相談に乗る 敬語。 上司や先輩への相談メールの書き方マナー4ヵ条

「ご相談」はメールの件名に使える?文例で敬語表現を完全マスター

相談に乗る 敬語

ここではまだ他の先生が挙げていない疑問形の例を考えてみました。 これらは何か相談したいときに繰り出す、相手の同意を求める表現ですね。 一つは、「Do you have a minute? 」(ちょっといいですか?) 相手が了承してくれたらこの直後からもう本題に入っていいと思います。 また、「Can I talk to you in private? 」(ちょっと(個人的なことで/相談ごと)を聞いてもいいですか?) 上記と同じく、すぐ相談したい具体的な話に入れる簡単に切り出す方法の一つですね。 最後は、「May I speak with you about something? 」(ちょっと話したいことがあるんですがいいですか?) いずれも質問にして相手にアプローチする例となります。 友達でも上司、先生に対しても使えるまた定番の質問なのでこれらも合わせて頭に入れておくとイザっという時はきっと役にたつことと思います。 " "Well, I think you should hand in your notice! that's such a bad way to treat an employee! " Or, you may just ask, "What's you opinion about our drop in wages? " for example. 珍しい、または難しいまたは自分にとって全く新しい状況にあたったとき、誰か経験のある人からアドバイスを欲しいと思いますよね。 "Please tell me what you think about that. " どう思うか教えてくれ。 "Well, I think you should hand in your notice! that's such a bad way to treat an employee! " 先に通知を出すべきだよ。 従業員に対してそれはひどいよ。 それかもしくは、 例えば "What's you opinion about our drop in wages? " 給料さがったけど、どう思う? If you need to ask someone some advice about something you can use the following sentence:- 1. Can I ask you some advice about something. 何かのアドバイスをお願いできますか? 2. I'd like to know your opinion about something. 私は何かについてのあなたの意見を知りたいです。 An opinion is a view or judgement formed about something, not necessarily based on fact or knowledge.

次の

「ご提案」の意味と使い方・敬語・類語・メールでの使い方

相談に乗る 敬語

それぞれの要素を取り入れながら一つの敬語の言葉として成立させているのですが、「ご相談させてください」は正しい敬語なのでしょうか? 分解して見ていきましょう。 「相談」に「ご」をつけるのは正しい? 「相談」に「ご」を付け敬語にする「ご相談」ですが、これは正しい場合と間違っている場合があります。 相談は、自分からする場合と、相手からされる場合のふた通りのパターンがあります。 相手から持ちかけられた場合の相談にはもちろん「ご相談いただきありがとうございます」と「相談」に「ご」がつきます。 逆に自分から持ちかける相談の場合には基本的には「ご」はつけません。 相手の配慮に対して「ご配慮ありがとうございます」とは言いますが、自分が配慮した場合に「ご配慮しました」とは言いませんよね?これと同じです。 しかし口語として相手に語られる場合は現在では、自分から相談を持ちかける時も「ご相談」が使われることが一般化されています。 これは「相談」という言葉が相手にも影響する行為で「ご相談」は謙譲語表現として成立しているからです。 謙譲語や尊敬語表現の中には一部「お~する」「ご~する」という表現方法が当てはまる言葉があります。 「相談」はその表現に該当しているので「ご相談」とするのもOKなのです。 ですので口語では「相談させてください」「ご相談させてください」どちらでも正しい表現です。 文章中で使用する場合には「相談させてください」と「ご」をつけない方が自然でしょう。 「相談させてください」尊敬語 「ご相談させてください」「相談させてください」は敬語の中の尊敬語の分類に該当します。 相手に対して丁寧に敬意を持って意思を述べているので尊敬語表現として正しいものです。 「〜させてください」は「〜させて欲しい」「〜させて」の敬語表現です。 ご相談をすることを相手にお許しくださいと許諾を願うことから相手を敬っている言葉となります。 相手に可否の決断を委ねているので失礼には当たりません。 同じ会社の上司や、見知ったお世話になっている人などに相談を持ちかける際には最適な言い回しでしょう。 しかしあまり親密な関係にない人に使用する場合は少し、印象がゆるく感じられることもあります。 その場合は謙譲語を使用しましょう。 「相談させていただけませんか」謙譲語 「相談させてください」という言葉をもっとかしこまって相手に持ちかける場合、謙譲語の表現が適切です。 謙譲語表現では「ご相談させていただけませんか?」「相談させて頂けませんか?」となります。 さらに「させて頂けませんか?」となることで相手に対してへりくだった状態で許諾を請うている状態となります。 相手が自分よりも目上の存在で、さらに距離も親しさもない場合は謙譲語で相手に伺う方がいいでしょう。 主に会社間の取引先などとの連絡の際に選びたい言葉です。 「相談があります」丁寧語 もっとも身近な人に相談を持ちかける場合はあえてそこまでかしこまった表現にせずに親近感を持ちやすい言葉を選んだ方がいいでしょう。 「ちょっと相談があります」「〇〇さんに相談したいことがあります。 ちょっとお時間いいですか?」 言葉の語尾に「ます」「です」「ございます」をつけるのが丁寧語の特徴です。 この場合「相談がある」という言葉に「ます」をつけた「相談があります」という形にしただけのシンプルな敬語となります。 面倒見のいい先輩や、上司であればこの言葉遣いでも全く問題ありません。 逆にかしこまりすぎると変に距離が発生してしまい、せっかくの相談も表面的な内容になってしまいかねません。 相手との距離感をしっかり測って、敬意を持ち相手ともっとも心地いいところで話せる言葉選びをしましょう。 スポンサーリンク 「相談させて」のそのほかの言い回し 先輩や上司や病院の先生など相談を持ちかけたい相手が敬語を使用する対象だった場合、そのほかの言い回しは何が候補に挙げられるでしょうか? ほかの「ご相談させてください」の敬語表現について紹介します。 相談に乗ってくださいませんか 「相談に乗ってくださいませんか」と相手にお伺いを立てることも正しいアプローチの仕方でしょう。 しかしこの言い回しには「ご」がつかないので注意が必要です。 相談があるのですが・・・ 「相談があるのですが・・・」と語尾を濁して相手に察してもらう言い回しです。 何かあまり大きな声では言えない相談事がありそうな雰囲気が漂います。 しかしはっきりものを言わず相手に察してもらおうとする言い回しは、人によっては気分を害してしまう可能性があります。 注意しましょう。 お聞きしたいことがあるのですが 相談という言葉をあえて使わず、「お聞きしたいことがある」と表現することもできます。 「相談」というと少し堅苦しいイメージや、何か重い話をされるのではないか、責任が伴う問題を持ちかけられるのではないかという懸念が相手の頭に浮かびます。 相談という言葉の影響でハードルが高まり聞いてもらえない可能性が出てきます。 言葉を「相談」にしても「聞く」にしても行為自体に支障がない場合は「お聞きしたいことがあるのですが」と言ってもいいでしょう。 お伺いしたいことがあるのですが 上記の「お聞きしたいことが・・・」と同じで言い方を変えただけです。 「お伺い」は「聞く」や「行く」の謙譲語表現です。 「お聞きしたいことが・・・」のより相手を立てた言い方ですので、相手の立場がさらに上の場合は「お伺い」を使用するといいでしょう。 〇〇について教えていただけませんか? 相談する内容が明確な場合はわざわざ「相談させてください」と回りくどく申し立てをするよりも、すぐに本題に入った方がいいこともあります。 そんなせっかちな人に対して相談を持ちかける場合は入りから「〇〇さん、〇〇について教えて頂けませんか」と本題を切り出した方がスムーズに話が進む場合もあるでしょう。 相手の性格を考慮して言い方を選択できるようになるといいですね。 お知恵を貸していただきたいのですが ただ、教えてくださいと言ってもなんだか芸がありませんし、あまり相手に対する敬意を表明する言葉としては「教えてください」だけですと弱い印象を受けます。 そんな時に最適なのが「お知恵を貸していただきたいのですが」という言葉です。 口語で表現するとすれば「部長お忙しいところ申し訳ありません。 経験豊富な部長のお知恵を拝借したいのですが。 お時間よろしいでしょうか」このように相手をしっかり立てて意見を聞いたり、教えを乞うことができます。 しかしあまり身近な人にこの言葉を使ってしまうと、意味深な言葉になり逆に失礼となりますので注意しましょう。

次の

自己PRで「相談される人柄」をアピールポイントにする時の注意点と事例

相談に乗る 敬語

分からないことがある時、「どうしよう、困った……!」となりますよね。 こんな時、すぐに上司や先輩などの適切な相手に相談できるのは、ビジネスマンとして重要なスキルで、いわゆる「報・連・相」の一つでもあります。 ですから、先輩や上司に対しておじけづかずにどんどん相談はするべきです。 しかし、上司や先輩へビジネスメールで相談することはリスクもあります。 それは、文章なので先輩や上司が相談の意図を正確に分からない・きちんと思っていることが伝わらないかもしれない書き方であるということです。 大事な相談であればあるほど、本来は上司や先輩に直接話した方が絶対に無難です。 そのことを踏まえて、やむを得ず上司や先輩へビジネスメールを送る際の書き方マナーを考えてみましょう。 一つ、自分が相談される側の立場になって作成する 相談するときのビジネスメールというのは、自分よがりなってしまいがちなもの。 上司や先輩に対しては、「相談」とよりも「お伺い」するという気持ちで、 「相手がこのメールを読んでどんな風に感じるか?」を考えて、ビジネスメールを作成しましょう。 これらは「相談」のメールに限らず、「ビジネスメール」のマナーの基本でもあります。 間違えても、上司や先輩への上から目線のぶっきらぼうな言葉を使ったメールではなく、 「お伺い」の気持ちで下から目線の丁寧な言葉でメールを作成します。 急いでいても必ず読み返すこと 上司や先輩へのビジネスメールの送信前には、必ず、客観的な気持ちで読み返しましょう。 「相談」のメールは、相手が読むだけではなく、「返信」が必須の内容です。 1文字違う書き方にしてしまえば、返信の内容が全く意味が変わることもありますので、たとえ社内のビジネスメールでも、仲のよい同僚に送るメールでも、送信前に一度読み返すことが大切です。 そして、何をどんな風に自分は困っていて、または相手に相談したくて、最終的にどうなりたいかを簡潔に書きます。 1スクロールを超えるような内容や、最終的に自分はどうなりたいかが無い相談は、上司や先輩に直接あったり、電話で相談する方が向いています。 相手を誤解させないように明瞭に! メールは顔が見えないため、何でも書きやすいのですが、自分がどうなりたいかなどの具体性の薄いメールは、相手が「返信に困る」メールです。 相手が返信に戸惑ったり、悩ませるような書き方のメールは、ビジネスメールとしてはマナー違反なメールなのです。 自分が送られてきて、戸惑うようなメールは相手には送らないようにしましょう。 三つ、内容は箇条書きなどでわかりやすく 相談したい内容をわかりやすく相手に伝えるには、 「箇条書き」を使うと、何を相談したいかがより相手に伝わりやすいです。 また、現状を報告上で今後についての相談も、現状を「箇条書き」にしましょう。 数値などがはっきりしているものは、なるべく数値で記載する書き方の方が相手により伝わりやすいです。 また、日時の相談の場合は、自分が既に予定がつかない日があれば、それも添えて作成すると相手も予定が立てやすいです。 「相談」のビジネスメールであっても、「わかりやすく」書くことが、ビジネスメールのマナーになります。 四つ、最後は「?」で締めくくる 「相談」のメールは、最後を「?」で締めくくると相手も返信しやすくなります。 「~をお願いできないでしょうか?」「~でよろしいでしょうか?」 「~したいのですが、お力をかしていただけませんか?」など「?」で締めくくります。 ビジネスメールで何かをお願い・相談する場合は、忘れずに一言付け加えましょう。 意外と忘れがち!? 返信用の署名 ビジネスメールを送る際には、その下には必ず「相談」回答を返信してもらう為の「署名」を忘れずにしましょう。 会社名・部署名・名前・電話番号(内線番号)・メールアドレスは忘れないように、 「署名」として登録しておくと便利です。 メールで相談する際に大事なビジネスマナー4か条、まとめ 相談メールの書き方についてのビジネスマナーを見ていきましたが、いかがでしたか? 相談したい!と思って先輩や上司にビジネスメールを送る際には、書き方に注意が必要だということが分かりましたね。 上司や先輩に相談のメールをする場合は、とにかく具体的な相談内容と、どう困っているのか、どんな解決策を求めているのかが 正確に伝わるように十分注意しなければなりません。 その上で、もし上手く伝わらなかったとしても、相手を責めないようにしましょう。 そもそもビジネスメールで複雑な事情を説明するのは、結構大変なことですからね。

次の