ウイイレ アプリ 2020 最強 監督。 ガチスカ監督ランキング 使用感最強監督判明か!?

【ウイイレアプリ2020】最強監督ランキング!独自目線でおすすめを調査!

ウイイレ アプリ 2020 最強 監督

ウイイレアプリ2020:攻撃力最強の3CFを探せ!! ウイイレアプリで攻撃最強なのは間違いなく3CFです! しかし、全然登場しません。 ウイイレアプリ2019ではちゃんとした3CFはおそらく1人(ケテルビー監督)だった気がします。 (途中から探すのをやめてしまいました。 ) そして、今作も完全な3CF型はまだ登場していません。 そんな中、CF+2STを近い距離でくめる監督が何人かでてきているのでここでは紹介します。 特に、4-3-3の3CF型であるファビオ・カンナヴァーロ監督はとても貴重です! まずはファビオ・カンナヴァーロ監督から紹介! ファビオ・カンナヴァーロ監督:4-3-3(3CF型) カンナヴァーロ監督は、2006年のワールドカップを制して、バロンドールにも輝いた最強CBです。 現在は、広州恒大の監督をしていて、アジアチャンピオンズリーグで猛威を奮っています。 そんなカンナヴァーロ監督のフォーメーションが絶妙な3CFができます。 厳密にはCF+2STですが、ポジションがとても近く使用感はまさに3CFです。 <中央CFがボール持ったときの距離感> <STがボール持ったときの距離感> ウイイレアプリ2018のペケルマンの使用感にもっとも近いですね。 まだまだやり込めていませんが、3CF型はしばらくこのフォーメーションで極めていこうと思います。 他の3CF型と異なり、しっかりと 4バックなので安定しています。 (選手配置は後半で) カンナヴァーロ監督のフォーメーション FW中央 CFとSTに切り替え可能 FWサイド ST固定 MF CMFとDMFに切り替え可能 DFサイド RSB(LSB)とCBに切り替え可能 DF中央 CBのみ カンナヴァーロ監督のオフェンシブ戦術 攻撃タイプ ポゼッション ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア 中央 ポジショニング 流動的 守備タイプ フォアチェック 追い込みエリア 中央 プレッシング セーフティ カンナヴァーロ監督のディフェンシブ戦術 攻撃タイプ ポゼッション ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア 中央 ポジショニング 流動的 守備タイプ フォアチェック 追い込みエリア 中央 プレッシング セーフティ 大槻毅監督:3-2-2-3(3CF型) 大槻毅監督のフォーメーションは、3-2-2-3の3CF型です。 こちらもカンナヴァーロ監督と同じで、3トップがとても近い距離なので攻撃がかなりしやすいです。 3バックなので、慣れないうちは少し守備が不安定気味ですね。 サイドのRMFとLMFの裏が空いてしまっているので、CMFにすると安定します。 大槻剛監督のフォーメーション FW中央 CFとSTに切り替え可能 FWサイド ST固定 MFサイド RMF(LMF)とCMFに切り替え可能 MF中央 CMFとDMFに切り替え可能 DF CBのみ 大槻毅監督のオフェンシブ戦術 攻撃タイプ ポゼッション ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア サイド ポジショニング 流動的 守備タイプ フォアチェック 追い込みエリア 中央 プレッシング セーフティ 大槻毅監督のディフェンシブ戦術 攻撃タイプ カウンター ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア サイド ポジショニング 流動的 守備タイプ フォアチェック 追い込みエリア 中央 プレッシング セーフティ 片野坂知宏監督:3-2-2-3(3CF型) 片野坂知宏監督のフォーメーションも3-2-2-3の3CF型です。 大槻毅監督より、さらに3トップが近い距離にあります。 RMFとLMFは逆に高い位置をとっていますが、DMFは低いので比較的安定しています。 大槻毅監督よりディフェンスラインも低く守りやすいです。 片野坂知宏監督のフォーメーション FW中央 CFとSTに切り替え可能 FWサイド ST固定 MFサイド RMF(LMF)とCMFに切り替え可能 MF中央 CMFとDMFに切り替え可能 DF CBのみ 片野坂知宏監督のオフェンシブ戦術 攻撃タイプ ポゼッション ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア サイド ポジショニング フォーメーション重視 守備タイプ リトリート 追い込みエリア サイド プレッシング セーフティ 片野坂知宏監督のディフェンシブ戦術 攻撃タイプ ポゼッション ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア サイド ポジショニング フォーメーション重視 守備タイプ リトリート 追い込みエリア サイド プレッシング セーフティ アレシャンドレ・ペウキング監督:3-2-2-3(3CF型) ペウキングはこれは3CFだ!って思ったんですけど、これもFWのサイドはSTとWGの切替でした。 しかもサイドのMFが変な位置にあるのでちょっと微妙なんですよね。 さすがに変則的すぎるかもです。 イメージ的には5-2-3って感じです。 ペウキング監督のフォーメーション FW中央 CFとSTに切り替え可能 FWサイド STとRWG(LWG)に切り替え可能 MF中央 CMFとDMFに切り替え可能 MFサイド RMF(LMF)とCMFに切り替え可能 DF中央 CBのみ ペウキング監督のオフェンシブ戦術 攻撃タイプ ポゼッション ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア 中央 ポジショニング 流動的 守備タイプ フォアチェック 追い込みエリア サイド プレッシング アグレッシブ ペウキング監督のディフェンシブ戦術 攻撃タイプ ポゼッション ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア 中央 ポジショニング 流動的 守備タイプ フォアチェック 追い込みエリア サイド プレッシング アグレッシブ ファビオ・カンナヴァーロ監督の選手配置(4-3-3) トップの組み合わせは迷い中 とりあえず組み合わせはトップ下のSTは 「2列目からの飛び出し」と 「ラインブレイカー」の組み合わせにしています。 スカッドの位置以上に前に位置しているので 「ラインブレイカー」は問題なしです。 「2列目からの飛び出し」は一応STなので作動しますし、バンバン上がるのでおすすめ。 問題はCFですね。 今のところ 「ボックスストライカー」が一番ハマってる感じですね。 中盤はアンカー+ボックストゥボックスは必須 中盤の底は 「アンカー」ですね。 その横は1人はボックストゥボックスがおすすめです。 僕は先日のクラブセレクションで当たったジエリニスキを育ててるので使ってますが、良い感じです。 もう1人は 「プレーメイカー」でもいいと思いますが、僕は両方ともとりあえず 「ボックストゥボックス」でやってます。 サイドバックはガンガン上がる! MFにはしっかりと中央をケアしてもらって、サイドからはガンガン攻撃的サイドバックに今は上がってもらってます。 攻撃してこその3CF型なのでサイドバックが上がれば上がるほど2STも内側に入ってくれます。 まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます。 やっぱり3CFは使いたいですね。 このフォーメーションと4-2-2-2の両方をいろいろ今は試行錯誤しています。 今のところ、引き続きウイイレアプリは中央攻撃がやっぱり強いですね。 さらに、今作はセンタリングがかなり入るようになってきたのでサイド攻撃も意味があります。 サイド攻撃の場合でも3CF型はペナルティエリア中央の厚みが増すのでおすすめです。 とりあえず監督の出現も落ち着いてきたのでしばらくカンナヴァーロでやっていくかなー。 3CF型の監督が現れたらまた紹介します。

次の

【最強監督まとめ】ウイイレアプリ2020の監督一覧!評価・フォーメーション・戦術まで全網羅!

ウイイレ アプリ 2020 最強 監督

ご覧いただきありがとうございます。 つきご()ともうします。 ウイニングイレブンでは、 監督選びは、プレーヤースキルと同じくらいに、とても重要です。 とはいえ、数多ある監督の中で、自分にあった監督と出会うのは至難の業。 そこで、今作の仕様にあった強い監督をまとめたので、ご紹介させていただきます。 とりあえずは、今回紹介させてもらう監督を数人でも保有していれば、myClubは戦っていけます。 獲得必至!強いオススメ監督をまとめて紹介!【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】 4-3-2-1 ヨアン グリモー(ジネディーヌ・ジダン) 1トップのジダン監督です。 とにかく、中盤での守備が強い! 中盤でボール奪取してのショートカウンターがさらに強い。 サポート距離4と、カウンター戦術があいまって、1トップながら攻撃力も抜群です。 OMFには、プレースタイル2列目からの飛び出しの選手を一人は配置したほうが、攻撃の手詰まり感を解消できる。 注意事項として、CMF、DMFの選手器用には、極力パス能力の高い選手を配置すること。 選手間の距離が近い戦術なので、ショートパスがずれてしまうと、致命的なカウンターを受けることになる。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 4-3-1-2 フェルナンド・サントス 前作でも大人気、今作でも、人気の高い監督です。 今作強いといわれる、4-3-1-2のダイアモンド型のフォーメーションです。 とにかく、攻撃がしやすい。 ボールを味方が持つと、みんなが前に向かって走ってくれます。 サポート距離も長いので、長めのボールを配給することになり 少ない手数で大きなチャンスを作り出すことができます。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 4-2-2ー2 クリストバルブエナ(シメオネ) 相変わらず守備が安定する監督というのが特徴です。 2トップでサイドハーフとダブルボランチの配置ができる監督です。 3トップ布陣の相手に対して、固い守備のできる監督です。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 ストーレ・ソルバッケン との大きな違いは、ポジショニングが流動的になっていること。 とくに、CMF、DMFの選手のプレースタイルの組み合わせによっては、かなりチームとしての個性に違いが出ます。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 4-3-3 ゲールノート・ツァイツラー(ユルゲン・クロップ) 今作で、かなり人気の高い監督です。 前線のST3枚をCFに変更できます。 いわゆる3CFの配置ができる監督です。 ディフェンスラインも高めなので、事故失点を軽減させる効果も期待できます。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 バロータ かなり、大人気監督のに似ているコンセプト。 守備コンセプトが、とても強いです。 やはり大きな特徴は、 可変フォーメーションが使えることです。 可変フォーメーションで、2OMFが配置できます。 オフェンシブ戦術とディフェンシブ戦術のコンセプトは同じで、ポジション配置が若干異なるだけですので、オフェンシブ戦術を使用してもらえればいいです。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 セシリオトゥナル(フレン・ロペテギ) オフェンシブ戦術がオススメです。 守備的に配置するなら、真ん中のCMF1枚をDMFに変更します。 プレースタイルがアンカーの選手を配置すると守備の安定をはかれます。 トゥナルの強さは、サイド攻撃のショートカウンター。 ほどよい選手同士の距離感で、選手のもつ固有の動きを最大限に活かしつつ、攻撃を作り出すことができます。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 4-1-2-3 ルイス・アルベルト・ロマン(ジョゼップ・グアルディオラ) この監督のフォーメーションの場合、2OMFが、しっかり後ろから攻撃のサポートをすることで、攻撃の切れ間を埋めてくれることができます。 サポート距離が6と、距離感もちょうどよく、パスを繋いで連動した攻めができます。 ほぼ、5人で連動的に攻めるのは圧巻です。 ドンドン、ガンガンで攻めたいタイプの方にオススメです。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 4-2-1-3 ピーチェ ブール(エリック テン ハーグ) 3トップで1人のOMFの配置ができる監督です。 DMFを2枚置けるところが強い! ただし、攻撃の手詰まり感を解消するためにも、一人は「プレーメーカー」か「ボックストゥボックス」または「ハードプレス」を置いたほうがいい。 3バックの相手に対して、かなり有効な攻撃のできる監督です。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 3-2-2-3 城福 浩 3トップで3バックの監督です。 オフェンシブ戦術とディフェンシブ戦術にかわりありません。 日本人監督では、攻撃力は最強です。 やはり、3CFができる監督は攻撃がとてもしやすい。 なおかつ、サイドハーフを配置できるので、攻撃の手詰まり感がほとんどありません。 ただ、守備は難しい。 きをつけることは、相手のハイプレスからのサイドアタック。 こういった攻撃に対してはかなり警戒しておかなければ、おおきなピンチを迎えます。 サイドハーフの選手を守備の上手い選手にして、下がり目のポジションにして5バックのような陣形にするのもオススメ。 もともと攻撃力が高いし、ハイプレスをかけるタイプの監督ではないので、中盤の選手を守備的に配置してしまえば、実は守備も堅い。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 ヨアヒム・レーヴ 3トップで3バックの監督です。 ハミロ・アメリカーノ監督やと同じようなシステムですが、その中でもヨアヒム・レーヴ監督は、 とても攻撃的なスタイルです。 コンセプト的には、ハイプレス気味になっています。 当然、守備操作が難しい監督ではあります。 ただし、 サイド攻撃の火力は抜群です。 前線の両サイド2枚がチャンスメイクをして、 サイドハーフが中に切り込んでフィニッシュまで持ち込むという形をとっていけば、サイド攻撃の受けに弱い相手にとっては、殴り合いの試合で負けることはありません。 と、いっていいほどの攻撃力です。 ただ、前述の通り、守備が難しい監督であることは間違いない。 守備スタイルは、相手の攻撃を待ち構えるスタイルだと抑えきれないので、やはり ハイプレスによって高い位置で相手のボールを奪うイメージで守備にまわる必要があります。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 3-2-3-2 ジャン・ピエーロ・ガスペリーニ 中央攻めに対して、非常に相性のいいのが3バックです。 しかも、リトリートアグレッシブで硬い守備ができる監督。 当然ながら、3バックなので、相手のサイド攻撃には気を配る必要がありますが、それ以外の攻撃への守備対応が、とても優秀。 3人のセンターバックと、2人の守備的中盤の選手で、縦パスを受けた相手選手を挟み込むように対応できる。 中央攻めへの対応力はとても高いです。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 まとめ プレイヤーの操作スキルに大きな差はないとおもっている 冒頭にも記載しましたが、 監督・戦術を選んでいくということの重要性は、プレイヤースキルと同じくらい大切なことだと考えております。 サッカーというスポーツにおいて 戦術面において相性があるからです。 ウイニングイレブン2020でのmyClubでの対人戦では、よほどのことがない限り、選手個人の能力値というのは大きく差がありません。 また同じレート帯では、 プレイヤーの操作スキルも大きな差があるとはおもっていません。 となると、やはり 作戦・戦術的に相性として優位に立てたほうが、アドバンテージが取れると考えています。 柔軟に対応できるように 「 どのような戦術やコンセプトの相手と対戦することになっても、相性が良くなるよう対応できる」 という考え方ベースにスカッドを組んでいくことが必要になります。 これは、実際に相対してから判断するのが確実です。 おおまかにいえば ディフェンスラインの裏に大きく蹴られるのが苦手。 ゴール前でこねられるのが苦手。 中央から攻められるのが苦手。 サイドから攻められるのが苦手。 など人それぞれなので、いろんな攻撃や守備の選択肢を増やせるように 自分や保有選手にあったスカッドを組んでいくことが重要です。

次の

【ウイイレアプリ2020】最強監督ランキング!独自目線でおすすめを調査!

ウイイレ アプリ 2020 最強 監督

戦術:チームコンセプト 攻撃タイプ カウンター ボールを奪ったら前に仕掛けていくことを優先し、 味方選手は積極的に前に抜けだしていく。 ポゼッション スペースがあまりない場合はボールをキープすることを 優先し、伊方選手はボールを保持している選手に 近づいてきてサポートをしてくれる。 2つを比較して考察 カウンターの監督を使う場合は 攻撃のスピードは素早く、味方選手は 相手DFの背後を積極的に狙いに行く動きをするので スルーパスを多用する攻め方が向いている。 ポゼッションの監督を使う場合は 味方選手は裏を狙う動きよりも 近づいてパスを受けに来てくれるので パスで崩していく攻め方が向いている。 ビルドアップ ロングパス 一気に前線にボールを蹴りこんで攻め立てる。 味方選手は長いパスが入れやすいように 相手選手をひきつけ 縦パスが入れば2列目からサポートする。 ショートパス 自陣から細かくパスをつないでいき崩していく。 味方選手同士は一定の距離感を保って、 パスがつながりやすいようにする。 2つを比較して考察 ロングパスの監督を使う場合は 積極的に裏を狙うパスを受ける動きを FWの選手がするので、 MFの選手はゲームを組み立てるよりも FWの選手のサポートに回る動きをする。 ショートパスの監督を使う場合は 自陣からしっかりとつないで MFを経由して前線につなぐサッカーをするので MFはしっかりビルドアップに参加し ゲームを作っていく役割を担う。 攻撃エリア サイド サイドからの攻撃がメインで攻めるスタイル。 サイドでも連携が多くなる。 中央 中央からの攻撃がメインで攻めるスタイル。 中央での連携が多くなる。 2つを比較して考察 サイドの監督を使う場合は サイドから崩していくスタイルなので、 フォーメーションがサイドから攻めやすそうな サイドハーフやウイングなどを用いている スタイルとフォメが矛盾していない監督を選ぶ。 中央の監督を使う場合は 中央から崩していくスタイルなので、 フォーメーションが中央から攻めやすそうな 2TOPや2OMFなどを用いている スタイルとフォメが矛盾していない監督を選ぶ。 ポジショニング フォーメーション重視 自分のポジションを守り 本来の位置から離れず動く。 流動的 味方とポジションを入れ替えて流動的に動く。 2つを比較して考察 フォーメーション重視の監督を使う場合は あまりポジションを入れ替えずに 動き回ってパス回しというよりは ポジションを固定しつつ、 ポゼッションをする動きをします。 流動的の監督を使う場合は ポジションを入れかえつつ、 相手のマークの混乱を招きます。 その分スペースができやすくなります。 守備タイプ フォアチェック ボールを奪われたら積極的にプレスをかけ、 できるだけ高い位置でボールを奪おうとする。 リトリート ボールを奪われたら自陣に戻って、守備陣形を立て直して ブロックを作って守備をする。 2つを比較して考察 フォアチェックの監督を使う場合は 奪われたらすぐさま奪いに行けるようにしたいので 攻めているときの距離感は近いほうが良い。 リトリートの監督を使う場合は すぐに奪いに行くことはせず 自陣でボールを奪うよう選手は動くので あまり前からプレスをかけすぎないほうが良い。 追い込みエリア 中央 相手に縦パスを出させないように守備の網を張り 相手の横パスを狙う守備スタイル。 サイド 相手をサイドに追い込むように守備をし、 相手が縦パスを出したところで挟み込んで 奪うことを狙います!! 2つを比較して考察 中央の監督を使う場合は とにかく縦パスを防ぐ動きをしてくれるので。 自操作で縦パスのスペースを空けないようにする。 それで真ん中は崩されにくくなる。 サイドの監督を使う場合は 自操作で相手にプレスをかけるとき とにかく中を切りながらプレスをかけることを意識する。 パスコースを限定し、縦パスをCBなどに狙わせる。 プレッシング アグレッシブ ボールを持っている相手選手に一番近い選手が ボールを積極的に奪いに、相手に当たりに行く。 セーフティ ボールを持っている相手選手に一番近い選手が 簡単に抜かれないように少し相手選手と距離を取って プレーを遅らせる守備をする。 2つを比較して考察 アグレッシブネスの監督を使う場合は 2人プレスを用いて、プレスは自動に任せ、 インターセプトを自操作で狙う。 セーフティの監督を使う場合は あまりプレスをかけずに穴を作らないように 守備をすることを心掛ける。 まとめ かなり長くなってしまい申し訳ないです! あまり深く考えずに フォーメーションだけを見ていた方も いると思いますが これを読んだだけで、 いろんなことを考えながら 監督を選ぶことができると思います! これらを踏まえてどういう監督を選べばいいのか 様々なケースで考えた記事をまた作りますので 良かったらまた見に来てください!! おすすめ監督 日本のレートランキングで 最高8位まで行った私が 実際に使っている監督、スカッドを紹介しています! こちらにおすすめの監督を紹介しておきます! 興味のある方は是非ご覧ください!.

次の