ゆうちょ デビッド カード。 ゆうちょ銀行Visaデビットカードmijica(ミヂカ)が使えない場面とは

ゆうちょ銀行で法人用デビットカードを開設できるか?

ゆうちょ デビッド カード

「キャッシュレス決済が流行ってるけどデビットカードってどうなんだろう?」 「そういえば、 ゆうちょ銀行で見かけたJ-Debitってどういうカードなのか気になる」 「デビットカードが気になるけど、カードによって特典やシステムが違うらしいし・・・」 このように、J-Debitやデビットカードについて疑問を持つ方は少なくありませんよね。 このページをご覧いただいているあなたは、デビットカードの中でも、ゆうちょ銀行のJ-Debitについて疑問や不安、気になることがあるはず。 J-Debit(ジェイデビット)は、 ゆうちょ銀行など一部の銀行加盟店グループが発行しているデビットカード。 J-Debitについて、知識や情報を理解しておかないと、普段使うデビットカードとしては使い勝手が悪いカードと言えるかもしれませんよ。 このページの目次• J-Debit(ジェイデビット)はゆうちょ銀行のデビットカードなのか? まず、ここでは、J-Debitとはどんなカードなのか紹介していきたいと思います。 J-Debitとは、銀行口座から直接支払いができるキャッシュカードのことです。 J-Debitが発行されたのは2000年3月で、当時の富士銀行(現みずほ銀行)を中心とした 日本デビットカード推進協議会というグループがJ-Debitの開発を行いました。 ゆうちょ銀行は、日本デビットカード推進協議会の発足直後からグループに加盟している金融機関ということもあり、 いち早くJ-Debitを郵便貯金のキャッシュカードシステムに組み込みました。 ただ、J-Debitは日本で最初にデビット機能をスタートさせたパイオニアだったんです。 しかし、パイオニアとしてのJ-Debitの運用は、「加盟店数の少なさ」というデメリットがありました。 国際ブランドであるVISAやJCBのデビットカードは、クレジットカードが使える加盟店でも使えるため、ほぼ全てのスーパーやコンビニ、デパート、レストランで利用可能です。 しかし、J-Debitは日本デビットカード推進協議会に加盟している商業施設でしか利用できないという制限があったんですよ。 加盟店数の少なさが致命的なデメリットであり、J-Debitの知名度を下げる原因にもなっています。 J-Debitのデメリット• 加盟店数の少なさ• 海外で使えない• オンライン決済ができない• 加盟店数が少ないというのは、キャッシュレス決済ができるデビットカードにとってはかなり致命的なデメリットになりますよね? J-Debitが発行された当時は、日本全国45万店舗で利用できると言われていました。 ただ、 現在では3万店舗ぐらいしか、J-Debitに対応していません。 国際ブランドである「VISA」や「JCB」は、全世界規模で4400万店以上(VISA)、400万店以上(JCB)あり、3万店舗でしか利用できないJ-Debitに比べると、利便性に大きな差があることがわかります。 ちなみにスイーツやお弁当、ドリンクなどの買い物に便利なコンビニでは、 ローソンしかJ-Debitに対応していません。 えー! ユキは夏休みや冬休みを使って、韓国や台湾にプチ旅行に行くのが好きなのに、海外で使えないなんて、使い勝手悪すぎ〜・・・。 国際ブランドであるVISAやJCBは、海外での決済にも対応していますが、J-Debitは日本国内の加盟店だけしか対応していないため、海外では全く使うことができないんです。 海外は日本に比べて治安が悪い国が多く、スリや置き引きなどの犯罪にあう可能性もあります。 デビットカードが海外で使えれば、多額の現金を持ち歩く必要がないため、 防犯という意味でも便利ですよね。 ショッピングなどのインターネット通販ですが、 J-Debitはネット通販の支払いに使うことはできません。 理由はJ-Debitにあるのではなく、インターネット通販の決済可能方法にJ-Debitが対応していないということがあげられます。 国際ブランドであるVISAやJCBは、クレジットカード枠として利用できる場合が多いです。 ユキみたいに楽天市場やアマゾンで洋服や生活雑貨、雑誌、コスメを買うことが多い場合は、J-Debitは使い物にならないね・・。 ただ、J-Debitには残念ながら、 カードを使ってもポイントやキャッシュバックといった還元サービスが全くありません。 ですから、スーパーやコンビニ、デパートなど普段の買い物などでJ-Debitを使ってもおトクにはつながらないというのが、不人気の理由のひとつでもあるんです。 デビットカードを選ぶ時の秘訣でもありますが、デビットカードを選ぶときには、ポイントバックやキャッシュバックなど、どれだけおトクになるのかという点を考慮した上でデビットカードを選ぶべきです。 J-Debitが持つ唯一のおトクなメリットは、 現金を引き出す際のATM手数料がかからないという点です。 現金をATMから引き出す際には、金融機関によってはATM手数料が発生する場合があります。 J-Debitを買い物の決済にすれば、現金を引き出す必要がないため、数百円ではありますが、おトクに使えます。 ただ、このメリットは他の国際ブランドのデビットカードでも同様のことが言えるため、他のデビットカードに比べて優れているというわけではないため注意しておきましょうね。 「J-Debit(ジェイデビット)」は、「不正利用補償」がついているというメリットもある 先ほどは、J-DebitのメリットとしてATM手数料が必要ないという点をあげました。 ただ、それ以外にもメリットはあります。 これはおトクというよりも、利用者の万が一に備えたメリットといえるでしょう。 そのメリットとは 「不正利用補償」が付帯しているということです。 不正利用補償とは、万が一盗難や紛失などで、第三者にJ-Debitが使われてしまった場合、被害額を保証してくれるというサービスです。 普段使いなら「J-Debit」よりも他のカードが優秀 ここまでは、J-Debitのデメリットを中心に解説してきました。 先ほども言いましたが、国際ブランドのデビットカードは、加盟店数が世界規模で多いです。 大手銀行と言えば、メガバンクである三菱UFJ銀行やみずほ銀行をはじめ、デビットカードに強い企業系ネット銀行(楽天銀行、セブン銀行、イオン銀行など)からもデビットカードが発行されています。 また、デビットカードを選ぶ際には、ポイント還元率やキャッシュバック還元率を比較することも重要ですが、それ以上に、「銀行取引での特典」を忘れてはいけません! 銀行取引の特典で代表的なのは、やはり 「ATM手数料の無料特典」でしょう。 他にも他行宛振込手数料の無料特典などもありますが、一番影響があるのはATM手数料です。 ATM手数料は一回の利用につき108円~216円がかかりますよね。 現金を引き出す回数が多ければ多いほど、 手数料分のお金を損してしまいます(涙) デビットカードの中には、デビットカードの発行でATM手数料が無料になる特典が受けられるカードもあります。 代表的なのは、デビットカード発行元の金融機関としてメガバンクの「三菱UFJ銀行」です。 メガバンクのデビットカードということもあり、知名度が高く、セキリュティがしっかりしていることが特徴でもあります。 また、地方銀行と違い全国に支店があるため、 ATM手数料を節約しやすいこともメリットです。 三菱UFJ銀行のATM手数料は 平日土日ともに8:45~21:00までは無料で利用できます。 もちろん、 付帯保険も充実! まとめ【「J-debit(ジェイデビット)」は使い勝手が悪い】 ここでは、J-Debitについて解説しました。 J-Debitは、ゆうちょ銀行など「日本デビットカード推進協議会」に加盟している銀行が発行している 「デビット機能付きキャッシュカード」です。 そんなJ-Debitは、暗証番号を入力するだけで決済が可能なキャッシュレスカードという特徴があります。 ただ、加盟店が少ないことや、海外で利用できないこと、オンライン決済ができないといったデメリットに加え、ポイント還元やキャッシュバック還元など他のデビットカードができる「当たり前」ができないカードなんです。

次の

mijicaが登場!ゆうちょ銀行のデビットカードと普通のデビットカードの違いとは│デビットカード・ワン

ゆうちょ デビッド カード

概要 [ ] あらかじめ設定した銀行等の預金口座から代金をリアルタイムで引き落としを行う。 そのものを決済手段として利用するタイプのものと、別途デビット決済専用カードを発行するタイプのものがある。 クレジットカードと異なり、原則として口座残高を超えない範囲で使用できるが、やと組み合わせて残高以上の決済承認を求められた場合に自動借入のサービスを行っている金融機関もある。 当座貸越やカードローンを併用しないカードの場合、カードの発行に際して審査を行わないものが多い。 ただし、口座開設に関しては本人確認が必要なため、匿名で所有することは出来ない。 カードの種類 決済種別 備考 事後決済 要審査 デビットカード 即時決済 無審査とするカードが多い 事前決済 無審査・口座不要 口座の預金額以上には使用できない事から、子供の小遣い用にデビットカードを持たせる事例もある。 また、使用可能な店舗を保護者が指定、管理できる小遣い用デビットカードのサービスを提供するも存在している。 デビットカードの種類 [ ] 比較表 [ ] デビットカードの種類 決済機構 加盟店数 備考 国際ブランドデビット VISA 世界3800万ヶ所 「」や「」は姉妹ブランド MasterCard 世界3810万ヶ所 「」や「」は姉妹ブランド JCB 世界2700万ヶ所 「Cirrus」ネットワークにも接続されている その他の主なデビット EFTPOS 加盟金融機関 ・に約82万ヶ所 銀聯 世界1000万ヶ所(内に300万ヶ所) J-Debit 加盟金融機関 に45万ヶ所 利用可能時間に制限あり VISAやMasterCardなどの国際ブランドは、だけではなくデビット・プリペイドカード発行各社にも広く自社ブランドと決済機構を提供している。 そのため、各ブランドの加盟店であれば原則としてクレジットとの区別なく決済ができる。 ただし、利用の都度残高照会 クレジットカードでいう が必要なため、残高照会を行わない形態での取引 による決済、の料金所での支払い、公共料金の月額利用料の支払い では利用できない。 国際ブランド(VISA・MasterCardなど) [ ] 北米・欧州・オーストラリアなどでは、(英:ATM card、Bank card)の大半にVISAやMasterCardといった国際ブランドの決済機能が標準で搭載されており、デビットカードとして利用できる。 そのため、こうした国々ではデビットカードの普及や利用が進んでいる。 また、こうしたデビットカードで決済を行う際、レジで自分の口座から現金を引き出す()サービスが提供されている国もある。 オーストラリアなど一部の国では、デビットカードでの支払い時に利用者が自ら普通預金・当座預金・クレジットのどれを利用して支払うのかを選択する形態を取っている。 国別状況 [ ] オーストラリア [ ]• () 韓国 [ ]• 直払カード 北朝鮮 [ ]• (東北アジア銀行、2005年) 台湾 [ ]• Smart Pay - との提携により、日本の一部加盟店、ATMでも利用可能。 デンマーク [ ]• 日本 [ ] に入って、国際ブランドのデビット機能付きキャッシュカードの提供が増えている。 080 あり なし が存在する。 2018年3月より、搭載 VISA JNB Visaデビット 無料 3. 020 あり なし 個人口座でファミマTカード以外の決済時、JNBスターを付与。 500 あり なし 2017年10月発行分よりVisa Contactless搭載 VISA あおぞらキャッシュカード・プラス 無料 2. 570 あり なし キャッシュカードとしては、IC非対応。 500 あり なし 2017年10月発行分よりVisa Contactless搭載 VISA 三菱UFJデビット(VISA) 1,080 3. 500 あり なし 2017年10月発行分よりVisa Contactless搭載 VISA イオンデビットカード 無料 1. 760 あり なし 外貨預金(10 通貨)決済対応。 VISA加盟店でショッピングをした場合で、外貨普通預金口座から全額支払う場合は手数料はかからない。 2019年9月19日からVisa Contactless搭載 VISA Visaデビット付キャッシュカード 無料 決済方法による あり なし 外貨預金(米ドル)決済対応。 Visa Contactless搭載 VISA 北國Visaデビットカード 契約による 3. 0(税込) なし Visa Contactless搭載 VISA SMBCデビット 国際ブランド Visa 付きデビットカード 無料 3. 0 あり なし 対応のカードを発行している口座に対しては発行できない。 この場合は、これらのサービスを解除するか、別途の普通預金口座に対して発行するかの方法をとる必要がある。 2017年7月10日にVisa Contactlessよび「」の非接触IC決済サービスが搭載された「SMBC デビット」を発行。 2018年3月1日からVISAデビット一体型キャッシュカードの取扱開始 VISA NCBデビット Visa 利用金額による 無料 不明 不明 VISA JOYO CARD Debit(Visa デビットカード) 1,080 3. カードは最大10枚まで発行可能。 法人および個人事業主向けデビットカード 埼玉りそな銀行 VISA りそなビジネスデビットカード 利用状況による 不明 あり なし Visa Contactless搭載。 法人および個人事業主向けデビットカード 関西みらい銀行 VISA りそなビジネスデビットカード 利用状況による 不明 あり なし Visa Contactless搭載。 0 あり なし プリペイドカード mijica に、2019年1月28日からデビットチャージ機能・Visa Contactless・1回当たりの利用上限額設定・ICチップ・海外ATM出金が追加される。 Visa Contactlessおよび「iD」の非接触IC決済サービスが搭載。 000 不明 JCB OKBデビットカード(JCB) 1,080 3. 000 不明 JCB 北洋 - JCBデビット 540 3. 000 不明 楽天銀行 JCB 楽天銀行デビットカード(JCB) 無料 3. 080 あり 2015年4月よりデビットカード未精算で支払いが完了しない場合は株式会社日本信用情報機構(jicc に信用情報が登録される。 楽天銀行 JCB 楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB) 1,080 3. 600 あり 標準搭載 JCB• 申し込み時点で、ひも付けするキャッシュカードの発行がされた口座必要だが、インターネット支店の口座でも利用可能。 JCB セブン銀行 デビット付きキャッシュカード 無料 3. 000 あり nanaco 搭載型と非搭載型の選択が可能。 JCB ひめぎんJCBデビット 1,350 不明 不明 西日本シティ銀行 JCB NCBデビット JCB 利用金額による 不明 不明 みずほ銀行 JCB みずほJCBデビット 1,080(税込) 3. 4 あり 年1回以上の決済利用がある場合は、年会費は免除。 6 あり• 一般カードは、利用状況などにより年会費の減免を行う。 海外ATMでの、現地通貨による現金引出手数料は、当行が設定する事務手数料の108円(税込)に、利用するATMの設置元所定の手数料の合算額となる。 JCB Only Oneデビット 1,080(税込)、家族カード発行者は1枚あたり432(税込)加算 不明 不明• 初年度の年会費は無料。 一般カードは、利用状況などにより年会費の減免を行う。 同協議会に加盟する金融機関の(2011年時点で約4億枚)をデビットカードとみなし、Maestroなどと同じく、PINパッドにキャッシュカードの暗証番号を入力することで預金口座から資金が即時引落される仕組みである。 引落時の科目欄には「カード」「Jデビット」「JD」・摘要欄には「加盟店のカナ表記」が記帳される。 の一つとして普及が期待され、・各社・・・国内(初回保険料支払い)・クレピコ(車載の)や、・全ての・・・・、殆どの・で2000年より順次利用可能となっているが、大手行のうち・・とは当初は参加せず利用不可であった(2016年時点ではセキュリティタイプICカードおよびディズニーデザイン 以外は利用可能 、とあおぞら銀行は利用不可。 また、一部の県域全体におけるや小規模な、職域、2000年以降設立された(ネット系や流通系)で利用できない機関が多い)。 利用金融機関によってはJ-Debit取引歴を優遇サービスに加点したり、不正使用保険を付帯しているところもある。 を使用するため、対応するを有するクレジットカード加盟店は、J-Debitの加盟店を契約締結することで同時に取り扱うことが可能となっている。 利用可能時間は各金融機関に委ねられており、利用者側の利用時間は概ねの引出可能時間と同一となっている。 利用に当たっては、コアタイムが設けられており、基本的には最低限使える時間帯の取り決めはなされているため、通常は、の稼働時間帯は最低限利用可能であるが、引落口座もしくは加盟店一方の金融機関がメンテナンスでを停止すると日中でも利用不可となることがある。 対応するキャッシュカードをそのままデビットカードとしているため、利用者の年齢・属性に制約がない(家族以外の第三者が使用すると不正引出とみなされる)。 ただし、2006年頃より不正引出抑制から1日の引出限度額(50-100万円程度)にJ-Debitの利用可能額が内包されるようになったため、保険料支払いなどクレジットカードでは扱えない高額決済を希望する場合は金融機関の窓口で引出限度額の引き上げで対応する必要がある。 また、この時より日本でもブランドデビットカードが上市し始めたことで、取扱総額は2005年の8016億円を頂点に減少傾向にある。 日本デビットカード推進協議会では定期的にキャンペーンを実施しているが、加盟店数は約45万店で頭打ちとなっている。 クレジットカードや電子マネーに比べデビットカードの利用率は低い。 ローソン [ ] のでは、もともとJ-Debit加盟店として日本デビットカード推進協議会加盟の全金融機関発行のキャッシュカードを扱うつもりだったが、加盟金融機関へ支払う手数料率などの諸問題で実現せず、その手数料率などの問題をクリアした以下の金融機関と個別に提携し、2001年の更新時よりPINパッドを備え付けて取扱を開始している。 そのためローソンでは単にデビットカードと案内している。 ゆうちょ銀行、大垣共立銀行(に取扱終了)、東和銀行、島根銀行、西京銀行、全国の信用金庫 には、おサイフの名称で、を発行している。 フィリピン [ ]• - VISAエレクトロンと提携 脚注 [ ] []• Digital Innovation Lab 2017年11月22日. 2018年12月13日閲覧。 2017年12月13日. 2018年12月13日閲覧。 JCBについては、指定料率 1. 後年発行開始された、JCBデビットを申し込んだ場合は、JCBに差し替えとされ、有効期限に関わらず、既存のVISAデビットは経過をおいてから使用中止となる。 逆に、JCBデビット利用者が、当カードを申し込んだ場合も、同様にJCBデビットが使用できなくなる。 ジャパンネット銀行. 2016年8月2日閲覧。 初年度無料。 2年目以降、年間5万円の利用で翌年無料。 琉球銀行. 2016年3月20日閲覧。 外貨口座開設者がVISA加盟店でショッピングをした場合で、円からアシスト 海外のショッピングや海外ATMの引き出しで外貨普通預金口座の残高が足りない場合に、円普通預金口座から自動的に不足分の充当して引き落とすサービス を利用できる場合は、1. 例:1米ドルあたり15銭• ソニー銀行. 2016年8月2日閲覧。 住信SBIネット銀行. 2016年3月20日閲覧。 住信SBIネット銀行. 2016年8月2日閲覧。 北國銀行. 2016年5月28日閲覧。 初年度無料、次年度以降1,000円(税別)。 前年1年間の利用金額10万円以上で翌年の年会費も無料• PDF プレスリリース , 北國銀行, 2017年11月24日 , 2017年11月25日閲覧。 初年度は無料• HTML プレスリリース , 楽天銀行, 2016年3月28日 , 2017年11月25日閲覧。 HTML プレスリリース , 楽天銀行, 2017年11月20日 , 2017年11月25日閲覧。 携帯電話料金の引き落とし口座に設定するなどの条件によっては無料となる。 年会費初年度無料• 前年1年間の利用金額10万円以上で翌年の年会費も無料• 初年度年会費は無料。 次年度も所定の条件を満たせば、年会費が無料• 2年目以降は、条件付きで無料• 2年目以降は、条件付きで無料• 初年度の年会費は無料。 条件付きで翌年の年会費が無料• 一般カードは、初年度の年会費は無料。 2年目以降は、条件付きで無料• 一般カード無料。 PLATINUM 10,800 税込。 新規発行ないしは一旦使用不可に切り替えたものないしは、新システム稼働以降の当面の間に使用可能にする手続きをしなかった場合• 日本デビットカード推進協議会. 2016年8月21日閲覧。 日本デビットカード推進協議会. 2016年8月21日閲覧。 日本デビットカード推進協議会. 2016年8月21日閲覧。 日本電子決済推進機構、日本デビットカード推進協議会 2011年12月15日. 2019年10月8日閲覧。 ローソン. 2017年7月28日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

Visaデビットカードの引き落とし先口座を変更することはできますか?

ゆうちょ デビッド カード

「キャッシュレス決済が流行ってるけどデビットカードってどうなんだろう?」 「そういえば、 ゆうちょ銀行で見かけたJ-Debitってどういうカードなのか気になる」 「デビットカードが気になるけど、カードによって特典やシステムが違うらしいし・・・」 このように、J-Debitやデビットカードについて疑問を持つ方は少なくありませんよね。 このページをご覧いただいているあなたは、デビットカードの中でも、ゆうちょ銀行のJ-Debitについて疑問や不安、気になることがあるはず。 J-Debit(ジェイデビット)は、 ゆうちょ銀行など一部の銀行加盟店グループが発行しているデビットカード。 J-Debitについて、知識や情報を理解しておかないと、普段使うデビットカードとしては使い勝手が悪いカードと言えるかもしれませんよ。 このページの目次• J-Debit(ジェイデビット)はゆうちょ銀行のデビットカードなのか? まず、ここでは、J-Debitとはどんなカードなのか紹介していきたいと思います。 J-Debitとは、銀行口座から直接支払いができるキャッシュカードのことです。 J-Debitが発行されたのは2000年3月で、当時の富士銀行(現みずほ銀行)を中心とした 日本デビットカード推進協議会というグループがJ-Debitの開発を行いました。 ゆうちょ銀行は、日本デビットカード推進協議会の発足直後からグループに加盟している金融機関ということもあり、 いち早くJ-Debitを郵便貯金のキャッシュカードシステムに組み込みました。 ただ、J-Debitは日本で最初にデビット機能をスタートさせたパイオニアだったんです。 しかし、パイオニアとしてのJ-Debitの運用は、「加盟店数の少なさ」というデメリットがありました。 国際ブランドであるVISAやJCBのデビットカードは、クレジットカードが使える加盟店でも使えるため、ほぼ全てのスーパーやコンビニ、デパート、レストランで利用可能です。 しかし、J-Debitは日本デビットカード推進協議会に加盟している商業施設でしか利用できないという制限があったんですよ。 加盟店数の少なさが致命的なデメリットであり、J-Debitの知名度を下げる原因にもなっています。 J-Debitのデメリット• 加盟店数の少なさ• 海外で使えない• オンライン決済ができない• 加盟店数が少ないというのは、キャッシュレス決済ができるデビットカードにとってはかなり致命的なデメリットになりますよね? J-Debitが発行された当時は、日本全国45万店舗で利用できると言われていました。 ただ、 現在では3万店舗ぐらいしか、J-Debitに対応していません。 国際ブランドである「VISA」や「JCB」は、全世界規模で4400万店以上(VISA)、400万店以上(JCB)あり、3万店舗でしか利用できないJ-Debitに比べると、利便性に大きな差があることがわかります。 ちなみにスイーツやお弁当、ドリンクなどの買い物に便利なコンビニでは、 ローソンしかJ-Debitに対応していません。 えー! ユキは夏休みや冬休みを使って、韓国や台湾にプチ旅行に行くのが好きなのに、海外で使えないなんて、使い勝手悪すぎ〜・・・。 国際ブランドであるVISAやJCBは、海外での決済にも対応していますが、J-Debitは日本国内の加盟店だけしか対応していないため、海外では全く使うことができないんです。 海外は日本に比べて治安が悪い国が多く、スリや置き引きなどの犯罪にあう可能性もあります。 デビットカードが海外で使えれば、多額の現金を持ち歩く必要がないため、 防犯という意味でも便利ですよね。 ショッピングなどのインターネット通販ですが、 J-Debitはネット通販の支払いに使うことはできません。 理由はJ-Debitにあるのではなく、インターネット通販の決済可能方法にJ-Debitが対応していないということがあげられます。 国際ブランドであるVISAやJCBは、クレジットカード枠として利用できる場合が多いです。 ユキみたいに楽天市場やアマゾンで洋服や生活雑貨、雑誌、コスメを買うことが多い場合は、J-Debitは使い物にならないね・・。 ただ、J-Debitには残念ながら、 カードを使ってもポイントやキャッシュバックといった還元サービスが全くありません。 ですから、スーパーやコンビニ、デパートなど普段の買い物などでJ-Debitを使ってもおトクにはつながらないというのが、不人気の理由のひとつでもあるんです。 デビットカードを選ぶ時の秘訣でもありますが、デビットカードを選ぶときには、ポイントバックやキャッシュバックなど、どれだけおトクになるのかという点を考慮した上でデビットカードを選ぶべきです。 J-Debitが持つ唯一のおトクなメリットは、 現金を引き出す際のATM手数料がかからないという点です。 現金をATMから引き出す際には、金融機関によってはATM手数料が発生する場合があります。 J-Debitを買い物の決済にすれば、現金を引き出す必要がないため、数百円ではありますが、おトクに使えます。 ただ、このメリットは他の国際ブランドのデビットカードでも同様のことが言えるため、他のデビットカードに比べて優れているというわけではないため注意しておきましょうね。 「J-Debit(ジェイデビット)」は、「不正利用補償」がついているというメリットもある 先ほどは、J-DebitのメリットとしてATM手数料が必要ないという点をあげました。 ただ、それ以外にもメリットはあります。 これはおトクというよりも、利用者の万が一に備えたメリットといえるでしょう。 そのメリットとは 「不正利用補償」が付帯しているということです。 不正利用補償とは、万が一盗難や紛失などで、第三者にJ-Debitが使われてしまった場合、被害額を保証してくれるというサービスです。 普段使いなら「J-Debit」よりも他のカードが優秀 ここまでは、J-Debitのデメリットを中心に解説してきました。 先ほども言いましたが、国際ブランドのデビットカードは、加盟店数が世界規模で多いです。 大手銀行と言えば、メガバンクである三菱UFJ銀行やみずほ銀行をはじめ、デビットカードに強い企業系ネット銀行(楽天銀行、セブン銀行、イオン銀行など)からもデビットカードが発行されています。 また、デビットカードを選ぶ際には、ポイント還元率やキャッシュバック還元率を比較することも重要ですが、それ以上に、「銀行取引での特典」を忘れてはいけません! 銀行取引の特典で代表的なのは、やはり 「ATM手数料の無料特典」でしょう。 他にも他行宛振込手数料の無料特典などもありますが、一番影響があるのはATM手数料です。 ATM手数料は一回の利用につき108円~216円がかかりますよね。 現金を引き出す回数が多ければ多いほど、 手数料分のお金を損してしまいます(涙) デビットカードの中には、デビットカードの発行でATM手数料が無料になる特典が受けられるカードもあります。 代表的なのは、デビットカード発行元の金融機関としてメガバンクの「三菱UFJ銀行」です。 メガバンクのデビットカードということもあり、知名度が高く、セキリュティがしっかりしていることが特徴でもあります。 また、地方銀行と違い全国に支店があるため、 ATM手数料を節約しやすいこともメリットです。 三菱UFJ銀行のATM手数料は 平日土日ともに8:45~21:00までは無料で利用できます。 もちろん、 付帯保険も充実! まとめ【「J-debit(ジェイデビット)」は使い勝手が悪い】 ここでは、J-Debitについて解説しました。 J-Debitは、ゆうちょ銀行など「日本デビットカード推進協議会」に加盟している銀行が発行している 「デビット機能付きキャッシュカード」です。 そんなJ-Debitは、暗証番号を入力するだけで決済が可能なキャッシュレスカードという特徴があります。 ただ、加盟店が少ないことや、海外で利用できないこと、オンライン決済ができないといったデメリットに加え、ポイント還元やキャッシュバック還元など他のデビットカードができる「当たり前」ができないカードなんです。

次の