人気がある。 ちなみに本気になるとスイカバーをぶん回したり、髪や服が赤くなったりする。 特に後者のほうは幻想郷の妖怪達が束になっても勝てる気がしないほどの厨二設定。 門番としては無能。 でも巨乳。 中華風な妖怪なのだが、何の妖怪かいまだ分からない、むしろ放置。 (まぁ、何の妖怪か分からないのは他にも大勢いるし) 門番専門ではなく、花畑管理の庭師でもある。 おしりには針がある。 この針はすごくいたいらしい。 由緒正しき、名前で呼ばれない人一号。 登場から年月が経過し、中国ネタ、名前で呼んでくださいネタは今や殆ど形もなく・・・ ・・・と言えるようになる日はホント何時来るのだろうか。 神主のラジオでの発言の真意は果たして如何に? また、シリーズを重ねるにつれライバル(パチュリー、幽々子、紫、慧音、永琳、幽香、小町等)が増え、 更に巨乳好き絵師が好きなキャラを好き放題巨乳に描くようになった為か巨乳ネタの方は風化気味。 真面目に見えるが、紅魔郷でのセリフを見るに、駆け引きをしたり、言葉で人を煙に巻く事もあるようだ。 何故か誤解している人も多い様だが、萃夢想への追加参戦は最萌に優勝した事とは全く関係無い。 しかも、接近戦では豊富な選択肢、だが接近する手段に乏しく火力もイマイチ、という 追加キャラなのに微妙な性能にされてしまい、生足でなくなった事と合わせて賛否両論が巻き起こった。 文花帖や求聞史紀以降での二次創作で使われる新設定はシエスタばっかりってのはどういう事? 緋想天に於いても追加キャラとして制作されていたが、作業が遅れて間に合わなかったことが かえって良いほうに転び非想天則でまさかの主人公(のひとり)に抜擢。 幻想郷に迫る凶神の脅威に立ち向かう英雄の姿がそこにはあった・・・というお話ですか? とは言え、殴り合いだけなら主やメイド長と互角にやれるということは判った。 一週間少女。 よくニヤニヤしてる。 小声で早口。 結構身内びいきな面あり。 自分のしていることを邪魔されるととてもウザがる。 暗いところで本を読みすぎているので眼が悪くなっているようだ。 (そりゃあ地下に図書館があるんだから昼間でも光が届かないだろうに・・・) 喘息を患ってはいるが、スレ内では顔芸や爆肉鋼体など結構体を張った芸が得意。 その他にも、しょっちゅうガラスを割ったり炒飯を作ったり skmdyと他スレに出張したりと普通に健康体。 髪と本が傷むので図書館外に出向く事はない。 ただし異変発生や興味が湧くことなら普通に行動力を発揮するなど、 結構動いている大図書館である。 実際、過去に図書館がスーパー図書館として、移転したこともある。 が、魔理沙に荒らされている。 永夜抄ではエンディングしか出番がなかった上に 魔理沙にノンディレクショナルレーザーをパクられ、散々。 知識の大半を書物から得ているため突飛な言動をとる事が多い。 そのため、トラブルメーカーやごく潰し的なイメージを持たれがちではあるが、 ロケットの理論や組み立てなどにおいて、魔女という種族上、 常人には理解しがたい解釈やアプローチを取っているだけで 結果や実績自体は出している、一応しっかりとした知識人ではある。 ガチムチ兄貴に名前をよく呼ばれる。 ロリコン。 普通乳。 『完全で瀟洒』という言葉のイメージからか二次に於いては 完璧超人のように描かれることがあるが、本家では割と天然入っていたり、 春妖精を瓶詰めしようとするなど、変な事も稀にやっていたりする。 主人と肩を並べるほどにネーミングセンスが個性的。 今までは主人に無理やり付けられていたとの見解が大多数だったが、花映塚でのBGM名や 上記のような天然系属性から考えるとそうでもないのかもしれない。 当初は胸のないキャラのはずだったが萃夢想では人並みの大きさになり、 さらにその後は元に戻っていたことからパッド疑惑発生。 花映塚で太ましくなった。 実は結構年らしくあまりやる気がない。 紅魔郷の頃は10~20歳程と誤魔化していたが、現在は自称十代後半。 昔は割とカッコイイメイドさんだったが、近頃はすっかり弱体化して舐められきっている。 しかし文花帖では完全かつ瀟洒で強い彼女が帰ってきた。 余談ではあるが、写真に撮られると魂を取られると思っているらしい。 彼女が用意するヴィンテージワイン(葡萄の当り年のワイン)は、 能力により良い具合に熟成が進んでいる。 香霖堂きってのお得意様。 でもタネ無し手品と同時に手癖の悪さも披露したりする。 投げたあとのナイフを、時間を止めているあいだに せっせと回収しているとか、していないとか。 そんなにナイフ持てないからね・・・。 レミリアと出会う前から、メイド服着てたり十六夜 咲夜を名乗ってたりするのは 偽者なので注意が必要だ。 ただ、今では性格がかなり丸くなったと思われる。 (元々、紅魔館を仕切っていたのは咲夜なので元に戻ったともとれる。 ) 運命操作という能力は、本来起こりうる可能性のある出来事について自由に決める事ができるという話であり あくまで絶対に不可能あると言われている事については操る事が出来ないらしい。 とにかく偉そうで人を見下す傾向にあるが、誰よりもちびっこなので見上げるしかない。 脳が無い所為なのか元々なのかネーミングセンスに問題があり、 そのセンスはスペルカードの不夜城レッドを筆頭に全世界ナイトメアまで生み出す。 新月の時はれみりゃという幼児モードになったり壁に埋められたりする事もある。 本家で、素で妹になめられているうえ、乳臭く丸くなった言動も相まって カリスマ急降下中とされる事が多いが、登場回数が多く、動かしやすい上に ノリもいいので、恵まれているキャラクターであるのは疑いようの無い事実。 それでも、人気投票にて魔理沙には勝ったものの、 メイド長に9連敗中。 主として何とかせねば・・・。 ただしその殆どを地下に幽閉されて(もしくは引篭もって) 暮らしていた為、精神年齢は外見相応に幼い。 その箱入り娘っぷりは食用に加工された人間以外の人間を見たことがないというほど。 紅魔異変以降は外界に興味を持ち、姉の許しを得て館をうろつくようになったとか。 性格は好奇心旺盛で見た目通り子供っぽく、それでいて少々情緒不安定らしい。 最初は気が狂れているという設定だったのだが、主人公たちとのやり取りは結構普通。 しかもたまに知的な会話をするなど、狂っている場面は殆ど見られない。 なので後に情緒不安定に修正された経歴を持つ。 もっとも、本家ではある意味全員気が触れているようなものなので・・・。 ちなみに初期から共通して好戦的であり、幻想郷では珍しくもない戦闘狂。 ただし幼いことから手加減というものをあまり知らず、スペルカードもかなりの難易度。 その能力は「破壊の目」という対象の特異点を手のひらに召喚し、 それを握りつぶすことで対象を爆破するというもの。 巨大隕石を粉微塵にするほどの威力を有するが、 使われることはかなり稀。 姉に禁止されているとか。 姉であるレミリアのことは好きなのか嫌いなのか多分自分でもよくわかっていない。 基本、引篭もりのせいか出番が少ないのが悩み。 とはいえ紅魔館でのヒエラルキーは意外と高いらしく、二次においてはほぼ最上位。 生意気な言葉やエロいワードを口走ると何者かにはたかれる。 乳臭い。 いいかほり。 フランちゃんウフフ。 最近テーマ曲が野球のオーエン歌として使われるようになった(プロアマ問わず) しかし彼女はバットを振らない・・・だってフランだもん。

次の

東方ロストワード攻略wiki

東方 キャラ

東方地霊殿 物腰が柔らかく、静かで落ち着いた雰囲気をしている。 萃香曰く「性格は大人しいし物腰は柔らかくていい奴」。 母親のような寛容さと優しさをもってペットに接しており「自分のペットが悪さをするはずがない」というほど信頼している。 また実妹のこいしに対する愛情も並外れた物があるようで、心配でわざわざ苦手な地上まで探しに行ったりと、こいしが第三の眼を閉ざし無意識の能力を持ってからもその絆が失われることはなかった。 趣味は読書。 特に心理描写が豊富な物語が好みだという。 普段会話を介さずに相手の考えが分かってしまう分、言葉によって理解するしかない読書という行為が、彼女にとっては逆に刺激的なようだ。 またそれに刺激されてか、自ら本を執筆したりしもするらしい。 東方妖々夢 他人に無関心で、基本的に物事に拘らないさっぱりとした性格をしており、一人でいることを好む。 だが人見知りという訳でもなく、宴会には頻繁に参加しており、里の祭りではしばしば人形劇を披露している。 また、迷い人を家に泊めたり、森の外まで送っていったり、身体が温まるまで保護したり、と親切な描写が多い。 自称、都会派。 大人しそうに見えて結構好戦的であり、勝負を挑まれれば喜んで受けて立つ。 しかし圧倒的な力で戦いに勝つことはアリスにとっては楽しいことではないらしい。 また、全力を出して負けると後がないため、本気で戦うことがなく(例外はラストワードの「グランギニョル座の怪人」;グリモワールオブマリサの魔理沙談)、この性格は霊夢に似ているという。 東方永夜抄 年齢通り、落ち着いてしっかりとした大人の女性。 だが行動的な部分もあり、雑事以外はよく自分でやったり出歩いたりしている模様。 更に未だ勤勉且つ好奇心旺盛な様子であり、新たな薬の開発に勤しみつつ様々な知識を仕入れているようだ。 また豊富な経験と無尽蔵の知識、そしてそれらを使う為の思考能力を生かした策士でもある。 その巧みさは妖怪の賢者である八雲紫を嵌めるほどであり、よく機転や悪知恵も働く。 西行寺幽々子をして、「狡猾な月の民」。 そのため月の都には穢れがもたらす寿命というものがほとんど存在しない。 また、永琳は「まだ人間が居なかった時代が懐かしい」と発言しており、その言葉通りであれば永琳とその親族である月人達は人類が誕生する以前から存在していたことがうかがえる。 東方文花帖 真面目で融通が利かない性格。 東方における天狗という種族の常として強い者には礼儀正しく、弱い者には強気に出る。 取材の相手となれば常に礼儀正しいが、取材の邪魔をすると態度が変わる、らしい。 口調も使い分けており、かつて妖怪の山で天狗より上の階級だった鬼に対しては態度が違う。 狡猾と言われている部分が見られるが、これも天狗全般の特徴。 彼女自身は公式で頭脳明晰・非好戦的。 思考能力は非常に高く、人の何倍ものスピードで考えを巡らす。 何を考えているのかを予想する事は一般人では非常に困難な上に、表面上は相手のレベルに合わせてくる。 その為、一緒にいる誰もが居心地の悪い気分になる。 戦うことは余り好きではないのだが、なぜか喧嘩を売って歩いている。 しかし、元々敵う相手ではない為その喧嘩を買う者は少なく、相手は泣き寝入りするばかりである。 自称「清く正しい射命丸」(『地霊殿』の時の台詞).

次の

東方キャラ能力、二つ名まとめ

東方 キャラ

コメントで応援しよう!• キャラにコメントをするとランキングポイントが加算されます。 妖怪と人間を中心にした世界観。 博麗霊夢、霧雨魔理沙たちが「弾幕ごっこ」で色々な異変を解決していく。 格闘ゲームなどの外伝もある。 見つかったキャラを自分の「キャラソート」に入れておくと、後から思い出すことができます。 二択で順位を設定できるようになりました。 作品ごとにソートを作ることもできるようになりました。 New! 執事の好きなキャラを好きな順で並べた、執事のキャラソートをご覧いただけます。 ユーザー登録なしでも作って友達に見せられます。 自分の好きな属性や自分に合いそうなキャラも判明します。 しばらく対処されてないスパムがあったら、その近くでコメントして教えて下さい。 利用者の方が自分でスパムに対して報復コメント・報復用画像を添付することは、当サイト自体に深刻なダメージを与えるので、絶対におやめください。 アレク誕生日おめでとう】 「チィッ…俺の誕生日だからって騒ぐんじゃねぇ。 お前らはただいつものように俺のプリズムショーに打ち震えてろ。 …それが、俺にとって最高のPresentだ。 」 📱アプリで限定ストーリー公開中: — キンプリラッシュ公式🌈 PrismRushPR 画像を作るコツ• エフェクト。 特にストラクチャー、ドラマ、明度、コントラスト など、複数のアプリを使うといい画像が作れます。 もちろん、自分で描いた絵も大歓迎です!• こだわれば、かなりこだわることもできますが、自分の考えをすばやく画像にしてどんどん発表していくのがよいと思います。 サイトに最近投稿された属性イラスト.

次の