課題 を 早く 終わら せる 方法。 宿題を早く終わらせる方法【小学生向け】デキる子になる習慣まとめ

宿題を早く終わらせる方法5選。あなたもすぐに宿題を終わらせよう。|アニブロブログ

課題 を 早く 終わら せる 方法

春休み、夏休み、冬休みは楽しい!これが終わらない一番の理由 そもそも、なぜ宿題はなかなか終わらないのでしょうか? 一番の原因は、長期休みは楽しいイベントがたくさんあることです。 春休みなら、まもなく新学年がスタートします。 それに合わせて、クラス替えがあったり、部活のメンバー交代なども行われるでしょう。 こういったイベントがあると、 心がウキウキするため、勉強どころではなくなるのです。 また、夏休みは花火大会、お祭りなどのイベントがありますし、冬休みはクリスマスや正月があります。 つまり、気分が浮かれる時期なのです。 すると、気持ちが乗らなくなるため、気づいたときには 「あと3日しかないのに宿題に全く手を付けていない」という状態になるのです。 やる気は「長期休みが始まった瞬間」が最も高い そこで、宿題を早く終わらせる 一つ目のコツは「長期休みが始まる前に終わらせてしまう」ことです。 人間のやる気というのは、長期休みが始まる前が最も高く、始まってから徐々に下がっていくからです。 例えば、3月25日から春休みが始まり、4月5日から新学期が始まるとします。 この場合、春休みに入る直前である3月20日くらいから25日までが、最もやる気が高いときです。 おそらく多くの子は、この時期のみ 「今回こそ、早めに宿題を終わらせるぞ」という気持ちになっているはずです。 この一時的なやる気を利用して、この時期に一気に宿題を終わらせると良いです。 春休みに入ると急にやる気がなくなり始め、半ばである3月30日頃になるとやる気が0になります。 ここで無理に進めても、効率が悪いです。 やる気がある最初の時期に、できるだけ終わらせておくのが、宿題を早く終わらせる最初のコツです。 高校生であれば、計画を立てて終わらせるように努力する 小中学生の場合は、 できれば長期休みがスタートする前、遅くともスタートしてから5日以内に終わらせるのがおすすめです。 それ以上たつとやる気が無くなるからです。 ただ、高校生の場合は、そんなことを言っていてはダメです。 やりたくなくても、気合を入れてやらないといけません。 その時にお勧めの方法が、計画を立てることです。 3月25日:社会の課題4ページ• 3月26日:数学の課題6ページ• 3月27日:英語の課題4ページ という形で、 自分で計画を立てて、終わるまで寝ない!というルールで進めていきましょう。 最初は気が載らなくても、目標を小さくする(1日単位にする)ことで少しずつできるようになります。 高校生以降は、あらかじめスケジュールを立てて、計画的に進める努力をしましょう。 残り3日で宿題を終わらせるコツは「飛ばす」こと 小中学生は、長期休み前半で終わらせる。 高校生は、計画を立てて終わらせる。 この2つを意識すれば、宿題は確実に終わります。 ただ、できることならより短期間で終わらせたいですよね?そこで、宿題を早く終わらせるコツをもう一つお伝えします。 それは 「わからない問題を飛ばす」ことです。 宿題に時間がかかる子は、わからない問題を長時間悩み続けます。 酷い子だと、1問解くのに15分以上かける子もいます。 このやり方を続けている限り、宿題は永遠に終わりません。 早く終わらせるためには、 「3分考えてわからない問題は飛ばす」と決めることです。 後で答えを見て理解すればよいと割り切って進めていくだけで、宿題が短時間で終わるようになります。 小学生と中学生は期限を守るのが最優先!残り1日なら答えを写す ここまで説明した方法で宿題を進めていっても、直前で終わっていないという状態になることもあります。 この場合、 「答えを写してでも提出する」ようにしましょう。 特に小中学生の場合、宿題の提出期限に遅れると内申点を大きく下げられます。 また、先生から叱られることもありますし、部活によっては宿題が終わっていないという理由でレギュラーを外されることもあります。 そうなるくらいなら、答えを写してでも提出したほうが良いです。 内申点も上がりますし、何より期限を守るという先生との約束は守れるからです。 もちろん、将来的にはここまでに解説した方法を実践して、答えを写さなくても宿題を早く終わらせられるようにしましょう。 長期休み明けの実力テストで高得点を取る方法 ここまで解説してきた方法で宿題を進めていけば、確実に提出期限までに終わらせることができます。 ただ、 宿題が終わっただけで喜んでいてはいけません。 新学期が始まるとすぐに実力テストが行われるからです。 ここで良い結果を残さないと、内申点が上がらないからです。 ではどのように勉強を進めていけば良いのか? 次のページでは、 実力テストの勉強のポイントとすぐに高得点が取れる勉強法をまとめました。 私はもともと中学校で教師をしていた身なので、どのように実力テストが作られるかわかります。 その時の経験と、実際に年間3000組の親子をサポートしてきてわかったグングン点数が上がる勉強テクニックをまとめたので、参考にしてみてください。 勉強効率が3倍になる道山流学習法 私は現在 思春期の子育てアドバイザーとして年間3000組の親子の勉強をサポートしています。 上記の写真は毎年開催している道山流学習法勉強会の様子です。 東京、大阪、名古屋、福岡で開催しているのですが、人気の会場は定員120名にもかかわらず、1日で満席となります。 そこで、 勉強会に参加できなかった方向けに「道山流学習法勉強会」でお伝えしていることの中でも特に重要なことをまとめた無料講座を作りました。 題して「7日間で成績UP無料講座」です。 この講座では、普段有料で教えている、• オール5の子が実践している超効率的勉強テクニック• 半自動的に子どもが勉強を始めるやる気UP声掛け法(親向け)• ストレスなしで勉強量が3倍になる思考法 などを無料でお伝えしています。 これまでに3万人以上の方に読んでいただいた人気の講座で、今なら過去に3980円で販売していた成績UPマニュアルも受講特典としてプレゼントしています。 よかったらこちらの講座も参考にして、新学期最初のテストから高得点を取れるように頑張りましょう! 本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。 思春期の子育てアドバイザー道山ケイ 【記事を読んでくれたあなたに、道山からお願いがあります】 最後まで記事を読んでくださったあなたに、 一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、 以下のバナーをクリックしていただきたいです。 クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。 その結果、 たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。 あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。 ご協力よろしくお願いします。 動画で解説!宿題を早く終わらせる方法.

次の

宿題を早く終わらせる方法【小学生向け】デキる子になる習慣まとめ

課題 を 早く 終わら せる 方法

宿題や課題を終わらせる制限時間を決めよう! 多すぎて終わらないと悩んでいる前に「 宿題を何時までに終わらせる!」と毎回決めていますか? 以外と宿題や課題って終わらせる時間を決めていないがために、そのまま漠然と課題に取り組んでしまうものですよね。 それで、時間を決めずに課題へ取り組んでしまうため、時間を多く課題に費やしてしまいます。 色々なタイプの人は居ますが、基本的に人間はある程度追い込まれないとやろうとは思わないものです。 また、脳の構造上、勉強時間の「リミット」を決めることは非常に重要です。 なぜなら、勉強時間のリミットを決めることで 余計な事を考えなくて済むため、脳が 一点集中できるからです。 こうなれば、脳にとっては宿題や課題にだけ集中するので、最後まで邪魔が入らず達成できます。 だからこそ、 どれだけの時間で終わらせるのか?をしっかりと決めて、宿題に取り掛かりましょう。 早く終わらせる動機や理由を決めよう! 勉強時間のリミットを決めたからといって、すぐに取り掛かってもしっかりとした動機がないと、時間内に終わらせようとは考えません。 そこで、どんなことでも構いませんので、例えば、以下のような動機から勉強のリミットを決めてみても良いでしょう。 宿題を片付けて、友達と早く遊びたい!• 早く漫画を読んだりゲームをしたい!• お昼から買いものに行きたい! 以上のように動機が明確になると、 集中力が増して早く終わらせる気持ちが増していきます。 もし、動機を明確にしていない方は是非動機を明確にして、課題に取り組んでみてください。 宿題や課題は後回しにせず、すぐに取り組もう 後回しにすればするほど、面倒でやりたくないといった気持ちが強くなっていきます。 そんなネガティブな気持ちが出始めると、なかなか課題に取り組むことって出来ないですよね。 しかし、その宿題や課題の締め切りは刻一刻と迫ってきていますので、そんな嫌な感情を出さないためにも、何も考えずとにかく宿題や課題に取り掛かりましょう。 そうすると、グダグダすることなく、早く終わらせることに繋がります。 とにかく、まずは後回しにせず、制限時間と動機を決めたら、今すぐやることに集中しましょう。 今回のまとめ 今回は、宿題や課題が終わらないと悩んでいる方向けに、宿題を早く終わらせる方法について詳しくお話ししました。 まず、大事なのが宿題や課題を終わらせる時間を決めることです、そして、なぜ早く終わらせたいのか?その動機もしっかりと定めることで、モチベーションが上がりやすくなります。 ぜひ、当記事を参考にして、実践してみてくださいね。

次の

【中学生向け】春休みの課題を最速で終わらせる方法

課題 を 早く 終わら せる 方法

中学生の場合隙間時間を活用しよう! もしあなたが中学生だとしたら、 宿題を早く終わらせるために、 まず実践していただきたいのが、 「隙間時間」の活用です。 例えば学校の授業というのは、 練習問題を解いた後や、 授業が始まってから先生が教室に来るまでに、 少し時間ができることがあります。 宿題を終わらせるのが早い子というのは、 こういった隙間時間を使って宿題を終わらせています。 逆に宿題が終わらずいつも深夜までやっている子というのは、 こういった時間に寝ていたり、友達と話したりしています。 確かに友達と話すことも楽しいことですが、 宿題がたくさん出されたときくらいは、 黙々と宿題をこなしていった方が良いです。 さすがに 休み時間などは友達と話をすれば良いです。 ただ授業が始まってからできた休み時間というのは、 できる限り宿題などの時間に充てましょう。 なお少しでも休み時間ができると、 すぐに眠くなってしまい寝てしまう場合、 こちらの記事が参考になると思います。 今回の相談者の方は、宿題が多すぎて、 定期テストの勉強が進められないという悩みがあります。 この場合、 先に1時間程度定期テストの勉強をして、 その後で宿題をやることで宿題のペースが速くなります。 これも心理学を応用した方法なのですが、 人間と言うのはどうしても「まだ3時間ある」と考え、 課題を終わらせようとするとだらだらしてしまいます。 しかし先にテスト勉強で1時間使ってしまえば、 「やばい残り2時間しかない!」と思い、 焦って宿題に取り掛かります。 だから早く終わるようになるのです。 以上で説明した2つの方法は、 人間の心理を活用した方法になります。 中学2年生以降や高校生になったらおすすめです。 なお 「もっと集中力を上げて宿題を早く終わらせたい」 という想いがあるなら一度こちらの記事をチェックしてみてください。 道山ケイ 思春期の子育てアドバイザー 親を変えることで、子どもの成績を上げるプロとして活躍。 年間3000組の親子をサポートし、約7割の親子関係が良好に変化。 反抗期が激しく親と食事すらとらない子が、5教科合計481点獲得• 勉強嫌いでスマホ依存の子が、次のテストで5教科合計113点UP• 不登校だった子が学校に行けるようになり、5教科合計462点獲得 など道山流で子どもに接すると成績が上がると話題になっている。 元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。 この体験から思春期子育て法を確立。 子どもが自ら勉強するようになる方法を解説する「7日間で成績UP無料講座」には、これまで5万人以上の方が参加し、次のテストで5教科合計100点以上UPした子が続出している。

次の