カルロ ウルバニ。 世界を救った医師 SARSと闘い死んだカルロ・ウルバニの27日 読了しました: 働く女性医師の夫・Howdy

ベトナムでSARSと闘った医師の出身地は?【ニュース検定】答えと解説池上彰

カルロ ウルバニ

今、西アフリカ諸国でのエボラ出血熱の感染が史上最悪の規模で国境を超えて拡大している。 致死性の高い感染症の世界的な流行は、死者774人にのぼったSARS以来である。 世界を恐怖に陥れた新型肺炎の未知のウイルスの出現を世界に知らしめたのは、一人の医師の命がけの行動だった。 医師の名前はカルロ・ウルバニ。 途上国で感染症に苦しむ子供たちの診療にあたるイタリア人の感染症の専門医であり、WHO 世界保健機関 ハノイ事務所の職員だった。 ウルバニはハノイの病院で診療にあたる中、自らもSARSに感染、27日後、46歳の短い生涯を閉じた。 ハノイに赴き、ウルバニと共にSARS対策にあたった押谷医師 当時WHO西太平洋地域事務局 は、彼のなした功績についてこう語っている。 そんな中で、カルロは非常に冷静だった。 患者の状況を詳細に記録し、その情報をわれわれのもとに送ってきてくれた。 また、マスクの着用や手洗いなど院内感染対策を確立し、実行を徹底した。 彼は最後まで優れた臨床医であり、優秀な公衆衛生の専門家であった。 彼はあの状況の中で唯一の感染症と感染症対策の専門医として、自分が何をしなくてはいけないのか誰よりもわかっていた。 苦しんでいる人々のために行動することは、自分自身を危険にさらしてでもやる価値のあることだったはずである。 番組では、カルロ・ウルバニの命をかけた闘いを通して探る。 ゲスト 押谷仁さん 東北大学大学院教授 世界保健機関 WHO 西太平洋地域事務局の感染症監視・対応地域アドバイザーとして、カルロ・ウルバニと共に2003年に大流行したSARSの封じ込めの最前線に立ったウイルス学の専門家。 キャスター 桜井洋子アナウンサー.

次の

「明日へのエール」3月14日(土)金のことば~カルロ・ウルバニ~

カルロ ウルバニ

世界を救った医師 SARSと闘い死んだカルロ・ウルバニの27日 読了。 家の者が随分以前から持っていた本です。 今回初めて読みました。 2003年2月、一人の中国系アメリカ人が、ベトナムのハノイのフランス系 の病院に重症肺炎で入院しました。 世界保健機関(WHO)のハノイ駐在の イタリア人医師、カルロ・ウルバニ(Dr. Carlo Urbani)がこの患者を診察 します。 この病院で、この患者さんに接触した医師、看護師などの医療者が次々と 肺炎で倒れるのを目撃したウルバニ医師は、原因をさぐろうとし、あるい は、WHOと連携して、この原因不明の感染症が広がるのを抑えようとしま す。 ひとりひとりの患者さんに寄り添って、また寄り添っていたからこそ 詳しい病気の経過を書き残すことができました。 彼の勇気に励まされて、この病院のほかの医療スタッフも踏みとどまって 病気で倒れた同僚の治療、看病をつづけました。 そして、この記録がもとで、WHOはこの病気を新しい感染症(SARS)と して世界に警告を出すことができました。 彼の活躍がなければ、WHOの警告はもっと遅れていて、世界中でさらに たくさんの方が病気になり亡くなられただろうと言われています。 しかしウルバニ医師は、自身もSARSにかかり、亡くなります。 最初の患者さんを診てからわずか27日後でした。 46歳。 妻と3人の幼い こどもを残して。 (1956年10月19日生まれ) このわずか1ヶ月の様子をNHKの取材陣が丹念に調べてドキュメンタリー を製作した、それを文書化したレポート。 迫真の記述で一気に読みました。 彼のハノイでの活動を引き継いだ方が、最近、日本のコロナ専門家会議で よく登場される、押谷仁先生。 この2003年のSARSもコロナ・ウイルス。 「新型肺炎は、世界29の国と地域に広まり、感染者8096人、死者774人 という多くの犠牲者を出した」 この本の記載(p181)が、控えめに見える今の世界のパンデミック。 天国でウルバニ先生、どう見ておられるでしょうか? 神様にお願いして、なんとかわれわれ人類が、この新型コロナ・ウイルス に早く勝てるようにしてください。 日本放送出版協会 2004年7月25日 第1刷発行 (後日追記 偶然ですがウルバニ先生のご命日 3月29日です。

次の

ベトナムでSARSと闘った医師の出身地は?【ニュース検定】答えと解説池上彰

カルロ ウルバニ

池上彰のニュース検定 ニュース検定の今日の問題と答えです。 ニュース検定の問題 ベトナムでSARSと闘った医師の出身地は? 青 アメリカ 赤 フランス 緑 イタリア ニュース検定の答え 答えは 緑 イタリア ヒント: カルロ・ウルバニは、重症急性呼吸器症候群 をはじめて新しい感染症と認定し、国際社会へ報告したイタリア人の内科医、自身もSARSに感染して死亡した。 彼の警告により、世界保健機構は各国への警報を発することができ、ベトナムにおいてはSARSの大規模な流行を防ぐことができた。 放送後に追記します。 今日の「ニュース検定」のキーワード キーワードは 世界を救った医師 SARSがベトナムのハノイに 昨日お伝えしたように、SARS、重症呼吸器症候群のウイルスが中国の広東省、さらには香港から各地に散らばっていきました。 その行き先の一つが、ベトナムのハノイです この地が舞台となり、SARSと闘いは新たな展開を見せました。 世界を救った医師 カルロ・ウルバニ 最前線で戦ったのがイタリアの医師、カルロ・ウルバニです。 WHO世界保健機構の医師としてハノイで勤務していました。 世界を救った医師とも言われています。 男性は謎の肺炎を発症した広東省の医師と同時期に香港のホテルに宿泊し、その直後にハノイ入りしていました。 この、謎の肺炎が中国で流行しているという情報は既に出回っていて、急激に重症化する男性を見たウルバニ医師は、その肺炎の可能性があると考えたのです。 ウルバニ医師がベトナム政府を説得 ウルバニ医師は危機感を抱きます。 このままでは感染が急拡大する恐れがあると思ったのです。 不安は現実となりました。 医療スタッフに同じ症状が出始めたのです。 人に感染することが確実になり、対策は待ったなしです。 WHOが世界に公表 ウルバニ医師が説得の結果ベトナムは国を挙げて拡大防止に乗り出し、病院を閉鎖したのです。 そして WHOは、中国広東省などで原因不明の肺炎が集団発生していると警告を発しました。 中国政府は情報開示に後ろ向きでしたが、ウルバニ医師の奮闘で自体が動いたのです。 ウルバニ医師もSARSで死亡 ただ治療に従事したウルバニ医師自身も、 SARS に感染し、初めて診察した日からわずか1ヶ月後に亡くなりました。 彼の命がけの貢献で、世界は最悪の事態を回避できたのです。 ニュース検定前回の問題 今日のことば検定とお天気検定の問題.

次の