交通 安全 ポスター 一年生。 交通安全ポスターで1年生・2年生(小学校の低学年)の書き方は?デザインや標語の例!

夏休み宿題ポスター交通安全・選挙・海・絵が苦手でも上手に書けるコツ!

交通 安全 ポスター 一年生

新1年生は歩行中の事故や事件に注意! 小学生になると親による送迎が少なくなり、お子さんだけでの行動が急に増えます。 歩行中の交通事故や事件が激増するのも1〜2年生にあたる7歳児です。 これまでは親に守られていたけれど、子ども自身にも〝自分で身を守る〟という意識が大切になってきます。 4月の緊張感が緩むのか、 5月・6月以降は交通事故が増える傾向があります。 登下校や学校生活に慣れても、安全・防犯面では4月と同じ緊張感を保てるようにしたいものですね。 交通安全編 注意ポイント 小学1年生の歩行中の死傷事故の約4割は登下校中に起きています。 おもに道路での注意ポイントを伝えておきましょう。 まわりに気をつけて歩くようにしましょう 活動範囲が急に広がることで、交通事故に巻き込まれやすい7歳児。 子ども自身が安全な行動をとれるよう、周囲に気を配る意識づけをしていきましょう。 周囲の車に気をつけることは、交通安全対策以外に車などで近づく不審者対策にもなります。 男の子は「飛び出し」に特に注意を 小学生があう交通事故の原因は「飛び出し」がいちばん多く、33%を占めています。 また男女の内訳は、男の子が7割以上と女の子の約2倍なので、男の子は十分に気をつけるようにしましょう。 (警視庁「子供の交通人身事故発生状況(平成28年上半期)」より。 〈2015年、交通事故総合分析センターまとめ〉 防犯編 注意ポイント 子どもをねらった連れ去り事件などを未然に防ぐために、気をつけたいことを確認しましょう。 〈警視庁ホームページ「防犯チェックポイント」(2016年7月更新)より〉 決まった道を通る約束を 近道だからといって通学路と別のルートを歩かないようにしましょう。 友だちと離れて「ひとりでいる」ことで、ねらわれる危険が高まります。 習い事や友だちの家に行くときも、なるべく人通りの多い道を選んで「この道を通る」と決めておくといいでしょう。 どんな人とも一定の距離を保ちましょう いい人か悪い人か、見た目だけで子どもが判断するのは難しいので、相手がだれでも一定の距離を保つようにしましょう。 一定の距離とは向かい合って両手を伸ばし、指先がふれない程度の距離で、誰かに声をかけられても、これ以上近づかないことを教えましょう。 この距離なら「何かあっても逃げられるね」と確認し合います。 声かけのパターンを知りましょう 不審者情報の多くは、子どもの気を引く「声かけ」行為です。 それが連れ去りなどの事件につながることもあります。 あいさつとは違う、子どもに「答え」や「行動」を求める声かけには絶対に応じないように伝えましょう。 万が一の身の守り方は 通学時だけでなく、帰宅後外出するときも防犯ブザーを携帯し、いざというとき鳴らせるよう練習しておきます。 さらに、不審者が手を伸ばしてきたら、すぐさま深くしゃがみこみ、同時に逆を向いて走って逃げます。 身長差のある大人の視界から消えることで不意をつき、逃げる隙をつくります。 入学までに通学路を親子でチェックしましょう! 子どもと一緒に家の近所と通学路を歩いてみて、交通事故や犯罪が起こりそうな場所を記した「安全マップ」を作りましょう。 気をつけたいポイントがひと目でわかりやすくなります。 朝と夕方、時間帯を変えて歩いてみましょう 商店街であっても開店前の登校時間帯は人通りが少ないというように時間によって街の雰囲気が変わる場合があります。 普段は交通量が少ない道でも時間帯によっては交通量が増えます。 いざというとき、 助けを求められる場所を確認 危険を感じたときや困ったとき、助けを求めることができる場所が子どもの行動範囲にあるか確認しておきましょう。 コンビニや「こども110番の家」もマップに書きこんでおきましょう。 教えてくれたのは….

次の

一般財団法人 兵庫県交通安全協会 令和元年度 児童・生徒の交通安全ポスター優秀作品

交通 安全 ポスター 一年生

【歩行中児童の交通事故の特徴】• 状態別では歩行中の事故が最も多い。 (過去5年合計で約6割を占める。 小学校1年生の歩行中死者・重傷者数は6年生の約3. (学年が低いほど歩行中の、学年が高くなると自転車乗用中の割合が高くなる。 1年生の第1のピークは5月中・下旬(下校中及び私用)。 歩行中死者・重傷者の約4割は飛出しが原因。 警察庁が平成26年(2014年)~平成30年(2018年)に起きた交通事故を分析したところ、歩行中の小学生の死者・重傷者はこの5年間で3,276人に上ります。 (資料:) 学年別にみると(図1)最も多いのは小学校1年生の872人で、学年が進むにつれて減少し、最も少ないのは小学校6年生の243人となっています。 死者に絞ると、最多は小学校1年生の28人で、最少は小学校6年生の5人となっています。 歩行中の交通事故については、死者・重傷者では小学校1年生は6年生の約3. 6倍、死者に絞ると5. 6倍に上ります。 大人ならば遠くまで見通せる場所でも、子供の目の高さからは見通せないことがあります。 道路脇に止まった車、塀や生け垣、立て看板などがあればなおのこと。 子供と一緒に通学路などを歩き、子供の視点から交差点や横断歩道、見通しの悪い場所などの危険箇所を確認して安全な歩き方を教えましょう。 例えばこんな場所では… ・交差点では 交差点では、信号が青のときでも、横断中に、左折・右折をする自動車が進行してきます。 低学年の子供は身長が低いため、ドライバーから見えないことも。 特にバスやトラックなどの大型車両では、子供が死角に入ってドライバーが気付かないため事故に巻き込まれる危険があります。 左右から来る自動車があることを教え、信号が青になってもすぐに渡らず、自動車が止まってから横断するよう教えましょう。 また、信号が点滅しているときに走って渡ろうとすると、右・左折の車との関係で特に危険です。 3.事故防止のため大人ができることは? 交通ルールの手本や他の通行者への思いやりを示しましょう 子供に交通事故防止を教えるためには、まず、周囲の大人がふだんからお手本を示すことが大切です。 子供が見ているところで、信号を無視したり、横断歩道がすぐ近くにあるのに、違うところを横断したりしたことはありませんか。 子供は大人の真似をします。 子供が交通ルールを守って、安全に道路を歩けるようにするために、大人も交通ルールを再確認し、交通ルールを守りましょう。 交通ルールの再確認はこちら また、自動車やバイク、自転車を運転する方が路上で子供を見かけたときは、子供は自動車などに気付かないものと考えて、運転者側が速度を落としたり、子供から間隔を開けたり、一時停止したりするなどの配慮をしましょう。 子供が道路を横断しようとしているときは、安全に横断できるよう一時停止し、渡り切るのを確認してからゆっくり発進しましょう。 通学路や住宅街では、子供が急に飛び出してくることもありますので、速度を落として通行しましょう。 信号のある交差点でも、子供を見かけたら飛び出してこないか確認してから発進しましょう。 特に、下校時は、学年ごとに行動が異なり、運転に当たっては目立ちにくいため気を付けましょう。 交通事故から大切な命を守るために、運転する方も、歩行者の方も、思いやりの気持ちをもって、子供たちの安全な歩行をサポートしましょう。 この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? Q1. この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? 1 わかりやすかった 2 まあまあわかりやすかった 3 ややわかりにくかった 4 わかりにくかった その他 (50文字以内) Q2. この記事は役に立つ情報だと思いましたか? Q2. この記事は役に立つ情報だと思いましたか? 1 役に立つと思った 2 まあまあ役に立つと思った 3 あまり役に立つと思わなかった 4 役に立つと思わなかった その他 (50文字以内) Q3. この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? Q3. この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? 1 深まった 2 やや深まった 3 あまり深まらなかった 4 深まらなかった その他 (50文字以内).

次の

第4回「交通安全ポスター・動画」コンテスト|Hondaの交通安全|Honda

交通 安全 ポスター 一年生

1年生・2年生の交通安全ポスターの簡単な書き方や流れ 交通安全ポスターの書き方:標語を決める まずは交通安全ポスターに書く 標語を決めましょう。 標語はポスターのテーマとなる、 一番重要な部分です。 どんな標語を書くかによって、ポスターのデザインも決まります。 あまり難しい漢字を選ばず、 小学校1年生・2年生が使えるような簡単な漢字を使いましょう。 習っていない漢字を無理に使うと書き慣れていないので、 レタリングも崩れてしまいます。 「交通安全ポスター 標語」と検索すれば、過去の交通安全ポスターに使われた標語が見つかります。 ぜひ参考にしてみてください。 交通安全ポスターの書き方:下書きは念入りに いきなり絵の具やクレヨンで交通安全ポスターを書き始めると、間違えてしまった時に修正が効きません。 特に交通安全ポスターは自転車や自動車、標識など細かいパーツを正確に書く必要があります。 必ず 鉛筆で下書きをしてから、絵の具やクレヨンを使いましょう。 ・ナンバープレート 自転車のブレーキや、 自動車のドアミラーは、特に書き忘れが多いパーツです。 写真や動画などでしっかり自転車や自動車を観察してから書くのがおすすめ。 図鑑などを利用すれば、自転車や自動車の仕組みを知るいい勉強にもなります。 自家用車など、実際にある車をモデルに書く場合は、 実際のナンバープレートの番号や記号は書き写さないようにしましょう。 固有名詞やキャラクターを使わない 交通安全ポスターでは、著作権の観点から 既存のキャラクターや企業名、個人名はNG。 車好きなお子さんは、ついつい自分の好きな車種を書きたくなりますが、車種が特定できるようなデザインは控えましょう。 自動車は、ベンツやBMWなど、そのメーカーのものとして、広く認知されているマークも使用できません。 自分の好きなアニメのキャラクターを書くのはNGなので、特に低学年は要注意ですね。 また 人物の服装や車も色鮮やかに書かれているので、いいアイキャッチになっていますね。 男の子の手にスマホが握られているのも、現代社会に沿った描写です。 2年生の交通安全ポスターの例 加古川市立野口南小学校2年生の北原好真(きたはらこのま)君が「平成30年度児童・生徒の交通安全ポスターコンクール」で最優秀賞の県知事賞に輝き、加古川警察署で3月7日、表彰式が行われた。 標語も人物も 画用紙いっぱいに大きく書かれていて、とてもインパクトがありますね。 信号や横断歩道も正しく書かれています。 標語の「おおきな」という部分を 赤く目立たせているのも、ポイント。

次の