ばいあぐら 副作用。 【医師監修】 バイアグラの服用や処方等の適切な使用について

その「バイアグラ」本物ですか?―ネット購入のED薬、4割が偽造品 「死に至る副作用も」専門家が警告

ばいあぐら 副作用

バイアグラは、アメリカのファイザー社が世界で初めて製造した、ED(勃起不全)に効果があると医学的に証明された、錠剤タイプの飲み薬(経口薬)です。 アメリカでは1998年2月に販売され、日本では1999年3月に発売になりました。 その効果についてはマスコミなどで詳しく報じられ、「 勃起不全治療剤といえばバイアグラ」と世界中で認知されています。 バイアグラは医療用医薬品なので、購入するには医師の処方せんが必要です。 つまりバイアグラを使用するには、医療機関にて医師の診察を受ける必要があります。 バイアグラは、一般のドラッグストアやインターネットなどでは購入できないことになっています。 一般的には、バイアグラの有効成分はシルデナフィルであるといわれており、シルデナフィルが勃起を引き起こすと理解してください。 シルデナフィルが勃起を引き起こすメカニズムについては、 をご覧ください。 バイアグラには25mg錠と50mg錠の2タイプがあり、「25mg」と「50mg」は1錠に含まれるシルデナフィルの量です。 1mgは1gの1,000分の1となります。 バイアグラにシルデナフィル以外に添加物として、結晶セルロース、無水リン酸水素カルシウム、クロスカルメロースナトリウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、乳糖水和物、酸化チタン、トリアセチン、青色2号が含まれています。 費用 当院でバイアグラを購入する場合の費用は以下のとおりです。 バイアグラの用量は、 有効成分が多い50mg錠と有効成分が少ない25mg錠の2種類あります。 一般の 成人男性は50mg錠を服用することになります。 25mg錠は、65歳以上の方や健康状態が万全でない方など、慎重に投与する必要があるときに処方します。 飲むときの注意 バイアグラは性行為の1時間前に、1錠を水と一緒に飲んでください。 水がない場合、お茶やアルコールで飲んでも大丈夫ですが、牛乳と一緒にバイアグラを飲まないでください。 牛乳の脂肪分がバイアグラの効果を弱くしてしまう恐れがあります。 アルコールは、程よく酔う程度であれば勃起の効果を高めることがありますが、飲みすぎると効果がまったく現れないことがあります。 また、満腹時にバイアグラを飲むと効果が低下するか、場合によっては効果が全く現れないことがあります。 特に肉類など脂が多い食事はバイアグラの効果を著しく低下させます。 バイアグラは空腹時に飲むことが理想です。 バイアグラは小腸で吸収されるので、一度吸収されて勃起の効果が現れ始めたら、その後に食事をしても効果は維持します。 目が充血する• 顔が赤くなる、ほてる• 心臓の動きが速くなる• 鼻づまり バイアグラを飲んで 強い副作用を感じたり、体調を崩した場合には服薬を中断し、必ず医師に相談してください。 一般的なほてりや軽い頭痛、脈が速くなる程度でしたら、さほど心配はいりませんが、強い副作用があった場合には次回再び副作用が現れるかもしれないので、クリニックにかかることをおすすめします。 こういう方は飲まないで バイアグラは、重い肝臓の病気の方や、重い心臓の病気の方は飲むことができません。 また、バイアグラに対してアレルギー反応を起こす方も飲むことができません。 医師はバイアグラを処方する診察のときに、患者様(利用希望者様)にこれらの病気について尋ねますが、患者様のほうでも気になることがあったら医師に積極的に尋ねてください。 診察時に、ご自身の体調に関することは、医師にすべて伝えておくようにしましょう。 バイアグラ併用禁忌薬一覧 不整脈治療に使うアミオダロンを含む薬• L-オーネスゲン錠• アイスラール錠20mg• アイトロール錠10mg/20mg• アイロクール錠20mg• アパティアテープ• アンタップ/R• イソコロナールRカプセル• イソニトール錠20• イソピット• イソモニット錠20mg• エスタット錠5mg• カリアントSRカプセル20mg• コバインター錠5mg• コンスピット錠• サークレス注0. サワドールL錠• サワドールテープ40mg• ジアセラL錠/シアセラL錠20mg• シグマート錠2. 5mg/5mg• シグマート注2mg/12mg/48mg• シグランコート錠2. 5mg/5mg• ジドレンテープ• シベラント錠5mg• シルビノール錠5mg• ステンベルガー錠5mg• ソプレロール錠20mg• タイシロール錠20mg• ニコランジス錠2. 5mg/5mg• ニコランジル点滴静注用12mg「サワイ」• ニコランジル点滴静注用2mg「サワイ」• ニコランジル点滴静注用48mg「サワイ」• ニコランタ錠5• ニコランマート錠/ニコランマート錠5mg• ニトプロ持続静注液6mg/30mg• ニトプロ注2mL/10mL• ニトラステープ/ニトラステープ40mg• ニトルビン錠5• ニトロールRカプセル20mg• ニトロールスプレー• ニトロール持続静注25mgシリンジ• ニトロール錠/ニトロール錠5mg• ニトロール注5mg/50mg/100mg/5mgシリンジ• ニトロール注バッグ50mg/100mg• ニトログリセリン舌下錠0. 3mg[NK]• ニトログリセリン注25mg[HK]/50mg[HK]• ニトロダームTT• ニトロバイド錠5mg• ニトロペン舌下錠0. 3mg• ニプラジロールPF点眼液0. ニプラジロールPF点眼液0. ニプラジロールPF点眼液0. ニプラジロールPF点眼液0. ニプラジロールPF点眼液0. ニプラノール点眼液0. ハイパジールコーワ錠3/錠6• ハイパジールコーワ点眼液0. バソレーターテープ27mg• バソレーター注5mg/注50mg• バンソレータ軟膏• バンリール錠20mg• フランドルテープ40mg• フランドル錠20mg• ヘルピニン-Rカプセル• ミオコールスプレー0. 3mg• ミオコール注5mg/50mg• ミニトロテープ27mg• ミリステープ5mg• ミリスロール注1mg/2mL• ミリスロール注25mg/50mL• ミリスロール注50mg/100mL• ミリスロール注5mg/10mL• メディトランステープ27mg• リファタックL錠• リファタックテープ40mg• リベラステープ• 亜硝酸アミル• 冠動注用ミリスロール0. 5mg/10mL• 硝酸イソソルビドテープ[EMEC]• 硝酸イソソルビド錠 ツルハラ.

次の

バイアグラ錠25mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ばいあぐら 副作用

症状 副作用の要因 短時間に過剰摂取 バイアグラが心臓に悪影響はしない 喉が渇き水分を飲む 【日本国内での事例】: シンガポールでダミーで3人死亡4人重傷 死亡例は日本だけでなく世界のあちこちで報告されています。 処方されたED治療薬やジェネリック商品も含めるとバイアグラの類似品は世界中に出回っている副作用のある商品です。 東南アジアにはインド産の商品が多く出回っていますが、これらは後発をコピーした危険な偽物のフェイクの通販になります。 参考: 当然安全面や衛生面での管理というものでは、pde5阻害薬の副作用の危険度は頭やお腹が痛いなどすぐに出ればよいですが、高血圧の方ほど増加してしまいます。 日本ではバイアグラをショップやWEBで購入したものを挑戦後に、亡くなられたりしてしまったようなケースは、厚生労働省の許可が降りる前に2名、以降に3名あります。 シルデナフィルは狭心症の治療の目的で血管を広げる働きがあるためです。 副作用の頭痛が割れるように酷いこともあり得ます 直接的な理由でなくニトログリセリンと供用したことによるものとの見方が、後発医薬品も含めて今の所は一般的には強いようです。 高血圧でなくても適量以上を一気に口の中に入れてみたりはもってのほかです。 女性が使用したり、極度にお酒に酔っぱらって面白半分や罰ゲームの類の遊びでお試しで、100mgを飲んでみたというような絶対に真似するべきではないバイアグラの偽物の副作用の悪い例もあります。 頭痛が段々とひどくなるというパターンも確実にあります。 それ以外にも腹痛や下痢も見られています。 バイアグラの副作用と禁忌薬を飲む前にチェック アメリカでも多くの死亡になってしまった文献の例があります。 直接的なED治療薬が原因でないかという見解は少ないようです。 少しでも高いリスクを少しでも痛い状態を軽減するためには、大丈夫かどうかの判断は個人ではなく、やはり病院で医者に正式に診察をしてもらってからがよりバイアグラの副作用を考えると安全という事ができます。 可能性として偽物であることによって死亡する危険性やリスクがある場合があります。 類似のジェネリックも含めて、勃起するためのバイアグラは女性との行為で副作用が怖いのであれば、ここでは購入しない事が必然的に現状ではプライオリティーはこのように高く一番の最優先です。 バイアグラが副作用で心筋梗塞や心臓に悪いは間違いです 病院でバイアグラを処方される際に心臓が悪いかどうか聞かれる本当の理由 1998年に日本で発売された当初、飲むことで心臓に負担が掛かり心筋梗塞を起こすので危険という話が一般論となってました。 しかし、本来は血管を広げる作用があることで見つかったシルデナフィルなので、心臓に悪くはなく血圧を下げる便利な働きがあります。 SEXを愉しむこと自体が心臓に負担が掛かるので、バイアグラを処方する際に心臓に疾患がないかを問診で確認されるのが本当の理由です。 低血圧を招くことはあっても、高血圧や心筋梗塞になる事例はいまのところありません。 参考: 眩暈や顔の火照りなどの副作用もある 男性によっては類似品による直接的な影響かはわかりませんが、ED治療薬が原因でお腹が緩くなったり下痢になってしまう方も少なからずいます。 現在だけでなく死亡となった例にも影響する過去に狭心症や心筋梗塞などの種類があります。 心不全だけでなく高血圧や糖尿病と診断された経験のある人の購入は、バイアグラの副作用をケアしなくてはいけないのは偽物でなくても当然です。 相手の女性のためにもしっかりと考えて準備し注意しなくてはいけません。 勃起不全やセックスレス解消のために100mgに果敢にチャレンジしたい場合は、どんな場面でも必ず前もって専門の検査を受けて医師に相談するようにしましょう。 急激に血圧を下げる降下剤ニトログリセリンという成分が配合されている薬を使った後に、また飲むことは発作などを引き起こす原因となりますので注意しなくてはいけません。 個人輸入代行や海外の通販の場合は、バイアグラはこれ以外にも製造時の製造会社の衛生面や安全面で見てもシルデナフィルの副作用以上に、類似するジェネリックの更にフェイクは不安視されています。 基本的には血圧が高い、心臓や内蔵機能の病気の有無に関わらずです。 ED治療薬は正規品しか危険ですので、痛い目に合わないためにも偽物にはトライしない事をお勧めします。 バイアグラについて 説明内容 満腹時よりも空腹時の方がバイアグラの効果が出やすいと言われています。 24時間以内で服用して良いのは1回だけになります。 平均で4~5時間は持つと言われています。 飲む時間帯は、行為の1時間前が理想です。 偽物が多く出回っているなかで、自分で正規品を区別する方法。 バイアグラの副作用は妊娠には影響はない? 子作りや妊娠への影響はバイアグラの副作用はない? 子作りをこれからしていこうという夫婦にとって、旦那がEDである場合にはバイアグラは欠かせない場合もありますので、偽物や副作用で妊娠へ何か悪い影響がないかなど心配する女性も少なくないのではないでしょうか。 基本的には、バイアグラの副作用が妊娠や精子に対して直接的に悪いことはありません。 男性の心臓や血圧には負荷が掛かりますので、仮に何かしらの心臓や血管に関係する疾患を抱えている場合は医師に副作用の面でこれから先の妊娠についての相談をする事からはじめましょう。 妊娠するかどうかは若い女性だけでなく男性の体調や健康管理が大きく関わってきますから、そういった意味では心配するのであれば夫婦一緒に病院へ足を運び医師の診察を受けましょう。 その段階で勃起不全である場合は報告し、ED治療薬の怖さについても説明を受けるようにしましょう。 妊娠をする女性や胎児にバイアグラの副作用は? 基本的にはどこの病院でも妊娠をする際にバイアグラの副作用が女性や胎児に影響する可能性は報告されていません。 日本だけでなく世界的にも周知に事実ですから、病院やクリニックで医師に相談しても副作用の妊娠への影響は気にしないで良いと言われるでしょう。 男性へは頭痛や眩暈だけでなく心臓や血管への負担がありますし、仮に勃起不全だけでなく糖尿病や生活習慣病などを抱えているとすれば、かなりの高いリスクがあります。 妊娠だけでなく男性へのED治療薬の副作用を考えると、何度か服用するまでは医師の診察の元で相談しながら続けて飲んだほうが良いでしょう。 長い目で見ると仮に最初に違和感が感じられなかったとしても食事や睡眠時間、過剰なアルコールやタバコの喫煙量によって変化するものですので、しっかりと自分の体を管理しながら男性は飲むようにしましょう。 顔のほてりとむくみのバイアグラの副作用は出やすい 次の日まで症状が残ることも 男性によってはバイアグラの副作用で顔の赤みやほてりや熱感があったり、全身がパンパンに浮腫んでしまうこともあります。 朝まで寝て起きた時にまで続いてしまっていることがあります。 突然の症状で喉が渇いて水分が欲しくなる男性もいますので、そうなると更に水分を補給してしまいます。 お酒を飲んだ次の日以上にむくみが出る方もいます。 目の充血もバイアグラの副作用でです 慣れている人にとっては、そこまで驚くことではありませんが、偽物でなければバイアグラを飲んだ副作用で顔面紅潮や目が赤く充血している姿を見て自分やパートナーがびっくりすることがあります。 お酒を飲んでいたりすれば、何かしらの言い訳はできそうですが、普段あまりそのような症状にならない男性は女性に心配されてしまうこともあるかもしれません。 ジェネリックや他のED治療薬でも見られる副作用ですので、体質的に目が充血しやすい場合は注意するようにしましょう。 バイアグラ100mgの副作用の強さと偽物の可能性は高い 日本の国内でのバイアグラ100mgは承認されていません 日本で認可されていないものを、購入して服用した際の危険性を考えると、かなりリスクが大きいのではないでしょうか。 バイアグラの100mgは、当然、副作用もシルデナフィルの量を考えると経験者でも大丈夫でなく強く出る可能性が考えられます。 既に、25mgや50mgを経験したことがある男性で、何かしらの体の不調があった場合は、100mgはそれ以上に強く出ることが考えられます。 むやみやたらに初心者がいきなりバイアグラの100mgや偽物を服用する事は副作用の危険だけでなく絶対に避けるようにしましょう。 価格で比較しても、一錠が50mgで1,500円前後に対して相場は1,750円前後と100mgはなります。 万が一、あまり求めている勃起の硬さや持続が得られない男性はレビトラやシアリス等のジェネリックも副作用と共にチェックしてみましょう。 認可されていないバイアグラ100mgは偽物ばかり 日本では本来は認可されていないバイアグラ100mgを入手する方法は、個人輸入代行業者か小さなクリニックになります。 病院では確実に25mgか50mgの処方しかしてくれないでしょう。 クリニックでも全国展開をしている大手などではバイアグラの100mgは取り扱っておらず、海外からの輸入品は偽物の割合が本当にかなり高いため服用はしないほうが良いでしょう。 50mgを飲んでいる方は、コストを考えると100mgを割った飲み方の方が安く済ませられるから大丈夫と考えたり、副作用はあったとしてもより勃起の硬さや効果を求める男性も多くいます。 万が一の時が起きてからでは遅いのです。 バイアグラ100mgを国内で購入するのは実は違法で、偽物ばかりなので大丈夫と油断せずに辞めておくことをおすすめします。 バイアグラ通販は正規品でも副作用が報告されています 医薬品ですので副作用は覚悟が必要です ファイザー社製のED治療薬は偽物だけがこの状態があるわけではなく、それは本物のバイアグラでもジェネリックでもいくつかの副作用の症状が現段階でもレポートが報告されています。 風邪薬や花粉症の薬でも体がだるくなったり、喉が渇く、女性との行為の後にいつもよりもお腹が痛い、下痢やすぐ眠くなるなどがあります。 健康補助食品と呼ばれるサプリメントでないインターネット販売の類似する商品には何かしら危険がありますので注意をしなくてはいけません。 年齢によっては、勃起するために適量以上を一回に服用してしまう事によって、高血圧の方が心臓発作などを起こしてしまう可能性がここにはあります。 一般的にED治療薬の代表として挙げられるのは 体の火照り、眩暈、頭痛や胃痛、鼻づまりや視覚障害(充血したり、フラッシュやテレビなどの光に痛みを感じる)や下痢などです。 陰茎だけでなく吸収によって血管が拡張するので疲れやだるさが一気に急激に押し寄せるという意見もあります。 どの程度の副作用があるかは飲んでみないとわからない お医者さんでジェネリックを処方された際のデータ的には副作用の症状が現れる人の割合は数字で5%以下となっているのです。 ジェネリックや100mgで急に頭痛が出るという大丈夫でないパターンもあります。 何も起きていないということではなく、バイアグラは副作用が小さくて気が付いていないだけで、何かしらはあると考えるべきでしょう。 メディア雑誌やニュースで死亡に至った例などが一昔前には多く報道で掲載されました。 結局はそのほとんどがシルデナフィルの適量を守らなかったり、危険である他の薬と併せて使ってしまったことが原因と言われています。 単体でバイアグラ通販のものを、トライする際には症状は過去のレポートや報告から見ると、これは結果的にはあまり出ないようです。 高血圧の持病を抱える男性が、精力を大幅にあげたり段階的な女性のためにパワーアップをすることを類似品を使って目的に、ED治療薬の副作用で死亡して命を失っては、これが結果的には元も子もあり仕方がありません。 ジェネリックに何かしらの少しでも心残りや不安や心配がある時は医師の指導に従って果敢に積極的に意味を持ってトライし許される限り、まずはチャレンジしましょう。 偽物でなかったとしても危険性があるものですから、頭や目の奥が痛いなど万全な体調で挑むようにしましょう。 EDでない普通の人は副作用を考えるとバイアグラは飲まない方が良い 今の時点で特にEDでない勃起の状態が普通の人が興味本位でバイアグラを飲むことは上記のような副作用を考えるとメリットはありません。 特に30代前半などでまだ必要がないのに飲んでしまうことは、頭痛や下痢などが起きる可能性を考えるとマイナスでしかないでしょう。 今の状態でEDの可能性がない普通の人は、睡眠時間や食事などを改善する事でバイアグラなしでも回復できる可能性が高いので、副作用を考え服用は辞めましょう。 バイアグラの副作用だけでなく禁忌薬をチェックしておきましょう 亜硝酸アミル• 亜硝酸アミル 硝酸イソソルビド• アパティア• カリアントSR• ニトラス• アンタップ• サークレス• ニトロール• イソコロナールR• サワドール• フランドル• イソピット• ジアセラL• リファタック• L-オーネスゲン• 硝酸イソソルビド 一硝酸イソソルビド• アイスラール• イソニトール• タイシロール• アイトロール• 一硝酸イソソルビド• アイロクール• ソプレロール ニコランジル• シグマート• ニコランジル• ニトルビン• シルビノール• ニコランタ• ニコランジス• ニコランマート ニトログリセリン• ジドレン• バソレーター• ミリスロール• ニトログリセリン• ミオコール• メディトランス• ニトロダームTTS• ミニトロ• ニトロベン• ミリステープ ニトロプルシドナトリウム水和物• ニトプロ ニプラジロール• ニプラジロール• ニプラノール• ニプラジロールPF• ハイパジール アミオダロン塩酸塩• アミオダロン塩酸塩• アンカロン.

次の

知らないと危険?バイアグラの副作用と注意点【医師監修】

ばいあぐら 副作用

すわ くにお 東京大学医学部卒業。 マサチューセッツ総合病院、ハーバード大学などを経て、帝京大学教授。 医学博士。 専門は麻酔学。 著書として、専門書のほか、『パソコンをどう使うか』『ガンで死ぬのも悪くない』など、多数。 バイアグラ(一般名シルデナフィル)は、男性の勃起不全の治療薬ですがこの薬がまれに視力障害を招くことがあるらしく、最近話題になっています。 このテーマは、一見「がん」と関係ないようですが、薬の副作用と主作用を示すテーマとして取り上げました。 こちらの病名を採用しているホームページ(ONLINE LAWYER SOURCE、CAMBRIDGE INSTITUTE FOR BETTER VISION、、)が圧倒的に多く、もありますが、前者が本来の命名と推測します。 この名前から見て、明確な動脈炎の所見がないのに、神経への血流が乏しくなって視神経障害が発生すると解釈します。 視力障害には、光学系のレンズの障害(例は白内障)・フィルムの障害(網膜の異常、例は網膜はく離)などがありますが、バイアグラはもっと奥の視神経異常です。 以前、スモンという病気があり、これは視神経がおかされるパターンでした。 最終的な結果は視力障害で、完全な失明の例もあります。 しかし発生率が低い点は確かで、たとえばバイアグラの使用者はアメリカで2,000万人と推測されるのに対して、視力障害が確実に診断されたのは38例ですから50万人に1人未満です。 以前、「薬物治験の段階:タミフルの副作用の予知の問題」で説明したように、こういう発生率の低い合併症や副作用は一般使用以前には見つかりません。 治験(薬の臨床試験)の段階で一般使用以前にテストする人数は100~数100人のレベルです。 が、それでも50万人に1人はそれより2桁下とまれな副作用で、治験段階では見つからなくて当然です。 脳障害は大丈夫か? 拡張解釈「過ぎる」と承知のうえで、次のようなことを考えます。 この視力障害が、もっと重要な問題を示唆しているかもしれないという点です。 現時点で、この視力障害は網膜への血流障害と考えられています。 そもそも、バイアグラは「血管拡張作用」があるゆえに勃起不全に有効ですが、「網膜への血流障害」をなぜ招くのでしょうか。 それは、バイアグラの血管拡張作用で、静脈還流が悪くなるからであると考えられます。 バイアグラの副作用のリスト(、)を見ると、視覚異常(視野がかすむ、物の色が異常に見える)の他に、頭痛・ほてり・鼻づまり・めまいなど頭部や顔面関係の症状があげられています。 脳の動脈硬化を判定する検査は、網膜の血管を観察します。 逆に言えば網膜血管に異常が起こるということは、脳血管にも異常が起こる可能性を示唆すると解釈できます。 そこで、「もしかすると脳血管にも障害を招くかもしれない」と推測するのは不自然ではありません。 そのうえ、「視神経」は他の末梢神経と性質が異なり、「中枢神経系の一部」とも考えられ、脳への障害が更に懸念されます。 脳血管の障害があるとして、なぜそれが見つからないのでしょうか。 理由は多分2つ考えられます。 1つは、脳は眼と異なって多機能なので障害もいろいろな種類に分かれるために特定されにくいと推測できます。 もう1つは、脳血流障害は他のいろいろなメカニズムで発生しますから特定の薬物と関連付けられにくいかもしれません。 ただ、バイアグラの副作用として脳障害を探してみましたが、明確なものは見つかりませんでした。 ただ、バイアグラの副作用として冠状動脈障害が発生する問題はよく知られています。 一方で、亜硝酸化合物系の薬剤を摂っているとバイアグラの作用が強く出て血圧が低下し、場合によって死にいたることがあります。 報告例の数では上記の視力障害数を上回りますが、この点は使用の当初から知られていたことではあります。 バイアグラの別の有用性 薬は時に思わぬ副作用を招くと同時に、場合によっては思いもよらなかった効果が見出されることもあります。 サリドマイド(一般名)製剤がつわり(妊娠初期の悪心)の特効薬として開発されたのに、胎児の四肢の重大な奇形を招いて使用不可になりました。 ところが、この薬が最近多発性骨髄腫の治療薬として有効と判明。 外国ではすでに使われており、外国から輸入して使用する場合を対象に厚生労働省が使用ガイドラインを発表しています。 類似のことがバイアグラに関してもあり、この点は「血管拡張」の性質から推測もつきます。 まず肺高血圧症や肺動脈障害に関係する病態に使われている報告が少数ながら見つかりました。 1つは、、もう1つは 小児の肺高血圧症への使用(ukmedix news)で、後者は実際に200例の小児に使っているとあります。 この記事には「成人の肺高血圧への適用は何千例も使用されている」と書いてあります。 似た病態で、妊娠に関係した高血圧症にも使われている報告が見つかりました。 1つはで、妊娠に関係して主に腎障害が発生し、高血圧・浮腫・タンパク尿などが見られる病気です。 重くなると障害が脳にも及んで「子癇」となります。 もう1つは、妊婦と胎児に高血圧症が起こる病態(、Science Blog)で、妊婦の高血圧だけでも胎盤の血流が悪くなって危険ですが、とくに胎児に高血圧が起これば更に重大です。 この2つの報告はそういう病態にバイアグラが有効だと述べています。 バイアグラは、基本的にはがん治療とは無関係な薬物ですが、視力障害の報告をきっかけに調べてみると作用が結構複雑で、「薬の作用は複雑」「副作用と主作用との鑑別は困難」なことが判明しました。 意外にも、肺線維症や肺高血圧症、更には妊娠に関係する高血圧にも効果があるという報告まで見つかりました。 このように、がんと関係する病態もあります。 今回おじゃましたサイト.

次の