プライム ミュージック。 Amazon音楽聴き放題「PrimeMusic」の注意点と特徴

Amazon『プライムミュージック』の使い方

プライム ミュージック

こんにちは、ライターのaikoです。 Amazonプライム会員の皆さん、 プライムミュージックを活用されていますか? 年会費を支払ってAmazonプライム会員(以下プライム会員)になると、配送料やお急ぎ便などが無料になるなど、様々な会員特典が受けられますよね。 冒頭で触れた「プライムビデオ」(映画・ドラマ見放題)を追加料金無しで利用できる特典は、活用されている方も多いのではないでしょうか。 この記事でご紹介している「プライムミュージック」もプライム会員なら、amazonプライム年会費(3,900円)に 追加料金無し(つまり実質無料)で利用できるのです。 対応している端末 Amazon Musicアプリに対応している以下の端末よりPrime Musicを楽しむことができます。 (無料利用の場合) YouTubeの広告表示、毎回数秒待ってスキップするのが手間なんですよね。。 3.楽曲のスキップやリピートも使い放題 プライムミュージックは、楽曲のスキップ、指定再生、リピートも全てOK!使い勝手がとても良いサービスです。 例えばSpotifyは無料で使う場合、好きな楽曲を指定して再生することや、楽曲のスキップ、リピートができないか回数を制限されます。 そのような制限を取り払って楽しむためにSpotifyでは利用料980円(月額)を追加で支払わなければならないのです。 4.いつでもどこでもオフラインで音楽を楽しめる プライムミュージックでは、Amazon Musicアプリの入った端末に曲数の制限無く 楽曲やプレイリストをダウンロード可能です。 Wi-Fiなどの通信環境の無いところでも、通信容量を消費せず、いつでもどこでもモバイル端末で楽曲を再生して楽しめます。 ちなみにSpotifyは無料で使用する場合、曲のダウンロードもできません。 どんなプレイリストがあるの? 下に挙げたのはほんの一例で、実に 様々な種類のプレイリストが用意されているので、ぜひ楽しんでみてくださいね。 ここで、 プライム会員のIDとパスワードを入力します。 3.聴きたいアーティストやアルバムなどで検索 ホーム画面です。 画面上部の虫めがねのマークを押すと検索窓が表示されるので、ここに目当てのアーティスト名や、楽曲名、アルバム名などを入力してみて下さい。 ブルーノ・マーズというアーティスト名で試しに検索してみると、次の画像のような検索結果が表示されました。 4.楽曲やアルバムを再生・ダウンロードする 先程の検索結果画面に表示されていたアルバムを選択してタップしました。 右向きの三角マークをタップするとアルバムが曲順に再生されますし、曲を指定して再生することもできます。 アーティスト名や、楽曲、アルバムの横に表示されているプラスマーク(+)をタップすると、「 マイミュージック」と呼ばれるライブラリに追加することができます。 ブルーノ・マーズのアルバム24K Magicをマイミュージックに追加したところです。 マイミュージックは、わかりやすく言うと「お気に入り」ですので、ここにどんどん好みのアーティストなどを追加しておくと、使い勝手がさらによくなります。 マイミュージックに追加しただけでは、オンライン再生のみになるので、オフライン再生したい場合は別途ダウンロードして下さい。 アルバム全体をダウンロードする場合は、通信速度の安定したWi-Fi環境で行います。 イギリスのKEFというメーカーのMUOという機種です。 Amazon Musicアプリの入った端末の設定で、BluetoothをONにして、ワイヤレススピーカーやスマートスピーカーと接続すればOKです。 Amazon Echo(アレクサ搭載)なら選曲もしてくれる アマゾンが開発した Amazon Echo アマゾン・エコー というスマートスピーカーがあります。 エコーは音声だけでリモート操作できるスマートスピーカーで、「アレクサ」と話しかけるだけで、音楽の再生、天気やニュースの読み上げ、スマートホームの操作、アラームのセットなど簡単に音声操作ができるのです。 アマゾン社のエコーに関するプレスリリースを一部ご紹介します。 Alexaの先進的な音声コントロールで、アーティスト名や楽曲名を思い出せなくても、ジャンルや年代、ムード、テンポなどから音楽を簡単に探すことができます。 Alexaアイコンをタップして話しかけるだけのシンプルな音声コントロールは、様々なシーンで活用できます。 例えば: ジムでトレーニングする時に音楽を聴きたい場合:「ワークアウト用の曲をかけて」 ブルーノ・マーズのコンサートに向かう途中、ヒット曲をおさらいしたい場合:「ブルーノ・マーズの人気曲をかけて」 月曜日の朝の通勤を楽しくしたい場合:「楽しい曲をかけて」 週末に車で遠出をする場合:「ドライブで聴きたいポップスをかけて」 仕事帰りの電車でリラックスしたい場合:「スローテンポの曲をかけて」 ランニングする時に音楽が欲しい場合:「ランニング用のプレイリストをかけて」 また、アルバムやプレイリストを聴いている際、次の曲をかけたいときの「次」、再生を止めたいときの「止めて」、楽曲をリピート再生したいときの「リピート」など、すでにEchoシリーズで慣れ親しんでいただいている音声コマンドも、引き続き使えます。 プライム会員ではない方は月額980円(Spotifyと同額)で利用できますが、 プライム会員は月額780円で利用できます。 月に780円つまり、年間で9,360円発生することになりますね。 プライムミュージックでは、特に邦楽アーティストが配信対象外になっているケースが多々あるので、 邦楽を中心に聴きたい方にはunlimitedの利用がオススメです。 逆に洋楽中心に聴く方はまずは通常のプライムミュージックだけでも十分楽しめるかもしれません。 プライム会員になっているのに、まだプライムミュージックを試されていない方は、まずはプライムミュージックをぜひ試してみて下さいね。

次の

Amazonプライムミュージックのすべてがわかる完全ガイド

プライム ミュージック

家族でも利用可能な方法 家族会員のアカウントではNGですが、家族の方が一緒にプライムビデオを楽しむ方法が無いわけではありません。 プライム会員本人のアカウントを共有する、ということでも良ければ、複数の端末からプライム特典を利用することは可能。 これは規約違反でもなんでもありません。 プライム会員のプライムビデオ再生には以下のような制限があります。 【プライムビデオの再生可能台数】• 端末の登録は10台まで(10台の同時再生は不可)• 同じ動画のストリーミング再生は2台まで• 異なる動画のストリーミング再生は3台まで• ひとつの作品の同時ダウンロードは2台まで• ダウンロード再生は複数同時再生可能• すべての端末にダウンロードできる作品数は基本25本まで。 この制限内であれば、複数の端末での再生が可能なんです。 以下、それぞれの詳細をご紹介します。 プライム会員になると、そのアカウントに10台まで端末を登録することができます。 ただ、同時に全ての端末で動画を視聴できるわけではありません。 Amazon公式サイトのプライムビデオの使用規約より一部抜粋しましたので見てみましょう。 Prime Videoのストリーミング再生で「お客様は、同じタイトルを一度に2台を超える端末でストリーミング再生することはできません。 」 ダウンロードについては、 お客様は、ダウンロード可能なタイトルを、同時に2台の端末に限りダウンロードできます。 お客様がすでに2台の端末にタイトルをダウンロードしている場合、いずれか一方の端末から削除しない限り、そのタイトルを別の端末にダウンロードすることはできません。 地域により異なりますが、お客様のAmazonアカウントに関連するすべての端末に一度にダウンロードできるAmazonおよび第三者のビデオ・サブスクリプションのタイトルの合計数は15本または25本までとします。 実際にPC、スマホ、タブレット、TVなど、複数端末でストリーミング再生してみると、同じ番組は2台まで視聴できて、3台目になるとエラーで再生はできませんでした。 異なる番組を再生する場合なら、3台まで観ることができましたが、4台目はエラーとなりました。 さらにダウンロードしていた作品はこれらの再生数とは関係なく視聴することができました。 このように、ひとつのアカウントでの利用になりますが、一度に複数の同時視聴も可能なので、家族会員かどうかということは関係なく、アカウントが共有できる関係であれば、視聴も可能ということになります。 ただし、どんな動画を見ようと、プライバシーは筒抜け状態となりますし、もし家族が課金の必要な動画を視聴してしまえば、請求されるのはアカウントを持っているご本人です。 念のため。 Amazonのプライムビデオは、ダウンロードも可能なんです。 これはありがたいサービス。 Wi-Fi環境で動画をダウンロードしておけば、オフラインの状態でも好きな時に好きな場所で視聴できますから便利です。 私は新幹線での長距離移動の時にダウンロードした映画を観たりします。 オフラインなので、画像が乱れることもなく、快適に視聴できます。 ただし、このダウンロードしたビデオについては、以下のような縛りがあります。 端末の登録・削除 端末をわざわざ登録する必要はありません。 端末でウェブまたはアプリを使ってアカウントにログイン、制限台数内であれば自動で登録されます。 端末の削除などの場合は、プライム会員のアカウントでAmazonにログイン、アカウントサービス画面の「デジタルコンテンツとデバイス」の「Prime Videoの設定」で行います。 ここから、「アカウントと設定」画面が表示されますので、「デバイス」という文字の部分をクリックします。 すると、現在利用している端末が登録されています。 このキャプチャでは出ていませんが、それぞれの端末の右端に「登録の解除」というボタンが表示されていますので、使っていない端末などを解除します。 一旦解除しても、台数制限内であれば再度の登録が可能(またログインすればOK)です。 プライムミュージック 家族で利用可能となる方法 Primeミュージックも家族会員アカウントでは利用できませんが、これもやはりプライム本会員のアカウントを共有すれば利用可能です。 プライムミュージックの再生での制限は以下の通りです。 【プライムミュージックの再生可能台数】• 端末の登録は10台まで(10台の同時再生は不可)• ストリーミング再生は1台のみ• ダウンロードは最大4台まで• 1台のストリーミング再生と最大4台までのダウンロード再生は同時再生可能 それでは、以下その内容を見ていきましょう。 プライムミュージックでは、同時に複数の端末でストリーミング再生をすることができません。 ストリーミング再生は1台まで。 また、プライムミュージックにもダウンロード機能があって、このダウンロード再生であれば、ストリーミング再生には影響しません。 プライムビデオと同じですね。 1台はストリーミング再生、他の端末ではダウンロード再生とすれば、複数の端末で同時利用が可能です。 ただし、ダウンロード可能なのは、最大4台まで。 デバイスの登録としてはプライムビデオと同じで、1アカウントに10台まで端末を登録できます。 ストリーミング再生とダウンロード再生をうまく利用することで、最大5台の端末で同時に楽しむことができるということですね。 もし最大の端末登録数10台を超えてしまったら、不要な端末を削除しないと新たな端末を登録できません。 ダウンロード可能な台数制限内でも、ひとつ削除すれば、ひとつ新たな端末にダウンロードできるようになります。 プライムミュージック 端末の登録と削除 端末を登録するときは自動。 手持ちの対応端末に「プライムビデオ」や「Amazonミュージック」のアプリをダウンロード、アプリにAmazonのアカウントでログインすることで、自動的に認証済みの端末として登録されます。 この内容はアカウントサービス上で確認できます。 端末の削除方法としては、Prime会員のアカウントでログイン、アカウントサービス画面の「デジタルコンテンツとデバイス」の「Amazon musicの設定」から。 画面を下にスクロールすると「端末を管理」と登録済の端末が以下のように表示されます。 端末名の左に四角いアイコンがあるので、そこをクリックすると、端末の詳細情報(シリアルナンバーなど)を確認できて、端末の削除もできます。 通常であれば、端末からAmazonにログインすれば、自動的に登録されるため、この画面を表示して操作することはありませんが、確認や削除をしたいときはこちらで操作します。 アカウント共有で気になるプライバシー問題 Primeの家族会員アカウントではプライムビデオなどの特典が利用できませんが、Prime会員のアカウントを共有できれば、複数の端末を登録できるので、家族で活用することも可能です。 動画配信サービスとしては、かなりお値段も安くて、このように自由度も高いAmazonプライムビデオ。 コスパ的にも最高ですよね。 ただし、プライバシーの面でいうと、問題がないわけではないですよね。 例えば、へそくりでこっそり買った高級品とか、家族に言えない動画を見たとか。 なにしろ、同じアカウントでログインしているので、ここがなかなかの問題だったりもします。 ログイン情報も共有するとなると、もちろんすべての情報を見ることができます。

次の

プライムミュージックをパソコンで手軽に聴くならブラウザ版が便利!でも、1点だけ注意点が!

プライム ミュージック

Amazon Prime Music とは? まず、プライムミュージックって何?という方のために、わかりやすく説明していきます。 プライム会員向け音楽配信サービス プライムミュージックとは、Amazonプライム会員向けにスタートした音楽配信サービスです。 プライム会員なら年間3900円でお急ぎ便無料といった様々な特典を受けられるのですが、プライムミュージックもその一つです。 で解説しています。 Apple MusicやGoogle Pley Musicなど、ここ最近で急激に広がった音楽配信サービスですが、Amazonもプライム会員向けにそういったサービスを始めたわけですね。 ライトユーザーを狙ったサービス 最近流行りの定額音楽配信サービスは、月額料金を支払えば、音楽が聴き放題になるサービスです。 多くの種類がありますので、表にまとめました。 邦楽は焼け野原。 ライトユーザーに最適。 洋楽は充実。 家族でお得なファミリープランも有り。 クラウド保存が50,000曲まで無料。 世界の音楽配信アプリランキングで日本唯一のランクイン。 急成長を遂げた。 学割がおいしい。 国内市場でAWAと共に大きなシェアを持つ。 邦楽だけならGoogle、Appleより充実。 国内市場ではLINEと共に優勢。 他社に比べると圧倒的に悲惨に思えるPrime Musicですが、 あくまでもプライム会員の特典の一つという性質から考えれば、ぶっとんだ格安サービスです。 プライム会員には、Prime Music以外にも、プライムビデオが利用可能ですし、なにより本命はお急ぎ便無料、特別手数料無料などのサービスです。 それを考えると、 Prime Musicの実質の月額は100円以下、 ほぼ無料といっても過言ではありませんね。 そう考えると、プライムミュージックは普段音楽を聞かない・お金をかけないライトユーザー層向けということがわかります。 音楽に月額1000円を払うというのは、常に最新情報をキャッチしておきたいかなりの音楽マニアでしょうからね。 さて、それではプライムミュージックのメリットについて紹介していきましょう。 プライムミュージックのメリット Prime Musicは音楽配信サービスとして、ライトユーザーに重きをおいた、非常にお手頃なプランです。 以下にメリットをまとめました。 圧倒的コストパフォーマンス まずはこれです。 月額325円でプライムミュージック以外にも、 がついてくることを考えれば月額325円どころではありません。 仮にプライムビデオとプライムミュージックの2つを目的にプライム会員になったとすれば、1つあたりの月額は 160円、ジュース1本分です。 プライムミュージックはあくまでも、プライム会員の オマケ要素なんです。 曲数の少なさは、勿論デメリットです。 しかし、曲数は多くても、月額1000円近いサービスは、かなりのヘビーユーザーしか利用しないでしょう。 普段の生活にちょっとしたBGMが欲しかったりするライトユーザーを狙ったサービスが、『Prime music』です。 音楽の世界が広がる 私たちの生活の中には音楽がたくさんありますが、周囲の音楽は自分の好みが反映されているはずです。 音楽配信サービスの真価とは知らなかった音楽に出会える事です。 お気に入りのアーティストを知ったきっかけが、友人の車で初めて聞いた事という経験は、一度はある経験ですよね。 音楽配信サービスはその体験をより身近にするものです。 Prime Musicには他のユーザーが投稿したプレイリスト(オリジナルのアルバム)がありますので、その日の気分にあわせて音楽をかけることも出来ます。 そうする中で自分の知らないジャンルの曲を、「意外と良いな」と思えたり、忘れていた曲や懐かしい曲に出会えるかもしれません。 音楽の世界が広がれば、人生が広がるかもしれませんね! オフラインでも使用可能 Prime Musicはオフラインでも利用ができちゃいます。 これはかなり嬉しいですよね。 スマホやタブレットで専用のアプリ『Amazon Music』をインストールすれば、オフライン環境下でも、ダウンロードしておいた音楽はアプリ内で聞くことが出来ます。 特にドライブ中なんかだと、ストリーミングは電波状況によって曲が止まったり音質が下がってしまうことがあります。 オフラインでも聞けるというのは、電池節約の意味でも、電波の心配がいらない意味でも嬉しいですね! 実際に利用してみて 最近はドライブ中や筋トレ中に洋楽を流してますが、かなりお気に入りです。 僕自身は邦楽も洋楽もそこまで聴きませんが、どちらかと言えば洋楽派です。 アプリの使用感は良かったです。 曲はクラウド上にも保存が出来るので、端末が変わったりしてもOK。 洋楽はけっこう充実 洋楽はポップス・ロックなら• マルーン5• アリアナ・グランデ• テイラー・スウィフト• ワンリパブリック• ケイティ・ペリー• レディー・ガガ• サム・スミス• ニルヴァーナ• フォール・アウト・ボーイ• sum41• imagine dragons などなど、割りといいのが揃ってます。 ここ2、3年の洋楽人気曲は結構入っていますね。 ここでは書ききれないくらいです。 EDMも、AviciiやAfrojack、ZEDD、LMFAOなど、かなり揃ってます。 また、懐かしのロックやポップスも、Queenやスティービーワンダーを筆頭に、誰もが一度はCMやドラマで聞いたことのある曲が結構ありました。 邦楽はお察し 邦楽はそうですね、期待しないほうがいいですね。 期待しないほうが、知ってる曲があった時の嬉しさが増しますから。 (笑 画像はJpopの曲ランキングなんですが、かなり厳しいラインナップですね。 邦楽で最近の人気曲はAKBとゲスの極み乙女を除けばほとんどないんじゃないでしょうか?かろうじてGreeeenといったところですかね。 かなり時代に置いて行かれてる感のあるラインナップです。 僕自身は邦楽はそんなに聴かないので、懐かしい邦楽とか知ってる曲をまとめてプレイリストにしていますが、かなり妥協してます。 強いて言えば柴咲コウさんの「かたちあるもの」が一番好きです。 (どうでもいい アニメ・ゲームのサントラやクラシック、ジャズなど 邦楽の中でも、アニメ・ゲーム音楽に関しては意外と発見があるかもしれません。 最新のアニメ・ゲーム音楽は少ないようですが、懐かしいゲームやアニメのサウンドトラックが見つかったりすることもあるようです。 正直ここのジャンルはあまり詳しくないのですが、北斗の拳のOP曲とか、ゲーム『君の為なら死ねる』の曲とかは懐かしいですね。 最近のアニメで言えば、『進撃の巨人』の曲とか、アニメ『てーきゅう』の曲が多かったです。 クラシック、ジャズのジャンルは、BGMとしては非常に優秀ですね。 サラ・ブライトマンや ノラ・ジョーンズもありますから、初めて聞く人も聴きやすい曲が揃ってます。 まとめ プライムミュージックの魅力はわかって頂けましたか? とにかく安さが魅力の『Prime Music』、是非とも有効利用していただきたいですね。 Prime Musicのみを目的にプライム会員になるのは微妙 もしあなたが音楽配信サービスに加入しようと考えている時、プライムミュージックが安いからという理由でプライム会員になるのはやめた方がいいですね。 プライム会員になってもプライムミュージックしか利用しない場合、月額は325円で100万曲。 確かに安いですが、邦楽はお通夜状態で聞きたい曲はまず見つからないですし、洋楽も聞きたい曲があるかはわかりません。 それならば月額1000円払って3000万曲の方がどう考えても魅力的です。 あくまでもAmazonプライム会員の様々な特典を加味した上で、総合的に判断して下さい。 不満は無い。 だってタダだもん。 僕の場合はもともとプライム会員だったところにプライムビデオ・Prime Musicのサービスが始まったために、棚からボタ餅でした。 ですから個人的にはタダでこのアプリを利用できているわけで、文句など有りません。 それどころか洋楽は結構自分好みの曲が沢山あって、プレイリストで新しい曲を知ることも出来て、かなり助かってます。 最近は、ドライブ中は勿論、ランニングや筋トレ中、作業時などに大活躍してます。 ライトユーザーにはオススメです! プライムミュージックはまとめるとこんな人におすすめです。 音楽配信サービスに高いお金を払うのはイヤ• Amazonを日頃から利用している• 最新のJ-popに興味は無い(ドン! プライムミュージックはAmazonプライム会員の特典の一つなので、利用するためにはAmazonプライム会員になる必要があります。 もしも、日頃からAmazonを利用していて、生活にちょっとした音楽がほしいという方には、Amazonプライムはおすすめですよ! Amazonプライム会員は『Prime Music』以外にも、様々な特典がありますから、詳しくは別記事 をご覧になって下さいね。 プライム会員は30日の無料体験も可能ですので、まずは試してみるのもアリですね!.

次の