犬 腎臓 病 りんご。 犬が腎臓病のときに果物は与えてもいいの?

犬の腎不全はどんな病気?症状・原因、治療費・治療法なども紹介

犬 腎臓 病 りんご

この記事でまとめたこと• 犬の腎臓病『慢性腎不全』、原因は? 慢性腎不全は食事や他の病気といった原因で生じます。 食事で過剰なリンやタンパク質を摂取し続けることで腎組織にダメージが蓄積され、腎不全に繋がります。 また、糖尿病やがんといった病気が原因となり引き起こされることもあります。 犬の腎臓病『慢性腎不全』、症状は? 慢性腎不全は症状が出たときには、すでに病気が進行していることがよくあります。 初期症状としては、多くの水を飲み、おしっこに行く回数が増えるといった明らかな症状は見られません。 しかし、症状が進行すると食欲の低下、体重減少、おしっこの臭いがしなくなる、口臭がキツくなるといった症状が出てきます。 また、末期にはけいれんなどの神経症状がみられることもあります。 関連記事 犬の腎臓病『慢性腎不全』、治療法は? 慢性腎不全は血液検査と尿検査によって診断することができます。 慢性腎不全は進行性の病気なので、一度かかってしまうと完治させることができません。 治療方法は病気の進行を遅らせる保存療法と、病気の症状を軽減する対症療法の2つがあります。 多くの場合、両方同時に行われますが、病気の進行状況によっても治療法は異なるので、獣医師とよく相談して、納得のいく方針をとりましょう。 犬の腎臓病『慢性腎不全』、食事はペットフードでいいの? 愛犬が腎臓病と診断されると、ホームケアの方法が気になりますよね。 特に、食事が腎臓に負担をかけないか心配になることも。 慢性腎不全を進行させないためには、腎不全の動物用に作られた腎臓病専用の食事に変えることも重要です。 犬の腎臓病『慢性腎不全』の初期症状がみられたら、すぐに病院へ 慢性腎不全は、発症するまで初期症状がほとんどありません。 飲む水の量やおしっこの回数が増えたと感じたら念のため病院で検査するのがおすすめです。 完治することはありませんが、保存療法や対症療法など症状を緩和できる方法はありますので、獣医師と相談しながら愛犬と一緒に腎臓病と向きあっていけるといいですね。

次の

犬の腎臓病「腎不全」とは?初期症状は?治療で完治するの?

犬 腎臓 病 りんご

犬の腎臓病の3つの前兆症状 1. 水をたくさん飲む 水をたくさん飲むのは、腎臓病の前兆症状です。 なるべく早く動物病院を受診しましょう。 早期に発見することができれば、その分腎臓病の経過を遅らすことができます。 たくさん尿をする 水をたくさん飲むのと同様に、たくさん尿をするのも腎臓病の前兆症状です。 尿をたくさんした場合は、腎臓病の疑いがあるため、なるべく早く動物病院を受診してください。 痩せてきた 見てわかるほど痩せてきたのであれば、腎臓病の疑いがあります。 動物病院にて検査を受けることをおすすめします。 今までどおり食べているのに痩せてきたのであれば、より腎臓病の可能性が高いです。 犬の腎臓病の代表的症状 1. 尿毒症 初期(ネフロンが半分残っている時期)はほとんど症状に出ることはありません。 しかし、ネフロンが残り25パーセントほどになると、水をたくさん飲んだり、尿の量が増えるなどの症状が出てきます。 そして、ネフロンがほとんど働かなくなり、体外に毒素が出なくなり尿毒症となります。 尿毒症はとても危険な状態になります。 嘔吐や下痢が起こったり、脱水症状になったりします。 犬の腎臓病の3大原因とは 1. 血液量の変化 腎前性腎臓病の場合は、腎臓に流れてくる血液量の変化が原因です。 心臓病、貧血、脱水などによる腎臓病がこれです。 腎臓の障害 腎臓そのものの障害が原因で起こる腎臓病もあります。 腎性腎臓病と言います。 外傷、感染症、薬物などによる腎臓病がこれです。 尿路系の障害 腎後性腎臓病の場合は、尿路系の障害が原因です。 腫瘍や尿石症など、うまく体外へ排出できずに起こる腎臓病がこれです。 犬の腎臓病への応急処置 1. 食事を変える 自分でできる処置としては、食事を変えることです。 もし、人間が食べている物を与えていたのであれば、もう与えないようにしましょう。 人間が食べているものは、犬用ではありませんので腎臓に負担がかかってしまうのです。 また、腎臓病の場合、食欲が落ちてくることが多いです。 そのため、しっかりと食べてくれるものを選択することが重要です。 例えば、食べ物を温めてあげると食べてくれる可能性も高くなります。 また、1日の食事を3,4回に分けてみてください。 さらには、一般的な食事ではなく、腎臓病用の療法食であるのが最も良いでしょう。 それ以外の処置は、自分では行うことができません。 犬の腎臓病への検査方法 1. 血液検査 血液を採取し検査を行います。 血清クレアチニンと血中尿素窒素BUNの数値を見て判断します。 血清クレアチニン濃度の数値を見てステージを分類しています。 犬の腎臓病への4つの治療方法 1. 食事療法 もし、人間が食べている物を与えているのであれば、与えることを止めましょう。 人間が食べているものは、犬にとっては腎臓に負担が大きいです。 このように食事を改めることも立派な食事療法です。 また、食べ物の中に含まれるリンを制限することによって治療に当たります。 検査 定期的に病院に受診をして検査を受けるようにしてください。 腎臓の検査は常に行う必要があります。 点滴 点滴を行うことで、腎臓の働きを促すことができます。 毎日行うので、金銭的にも大きな負担になります。 また、犬が痛がることがありますので、その点でも心配になってしまうことでしょう。 しかし、それでも点滴は必要なことなので、覚悟をして取り組むようにしてください。 薬 薬を継続的に飲むことで腎臓の働きを助け、腎臓病の進行を防ぎます。 腎臓病を発症したら、飲ませ続けないといけません。 犬の腎臓病へ日常からできる2つの予防ポイント 1. 食べ物に気をつける 特に拾い食いをしている犬に注意しなければいけないのが、食べ物です。 中毒を起こしてしまうような食べ物を食べさせてしまうと、それが原因で腎臓に負担がかかってしまいます。 そのようなことがないように、しつけをしておいたり、部屋に食べ物を置いておかないなどの工夫をする必要があります。 中毒症状を起こしてしまうような食べ物であればなおさらです。 食事に負担をかけない 負担のかかる食事をしてしまうと、腎臓病にかかる可能性が高くなります。 リンやミネラルが多く含まれていると、犬の腎臓に負担がかかってしまいます。 そのため、ドッグフードを購入する際は、安易に選ぶのではなく、どういったものが入っているのかチェックをしたうえで、購入をするようにしてください。 今回のまとめ 犬の腎臓病の前兆症状は、水をたくさん飲む、たくさん尿をする、痩せてきた。 犬の腎臓病の代表的症状は、尿毒症。 犬の腎臓病の原因は、血液量の変化、腎臓の障害、尿路系の障害。 犬の腎臓病の場合への応急処置は、食事を変える。 犬の腎臓病の検査方法は、血液検査。 犬の腎臓病の治療方法は、食事療法、検査、点滴、薬。 犬の腎臓病のへ日常からできる予防ポイントは、食べ物に気をつける、食事に負担をかけない。

次の

腎臓ケアドッグフードのオススメ人気比較ランキング 2019

犬 腎臓 病 りんご

「リンゴを犬に与えても大丈夫ですか?」という質問をいただくことがあります。 リンゴには、犬にとってプラスとなる栄養成分が含まれる一方、気を付ける点もあります。 このページでは、動物栄養学の知見にもとづきながら、犬にとってリンゴの是非をチェックしてきたいと思います。 <目次>• リンゴポリフェノールの犬への効果 リンゴには、色々な栄養成分が含まれています。 その中で、「ポリフェノール」や「フラボノイド」は犬にも有用な栄養素です。 リンゴには多種類のポリフェノールが含まれています。 ポリフェノールやフラボノイドは、種類によって機能が異なっており、多種類のポリフェノールを含むリンゴは、それだけ様々な効果が期待できます。 リンゴポリフェノールの抗酸化力 ポリフェノールやフラボノイドの代表的な作用は、「抗酸化力」にもとづきます。 犬の体内で「酸化」は健康トラブルや老化の一因となっています。 その酸化に対抗する力を、リンゴポリフェノールは有しています。 また、犬の栄養学上、「」「」の節約につながることもポリフェノールのメリットです。 ポリフェノールは、ビタミンCやビタミンEと同じような機能を果たすため、ビタミンCの体内合成など、犬の代謝で負担が少なくなるのです。 血糖値アップの緩和、デトックスにも リンゴポリフェノールは、ある種の成分をからみとり、体外に排出する力をもっています。 例えば、犬の腸内で糖質や脂肪、重金属などをからみとってくれます。 そのような作用により、血糖値の急な上昇をおさえたり、整腸作用・デトックス(毒素排出)にもつながる役割を果たします。 リンゴの食物繊維と犬の腸 リンゴには、食物繊維も豊富に含まれています。 リンゴに含まれる食物繊維は、主に「ペクチン」と呼ばれる成分です。 ペクチンは、ジャムを作るときに独特の粘りをうむ成分です。 リンゴのペクチンが、犬にどのような影響を与えるのか、みてみましょう。 リンゴ・ペクチン、犬の腸への影響 リンゴのペクチンは、比較的、犬の腸へのダメージが少ない食物繊維です。 そのため、適量のリンゴペクチンは、犬の便質などにも良い影響を及ぼします。 しかし、過剰なリンゴペクチンは、注意が必要です。 ペクチンやペクチン分解物が、犬の腸内で増えると、水分量が多くなるとともに酸性化が進みます。 そのような腸内変化により、犬が下痢をしてしまうこともあります。 また、犬は、もともと「肉食性が強い雑食動物」とされています。 肉食性が強い犬は、食物繊維に対してデリケートな面があり、リンゴペクチンも量が多すぎると負担になります。 小型犬であれば、私たち人間の一口サイズのリンゴで十分な量ですし、大型犬でも一切れ以上は与えない方が良いでしょう。 ) リンゴの有機酸と犬の代謝 リンゴには、クエン酸やリンゴ酸など、「有機酸」と呼ばれる成分が多く含まれています。 有機酸は、人で様々な有用性が知られていますが、犬にもメリットのある成分です。 リンゴ有機酸の犬へのメリット• 肉類などの消化を助ける• 悪玉菌をおさえ、腸内細菌バランスを整える• 疲労回復• シュウ酸カルシウム結石の対策 これらのは、犬にとって有機酸のメリットとして期待できる要素です。 シュウ酸カルシウム結石の対策について 犬に増えているトラブルの一つに「シュウ酸カルシウム結石」があります。 犬の結石といえば「ストルバイト結石」と呼ばれるものが多かったのですが、最近は「シュウ酸カルシウム結石」も増えています。 有機酸は、シュウ酸カルシウム結石の原因となる、犬の尿中のカルシウムをくっつけ、外に排出してくれます。 そのため、リンゴに含まれるクエン酸などの有機酸は、シュウ酸カルシウム結石の対策にもプラスに働きます。 リンゴの糖質と犬の血糖値 犬にとって、リンゴのデメリットと考えられる栄養の一つが「糖質」です。 リンゴには、果糖・ブドウ糖・ショ糖などの糖質が含まれています。 リンゴ100gあたり、糖質は13g前後含まれていると報告されています。 リンゴに含まれる果糖・ブドウ糖・ショ糖などは、犬の血糖値を上げやすい糖質です。 そのため、糖尿病やがん(癌)のワンちゃんは、リンゴを控えめにした方がよいですし、健康な犬でも、肥満対策も含めて過剰に与えるのは良くありません。 糖質の数値ほど犬の血糖値を上げない理由 一方で、含まれる糖質の種類・含量ほど、リンゴは犬の血糖値を上げない面もあります。 なぜでしょうか? 血糖値をさほど上げない理由は、リンゴに含まれる「ポリフェノール」「食物繊維」のおかげだと考えられます。 これらの成分が、犬の消化プロセスで糖質をからめとり、吸収スピードを遅くするとともに、外部へ排出することにも寄与してくれます。 まとめ• リンゴのポリフェノールには、抗酸化力やビタミンC・ビタミンEの代替、血糖値アップの緩和やデトックスなど、犬にとって様々な有用性がある。 リンゴには食物繊維「ペクチン」が豊富。 整腸作用が期待できる一方で、食べすぎは下痢などの恐れがあり、注意も必要。 リンゴに含まれるクエン酸・リンゴ酸などの有機酸も犬にメリットのある成分。 肉類の消化サポート、腸内細菌のバランス適正化、疲労回復などに加え、シュウ酸カルシウム結石対策にも貢献する。 リンゴの栄養素で注意すべきは「糖質」。 犬の血糖値を上げやすい糖質が多く含まれている。

次の