イオン 名古屋 みなと 閉店。 【悲報】「イオンモール名古屋みなと」が謎アートだらけのゴーストタウンになった理由wwww

営業時間のご案内│イオンモール名古屋みなと

イオン 名古屋 みなと 閉店

概要 [ ] 1999年(平成11年)11月20日に開業し、その時点でのショッピングセンターの名称は「 ベイシティ品川」で核店舗の名称は「ジャスコ名古屋みなと店」であった。 核店舗の「ジャスコ名古屋みなと店」は(平成23年)にイオングループの総合スーパーをイオンに店名統一する ことに伴って「イオン名古屋みなと店」に改称し、同年から進められたイオンの大型ショッピングセンターの名称の「イオンモール」への統一 に伴い、同年11月21日よりショッピングセンターの名称も「 イオン名古屋みなとベイシティショッピングセンター」から「 イオンモール名古屋みなと」に変更された。 また、(平成25年)11月からの運営していた大型ショッピングセンターをの運営に委託することになった ことに伴って同社の管理運営に移行している。 による届出上の店舗面積(商業施設面積)は48,650で 、1993年(平成5年)10月21日に開業し当時港区内最大規模のショッピングモールだった (25,729m 2 )を2倍近く上回り、開業時点では名古屋市港区内においては最大規模だったが、2014年(平成26年)6月に店舗面積55,000m 2の が開業、2018年9月28日には店舗面積59,500㎡のが開業したことにより、港区内3位となった。 また、栄地区の名古屋店・栄ガスビル(松坂屋・エンゼルビル・栄ガスビル、80,874m 2)や栄店・(75,860m 2)、・・サカエノバ(丸栄本店・栄ビル、58,022m 2)名古屋駅前地区の(75,065m 2)や・(名鉄ビル・名古屋近鉄ビル・・大手町建物名古屋駅前ビル、72,891m 2)などの都心部の大型商業施設を大きく下回っている。 商業施設棟は4階建てで専門店街は4階まであるが、イオンの総合スーパー部分は3階までが売り場で4階へはエレベーターとエスカレーターが設置されているものの、売り場は配置されていない。 専門店街は、屋根の代わりにテントを張っているエンクローズドモールで、オープン当初の店側の広報の怠りによって来店客にはそのコンセプトが伝わらず、11月下旬にオープンを迎えた事もあり、ベイシティ専門店街が「寒い」との苦情が大量に寄せられる結果となった。 また夏は暑い事も同様である。 専門店街は中央入口付近の「スプリングコート」とその奥の「ワールドコート」、東入口前の「フォールコート」といった広場的な空間が設置されている。 3月より、イオンモール名古屋みなととを結ぶ無料シャトルバスが運行を始めた。 毎週土日と祝日のみ運行される。 より、当施設をまるごと使用したイベントが開催されている。 最近ではららぽーと名古屋みなとアクルスやイオンモール名古屋茶屋等へのテナントの移転や閉店により大幅にテナントの数が減少している。 テナント [ ] 核店舗の名古屋みなと店と専門店街で構成されている。 TOHOシネマズ名古屋ベイシティ [ ] TOHOシネマズ名古屋ベイシティ TOHO CINEMAS Nagoya Baycity 情報 正式名称 TOHOシネマズ名古屋ベイシティ 旧名称 ヴァージンシネマズ名古屋ベイシティ 完成 開館 収容人員 (12スクリーン)2,669人 客席数 左記参照 設備 、、 用途 映画上映 運営 TOHOシネマズ株式会社 所在地 〒455-0055 愛知県名古屋市港区品川町2丁目1-6 イオンモール名古屋みなと内 アクセス 本文参照 外部リンク 「名古屋ベイシティ」としてベイシティの同時にに開業した。 2004年2月7日より現名称に変更。 通常の10スクリーンに2つのプレミアスクリーンを加えた計12スクリーン・2669席で、最大のスクリーン4ではを完備している。 イオンモール名古屋みなと本棟から道路を挟んで東側に位置し、本棟の専門店街2階から連絡橋が設置されている。 TOHOシネマズ名古屋ベイシティ スクリーン詳細 スクリーンNo. 座席数 車椅子席 1 203 2 2 334 2 3 239 2 4 488 8 5 203 2 6 334 2 7 239 2 8 97 2 9 176 2 10 176 2 PREMIER 1 54 2 PREMIER 2 98 2 交通アクセス [ ] 自動車• 駐車場:2,800台 鉄道• (徒歩3分) 路線バス• 「名四寛政町」停留所 (徒歩5分)• 「新開橋」停留所 無料シャトルバス• から経由• から(土・日・祝日のみ)。 近隣店舗 [ ]• (アピタ港店)• 脚注・出典 [ ] []• (日本食糧新聞社). (1999年11月8日)• イオン. 2014年7月24日閲覧。 (日本経済新聞社). (2011年3月2日)• (日本経済新聞社). (2013年10月24日)• (日本食糧新聞社). (1993年10月27日)• 『25-4(新設):平成25年6月14日届出 イオンモール西茶屋:港区茶屋新田(縦覧期間:平成25年10月28日まで)』 名古屋市、2014年2月13日。 イオン. 2018年5月9日閲覧。 『中日新聞』1999年10月21日ベイシティ品川開業• 2015年4月26日閲覧。 参考文献 [ ]• 『ジャスコ三十年史』株式会社、ジャスコ株式会社、2000年12月。 2018年7月19日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

営業時間のご案内│イオンモール名古屋みなと

イオン 名古屋 みなと 閉店

グルメ 名古屋市内の大型店舗であるイオンモールはイオンモール熱田・新瑞橋・大高・名古屋茶屋・名古屋みなと・ナゴヤドーム前・mozoワンダーシティの7店舗。 さらに、イオンモール並みに大規模店舗であるイオンタウン千種や、旧ジャスコや他の中・大型店舗からイオンに業態転換となった、イオン今池・金山・上飯田・名古屋東・南陽・メイトピア・守山・八事も加えると、その数15店舗。 明らかにイオン過多状態なのでは……。 さらに旧ジャスコと同様の店舗規模を持つユニー系列のアピタは、市内に7店舗。 さて、そのイオンモールのうちの一つ、イオンモール名古屋みなとの様子が数年前からさみし気な雰囲気になりつつありましたが、先日、「イオンモール名古屋みなとに行ってみたら、閉店しすぎて全部インスタスポットに変えられてたw」と衝撃的なそのシャッター街と化した様子がツイッターに投稿され、ネット上がざわついています。 この様子を見た人たちからは、「凄まじい廃墟感」「ここまで酷くなっていたとは……」という意見から、逆に「エモい」というこれはこれで味があるという意見まで。 筆者は元地元民で、ここができた時はよく行っていましたし、モール街のファッション店の活気の良さにテンションも上がったり、1階のパフォーマンスステージで何かライブなどやっていた時などはよく見に行ったりしていたのですが……。 できた当時は「ベイシティ」と呼ばれ、隣にはTOHOシネマズや銭湯なども。 店舗のすぐ裏には大きな荒子川公園というバーベキューもできる大きな公園もあり、あおなみ線の荒子川公園駅からすぐという立地条件。 国道23号からのアクセスも悪くなく、付近は分譲住宅やマンションが立ち並ぶ、ファミリー層には使い勝手の良いお店だったように思っていたんです……。 しかしこの現状。 名古屋市港区は意外に広く、旧南陽地区が港区に編入されて以降、市内で一番広い区になりました。 そのため、元からの港区と南陽地区は結構な距離があるので、そのどちらからもアクセスしやすい立地にイオンモール名古屋みなとが建設されたいきさつがあります。 しかし、その後、南陽地区にさらに大規模な「イオンモール名古屋茶屋」がオープン、さらに追い打ちをかけるように、地下鉄東海通駅からすぐという立地条件の良い場所に巨大モール「ららぽーと名古屋みなとアクルス」が。 元からこの辺りにはイオン南陽のほか、アピタ港・アピタ東海通など、ちょうどよい大きさのお店があったところでしたが、次々とイオンモールやららぽーとができたという状態なのです。 イオンモール名古屋茶屋ができた後からアピタ港がリニューアルしてテコ入れをはかったこともあり、ららぽーとができる前からイオンモール名古屋みなとは徐々にシャッター街となりつつあったのですが、ららぽーとができてさらに……。 地元民だった者としては、今後の専門店街の行方が気になるところですが、もしかしたらリニューアルが予定されてるとか?今後の展開を期待したいところです。

次の

「凄まじい廃墟感」イオンモール名古屋みなとの現状に注目集まる

イオン 名古屋 みなと 閉店

グルメ 名古屋市内の大型店舗であるイオンモールはイオンモール熱田・新瑞橋・大高・名古屋茶屋・名古屋みなと・ナゴヤドーム前・mozoワンダーシティの7店舗。 さらに、イオンモール並みに大規模店舗であるイオンタウン千種や、旧ジャスコや他の中・大型店舗からイオンに業態転換となった、イオン今池・金山・上飯田・名古屋東・南陽・メイトピア・守山・八事も加えると、その数15店舗。 明らかにイオン過多状態なのでは……。 さらに旧ジャスコと同様の店舗規模を持つユニー系列のアピタは、市内に7店舗。 さて、そのイオンモールのうちの一つ、イオンモール名古屋みなとの様子が数年前からさみし気な雰囲気になりつつありましたが、先日、「イオンモール名古屋みなとに行ってみたら、閉店しすぎて全部インスタスポットに変えられてたw」と衝撃的なそのシャッター街と化した様子がツイッターに投稿され、ネット上がざわついています。 この様子を見た人たちからは、「凄まじい廃墟感」「ここまで酷くなっていたとは……」という意見から、逆に「エモい」というこれはこれで味があるという意見まで。 筆者は元地元民で、ここができた時はよく行っていましたし、モール街のファッション店の活気の良さにテンションも上がったり、1階のパフォーマンスステージで何かライブなどやっていた時などはよく見に行ったりしていたのですが……。 できた当時は「ベイシティ」と呼ばれ、隣にはTOHOシネマズや銭湯なども。 店舗のすぐ裏には大きな荒子川公園というバーベキューもできる大きな公園もあり、あおなみ線の荒子川公園駅からすぐという立地条件。 国道23号からのアクセスも悪くなく、付近は分譲住宅やマンションが立ち並ぶ、ファミリー層には使い勝手の良いお店だったように思っていたんです……。 しかしこの現状。 名古屋市港区は意外に広く、旧南陽地区が港区に編入されて以降、市内で一番広い区になりました。 そのため、元からの港区と南陽地区は結構な距離があるので、そのどちらからもアクセスしやすい立地にイオンモール名古屋みなとが建設されたいきさつがあります。 しかし、その後、南陽地区にさらに大規模な「イオンモール名古屋茶屋」がオープン、さらに追い打ちをかけるように、地下鉄東海通駅からすぐという立地条件の良い場所に巨大モール「ららぽーと名古屋みなとアクルス」が。 元からこの辺りにはイオン南陽のほか、アピタ港・アピタ東海通など、ちょうどよい大きさのお店があったところでしたが、次々とイオンモールやららぽーとができたという状態なのです。 イオンモール名古屋茶屋ができた後からアピタ港がリニューアルしてテコ入れをはかったこともあり、ららぽーとができる前からイオンモール名古屋みなとは徐々にシャッター街となりつつあったのですが、ららぽーとができてさらに……。 地元民だった者としては、今後の専門店街の行方が気になるところですが、もしかしたらリニューアルが予定されてるとか?今後の展開を期待したいところです。

次の