今期 アニメ 2019 夏。 2019夏アニメの覇権アニメはどれ?おすすめ作品をまとめてみた

2019年夏アニメ、“いま”一番推せる作品は? 3位「あんスタ」、2位「彼方のアストラ」、1位は…

今期 アニメ 2019 夏

まえがき Kotoriはアニメが好きです。 ジャンルは問わず様々なアニメを視聴してきました。 雑食です。 しかし、最近は1クールに放映されるアニメの数がとても多いです。 とても全てのアニメをチェックする時間は取ることができません。 時間は有限です。 そうすると1クールに放映されるアニメのうち何作品かをチョイスして視聴することになります。 この視聴するアニメをチョイスする時に、不安に駆られるわけです。 『もしかすると予告編で切ったあのアニメが実は物凄く面白いんじゃないか?』『俺の判断は間違っているのではないか?』と自分の判断に自信が持てなくなるのです。 まるで経済産業省の情報技術者試験の選択問題のチョイスに最後まで自信が持てない時の様な感覚です!(マニアックすぎ) この不安を改善するのが、他の人の感想やレビューを見ることです。 自分の感覚を絶対的に信じることも大切ですが、やはり重要な意思決定が必要な場面では、様々な情報を収集し物事を総合的に判断した結果を基に意思決定を行うことでベストな結果を得ることができるのです! ということで、Kotoriが 実際に視聴した感想レビューとともに 今期(2019年夏)アニメおすすめランキングを紹介します!! Kotoriのアニメの好み Kotoriの今期(2019年夏)のおすすめアニメを紹介するからには、Kotoriがどんなアニメが好きかを皆さんに情報提供しておく必要があります。 Kotoriの好きなアニメはズバリ 何も考えずに視聴できるアニメです! Kotoriの日課は、寝る前にアニメを視聴しながら眠りにつくことです。 仕事から帰ってきた後に、Kotoriが作った面白診断を作って遊んで稼げるサービス『』をバズらせるための改善作業を行い、クタクタな状態で床に入り、ぼーっとアニメを見ながら眠りにつくのが毎日のサイクルです。 そのため、難しいお話や悲しいお話など変に考えさせられるアニメはKotoriの毎日のサイクルには合わないのです。 1話切り決定!乙! また、性格や趣味を分析して、その人に合ったおすすめの2019年夏アニメを表示するおもしろ診断もあります。 Kotoriが作ったWebサービス『診断ドットコム』の診断です。 まず、JKが筋トレするアニメという独特なジャンルで他作品としっかり差別化されている点が高評価!! そしてなにより 争いがなく平和でなーんにも考えずに観れるのがGOOD! 主人公は、ダイエットしたい筋トレ初心者のギャルJKと、金持ちお嬢様で筋肉フェチな清楚系JK! 2人のJKがヒーヒー喘ぎながら爽やかガチムチトレーナーの指導のもと筋トレに励みます。 ギャグも面白く楽しく気楽に視聴できる作品です。 Kotoriはマルファン症候群という難病を患っていて、激しい運動や筋トレなどの無酸素運動は制限されているのですが、自分がマルファン症候群と気付く前はこのアニメのように、ムキムキに憧れてジムに通って筋トレに励んだものです笑 筋トレは好きなので楽しく視聴できました! ところどころにちりばめられた筋トレ豆知識も地味に役立ちます!! 因みに爽やかガチムチトレーナーの顔と体のアンバランスさが、『魔法少女 俺』の妖魔を彷彿とさせます笑 第2位 Dr. STONE』の感想レビュー 天才科学少年の主人公と体力自慢の親友。 その親友がヒロインに学校の大樹の下で告白をするというので、ありがちな恋愛アニメかな~恋愛アニメ大好きだお!!とか思っていたら全人類がいきなり石化する超展開。 そして、3500年の時を経て石化が解け天才科学少年の主人公と体力自慢の親友が科学の力で石器時代から現代文明までを最短でやり直し世界を取り戻すという壮大なテーマのアニメでした。 後から知ったのですがジャンプ作品なんですね。 少年誌特有の熱い展開が待っていると期待に胸が膨らみます!最高!視聴継続! 因みにKotoriは日本語ラップが好きなのですが、このアニメのエンディングテーマを歌っているのは、高校生がフリースタイルバトルで競い合うスカパーの人気番組「高校生ラップ選手権」出身の「Rude-a(ルードアルファ)」です。 『女子高生は異常』とはちょっと違うけど笑 各所に散りばめられている下らないギャグも割とクスッと来て楽しく視聴できました。 この作品も『ダンベル何キロ持てる?』と同じで、なーんにも考えずに視聴できるのがいいです。 この記事書いてて気づいたのですが、Kotoriは女子高生コメディが好きなのかもしれない。 (2019年8月12日追記) いや~このアニメは本当に面白いです。 6話まで視聴しましたが嫁もハマって見ています。 学校では惑星キャンプという修学旅行っぽい行事が恒例のようでほぼ初対面の男女8人の生徒のみで惑星で5日間過ごすというイベントです。 その惑星キャンプで降り立った惑星で生徒全員が謎の物体に吸い込まれいきなり5000光年彼方に飛ばされるという超展開。 生徒たちが協力し友情を深めつつ5000光年を遡り元いた場所に帰るというサバイバルなストーリー展開になると予想しています。 あまり思考していなくても話がすっと頭に入ってきたので構成が分かりやすいです。 個人的に、ヒロインの頭イカれている感じが、どことなく『バンドリ!』の主人公「戸山 香澄」を彷彿とさせます笑 それからパペット幼女が可愛いです!視聴継続! 因みに1話は1時間SPです。 (2019年8月12日追記) 6話まで視聴しました!めちゃくちゃ面白いです!何となくみんなでワイワイしながら苦難を乗り越えて地球に帰る展開なんだろうなと思っていましたが、色々と超展開があり気づいたらこのアニメを毎週メチャクチャ楽しみにしている自分がいました! 物語が進むにつれてどんどん面白くなっていくアニメです。 第5位 荒ぶる季節の乙女どもよ。 』の感想レビュー 文芸部の女子高生達が卑猥な官能小説を音読するという分けのわからない活動のシーンから物語がスタートします! 性にとらわれた女子高生たちの葛藤が描かれている作品で、このテーマも他作品にはない独自性があるのではないでしょうか。 話の構成が分かりやすく、ぼーっと見ていても話しが頭に入ってきます! 個人的に第一話の『お母さんは処女じゃないんだよね。。。 』がパワーワード!母親をそういう目でみるな笑 ただ一つ言わせてくれ。 」のパワーワード『お母さんは処女じゃないんだよね。。。 』発言といい今期はお母さんを性的な目で見るのが流行っている様子です! 因みに、Kotoriのお母さんはKotoriが中学生の時にマルファン症候群により亡くなっています。 』の感想レビュー ざっくり言うと、冒険者の主人公が幼女を拾って保護者になるというアニメです。 子どもを抱っこして椅子に子供用の座布団を置くシーンや、おいしいごはんを嬉しそうに食べているシーンなど、子ども(とくに娘)を持つ親ならば共感してしまう場面が多々ありました。 Kotoriも息子が居ますので「子ども可愛いよな~」とか思いながら視聴してました。 でもそれだけです笑 まだ戦闘シーンや冒険者っぽいシーンはほとんどなく魔王も出てきていないのでその辺りの世界観は2話以降に徐々に語られていくのでしょう。 幼女は魔族という話なので、魔王が幼女のお父さんというベタな展開を予想。 一応2話も見ようとは思います。 (2019年8月12日追記) 6話まで視聴しました!最初はただ幼女を愛でるだけのアニメかとおもっていたのですが、3話くらいの初めて戦闘シーンで主人公が実はメッチャ強かったことが判明。 雰囲気はどことなく『賢者の孫』っぽい感じです。 一応言っておきますがKotoriはノンケです。 で、第1話の感想としては可もなく不可もなくといった印象でBL要素はこれっぽっちも出てきませんでした。 いやBL要素が無い方が見やすくていいんですが…。 音楽に関しては非常にクオリティが高く、演奏している時の動きなどは気合が入っているな~と感じました! という事でこの作品は引き続き視聴していきたいと思います。 分けが分からない状態だからこそ頭を使って視聴しなくてよいのでKotoriにはピッタリなのです。 因みにKotoriはドMです! 因みに診断ドットコムで、可愛ければ変態でも好きになってくれますか? バケモノになったら殺すしかなく、そうなった時に消防隊の出番です!シスターとかいうのが祈りを捧げつつ攻撃役の隊員が炎のバケモノ(元人間)を消火します。 設定にあまり移入することができなかったのですが、とりあえず戦闘シーンは凄くカッコよかったです。 それで「ソードアートオンライン」や「オーバーロード」のように話が面白いならいいんですが、展開がベタすぎるのと主人公の見た目がどうしても受け入れられず視聴15分で切りました笑 タイトルに魔王とつくと「はたらく魔王さま! 」や「いちばんうしろの大魔王」などの良作をイメージしてしまいハードルが上がっていたのかもしれません。 ちょっとKotoriの感覚には合わなかったようです。 ごめんなさい。 (2019年8月12日追記) と思ってたのですが何となく2話以降も視聴してみたら意外と面白かったです。 ありがちな異世界ものではありますが話も分かりやすくキャラクターもそれぞれ個性が立っていて良かったです。 異世界に召喚された他のクラスメートたちはチート能力を発現するのに主人公だけは特に強い力が発現せず、あるクラスメイトの悪意によって一人奈落に突き落とされそこから這い上がっていくストーリー展開です。 Kotoriは日本語ラップが好きなのですが、どことなくアングラから這い上がってビックになるラッパー魂に似ています。 途中から幼女が出てきてイチャコラしながら物語が展開していきます。 5話まで視聴しましたが、まぁ普通かな~といった印象でした。 特に歌って踊っている時の動きの滑らかさに大きな差があると感じました。 キャラもうたプリの方が立っていた印象です。 アイドル達が魅力を競い合う「ドリフェス」っていうライブイベントが、ただの対バンみたいなものかと思ってたらいきなりボディタッチありの格闘バトルになったのはマジで笑いました! とりあえず視聴を継続したいと思います。 世界観とパンダ以外は可もなく不可もなくといったところでしょうか。 作画のクオリティが高く絵が綺麗な印象を受けました。 上条当麻の男女平等パンチしか覚えてない笑 ということで星3つです。 単純に『ダンベル何キロ持てる?』『女子高生の無駄づかい』のほうが女子高生コメディとしては面白かったです。 とはいえ、15分アニメだしなーんにも考えずに視聴できるので一応視聴は継続したいと思います。 どことなくアニメの系統が「フェアリーゴーン」に似ています。 この手のアニメは、途中で話が分け分からなくなって視聴を止めてしまうのがほとんどです。 実際フェアリーゴーンも3話くらいから何が起こってるのか分からなくなり見るのを止めました笑 難しい話は理解できない脳みそのようです笑 ヒロインがいきなり主人公を殺しにかかるのは新鮮でした。 唯一思い出せたのはヒロインの柔らかそうなおっぱいだけでした笑 あんまりおっぱいの印象が強いとこうなってしまうんですね笑 エロ要素もほどほどが肝心です。 話を思い出すかもしれないので一応視聴は継続したいと思います。 それ以上でもそれ以下でもありません。 ちょいエロ要素が好きな人ならアリなのかも!? 今期(2019年夏)アニメおすすめランキング(感想レビュー)のまとめ 一通り感想レビューを書いてみると、Kotoriは 『女子高生コメディ』が好き なのだということが分かりました。 逆に、バトルファンタジーものは設定がしっかりしていて話の構成が上手なものは視聴できますが、難しい話のものは合っていないようです。 人それぞれ好みは分かれますが、本記事のおすすめランキング(感想レビュー)が、みなさんの『視聴するアニメを選択する』という重要な意思決定に少しでもお役立ていただければと思っています!! 『このアニメ面白いよ』などのコメントをいただけると嬉しいです。 合わせて、Kotoriが作成したWebサービス『診断ドットコム』の「」も是非やってみてください!.

次の

2019年夏開始の新作アニメ一覧

今期 アニメ 2019 夏

目次(タップで移動)• 僕は原作(マンガ)を読んでましたが、 バスケ経験者から見てもかなりクオリティの高い作品。 タイプ的には 「黒子のバスケ」より 「スラムダンク」系ですね。 原作は間違いなく面白いんですが、スポーツ作品のアニメは難しい面もあるので不安もあります。 動きがしょぼくならないかは心配です。 ただ、PVを見る感じかなり丁寧に作りこんでくれてそうだなと。 試合の臨場感が上手く出せれば、 ハイキュークラスの作品になる可能性もあると思ってます。 友情や恋愛はもちろんですが、生きていく上での キレイごとだけではないシリアスな面も描かれるみたいです。 大人でも楽しみやすい作品になりそう。 春アニメで同枠だった 「キャロル&チューズデイ」がすごく面白かったので。 7月中旬時点でのPVですら完成度がすごく高く、 見ていて思わずニヤニヤしちゃいましたw やっぱりこう仕事が早いと、制作サイドのやる気が伝わってきますよね。 さらに奥には2人の姿が・・・。 ティザーPVの完成度がすごく高かったんですよね。 作画が丁寧でメチャクチャきれいで、気合の入り方が伝わってきます。 キャラの描き分けもとてもわかりやすいです。 オリジナルアニメということもあり、ストーリー的には未知数な面も多いですが…… 期待していいんじゃないかと思います。 戦時中の技術で 『身体の一部 or 全身』を機械化された、 「拡張者」と呼ばれる人たちが存在する世界が舞台です。 ハードボイルドな雰囲気がかっこ良くていいですね。 映像も美しいなーと感心します。 BLACK LAGOON(ブラック ラグーン)を、なんとなく思い出したPVの印象でした。 8位:星合の空(ほしあいのそら) 監督・赤根和樹が贈る、待望のオリジナル新作アニメーション「星合の空」の公式Twitterがスタートしました! そして本日、キャラクターデザインの高橋裕一さん描きおろし新アニメビジュアルを公開! 2019年より、TBS・BS-TBS他にて放送予定。 ソフトテニス部に所属する男子中学生たちの青春ストーリーで、オリジナル作品になります。 キャラの作画は少し個性的ですが、 青春ものとしてシンプルに面白そうだなと。 個人的にはPVでも流れてる主題歌がすごく好きです。 ちなみに歌っているのは 『マクロスFの星間飛行』でお馴染みの「中島愛さん」。 本が大好きだった少女が、 転生先の世界で 「本作り」を目指して冒険するストーリーのようです。 珍しいジャンルですし、「このライトノベルがすごい!」で 2年連続の1位を獲得していて興味深い作品。 ただ内容や雰囲気がまだよく分からなくて、とりあえずPVと公式サイトを見た感じでこの順位にしてます。 僕は詳しくないんですが、なんでも原作者の「野崎まど」さんは 独創的な作品を生み出す有名な小説家ということ。 そんな彼の作品を 『読む劇薬』なんて描写しているメディアもあって、すごく興味が湧きますね。 しかしジャンル的にしょうがないんですが、PVではいまいちまだ掴めません。 厨二病をこじらせまくった残念な男子たち(ヒーロー部)に、 転校生のJK主人公がツッコミまくる作品。 女子ウケは特に良さそうな雰囲気ですね。 しかし 会話のテンポが早そうなので、寒いノリになりそうな気もして怖かったりします。 PVに音声がまだ無いので判断しかねるところです。 ライオンなどの擬人化した動物が、日本のサラリーマン的な感じで送る 社畜コメディーのようですね。 イラストや雰囲気的にはすごく面白そう! ……なんですが、 PVだといまいちパッとしませんでした。 超優秀だった7人の高校生が事故に巻き込まれて異世界転生して、 転生先でやりたい放題するという内容のようです。 個人的には こういうチート系が苦手なのでこの順位に。 ギャグに振り切ってくれると見やすいんですが、変にストーリーがあると痛くて見てられなくて。 ただ絵はキレイっぽいので、 逆にそういうジャンルが好きな人はハマるかもです。 20位:アズールレーン 10月からの放送スタートが決定したTVアニメーション『』。 元のゲームは 「艦船を擬人化した美少女キャラクターを育てて、敵と戦うシューティングゲーム」みたいですね。 きっとアニメも 海戦系の作品になるんでしょう。 こちらも絵はキレイっぽいんですが、 スマホゲー原作のアニメは地雷率が高すぎて不安しかありません。 制作会社は違いますが冬アニメだった 「どろろ」を思い出しますよね。 同じく Amazon プライム・ビデオの独占配信になるようですし。 「両親から悪魔に売られてしまった少年」が、 養子となって悪魔の学校に入学して学園生活を送るというアニメ。 制作するNHKのサイトにPV的なものは一応あるんですが、見ても情報が少なくていまいちまだ分かりませんでした。 継続作品 こちらは補足情報として。 夏アニメからの継続作品はこの3本になるのかなと。

次の

2019夏アニメおすすめランキング:見るべき作品はこれだ!|アニメおすすめラボ

今期 アニメ 2019 夏

洗濯物乾かねェェェエエエ! ジメジメした日が続いているが、皆さん体調を崩したりしていないだろうか? 気象庁によると、昨年の関東甲信の梅雨明けは6月29日ごろ。 もうちょっとの辛抱だ。 そして、梅雨が明ける頃には、 ついに夏アニメがスタートする。 ある程度の注目は固い、そういったアニメは抜きにして、 新作の中で注目の5作品を選んでみたぞ。 ・前クールは 春クールを振り返ると、やはり『進撃の巨人』や『ワンパンマン』など、ヒット作続編の人気が高かった。 そんな中、『盾の勇者の成り上がり』も健闘し、良作の多いクールだったと言えるだろう。 さて、次の夏クールでは『盾の勇者』のような作品は現れるのか? 注目新作5作は以下の通り。 ・その1『荒ぶる季節の乙女どもよ。 』7月5日よりオンエア 原作・脚本をヒットメイカーの岡田麿里さんが手がける本作。 PVはキャッチーな明るいノリが感じられるが、高校の文芸部ものなので、『あの花』や『とらドラ!』のような突き刺さる青春群像劇が見られるかもしれない。 ただ、監督が2人制なのは懸念点。 船頭多くして船丘に登る可能性も高いので、 良くも悪くも1話2話が注目の作品だ。 ・その2『ありふれた職業で世界最強』7月8日からオンエア 最近流行りの異世界ものは、超簡単に言うと「我々の世界に住む主人公が、異世界に召喚されることにより、異世界人の知らないことを知っていて有利に生きられる」という設定だ。 1人だけ召喚されるからアドバンテージがあるわけだが…… 本作で召喚されるのは1クラス丸ごとである。 小説投稿サイト「小説家になろう」からアニメ化した本作。 原作はR15なのだが、監督が「よしもときんじ」さんなのが個人的には注目ポイント。 『機巧少女は傷つかない』や『勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 ・その3『ヴィンランド・サガ』7月7日からオンエア 11世紀初頭、北ヨーロッパのヴァイキングたちの生き様を描いた本作は、言うならば 大人向け『ワンピース』。 原作は、個人的には『キングダム』に勝るとも劣らない一大歴史サーガだと思う。 そんな本作の製作を手掛けるのは「WIT STUDIO」。 そう、『進撃の巨人』はじめ、ファンタジー大作のウマイ新進気鋭のスタジオだ。 組み合わせは夏クール最強と言っても過言ではない本作。 さすがNHK。 そんな前評判に答えられるかが勝負どころと言えるだろう。 ・その4『グランベルム』7月5日からオンエア 注目されていない作品が話題になると「ダークホース」と呼ばれるが、 『グランベルム』は夏クールのダークホースになる可能性を秘めている。 監督は『Re:ゼロから始める異世界生活』の渡邉雅治さん。 さらに、キャラクター原案には、ライトノベル版『Reゼロ』のイラストを担当している大塚真一郎さんの名前も。 そう、Reゼロコンビによる新作なのである。 オリジナルアニメのためフタを開けてみないと分からない部分は多いが要・注・目。 ・その5『ナカノヒトゲノム【実況中】』7月7日からオンエア クリアすると失踪するという都市伝説があるフリーゲーム『ナカノヒトゲノム』。 そのゲームをクリアした瞬間、主人公の身に起こったのは……? ピクシブで連載されている本作は、 ゲーム実況者を主人公にしたミステリー。 とは言え、主人公たちはどこかコミカルでのんきなので、ちょっと変わった学園モノに見えなくもない。 ギャグとシリアスに独自のバランス感覚のある大沼心監督は、本作にベストマッチな気がする。 というわけで、期待の一票を入れたい。 それでは良き夏クールを。 参照元:、、、、 執筆:.

次の