コロナ 手 の 痺れ。 コロナ感染でみられる特徴的な皮膚症状~COVID toe(コロナのつま先、コビットつま先)とは?(大塚篤司)

【図解】新型コロナウイルスとは?わかりやすいイラストが話題。自粛・手洗いの本当の意味|医師監修

コロナ 手 の 痺れ

厚労省の公式サイトには、石鹸を手に取って泡立てて、手の甲や指の間、手首などもていねいに洗う「正しい手の洗い方」が掲載されており、一般的に効果的な手洗いの目安となるのが20~30秒。 大人でもここまでしっかりとできている人は少ないはずで、子どもたちなら少し飽きてしまうかもしれない。 そもそも「おててポン」は2016年11月に発売された商品で、2018年に発売された「おててポンキャップレス 」と合わせて累計12万個を販売。 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、手洗いの重要性が呼びかけられたことから需要が急増し、昨年の同時期の10倍の出荷量となり改めて注目されているのだ。 特に小さい子どもを持つ家庭では、 「帰ってきたら手を洗ってね、と言っても聞かなかった娘が自分から手を洗うようになった」という体験談もあるように、手洗いをしっかりさせるきっかけとなっているのだ。 手洗いのために「あえて手を汚す」という、まさに逆転の発想のアイデアグッズ。 この時期に再注目された商品について、シヤチハタ株式会社の広報担当者にお話を聞いた。 名古屋芸術大学との産学連携活動の中で出た新しい用途のアイディアを基に開発しております。 紙に押すインクと違い手に押しても安全で、 石けんをつけて洗い30秒くらいで落ちるようにしました。 安全性に配慮するため食用色素を使用しています。 手洗いが大切だということが今まで以上に注目されて嬉しいです。 手洗いのために開発されたというインクを使った「おててポン」。 子ども用の商品ではあるものの、実は大人からも「ちゃんと手が洗えているか自分ではわからないから、大人でも使うべき」「公衆トイレに置いてほしい」などと話題になっており、シヤチハタも公式twitterで 「スタンプを捺して手の汚れを可視化し、目に見えるスタンプがすぐに落ちないのを通して見えない病原性ウイルスも簡単には落ちていないと認識する事で、大人も常態化した自分の手洗いを見直すきっかけになったりと、拡がりを感じます」とコメントしている。 「おててポン」の価格は500円(税別)。 1本で約1000回のスタンプができるという。 目に見えないウイルスから身を守るための、ユニークな「手洗い推奨グッズ」。 命を守ることにつながるからこそ、「しなくちゃいけない」よりも「自分からしたい」と前向きになれるアイデア商品が、大きな支持を受けているのだろう。 【関連記事】.

次の

コロナ離婚が現実に!?「在宅勤務の嫌われ夫」たち [コロナでも諦めなくていい7つのこと

コロナ 手 の 痺れ

停止理由に「飛沫感染の恐れ」挙げるケースも 「新型コロナウイルス対策のため、ハンドドライヤーは停止しております」 J-CASTトレンド編集部が2020年3月10日、東京都内にある商業施設のトイレを訪れると、このような貼り紙が貼ってあった。 停止していたハンドドライヤーは、手を下に差し入れて使うタイプ。 手洗い場にペーパータオルは置いていないため、洗った手の水分を取るには手持ちのハンカチなどで拭くしかない。 ツイッター上では、ショッピングモールや映画館、駅、高速道路のサービスエリアで「ハンドドライヤーが使えなくなっている」との投稿が見られる。 いずれも「ウイルスの感染拡大防止」を目的としたものだ。 中には「飛沫感染のおそれ」を理由に挙げているケースもあるようだ。 ツイッター上では「これくらいして当たり前」「 風で 菌を撒き散らすもんだと前から思ってた」と評価する声が多いが、「手を洗った後に乾かすから問題ないと思うんだが... 」との疑問もある。 感染制御学を専門とする東邦大学看護学部の小林寅テツ(いんてつ、テツは「吉吉」))教授はJ-CASTトレンドの取材に、「汚染されたものを撒き散らすリスクを避けるという意味で、(ハンドドライヤーを)使用停止とするのはよろしいのではないか」と見解を語る。 新型コロナの感染リスク「なくはない」ただし... 小林教授は「新型コロナウイルスに限らず」と前置きした上で、水滴のたまったハンドドライヤー内に何らかの病原体が残っていた場合、ドライヤーの風が水分を含む「エアロゾル」を発生させると説明。 その至近にいる人間が、汚染されたエアロゾルを吸い込む可能性があるという。 厚生労働省の冊子「新型コロナウイルスを防ぐには」によると、感染には、ウイルスが付いた手で口や鼻を触ることで起こる「接触感染」、感染者のせきやくしゃみから出たウイルスを吸い込む「飛沫感染」の2つ。 なお中国衛生当局は20年2月19日の報告で、閉鎖された環境で長時間、高濃度のエアロゾル(サイズが小さく、空中に浮遊する粒子)を浴びた場合に「エアロゾル感染」が起こるリスクを指摘しているが、厚労省はその可能性について言及していない。 一方で飛沫感染、接触感染も厚労省が「現時点で」考えられるものとの位置づけで、新型コロナウイルスの感染実態についてはまだ分かっていないことが多いようだ。 小林教授は、ハンドドライヤーから発生するエアロゾルによるウイルス感染の可能性について、 「(エアロゾルを)吸い込んだら、それはリスク。 感染するリスクは『なくはない』。 ただし、それはドライヤー内が汚染され、なんらかの病原体がいるということが前提です」 と語る。 その上で「ハンドドライヤーは手を乾かす効果は得られるが、副次的にそういうもの(ウイルスなど)が飛び散るリスクもある」として、仮にハンドドライヤーが使える場合でも、ハンカチやハンドタオルで手を拭くことが望ましいとした。 一方、「飛沫感染の恐れ」を使用停止の理由に挙げている事例については「飛沫は口(や鼻)から出てくるもので、(感染者の)外部からは生じない」と、停止理由としては「正しくない」と指摘した。

次の

新型コロナ対策で手を洗いすぎて手湿疹(主婦湿疹)になったけどメンソレータム『メディクイック』を10日間塗り続けたら治ったよ!

コロナ 手 の 痺れ

私のまわりでも、在宅勤務になった夫への不満が爆発寸前になっている妻たちの声が上がっているのも事実。 「このままでは、コロナ離婚もアリかも……」という悲痛な相談も寄せられるようになりました。 そこで今回は、「コロナ離婚」を考えている妻たちが嘆く、在宅勤務になった夫たちの「こんなところが許せない!」を考察していきます。 在宅勤務の嫌われ夫1:家事&育児能力が低すぎる 「在宅勤務になった夫に、家事の分担を提案したところ『もともと家事は得意だからまかせて』と二つ返事で承諾。 そこまではよかったが、いざ夫にやってもらうようになってイライラが止まらなくなった私。 洗濯をしようとしても『洗剤はどこに置いてあるの?』『柔軟剤って、いつどこに入れるの?』などと、今どき幼稚園に通う子どもでも知っている質問をしてくる始末。 『今までそんなことも知らなかったの?』と、毎日夫からくだらない質問をされるたびにウンザリする」(37歳・パート主婦) 「在宅勤務になって、2歳の子どもの世話を手伝う夫にストレスを感じる日々。 寝かしつけるのを頼んでも、夫のほうが先に爆睡し、隣で子どもが泣いているのにも気づかない。 お風呂をお願いしても、一緒に湯船につかるだけでどこも洗っていないままだった……など、何ひとつ満足に育児ができない。 それなにに、まわりには『イクメンしてます』とドヤ顔で宣言しているのを見ると、腹立たしいのを通り越してあきれてしまう」(33歳・メーカー) ……在宅勤務になって夫婦が一緒にいる時間が長くなると、必然的に家事や育児などそれまで妻がやってきたことを夫が手伝う機会も増えます。 ところが、家事や育児に慣れていない夫の場合、妻ほど手際よくこなせないものです。 やがて、夫は家事や育児を負担に感じてストレスをため、妻は非協力的な夫にイライラしはじめる、という悪循環も生まれます。 そんな「何もできない夫」に対してイライラしないためには、「不得意なこと」より「確実にできること」を中心に頼るのも手です。 「子どもの食事は私がやるから、部屋に掃除機をかけておいて」「料理は私がやるから、洗濯物をたたむのをお願い」など、得意なことをまかせるようにします。 それでもストレスがたまった場合、家事代行サービスを頼むという方法も視野に入れましょう。 費用はかかりますが、「夫婦が円満にいくための投資」と考えれば決して高いお買い物ではないかもしれません。 在宅勤務の嫌われ夫2:危機感ゼロで不潔すぎる 「これだけ外出を自粛したり、人と会う機会を減らすことが当たり前になったのに、用もないのに会社に行ったりホームパーティーを企画したりとウイルスを家庭に持ち込むことに対する危機意識がない夫にイラッとする。 新型コロナウイルスが蔓延する前からもともと不潔な一面のあった夫だが、今は余計に汚く思えるので、できれば一緒の家にいてほしくない」(42歳・IT業界) 「これまでもトイレに行っても手を洗う習慣がなく、何度注意しても聞き入れようとしなかった夫。 コロナの一件で改心したかと思えば、まったくそんなこともなく外出先から帰宅しても手を洗おうとしない。 夫がどうなろうと構わないが、ウチにはまだ小さな子どもがいるのに、手を洗おうとしない夫がイヤでたまらない。 子どもの安全を守るためにも、実家に帰ろうと本気で考えている」(40歳・専業主婦) ……命の危険が迫っている今、あまりにも危機感がなさすぎる夫にストレスを感じる妻もいます。 昔から価値観の違いは夫婦の不和を生むもとですが、今のこういう状況で価値観のズレが生じると大きなトラブルに発展しかねません。 ですが、相手の価値観を根本的に変えることは難しくても、違う価値観の存在に気づいてもらう工夫はできるはず。 たとえば、「ずっと夫婦でいたいから、こうしてほしいと思っているのだけど?」「家族が大切だから、こういう方法はどうかな?」といった提案型のアプローチで夫と真剣に向き合う時間をつくるのもおすすめです。 決定的な決断をくだす前に、夫婦がお互いに価値観の違いをすり合わせ、理解を深める努力をするのは無駄なことではないのです。 コロナ離婚を避ける2つのキーワード 夫婦であっても、お互いの得意なことや不得意なこと、価値観の違いなどはあって当たり前。 問題は、それらが取返しのつかないほどのトラブルに発展する手前ですり合わせることができるかどうかにかかっています。 コロナ離婚を回避するためには、2つのキーワードがあります。 ひとつは、相手への思いやりや優しさを言葉と態度で表現するという「コミュニケーションの基本」。 もうひとつは、危機が起きても夫婦が一緒にそれを乗り越えようとする「ポジティブな姿勢でいること」です。 目に見えない敵に対し、夫婦が力を合わせて戦ってこそ、以前にも増して深い絆で結ばれるパートナーシップが生まれるのではないでしょうか。

次の