検査薬 フライング いつから。 超フライング検査 高温期9日目からはじめる妊娠検査薬

【看護師監修】妊娠検査薬でフライング検査|陽性・陰性いつからわかる?|cozre[コズレ]子育てマガジン

検査薬 フライング いつから

早期妊娠検査薬と一般妊娠検査薬の違い ご存知の方も多いとは思いますが、まずは妊娠検査薬の仕組みから説明します。 妊娠すると「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」というホルモンが、分泌され始めます。 自宅で使用できる妊娠検査薬は、尿中に含まれるhCGホルモンの値によって、判定します。 ご存知の通り、スティック型の妊娠検査薬に尿をかけて検査を行いますが、 規定値よりも hCGホルモンが多く含まれると陽性反応が現れます。 週数ごとの尿中hCG量 具体的に、どのタイミングから、これらの妊娠検査薬が反応し始めるか、妊娠後のhCGホルモン値を見ていきましょう。 一般的には、妊娠4週目の生理予定日辺りの使用が、「早期妊娠検査薬」の使用タイミングとされています。 しかし、一般的には、生理予定日を約1週間すぎた頃(妊娠5週目)からの検査が、正確かつ確実に反応が出る検査時期とされています。 妊娠検査薬の各メーカーの説明書には、生理予定日1週間後の検査を使用方法として記述されています。 早期妊娠検査薬…生理予定日前後(妊娠4週目) 妊娠検査薬…生理予定日1週間後(妊娠5週目) 次の章では、妊娠検査薬と、海外製を中心とした早期妊娠検査薬の、メーカー別の特徴を説明していきます。 通常の妊娠検査薬の種類 一般的に、販売されている妊娠検査薬には、以下のような商品があります。 価格は「ハイテスター」を除き、2本で約600円が相場です。 薬局では、ネットで購入するよりも割高で販売されていることがあるので、この価格(しかも送料込み)で購入できるアマゾンが、一番オススメです。 全て、スティックタイプです。 直接スティックに向かって尿をかけると、 約1分ほどで判定が出ます。 しかし、実際の使用者のレビューによって、反応が出やすい商品というのが存在します。 検査使用時期よりも前に検査を行う フライングテスト用として大人気なのが 「 」です。 生理予定日に使用しで、うっすらと陽性の判定線が出たというレビューも。 生理予定日当日でなくても、 生理予定日の数日前から反応が出始めるという方の声が多くなっています。 妊活中は、1日でも早く妊娠検査結果を知りたいもの。 製品選びに迷ったのなら、まずは「 」を試してみては、いかがでしょうか。 あいにく、日本では、 国内産の早期妊娠検査薬は、「チェックワンファスト」のみとなっています。 アマゾンなどのネットショップでの販売がなく、薬剤師のいる薬局のみで購入可能となっています。 値段は、 1回1000円、2回1500円と、一般的な妊娠検査薬よりも割高となっています。 ちなみに、ヨーロッパでは、スティックタイプかつ、早期妊娠検査薬が、標準的な妊娠検査薬となっています。 アマゾンで早期妊娠検査薬を購入しようとした場合、海外製の検査薬が購入可能です。 こちらは米国メーカーらしいですが、2本で3000円ちょっとで、かなり割高感を感じます。 一方、こちらは中国製なのですが、2本で1300円弱なので、価格帯としては手軽感があります。 海外製の早期妊娠検査薬はペラペラの小さな検査薬が多いのですが、しっかりプラスチックバーになっているので、記念としての保存にも向いています。 海外製、早期妊娠検査薬 日本製の早期妊娠検査薬は、高価と言うこともあり、海外製のペラペラした小さいタイプの検査薬を使用される方が多くなっています。 アマゾンや薬局などでの販売はなく、 輸入販売サイトからの購入が主流となっています。 割安で連続したテストが可能なのが魅力 早期に妊娠検査が可能なだけではなく、1テスト辺りの値段が、100円を切るので、 フライングテストに大活躍する妊娠検査薬です。 早すぎるフライイングテストで、検査薬を無駄にしてしまっても、悔いのない値段です。 大抵、セット販売されているので、1検査薬だけではなく、10検査薬以上で購入するのが通常の購入方法となります。 排卵検査薬とセットになって販売されていることが多いです。 こちらの写真は、私が実際に購入した早期妊娠検査薬「One Step」です。 このように、1本づつが、小さなパッケージに入っています。 保存用には向かない、ペラペラの検査薬 このタイプの妊娠検査薬は、検査薬自体が、小さいです。 上の写真の見た目のように、 幅は0. 5cm程度、長さ10cm程度です。 検査薬の結果を記念に残しておきたい方には、あまり向きません。 ただ、 フライングテストを含む、毎日の検査結果を追っていきたい方には、ぴったりです。 海外製、早期妊娠検査薬は、使用方法が特殊 スティックに尿をかけるタイプに慣れていると思いますが、この手のペラペラ検査薬は、尿をコップに取り、そこに検査薬を浸します。 しっかり浸透させるため、 約30秒ほど、浸す必要があります。 通常、 結果が出るまで5分ほどと言われますが、私が使用した「Step One」の場合は、検査線が出るまでに約1分。 確かに、少し時間を置くと判定線が、若干しっかりとします。 早期妊娠検査薬比較 この章では、早期妊娠検査薬の比較をしています。 セットにする本数や、送料有無で値段に変動があること、ご了承ください。 スティックタイプを希望なら 早期妊娠検査薬、かつスティックタイプを希望の場合は「チェックワンファスト」「ラッキーテスト」「EGENS」を選んでください。 2回セットでも1500円とかなり割高です。 また、フライングテスト(生理予定日よりも早く)使用した場合は、反応が弱いと言う声がありいます。 少しでも早くテストをしたい方には、こちらが向いています。 「EGENS」は25mlから反応するタイプですが、反応線が薄いというレビューがあります。 ペラペラタイプなら 日本で使用されているのが多いのが「David」です。 価格が安いので、毎日連続した検査が可能です。 また、取り扱っている販売業者も多いので、購入しやすいでしょう。 ちなみに、私は「One Step」を使用しています。 ヨーロッパでは、アマゾンでも販売されている商品なのですが、ドイツメーカーによる中国製となります。 実際に反応が出始めたのは生理予定日前日から、うっすらした陽性の線が見えました。 ただ、検査適正日とされる、生理予定日でも、陽性の線がはっきりしないことが多い傾向があるようです。 高温期20日前後で、終了線と反応線が同じぐらいの濃さになる方が多いようです。 実際に、私もそうでした。 妊娠の有無は確認できますが、線の濃さに反応が出づらいのが、海外製ペラペラ早期妊娠検査薬です。 各妊娠検査薬のメリットとデメリット 早期妊娠検査薬…日本製は高額。 ペラペラタイプは連続した検査や、フライングテストに最適だが、反応線の色が薄い。 記念に残したい検査薬としは不向き。 妊娠検査薬…妊娠5週目まで待つ必要があり、待機時間が長い。 反応線がしっかり出るので、記念に残す検査薬としては最適。 以上のように、早期妊娠検査薬と、通常の妊娠検査薬には特徴及び、そのメリットとデメリットがあります。 おすすめは、海外のペラペラ妊娠検査薬と、通常の日本製スティックタイプ妊娠検査薬の併用です。 海外のペラペラ妊娠検査薬をフライイング用として使用し、反応が出始めた時点で、通常のスティックタイプの妊娠検査薬を使用するのが良いでしょう。 通常の妊娠検査薬の場合は、フライングテストにも使用できて、反応線がしっかり出ると評判 「 」がおすすめです。 スポンサーリンク 更に早く、検査結果を知りたいのなら血液検査 早期妊娠検査薬を利用したフライングテストでは、高温期12日目ぐらい(生理の2〜3日前)からの検査薬使用が可能です。 しかし、その時点では反応線が現れたとしても、ごく薄い線である可能性があり、妊娠の確証までは、数回の検査を必要とするでしょう。 更に早く、そして確実に妊娠検査をしたいのなら、病院での血液検査による妊娠検査が可能です。 尿検査のように、血中のhCG値を確認する検査です。 体外受精の場合は、 胚盤胞移植植後7日以降から検査可能 ただし、hCG値が安定する 胚盤胞移植植後11日以降が推奨 上記は、体外受精の場合となりますが、妊娠週別の血中のhCG値から考察すると、自然妊娠の場合でも、早い段階から検査ができるはずです。 そして、こちらが、週別の血中hCG値です。 尿中とは異なるhCG値となります。 妊娠週別にみた血中hCG値と、妊娠継続率については「。 」をご参照ください。 妊娠週別のhCG分泌量ごとに、妊娠継続率を計測したデータがあります。 この辺りの私の妊活については、ブログ「」にて詳しく説明しています。 血液検査による妊娠判定検査には、対応している病院としていない病院があるので、検査に関しては事前の確認が必要です。 私のように不育症の場合は、妊娠確定をした当日から、ヘパリンやバイアスピリンの治療を開始するので、1日でも早く妊娠確認することが、非常に大切になります。 私の妊活については「」のカテゴリーに、ブログをまとめています。

次の

妊娠検査薬っていつ検査するのがベスト? フライング検査でも反応は出る?【医師監修】

検査薬 フライング いつから

クリアブルーやドゥテスト、チェックワンなどの市販の妊娠検査薬は「生理予定日の1週間後から使える」ものが主ですが、早く結果を知りたかったり、最後まで妊娠が継続しなかったとしても着床が出来ているのか知りたかったりで、フライング検査をする方もいます。 私もその一人で、着床まで問題なく出来ているのかを確認するため毎周期ごとに超フライングをしていました。 このページでは、妊娠検査薬とフライングについてくわしくまとめたいと思います。 この記事の目次• 妊娠検査薬で妊娠がわかるしくみ 妊娠すると妊娠ホルモン(HCG)が分泌されます。 精子と卵子が受精し着床すると妊娠ホルモン(HCG)が分泌されます。 HCGは尿中のHCGを検出して妊娠を判定します。 hCGは、着床してから初めて体の中でつくられ、生理予定日(妊娠4週目)頃から尿の中に出てきます。 こちらは生理予定日1週間後から使えるといわれています。 「チェックワンファスト」という名前を聞いた事がある方も多いでしょう。 いわゆる「早期妊娠検査薬」と呼ばれるものです。 生理予定日前からフライング検査出来る? フライング検査とは生理予定日前からの妊娠検査のことを指すと思うのですが、いったい早ければいつから陽性反応がでるのでしょうか。 ちなみに妊娠3週目とは「生理予定日1週間前~生理予定日当日」のことです。 早期妊娠検査薬であるチェックワンファストやクリアブルーなど予定日1週間後から使える検査薬でもうっすら陽性が出ている方が多数いらっしゃいます。 着床の時期とHCGの関係 HCGは着床後はじめて分泌されます。 受精から着床(妊娠)までの期間は7〜11日間と言われています。 ) 排卵日=受精日であり、その日を0日とします。 着床から尿中にHCGが出てくるまで、受精日を0日目(D0)として2日かかるようです。 まとめると以下のようになります。 これは排卵しているのであれば体温があがっていなくてもこのようなカウントになるそうです) 体外受精の場合は、採卵の翌日から1日目と数えます。 体外受精 胚移植の場合の妊娠検査薬の使用時期 体外受精の方は移植後いつから妊娠検査薬が使えるのでしょうか。 受精卵は受精確認の翌日(採卵2日後)には分割を開始します。 採卵2日目には4分割、3日目には8分割(初期胚)、4日目に桑実胚、5日目に胚盤胞と分割していきます。 子宮内膜で受精卵が着床するのは受精から6日目位が平均値とされています。 3,000単位、10,000単位ではまた数値が変わります。 完全消失するまで妊娠検査薬を試す事が出来ないという訳ではなく、フライングの場合、HCG注射を打っていて検査薬に陽性反応が出ても、翌日、またその翌日と濃さを比較することで自前のHCG(妊娠成立によるHCGの分泌)が出ているかどうかわかります。 自分のHCGが出ている場合は前日の検査薬の陽性ラインと比べて濃くなっているはずです。 HCG注射によるHCGはどんどん体内から消失していくので、陽性ラインはどんどん薄くなっていきます。 妊娠していれば、陽性ラインはどんどん濃くなっていきますので、HCG注射を打っていても4日後位からであれば十分に判断出来ると思います。 2週 0. 知っている方も沢山いらっしゃると思いますが、まとめられているものが無かったので、以下にまとめてみました。 フライング検査の準備• チェックワンファスト、ドゥテスト、クリアブルーをいづれか統一で4~5本用意する• 排卵受精と思われる日を0日とし、9日後から13日後まで毎日1本検査• 朝1か2尿統一で同じ時間帯統一で毎日1本です。 HCG注射を打っている場合は、7日目あたりからして、薄陽性の出方を把握しておく。 妊娠検査薬の使い方・使用方法• 尿をかけてから陽性が出るまでの時間、濃さ、太さをメモしておく• HCG注射をしている場合は、1本目で薄陽性が出てもまだ喜ばないこと。 HCGをしていないなら9~13日後のどこで陽性が出始めるかが着床期間によって違う。 HCGをしていて薄陽性をしている場合、9~13日後のどこかで昨日や一昨日より若干濃くなる時がある、これが妊娠である。 HCG陽性が濃くなることはない、薄いまま変わらない、陰性になっていくなら偽陽性だけで着床なし。 9~13日の間で若干濃くなってまた薄くなって陰性へは、化学的流産である。 しかし、ドゥテスト、クリアブルーは低感知に優れているという特性があるのでフライング検査にも使えるそうです。 まとめ フライング検査の極意• 着床期間が個人差ある事を理解し、それがいつされるかは自分ではわからないこと• かならずチェックワンファスト(CheckOneFast)かドゥテスト、クリアブルーで行なう事。 尿を掛けてから反応が無くても直ぐに捨てない!最低1時間は凝視の事。 クリアブルーは結果が残らない物もあります。 尿を掛けて5分以内で判定する事。 陽性感知しても毎日検査されてもいいですが、比べるのは2~3日前の結果と比べる事!• 絶対に昨日のと比べてナーバスにならない事。 注意!クリアブルーの陽性ラインが消えた!? クリアブルーは結果が残らない場合があります。 (時間がたつとラインが消えてしまいます) 検査した後は写真に残しておくと日々の濃さの変化を比べられます。 その際は、尿をかけたあと15分後なら15分後と決めて、同じ環境・光で写真を残しておきましょう。 画像でラインの濃さを比べる事が可能になります。 超フライング検査!私の場合 私にはこどもが一人います。 2人目を妊娠しました。 実は1人目出産までに、陽性ラインをみた経験が4度あります。 1回目は流産、2・3回目は化学流産、4回目は妊娠が継続できて出産に至りました。 にフライング検査の様子も記載していますので参考になれば…と思います。 私は高温期9日目(排卵受精後9日目)には薄い陽性ラインがでました。 私は高温期8日目からフライング検査をしていましたが、一度だけ光の加減!?と思うような白い部分がそこだけなにか反射率が違うような「薄い線???…でも線と言っても良いのかな?とにかくなにかが違う気がする!」という経験をした事があります。 しかし、うっすらだけど線が出たなと思ったのは「高温期9日目(3W2D 」のことでした。 その後は、気になって気になって毎日検査を続けたのですが、昨日より線が薄い!どうしよう!と焦ったこともあります。 でも、DEERさんのおっしゃる通り2日前のものと比べるとゆっくりじんわりでも確実に陽性反応は濃くなっていった経験をしました。 ほかには、終了線と同じ幅で薄い線が出た時もあれば、髪の毛ほどの細い線で出たこともあります。 また、色がついているかついていないか微妙だった時は1時間以上ほおっておいてしっかり乾いたあとに見たら色がついているのが薄いながらもはっきりわかったりしました。 その他、途中で前回の検査より薄くなったこともありとても動揺したのですが次の日の朝の検査では濃くなっていたりしたこともありました。 尿の濃さなども関連しているのでしょうね。 尿が薄くて検査結果が薄いという話も聞いた事があります。 4度の陽性反応経験全てが9日目でラインが出ていたということになります。 私の場合は排卵から7日目で着床していたということです。 私の場合は、高温期9日目から反応が出ましたが、受精から7日目で着床したから反応したという事になります。 着床まで最長11日、ということは13日目まで検査を続ける価値があるのです。 妊娠検査薬が陰性から陽性になる時もある? 9日目でも10日目でも陰性…。 でも12日目で陽性がでた! はじめは陰性だったけれどその後陽性になったということもあります。 そのような場合は、高温期9日目以降に着床したということになります。 この場合、排卵そのものが自分で思っていた日より後ろにずれていたということになります。 気持ちは焦りますが、 血を見るまではあきらめないことです。 そして、 残念ながら陰性だった場合も悔しいですが、日々体調を整えて来るべき排卵に備え、大切に卵を育てる必要があるのです。 超フライング検査まとめ 参考になりましたでしょうか 私は、生理予定日1週間後を待って検査をするのが、より確実だということは重々承知のうえで、フライング検査に臨んでいました。 着床障害がないかどうか、きちんと受精できているのか、タイミングはあっているのか、もし着床障害があるようであれば、卵管障害の可能性等を疑ったり手だてを打つ事が出来ます。 私はそんな理由でフライング検査をしていました。 少しでも皆さんのお役に立てたらうれしいです。

次の

妊娠検査薬のフライング使用 いつから陽性反応を信用できる?

検査薬 フライング いつから

妊娠を心から待ち望んでいると、 「1日でも早く妊娠しているかどうかを知りたい!」と思いませんか。 そこで、多くの方が試してみるのが、妊娠検査薬をフライングで使ってみることですよね。 実際にフライングで妊娠検査薬を使ってみた方の中には、「思ったよりも早く妊娠が分かった。 」と言う方もいれば、「間違った結果が出た。 」と言う方もいます。 さらに、間違った結果が出た方の中には、 「陽性だったけど妊娠していなかった。 」と言う方もいれば、 「陰性だったけどもう一度試したら陽性になった。 」と言う方もいます。 これを聞くとフライングで妊娠検査薬を使った場合に、結果がいつから出るのか気になりませんか。 では、妊娠検査薬が使える時期、確実な結果が出る時期、フライング検査に適した妊娠検査薬の特徴などを見ていきましょう。 赤ちゃんの障害リスクを最小限に抑えるためには妊娠4 週、 つまり妊娠に気付いたらすぐにでも葉酸サプリを使用した方が良いです。 計画妊娠で今現在妊活中の方は妊娠4週に間に合うように、今すぐにでも葉酸サプリの使用を始めた方が良いです。 出産後は多くの方が葉酸サプリの使用を止めてしまうのですが、授乳育児の方は卒乳まで葉酸サプリを続けましょう。 妊娠検査薬が使えるのはいつから?確実な結果が出るのはいつ? 妊娠検査薬の結果はいつから出るのか、フライング検査でも確実な結果が出るのか、実際の所どうなんでしょうね。 実は、 妊娠検査薬で確実な結果が出やすい時期は、生理予定日 1 週間後くらいと言われています。 でも、早いもので生理予定日から使える妊娠検査薬もあるので、生理予定日までには確実な結果を期待したくなってしまう方も多いでしょう。 では、生理予定日1週間後に使える妊娠検査薬、生理予定日に使える妊娠検査薬の特徴を説明しましょう。 妊娠検査薬が使えるのは一般的には生理予定日1週間後から 妊娠検査薬が使えるのは一般的には生理予定日1週間後からで、前回の生理開始日の生理5週間後からになります。 そもそも、妊娠検査薬は尿中に含まれる 「hcG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」と言うホルモンの量を調べて、妊娠の有無を判定できるようになっているんです。 hcGは妊娠中に分泌が増えるホルモンで、妊娠が成立すると急激に増え始めて妊娠9~10週くらいにピークを迎えます。 早いもので生理予定日から使える妊娠検査薬もある 妊娠検査薬の中には早いもので生理予定日から、前回の生理開始日の4週間後から使えるものもあるんです。 早期妊娠検査薬が一般的な妊娠検査薬と違うのは、主に次のような点です。 ただ、早く使える分だけ一般的な妊娠検査薬よりも注意点が多く、薬事法では薬剤師さんのいる薬局でしか購入できないことが決められています。 なので、生理予定日に早期妊娠検査薬を使いたい場合は、早めに薬剤師さんのいる薬局で探しておくと良いですよ。 妊娠検査薬で陽性が出たのはいつ?アンケート結果を発表! 妊娠検査薬をフライングで使って陽性がいつから出るのか、あるアンケート調査の結果は次のようになりました。 4% 妊娠3 ~4 週の間に妊娠検査薬を使って、陽性が出た方が9 割近くもいるのに驚いた方も多いのではないでしょうか。 ちなみに、妊娠3週は生理予定日1週間前~生理予定日までの期間で、妊娠4週は生理予定日~生理予定日6日目までの期間です。 では、妊娠検査薬で陽性が出たのはいつか、アンケート結果について詳しく見ていきましょう。 もっとも多いのが妊娠3週 妊娠検査薬で陽性が出た時期の中でもっとも多いのが、「妊娠3週」で48. 3%と言う結果になりました。 妊娠3週は生理予定日1週間前~生理予定日までの期間で、早期妊娠検査薬が使える時期にも該当していません。 でも、この時期は 着床時期に当たるので人によっては、妊娠検査薬で反応するほど hcG が分泌されている場合もあります。 2番目に多いのが妊娠4週 妊娠検査薬で陽性が出た時期の中で「妊娠3週」に次いで多いのが、「妊娠4週」で41. 1%と言う結果になりました。 妊娠4週は生理予定日~生理予定日6日目までの期間で、生理予定日から使える早期妊娠検査薬なら該当期間になります。 とは言っても、この時期に 陽性が出るかどうかは hcG の分泌次第で、妊娠している場合に早期妊娠検査薬でも陽性が出るとは限りません。 逆に、早期妊娠検査薬ではなく一般的な妊娠検査薬でも、hcGの分泌が多ければ陽性が出ることもあります。 3番目に多いのが妊娠5週 妊娠検査薬で陽性が出た時期の中で3番目に多いのが、「妊娠5週」で6. 7%と言う結果になりました。 妊娠5週は生理予定日1~2週間後にかけての時期で、一般的な妊娠検査薬が使える期間になります。 hcG は妊娠が成立して妊娠9 ~10 週くらいまでは増加する一方で、妊娠5 週は急激に増えている段階です。 着床して1~2週間くらい経つので本当に妊娠していれば、フライング検査で陰性だった場合でも陽性が出る方が多いです。 妊娠2週に陽性が出た人もいる 極めて少数派なのですが妊娠検査薬で陽性が出た時期の中には、「妊娠2週」と答えた方も1. 7%いるんです。 妊娠2週は前回の生理開始日から14~20日後で、次回の生理予定日の1~2週間前でもあります。 「こんなに早い時期に本当に妊娠が分かるの?早期妊娠検査薬でも厳しいのでは?」なんて思いませんか。 でも、着床時期は平均的には生理予定日の1週間前~生理予定日数日前くらいで、 早い人なら妊娠 2 週の終わり頃が着床時期になるんです。 妊娠2週で陽性が出る確率は決して多くはないものの、hcGの分泌次第では妊娠検査薬が反応することもあります。 赤ちゃんの障害リスクを最小限に抑えるためには妊娠4 週、 つまり妊娠に気付いたらすぐにでも葉酸サプリを使用した方が良いです。 計画妊娠で今現在妊活中の方は妊娠4週に間に合うように、今すぐにでも葉酸サプリの使用を始めた方が良いです。 出産後は多くの方が葉酸サプリの使用を止めてしまうのですが、授乳育児の方は卒乳まで葉酸サプリを続けましょう。 どんな妊娠検査薬がフライング検査に適している?使用上の注意点は? フライングで妊娠検査薬を使うと結果がいつから出るかですが、実はフライング検査に適している妊娠検査薬もあるんですよ。 妊娠検査薬の仕組みが尿中のhcGに反応することを考えれば、どんな妊娠検査薬がフライング検査に適しているのか、何となく分かるのではないでしょうか。 hcG に反応しやすい妊娠検査薬を選ぶと、フライング検査で陽性が出る可能性があります。 ただ、フライング検査には良いことばかりではなく注意点もあり、時には覚悟が必要な場合もあります。 では、フライング検査に適した妊娠検査薬、フライング検査の注意点などを説明しましょう。 フライング検査をするならhcGに反応しやすい妊娠検査薬 フライング検査に適した妊娠検査薬と言えば、次のような 「hcGに反応しやすい妊娠検査薬」があります。 ちなみに、日本製の早期妊娠検査薬は薬剤師さんのいる薬局でしか購入できないのですが、海外製の妊娠検査薬はネット通販で簡単に手に入ります。 ただ、 初めて妊娠検査薬を使用する場合は、やはり薬剤師さんの説明を受けた方が安心ですよ。 フライング検査には覚悟も必要! フライング検査で妊娠を早く知ることには、 「早く食事面や生活面の管理ができる」「早く赤ちゃんを迎える準備ができる」などのメリットがあります。 でも、妊娠を早く知ることは良いことばかりではなく、次のようなデメリットもあるんですよね。 ・日本製の早期妊娠検査薬は薬剤師さんのいる薬局でないと購入できない ・早期妊娠検査薬は一般的な妊娠検査薬よりも費用が高い ・一旦陽性が出ても化学流産の可能性もある この中で特に重要な注意点が、 「一旦陽性が出ても化学流産の可能性もあること」ですよね。 フライング検査をした時は陽性だったのに、1週間以上して再検査をしたら陰性になって生理が来るなんて言うことも結構あるんです。 このような化学流産は本来なら生理前に起こるもので、通常の生理が来てしまえば気付かないことが多いです。 でも、フライング検査で陽性が出ると、知らなくても良い化学流産まで知って辛い想いをする場合もあります。 妊娠しているかどうかはいつかは必ず分かるものなので、フライング検査の段階では参考程度の結果として考えた方が良さそうです。 スポンサードリンク まとめ フライングで妊娠検査薬を使うと、結果がいつから出るのかまとめてみました。 まず、妊娠検査薬が使える時期は、次のようになっています。 4% 9割以上の方が妊娠3~4週、8. 5%の方が妊娠5週以降に陽性が出て、妊娠2週で陽性が出た方も1. 7%います。 また、フライング検査に適した妊娠検査薬を選ぶなら、hcGに反応しやすい次のようなものがあります。 ・日本製の早期妊娠検査薬 ・海外製の妊娠検査薬 ただ、フライング検査には妊娠超初期の流産である 「化学流産」を知る可能性もあり、どんな結果であっても受け止める覚悟が必要です。

次の