フィルター ポケット 付き 立体 マスク。 大人用夏マスク立体ポケット付き洗えるマスク 高島ちぢみ ホワイト パンダ フィルター ノーズフィッター入れ付き その他ファッション NIJIIROTONEKOニジイロトネコ 通販|Creema(クリーマ) ハンドメイド・手作り・クラフト作品の販売サイト

ポケット付き立体マスクの作り方〜2タイプ〜: うろこのあれこれハンドメイド

フィルター ポケット 付き 立体 マスク

ポケット付きプリーツマスクの作り方 裁断サイズは、これまでご紹介してきたポケット無しタイプと同じサイズで裁断します。 マスク上下の生地端を1センチの三つ折りでアイロンしてミシンステッチします。 マスクの表側に、お好みでノーズワイヤーを入れることができます。 マスク表側(ノーズワイヤーを入れた端)を上にして、上から3センチ・6センチ・6センチ・6センチと4本、下からは2. 5センチ・6センチ・6センチと3本の合計7つのラインをチャコペンで印します。 チャコペンラインが隠れるようにアイロンをしっかりとあてます。 生地表側から見た写真です。 マスクの表側(ワイヤーが入っているほう)の4つのラインの生地端にミシンステッチ(コバステッチ)をします。 上から4本目のステッチラインが、マスクの下側になります。 まず、表側プリーツをたたみます。 アイロン定規を使って2センチずつ折りアイロンしプリーツを作ります。 2センチずつ3回繰り返すと表側のプリーツは完成です。 裏側のプリーツは口に当たる面なので、ミシンステッチはしていません。 これはお好みで変えても大丈夫です。 表側同様に2センチでアイロンしてプリーツを作っていきます。 内側のプリーツは表側よりも0. 5ミリ下がります。 プリーツが出来上がったら、両サイド5ミリ程の箇所に仮止めミシンをかけます。 続いてゴム通し布をマスクに縫い付けていきます。 裁縫上手などのスティックのりを使うと仕上がりが綺麗です。 いつも参考にして頂いているとのこと、どうもありがとうございます。 プリーツのポケット&ワイヤー&別布についてです。 プリーツを初めて作る場合には、 1つ目:基本プリーツマスク 2つ目:【裏と表別布で作る】プリーツマスク【裁断寸法】 そして3つ目にこのブログの アレンジを作ってみて下さい。 3つ作れば構造など基本的なマスクの作り方が理解出来ると思います。 ノーズワイヤー出し入れは、一箇所出し入れ出来るように縫わないだけでOKです。 アレンジはご自由にして下さいね! プリーツマスクの別布&ポケット付きのリクエストを沢山頂いておりますので、今後ご紹介出来るように試作をしていきますね。 ご紹介できるレシピになりましたら、改めてブログで公開します。 今メインの仕事(生地の出荷)がとても忙しくブログに時間が取れずにおりますので、お急ぎの場合には上の方法で試してみて下さい。

次の

簡単なフィルターポケット付きマスクの作り方!プリーツマスクと立体マスク

フィルター ポケット 付き 立体 マスク

1 6 2 1 6 10 38 4 18 1 3 18 2 2 0 1 1 3 2 3 1 2 8 4 1 1 9 2 1 1 2 1 2 1 生地裁断の三種の神器 裁断がやみつきになる切れ心地。 安心の広さと包容力抜群のタフガイ。 押さえた生地は決して逃がさない。 まさに楽園。 花柄だけど花柄っぽくないのが素敵。 北欧テイストのカラフル木馬。 おとぎ話に出てきそうなカラフルりんご。 本当に今、ハンドメイドマスクの需要が高いですね。 まずは「」通りに、表地と裏地を裁断する。 裏地の耳側を 1. 5cmずつの三つ折りにする。 三つ折りの端を縫う。 縫えたらこんな感じ。 反対側も同じように縫う。 と同じように、生地を中表に合わせてあごのラインを縫う。 縫えたら縫い代を左側に倒す。 生地の表側から押さえのステッチをかける。 縫えたらこんな感じ。 裏から見るとこんな感じ。 表地もあごのラインを縫い合わせておく。 表地の方にも縫い代の押さえステッチを入れておく。 表地と裏地を中表に合わせ、上下それぞれ生地端から7mmのラインで縫う。 縫い代をアイロンで割る。 この時、表地の端にきちんとアイロンをあてておくと、後の作業がスムーズになる。 本体を表にひっくり返し、上下それぞれに押さえのステッチを入れる。 耳の部分を作る。 生地を1. 5cmのラインで折る。 更に1. 5cm折ってから端を縫う。 縫えたらこんな感じ。 反対側も同じように縫う。 「立体マスク〜裏地がポケットバージョン〜」の完成です。 不織布フィルターなどをお好みのサイズに切って… 細く丸めてからポケットに差し入れる。 反対側からも指を入れると位置を調節しやすい。 5cmのラインに印をつける。 ポケット用生地はこんな形。 表地・裏地・ポケット布のサイズ比較はこちら。 耳側を 1cmの三つ折りにしてから、画像のラインを縫う。 縫えたらこんな感じ。 反対側も同じように縫う。 生地を中表に合わせてあごのラインを縫う。 縫い代を左側に倒しておく。 中央の縫い目に押さえステッチを入れる。 この時表地とポケット布は 中表になるように重ねる。 重ねたら上下それぞれ生地端から7mmのラインを縫う。 縫えたらこんな感じ。 縫い代をアイロンで割る。 この時、ポケット布の縫い代を2〜3mm切り落とす。 これをしておくと、外側の仕上がりがスッキリする。 表にひっくり返し、アイロンで形を整える。 上下それぞれに押さえステッチを入れる。 基本の作り方と同じように表地を1. 5cmの三つ折りにして縫い、ゴム通し部分を作る。 「立体マスク〜別布ポケットバージョン〜」の完成です。 布が一枚増えるので、基本の立体マスクよりほんの少しボリュームが出ます。 ポケットサイズに合わせてカットしたフィルターを用意し、 こんな感じでポケットに差し込んで下さい。 いかがでしょうか? それぞれにメリット・デメリットはあるので、ご自分やご家族の活用シーンに合わせていろいろ試してみて下さいね。 立体マスクのノーズフィッターアレンジについては、こちらのページの 後半をご参照下さい。 作り方や型紙がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックをお願いします。 今や山のようにあるマスク型紙の中からこちらにたどり着いて下さって嬉しいです^^ さてご質問の「手縫いマスクについて」ですね。 ・糸は手縫い用の糸で。 ・型紙を生地に描き写すとき、出来上がり線も一緒に描いておく。 型紙のグレーの部分を切り抜くと、そこが「出来上がり線(縫い線)」になります。 ・縫うのは本返し縫いでも並縫いでもお好きな方で大丈夫です。 ・マスクの中心線はなるべく細かい縫い目がお勧めです。 なかなか自分が思うような型紙がなく、うろこ様の型紙と出会えて、これだ!ととても嬉しく、しかも無料で提供していただき、私の母も私も感謝の気持ちでいっぱいです。 家族も多いので、毎日、少しずつ作らせていただいております。 作っていて、とても楽しい型紙です!! 家族が多く、手芸屋さんも休業している中、生地をなかなか購入出来ず、それぞれに区別する為に、表生地を、左右違う生地を使用して作らせていただきたいのですが、その場合の型紙は、どのようにとればよろしいでしょうか? ポケットは、別布タイプで作成させていただきたいと思っております。 お時間がある時で構いませんので、教えていただけると大変有り難いです。 申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い致します。 うちの型紙を使って下さって嬉しいです^^ ご質問の件ですが、中には同じように耳に近い部分が少し浮く方がいらっしゃるようなんです。 これは作り方の問題というよりは、やはりお顔の形による部分が大きいと思われます。 どうしても万人の顔にフィットする型紙というのは難しく…申し訳ありません; 解決法としましては、耳側の縦の長さを少し短くすることによって改善したケースがあります。 イメージとしては顎から耳にかけて少し型紙を狭くしていく感じでしょうか。 これも個人差があって必ず改善するとは言えないのですが、もし良ければ一度お試し下さい。 ご参考になれば幸いです。

次の

進化した簡単シンプル立体マスクはポケット付き

フィルター ポケット 付き 立体 マスク

フィルター等を入れられるように、立体布マスクの内側にポケットを付ける方法を解説します。 これは、のアレンジです。 型紙は、のページからダウンロードしてください。 完成写真 と 解説 まずは完成写真を見て出来上がりのイメージをつかんでください。 外側から見ると普通の立体布マスクです。 内側にフィルターなどを入れられるポケットが付いています。 マスクの形にフィルターなどをカットして、 入れることができます。 左右どちら側からも入れられます。 鼻やアゴの部分までカバーしたい場合は、真ん中を11cmぐらいにしてみてください。 鼻の部分にワイヤー ノーズフィッター を入れることも出来ます。 ノーズフィッターを入れても、ポケットにフィルターが入ります。 フィルターポケット付きのマスクは、「表地」「裏地」「ポケット布」「ポケットに入れたフィルター」の4枚重なります。 なので、使用する生地はダブルガーゼなど 通気性のいい生地がおすすめです。 通気性のよくない生地ですとかなり息苦しくなります。 私が使った材料の詳細 表地は、です。 裏地は生成りのダブルガーゼ、ポケットは、薄紫色のダブルガーゼです。 マスクゴムも薄紫色です。 作り方 アレンジの仕方 大人用のマスクで説明しますが、子供用も同じです。 マスクを使う人によって顔の大きさ・形・好みがかなり違うため、まずは 試作品を1つ作ってサイズを確認し、小さすぎたら型紙の周囲をプラス0. 5cm~プラス1. 5cmしてみてください。 サイズを確認せずにたくさんのマスクを作ると布がムダになることがあります。 表地と裏地を作る 《1》まずは、の工程【1】~【5】まで作ってください。 (では工程【1】~【44】です)すると、表地と裏地が出来上がります。 ポケット布を切る 《2》表地と裏地を作るときに使った型紙の端を2. 5cmカットした型紙 型紙の左側の縦点線の位置でカット で、ポケット用の布を左右対称に1枚ずつ切ります。 「鼻側」の位置にしるしを付けておくと後々布を合わせるときにわかりやすいです。 5cmカット 型紙の左側の縦点線の位置でカット です。 型紙を拡大した場合も2. 5cmカット 型紙の左側の縦点線より少し右です してください。 ポケット布を縫い合わせる このポケット布も、表地と裏地と同じように縫い合わせます。 詳しくは、の工程【2】~【5】をご覧ください。 (では工程【11】~【44】です) 《3》簡単に説明しますと、中表に合わせて赤線を縫い代1cmで縫って、縫い代を5mm残して切り落とし、ミシン線に垂直に切り込み 緑線 を入れます。 (ミシン線を切らないように注意してください。 ) 《4》縫い代を片側に倒します。 どちら側に倒してもOKです。 《5》【省略OK】縫い代の上を縫います。 これで、ポケット布を、の工程【2】~【5】まで作り終えました。 (では工程【11】~【44】です) 《6》すると、このように表地・裏地・ポケット布の3つが出来上がったことになります。 ポケット布の両端を縫う 《7》ポケット布の端を5mm裏側に折り、 《8》そのままさらに1cm折ります。 これで、三つ折りになりました。 《9》反対側も同じように折ります。 すると両端が三つ折りになります。 《10》この三つ折り部分を、赤線を縫ってとめます。 布を重ねる 《11》裏地の表が見えるように置いた上に、ポケット布の表が見えるように置きます。 つまり、裏地の表とポケット布の裏がくっつくように置くということです。 鼻とアゴの位置もそれぞれ合わせてください。 《12》その上にさらに表地の裏が見えるように置きます。 鼻とアゴの位置もそれぞれ合わせてください。 最後まで作る ここからは、の工程【7】~【14】と同じですので、詳しくはそちらをご覧ください。 (では工程【48】~【76】です) 《13》簡単に説明しますと、赤線を縫い代1cmで縫ってから、縫い代を5mm残して切り落とします。 そして、ミシン線に垂直に切り込みを入れます 緑線。 《14》表に返します。 この時、表地の表とポケット布の表が見えるようになっているか確認してください。 《15》アイロンなどをかけて形を整えます。 表地側に折ると見た目はあまりよくありませんが、肌当たりも良く、密閉度も上がります。 《17》さらに、1. 5cm折ってください。 《18》赤線を縫います。 この時、ポケット布を一緒に縫ってしまわないように注意してください。 《19》反対側も同じように縫って、マスクゴムを入れます。 簡単に説明してしまいましたが、詳しくは、の工程【7】~【14】を見てください。 (では工程【48】~【76】です) ノーズフィッターの入れ方 鼻の部分にワイヤー ノーズフィッター については、でも解説していますので、まずはそちらをご覧ください。 このポケット付きマスクの場合は、出来上がってからもノーズフィッターを入れられるので、ここではその方法を簡単に解説します。 《20》使い捨てマスクなどから取ったワイヤーを用意します。 《21》ポケットと裏地の間の鼻部分にワイヤーを入れます。 写真では見えませんが、赤線部分にワイヤーが入っています。 《22》ワイヤーを囲むように縫います。 これで出来上がりです。 お疲れさまでした。

次の