籠城 類語。 「籠もる」の意味は?使い方・類語を解説 | 言葉手帳

「籠絡」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

籠城 類語

ろうじょう【籠城】とは。 意味や解説、類語。 [名] スル 1 城などの中にたてこもって敵を防ぐこと。 「籠城作戦」2 家などにこもって外に出ないこと。 「籠城して受験勉強に励む」 — goo国語辞書は30万語以上を収録。 政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。 デジタル大辞泉 — 籠城の用語解説 — [名] スル 1 城などの中にたてこもって敵を防ぐこと。 「籠城作戦」2 家などにこもって外に出ないこと。 そこから転じて、 現在では「家などに引きこもって一歩も外に出ないこと」という意味で用いられています。 たとえば、「誰かが部屋にこもって黙々と作業をしている様子」や、「犯人が 籠城(ろうじょう)の類語やシソーラス。 [英] confinement[使い方]〔籠城〕スル 籠城して原稿を書き上げる 犯人は人質とともに籠城を続けている〔蟄居〕スル 故郷に蟄居している 蟄居謹慎を命じる[使い分け]【1】「籠城」は、元来は敵に 「籠居」「籠城」 「籠」の意味; gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。 保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。 この籠城にあって日本人柴五郎の存在は大きく、籠城成功に多大な寄与をしたと言われる。 例文帳に追加. It is said that the presence of the Japanese Goro SHIBA was important during this siege, and he contributed greatly to the defensive success. [英] confinement[使い方]〔籠城〕スル 籠城して原稿を書き上げる 犯人は人質とともに籠城を続けている〔蟄居〕スル 故郷に蟄居 籠城側の目的は当然上記の目的の阻止となるが、他に籠城戦を選択する目的としては次のようなものがある。 なお、積極的な戦略としてではなく、野戦での敗戦や電撃的な奇襲などにより籠城戦を余儀なくされるケースもある。 時間を稼ぐ 唯一、抵抗らしい抵抗を見せたのは勝頼の弟である仁科盛信が籠城する高遠城だけであった。 例文帳に追加. — Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 籠城を余儀なくされた外国人は925名に上るが、戦死者は20名ほどであった。 例文帳に追加. There were 925 foreigners besieged, but there were only twenty resulting deaths. — Wikipedia日英京都関連文書対訳 さらに天正9年(1581年)には因幡鳥取城が餓死者が出る籠城戦の末陥落し、城主吉川経家が自害している。 例文帳に追加 In 1581, the Tottori-jo Castle fell after a siege during which defenders starved , and Tsuneie KIKKAWA, who was the lord of the castle , committed suicide. 戦国時代籠城作戦で勝った大名っているんですか?籠城のメリットを教えてください。 食料が底を付くなどデメリットが多いと思うんですが、、、 籠城戦で勝った事例など星の数ほどあります、武田信玄、 Read: 93 城に立てこもるというと、ちょっとネガティブな印象がありますよね。 いくさになると、先に野戦があり、そこで勝てないときに城に立て籠もるイメージがあるので、追い詰められている感は否めません。 の辞書で調べましたが、出てきませんでした・・・ 篭城ってどういう意味ですか?Yahoo! の辞書で調べましたが、出てきませんでした・・・ 籠城のことですよね・・・。 辞書でありました Read: 6719 北京籠城 北京籠城の またそれは西太后の地位を守るための代償という意味合いもあった。 義和団の乱の責任は端郡王載漪や剛毅ら数人の重臣と地方官僚50人ほどに帰せられ、処刑もしくは流刑を言い渡 最大71,920人: 200,000人以上 北京の外国公使館地区に籠城した11か国の居留民は約3000人で、それを守る海兵隊や水兵の部隊は合わせても約500名。 それらの兵力によって女性や子供を守りながら、戦わなければならなかった。 出演者: チャールトン・ヘストン, エヴァ・ガードナー, 籠城とは、城にたてこもって敵を防ぐ戦法。 つまり「集団的引きこもり」であるが、現在では「展覧会の出品作を仕上げるためにアトリエに籠城する」などと「個人的引きこもり」についても慣用的に使う。 ただし、「籠城」が普通の「引きこもり」と違うのは、「敵を退散させる」「作品を 「籠城」というもともとの意味から考えると、be beseiged 「包囲される(つまり動けなくなる)」、be confined「閉じ込められる」などが思いつきますが、今回の例ではそういうことではないようにと思います。 無理やり使うなら I decided to confine myself indoors today. 【夢占い】隠れる夢に関する10の意味とは 夢占いで隠れる事は、一時的な現実からの逃避や避難を意味します。 籠城という選択肢を選んだ瞬間、敵の総大将を討ち取る術はほぼ消滅するため、 籠城戦法を取って、勝利を掴むには実質二つしか道はない。 著者: Aniwotawiki 「蟄居」の読み方・意味 14日の会議で熊本籠城が決まり、これに合流することを命じられた乃木希典少佐は17日に帰着後、先発して2個中隊(第一大隊の第三第四中隊 を熊本に先行させる。 中隊は19日には熊本城に到着し籠城戦に参加することになる。 明治政府 大日本帝国陸軍 大日本帝国海軍 東京警視本 : 長尾景春 かげはる の乱とよばれる戦いは30回以上を数え、反乱軍が籠城、太田道灌 どうかん が城攻めを行った。 道灌は足軽戦法を用い、雑兵を組織化、陣城をもって敵方城郭を攻めて、21か城をすべて攻略したと伝えられる。 今回ご紹介する言葉は、ことわざの「当たるも八卦当たらぬも八卦」です。 言葉の意味・使い方・由来・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。 プログレッシブ和英中辞典 第3版 — I 〔城にこもること〕敵軍によって1か月の籠城を強いられた|The castle was besieged by the enemy for a month. II 〔ある場所にこもること〕雪のため山小屋に2日間籠城した|Because of the snow, we were confined for two days in a mount 「一献」の読み方と意味 八雲立つ ・・・・の和歌の意味を解説されている文に「妻を籠らすために・・・」とあります。 この読みを教えてください。 よろしくお願いいたします。 八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣をやくもたつ いずもやえが 小田原合戦時のこと、戦術をめぐる評議における論争で、老臣松田憲秀は籠城を主張したのに対し、北条氏康の四男である北条氏邦は箱根に出撃する野戦を主張して意見が分かれ、また降伏に際しても仲介ルートの選択で結論が出るまで意見が分裂したと 別表記:籠城 建物の中などに閉じこもること。 元は合戦において城内に立てこもり 応戦することを指した。 現在では活動拠点から断固として 離れないといった意味でも用いる。 長尾景春 かげはる の乱とよばれる戦いは30回以上を数え、反乱軍が籠城、太田道灌 どうかん が城攻めを行った。 道灌は足軽戦法を用い、雑兵を組織化、陣城をもって敵方城郭を攻めて、21か城をすべて攻略したと伝えられる。 ジャイアントロボ バベルの籠城とは? 『ジャイアントロボ バベルの籠城』(ジャイアントロボ バベルのろうじょう)は、原作:横山光輝・脚本:今川泰宏・漫画:戸田泰成による日本の漫画作品。 『チャンピオンred』(秋田書店)にて、先行版の読み切 このコンテンツはSNSサイトmixi内「日本の城と籠城戦」コミュニティで武将絵師:真壁太陽氏が書いた文章を掲載しています。 今回ご紹介する言葉は、ことわざの「当たるも八卦当たらぬも八卦」です。 言葉の意味・使い方・由来・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。 小田原合戦時のこと、戦術をめぐる評議における論争で、老臣松田憲秀は籠城を主張したのに対し、北条氏康の四男である北条氏邦は箱根に出撃する野戦を主張して意見が分かれ、また降伏に際しても仲介ルートの選択で結論が出るまで意見が分裂したと 【読み】 さじょうのろうかく 【意味】 砂上の楼閣とは、一見すると立派に見えるが、基礎がもろくて長く維持できない 「一献」という言葉の意味や読み方、使われ方、類語について紹介していきます。 お酒の場で使われることが多い言葉である、「一献を傾ける」の使い方も紹介していきますので、是非参考にしていただければと思います。 現代では上記の意味から、戦略が、組織などが運営していくための将来を見通した方策や、目標を達成するためのシナリオ。 戦術は、目標を達成するための具体的な手段、実践的な計画といった意味で使わ マンダリンとは、中国語のことでしょうか?中国語にも色々あると思うのですが、広東語など、どの地域の言語のことでしょうか?みなさん答えているようですが、わたくしも。 まず、マンダリン mandarin はポルトガル語から英語に入りまし 籠城するを解説文に含む見出し語の検索結果です。 前者は今までデスハンズや閣下がやってたことをドラサイでできるようになるので闇を入れる意味がなくなります。 校舎はサッヴァークやロージアだして殴る。 バーン。 勝ち! 「篭城戦」の意味は戦における戦法のうち、城をはじめとする自陣の拠点に立てこもり(籠城)、守備を主体として戦うこと。 Weblio辞書では「篭城戦」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説してい 前回の記事で耐火に関する基本的な用語(耐火建築物・省令準耐火など)を解説しましたので、今回はその補足のような感じで、防火区画という言葉の意味についてわかりやすく説明していきたいと思います。 で、防火区画について勉強するのであれば、ついでに防火 英単語の中にはいかにも不思議なものもありますが、そのうちの1つが「マンダリン」といえます。 この「マンダリン」はどういう意味があり、その語源にはどのようなものがあるのでしょうか。 今回は、一風変わった英単語である「マンダリン」の意味や語源、由来を見ていきます。 しかし、近年の研究により信長に仕える前の若き光秀が田中城という城に籠城していたという記録が出 のは、いざという時に平城では守り切れない時に立て籠もる城で最期の拠点というような意味合いの 今日のキーワード 父子帰省. 盆や正月などの休暇に父親と子どもだけで父親の実家へ帰省すること。 妻と義父母の双方が気疲れをしなくて済む、妻が子育てから解放される、父親と子どもが絆を深めることができるなど、様々な利点があるとされる。 「籠」の書き方・筆順 書き順 解説です。 文字の美しい書き方の基本の一つが筆順 書き順 です。 一般的で自然な筆運びをアニメーションで紹介しています。 日本軍将校の柴五郎を伊丹十三が演じている。 とはいえストーリーは欧米人中心であり、そちらの活躍が目立っていた。 その籠城戦を作者は、柴五郎が実質的な指揮官である等の史実を踏まえながら、斬新なドラマにしたのである。 【11月21日 AFP】(写真追加)5日にわたり警察の包囲下にある香港理工大学(Hong Kong Polytechnic University)では21日、展開する警官隊の人数は目に見え 籠城している方がいつインするか分かんないもんね。 力攻めやだなー、兵士すごい減っちゃうし。 以前同盟した方で、籠城している城をガン無視して次の敵プレイヤーの領土へ向かっていく人がいました。 ある意味良い戦略。 毛利元就郡山籠城日記とは? 毛利元就郡山籠城日記(もうりもとなりこおりやまろうじょうにっき)は、安芸国の国人領主・毛利元就が吉田郡山城の戦いについて記録した文書。 これを含む「毛利家文書」は重要文化財に指定されており[1]、本日記 [ 蔚山籠城]の項目はありません。 情報提供元のWikipediaにはこの項目があるかもしれません。 もし項目がない場合はWikipediaに参加してこの項目を追加しませんか? [蔚山籠城] の項目をWikipediaで探してみる。 [蔚山籠城] の項目をウェブから探す また、戦国時代の軍事戦法用語では、籠城する敵地の青田を刈り取り、兵糧不足にして敵の動揺を誘う戦法を「青田刈り」とも言うが、早期内定を意味する「青田刈り」の語源とは直接結びつかない。 まあ確かに怖い 城を所有している夢はプライドが高く自分が持っているものを必死で守ろうとしていることを暗示し、美しい城の夢や立派な城の夢は自らに誇りを持っていることを暗示しています。 また頑丈な城の夢は自己防衛本能が強いことを暗示し、城に招かれる夢はバックアップを受ける可能性を暗示し 近代以降の俳句において、正岡子規 まさおかしき が果たした役割はとても大きなものでした。 「写生」に基づいた現実密着型の俳句からは力強さを感じることもできます。 」の文の中に、「逆も真」とはどういう意味ですか、「真逆」の勘違い言い方ですか?セリフの意は独りよがりでだいたい分かったと思って、「その逆に使う 籠城して時間を稼ぐことに意味があるのは、援軍が期待できる場合に限られるでしょう。 しかし、首里王府に背いてまで、安慶名の按司を助けようとする按司はいなかったはず。 大戦における日本の立場も 黄砂の籠城著者松岡圭祐—恥ずかしながら、義和団の乱という言葉くらいしか知識はなく、柴五郎中佐、マクドナルド大使。。 池間哲郎先生から、お話を教えていただくまで何も知らずお恥ずかしい日本人であります。 一気に読み終えましたが、当時の情景が目に浮かぶ様な臨場感でした。 Post navigation.

次の

攻城戦

籠城 類語

与次郎のごときにいたると その最たるものだ。 あの君の知ってる里見という女があるでしょう。 あれも一種の露悪家で、それから野々宮の妹ね、あれはまた、あれなりに露悪家だから面白い。 ー夏目漱石『三四郎』ー 【最たるものが指すもの】• 複数のもの=露悪家• 程度が甚だしいもの=与次郎 上の引用は夏目漱石による『三四郎』の一節です。 読んだことがある人も多い作品でしょう。 大学進学を機に、九州の田舎から上京してきた三四郎の、都会で出会うさまざまな人々との交流を描いた小説です。 これは、三四郎が相談相手として頼りにしている広田という高校教師のセリフです。 「露悪家(ろあくか)」という即席で作った言葉で、身の回りの人たちを評しています。 露悪家とは、自分の欠点をわざわざさらけ出す人のこと。 自分を良く見せようとする偽善家に対する言葉として用いられています。 与次郎は授業をさぼる、借金の返済分で馬券を買ってスッてしまうなど、ちょっとだらしない人として描かれています。 信玄に威服していた連中は、後嗣の勝頼頼むに足らずとして、家康に欵(かん)を通ずるものが多い。 その 最たるものは、 作手(つくりて)城主奥平貞昌父子だった。 ー菊池寛『長篠合戦』ー 【最たるものが指すもの】• 複数のもの=武田陣営から徳川陣営に寝返った者• 程度が甚だしいもの=奥平父子 こちらは菊池寛による『長篠合戦』からの引用です。 甲斐の武田信玄の死後、後を継いだ勝頼から離反して敵対する徳川家康と親交を結ぶものが多く出ている状態でした。 家康は奥平定能(さだよし)、貞昌(おくださだまさ・のちの信昌)を引き入れようと、織田信長の助言に従い、長女を貞昌に嫁がせるなどして寝返らせることに成功します。 相次ぐ諸侯の徳川帰順に憤った勝頼は、長篠で戦を交えることを決意しました。 長篠城を任された貞昌は籠城によって武田軍の攻撃を凌ぎきり、功をあげたのです。

次の

籠城 意味

籠城 類語

概要 [ ] 古代から近世初期にいたるまで、野戦と並ぶ2大戦闘形態の1つであった。 『』では、防御に徹する守備側を攻略することは容易ではなく、攻城は下策で最も避けるべきと述べられている。 城塞の技術は、15-16世紀の、、の活躍によって大きく変化しており、この後のを攻める行為も類似の戦闘ではあるが相違点も多い。 従って、本項ではそれ以前の攻城戦を中心に記述する。 また、の攻撃力が発達した現代のでは「大軍をもって城に立て籠った敵を攻める」という行為が行われる可能性は低いが、装備品の有無や城の定義(参照)によってはこの限りではない。 古典的ななどでは会戦が多く描かれるが、実際の戦争は「小競り合い」と「攻城戦」がほとんどを占めたといえる [ ]。 城内の防御側勢力が長期に渡り守勢に徹して攻撃側と対峙し続けることは「篭城」と呼ばれ、城が攻撃側の侵入を阻止し切れずにその支配権を明け渡すことは「落城」、「陥落」と呼ばれる。 目的 [ ] 攻城戦には通常、次のような目的がある。 軍事的観点からの要衝の確保 交通の要衝など軍事的に重要な地点を確保すれば、その後、会戦をするのも持久戦に持ち込むにも有利になる。 しかし、城壁などを修復不能なまでに完全に破壊してしまえば再利用が不可能になるため、攻め手はそれに留意する必要がある。 地域の支配 地域支配の中心である城を奪えば、その地域は自ずからそれに従うようになる。 国レベルにおいてものような首都を奪えば、国全体の征服も容易になる。 富や物資の略奪 主に城壁都市の場合、そこに蓄えられた財宝、食料、物資が直接的な目的となることもある。 君主の捕獲 古代、中世の戦争はを捕らえれば終結し、逆に捕獲できなければ抵抗がいつまでも続くことが多い。 野戦では逃げられやすいが、城に追い込めば捕獲できる確率は高くなる。 籠城側の目的は当然上記の目的の阻止となるが、他に籠城戦を選択する目的としては次のようなものがある。 なお、積極的な戦略としてではなく、野戦での敗戦や電撃的な奇襲などにより籠城戦を余儀なくされるケースもある。 時間を稼ぐ 援軍の到来や敵方の兵糧不足など、時間を経過させれば勝機が整う見込みがある場合には時間を稼ぐことが出来る。 野戦での勝利が難しい 兵力不足・準備不足で野戦での勝利が見込めない場合も、籠城戦ならば兵力や準備が整えやすく、戦況を有利に持ち込みやすくなる。 作戦 [ ] 短期戦と長期戦に分けられ、これは準備や装備が異なるため区別される。 短期戦• 圧倒的な大軍を動員した上で、城兵の生命や安全な退去を保証したり、場合によっては、臣従を誓わせ人質を取るだけで、そのまま城を保有させるなどの寛大な条件を示し「開城交渉」を行う。 移動型、略奪型の行軍の中で、城兵が少なかったり、防備に欠陥が有るような城や城壁都市を攻撃する。 短期間で落城しなければそのまま移動を続けるもので、中国の軍や中世欧州地域 で行なわれた。 大規模な会戦の前に戦略的優位を占めるために、要衝の城を戦力の損耗を覚悟の上で「強攻」する。 敵が警戒していない時に「奇襲」をかけて城の内部に侵入し、城による守勢側の優位性を奪う。 長期戦• まず、補給路などを確保し防御設備を築いた上で、交通路を押さえて、城を包囲する。 、を使って城を破壊したり、あるいは鉄砲などの飛び道具で城兵の損傷を図る。 開城交渉や調略を行いながら、心理的な圧力をかける。 城設備の破壊度、相手の兵糧・物資の窮乏度、士気の低下度を確認するため時々、攻撃をかけてみる。 十分、弱まったと判断したら総攻撃である「強攻」をかける。 あるいは敵が食糧不足などでするまで、さらに滞陣する。 攻城戦の手法 [ ] 包囲 [ ] 相手の数倍の戦力をもって、城を包囲し外界との接触を遮断する。 これにより水や食料、その他の備蓄軍需物資の枯渇を図ると共に、情報を遮断することにより正確な状況判断を困難にさせ、絶望感を与え士気の低下を期待する。 攻撃側の損耗は最小で済むが長期戦になり、篭城側と同様に攻城側も食料補給が求められ、兵士の士気の維持やの発生にも留意する必要がある。 攻撃側は城内からの奇襲という戦闘前面への備えだけでなく、敵軍に援軍があれば襲撃や逆に包囲されることもあるので、周囲警戒など背後への備えも求められる。 日本では「兵糧攻め」と呼ぶことが多い。 河川を堰き止め清潔な水を使用不能にし、篭城側の生活をままならなくする「水攻め」も兵糧攻めである。 一般に、飲料水の確保や食料などの備蓄量によって守備側の篭城可能な期間が決まる。 守備側に豊富な食糧が蓄えられていると落城は容易ではないので、事前に商人を城周辺に遣わして米穀類を買い占めさせたり、付近の農民等に乱暴狼藉等を行い城内に追い込む事も行なわれた。 篭城戦では戦闘による死傷者や破壊は避けられるが、守備側では、通常の戦闘では死ぬ事の無い子供や老人など多数の餓死者を出し、など悲惨な状況が生じることがあり、その面では人道的な戦法ではない。 兵糧攻めという攻城戦の戦法はにおける、ののが代表的である。 ではが得意とし、、、で用い、攻略では対抗してを築いて包囲戦を続けるなど、大軍をもって被害を出さずに勝つ方法として有名。 近代以降では、やの発達により、包囲で籠城側の逃げ道を断った上で、などにより逃げ場のない籠城側に一方的に損害を与えることもある。 最近の例としては市街地を土堤で封鎖した上で空爆を加えたなどがある。 開城交渉 [ ] 適当な条件を示したり、脅したりしながら、開城の条件を交渉する。 互いの状況は正確には判らないために駆け引きがあり、守備側にとっては早く開城すれば寛大な措置を受け、最後まで抵抗すれば略奪や虐殺されるというを感じることになる。 日本では「調略」とも言う。 からのでは、武装解除なしで退去・明け渡しの慣習があり、将の名誉とされた。 これはの下に「誓い」が重視された文化で発生し得た合意である。 予め一定期間内に援軍が来ない場合、開城して良いと領主から指示があることも多かった。 強攻 [ ] 城壁をよじ登る、梯子、をかける、で接近するなどして城内に入りこみ、守備塔を占拠したりを開くことを試みる。 攻城側の兵士が城内に侵入できても、守備兵の錬度や士気が高い場合や、城内部にさらに守備の工夫(通路の複雑化など)が施されている場合、攻城側の損害は大きくなる。 攻略、攻城など。 城の破壊 [ ] 南フランス・プロバンス地方、レ・ボー城塞のトレビュシェット 城はやを備え、城への侵入を困難にしている。 そのため、攻撃側は強攻に先立だって、敵城の堀を埋め、城壁や城門に突破口を作り、主軍の進入路の確保する必要がある。 や、()で城門や塔、城壁などを破壊する。 移動小舎を接近させてを埋めたり攻撃のための足場を築く。 として、城壁直下に穴やトンネルを掘って壁の自重による崩壊を誘う。 後には土塁等へ火薬による直接的な破壊を行う。 火矢やなどで火をつける。 城兵の損傷 [ ] 防備の人員を殺傷して減らすことでの防御力の低下を図る。 弓兵や兵、で、城壁上や城内の敵兵を攻撃し城兵の損傷を増やす。 汚物や腐乱した死体を投げ込んで、伝染病を流行らす。 挑発するなどして敵軍を城外に誘き寄せ、野戦に持ち込む。 が有名。 内応 [ ] 利で誘ったり、真偽を問わず「当てにしている援軍は来ない」の情報を流すなどして内部での対立を発生させ、それを利用して敵兵に内応させる。 仮に内応に至らなくとも、敵兵の戦意を低下させる効果が狙える。 奇襲 [ ] 城が防御準備をしていない段階で素早く攻撃し城内に入り込む。 特に中世欧州の城や城壁都市は平時に多くの人の出入りがあるため奇襲は有効だった。 奇策、撹乱 [ ] 抜け道や内応者を使って少数の兵が城内に入り、撹乱したりを開く。 に登場するなど。 防城側(防城戦)の手法 [ ] 攻城兵の損傷 [ ]• 攻城側と同じく長弓やバリスタによる城壁上からの射撃、投石(・投石器)や落石()、丸太を投下するなどにより攻城兵に損傷を与える。 糞尿・腐った卵・病死した動物の屍骸を城壁上から投げつけ、戦意喪失させると伝染病の蔓延を兼ねる。 が城から糞尿をかけて攻撃したという説があるが、これはに発生して流行した誤伝・俗説である。 捕虜に獲った敵の首や胴体を城壁上から投げ落とし、損傷と心理的挑発・ダメージを与える。 煮え湯・煮え油・煮え粥(や糊化した澱粉)を浴びせる、あるいはと呼ばれる噴霧式で火炎放射を城壁より射掛け、城壁に貼り付く攻城兵に火傷と転落を負わせる。 挑発・戦意高揚・攻城側への戦意喪失 [ ]• による攻城側の疑心暗鬼の誘発。 やによる防城側の正当性の主張や威嚇。 などの誤情報で。 攻城側の将兵に居住場所を与えない為、城下町等を焼き払う。 食料を沢山食べさせた家畜を城壁から落として破裂させ、糧秣に余裕があることを見せ付け諦めさせる。 状態や申し込み後に宴会や舞踏会あるいは茶会などを開催し、時には敵の代表を招いてまだ防城に余裕があるところを見せ付ける。 攻城側の兵糧を奇襲や封鎖など輜重面で絶つまたは商業的または権威的に絶った上で兵糧攻めにし、こちらから食料を差し出して余裕を見せ付けるとともに屈辱を与えるもしくは温情を呼び起こさせる()。 あるいは隣国と密通して挟撃や増援を見せつけやを申し込む。 奇襲・奇策・撹乱 [ ] 抜け道を通り城外へと少数精鋭で出兵し、攻城側の背後や側面を衝く、あるいは逃亡して城から遠くへと引き付けて撹乱するなど陽動し、城内本隊と呼応して攻城側の退路を絶ち挟撃する。 救援軍 [ ] 攻城側を撃破するか撤退させられる有力な味方の救援軍を呼ぶ。 中世欧州における攻城戦 [ ] 城はやを備え、城への侵入を困難にしている。 そのため、攻撃側は強襲に先立だって、敵城の堀を埋め、城壁や城門に突破口を作り、また防備の人員を殺傷して減らすことでの防御力の低下と主軍の進入路の確保を目的とするのである。 挑発するなどして守備兵を城外に誘い出す• 火矢などで火をつける。 やで城門や塔、城壁などを破壊する。 移動小舎を接近させてを埋めたり攻撃のための足場を築き、あるいは城壁直下にトンネルを掘って壁の自重による崩壊を誘う。 城壁にを立てて兵士を突入させ、内部から城門を開くなどして進入路を確保し、自軍を招き入れる• 上記のような攻撃の際に、弓兵や投石兵、バリスタで城壁上や城内の敵兵を攻撃して作業中の味方を援護する。 中世末期には城壁基部の地盤に穴を掘り、火薬や燃焼した空気圧で城壁の崩壊を行なうこともあった 中世欧州では、大規模な軍隊の移動時にの確保が充分に行なわれることは少なかったので、攻城側は城の周囲に留まって作戦を行なえる期間が短かった。 中世欧州の攻城兵器 [ ]• - :はしごだけでは城壁の上から弓兵に射抜かれるので、覆いを備えた攻城塔となった• :矢からの防御に覆いとなる屋根(とおそらくは壁も)が備わるが、城壁上から降り注がれた熱湯、煮え油、溶解金属などからの防護能力には限界があった• (カタパルトやオナガー、トレビュシェット):石だけでなく火を放つ可燃物や動物の死体、守備側兵士の死体、他の不衛生な物なども投げ入れた• テストゥド(Testudo) :頑丈な屋根と片側の壁面、車輪を備えた長屋状の移動式小屋である。 これらを多数作り城壁近くへ移動させて廊下、ギャラリー(Gallery)を形成する。 兵士を城壁から放たれる矢や落下物から保護しながら城壁直下まで接近させ、地盤を掘るなどの破壊作業のための安全な環境を作る。 堀を埋める材料を運んだりする事にも使われる 近代戦 [ ] 攻城戦や狭義の「兵糧攻め」ではないが、近代戦においては、中の、でのバストーニュ包囲戦、でのコヒマ包囲戦がそれに近い。 例に挙げた内、攻囲側が勝利したのはハルトゥーム包囲戦と拉孟・騰越包囲戦である。 コヒマ包囲戦のはイギリス軍の空輸作戦の前に屈し、やがてインパール作戦の破滅的な瓦解へと繋がった。 では、「」と呼ばれるシリア軍による系パレスチナ難民に対する包囲戦が行われた。 これはシリア軍が難民キャンプを包囲して水・食料の供給を遮断した上に、難民達が使用する井戸周辺に狙撃ポイントを設定(井戸を使用する人間を無差別に狙撃)したため、難民側に多数の犠牲者が発生した。 包囲戦一覧 [ ] 外国の主な攻城戦・包囲戦 [ ]• 日本の主な攻城・包囲戦 [ ]• (1331年) - が初めて歴史の表舞台に出た戦い。 (1333年) - 攻城側()の死傷者数についてのが残る。 (1333年) - の主戦。 (石山本願寺包囲戦、石山戦争とも)• の干し殺し()• の飢え殺し• 日本三大水攻め [ ]• 備中の水攻め()• 紀伊の水攻め• 武蔵の水攻め() 脚注 [ ] [] 注釈 [ ] この節にはやの一覧が含まれていますが、 によって参照されておらず、情報源が不明瞭です。 脚注を導入して、記事のにご協力ください。 ( 2019年10月)• Bell, J. 1966. Besieged: Seven cities under siege. Philadelphia: Chilton Books. Duffy, C. 1975. Fire and stone: The science of fortress warfare, 1660-1860. Newton Abbot, England: Dvid and Charles. Duffy, C. 1979. Siege warfare. 2 vols London: Routledge and Kegan Paul. Fall, B. 1966. Hell in a very small place: The siege of Dien Bien Phu. Philadelphia: Lippincott. Pepper, S. 1986. Firearms and fortifications: Military architecture and siege warfare in sixteenth century Siena. Chicago: Univ. of Chicago Press. 関連項目 [ ]•

次の