エポス atm。 3分でわかるエポスカードのキャッシングとATM利用!年率や借り入れ限度額は?

エポスカード ATMコーナー池袋西口 共同出張所

エポス atm

キャッシングやリボ払いについて、一度は耳にしたことがある方も多いでしょう。 今回は、エポスカードATMでのキャッシング、リボ払い・リボ一括返済とはどんなものなのか、また利用方法や注意点をわかりやすくまとめました。 エポスカードATMでキャッシングができる ・キャッシングってどんな機能? キャッシングは、急に現金が必要になった時に、現金を借りられるシステムです。 エポスカードのキャッシングは、インターネットからの申し込みや、提携ATMでも現金を引き出すことができます。 便利なキャッシングですが、お金を借りるとなると気になるのは金利です。 借りた金額によって金利が変動するクレジットカードもありますが、エポスカードは一定で18%と少々高めです。 ATMを利用する際はカードと暗証番号が必要 キャッシングを利用する際、ATMで使えるのは、エポスカードと赤いカードとなっており、暗証番号の入力が必要になります。 暗証番号を忘れてしまった場合、エポスカスタマーセンターに連絡すると、暗証番号を確認する方法を教えてもらえます。 エポスカードATMでリボ一括返済ができる ・リボ払いってどんな返済方法? キャッシングを利用した時の返済方法は、一括払いまたはリボ払いとなります。 リボ払いは、毎月ほぼ決まった金額を返済する返済方法です。 エポスカードATMでリボの増額払いができる リボ払いでは毎月の支払いだけでなく、追加で増額返済、全額返済もできます。 増額返済の場合、月々の支払いとは別に返済します。 全額返済は月々の支払い、残債をまとめて返済する方法です。 臨時収入があった時、お金に余裕がある時に増額返済、全額返済はおすすめです。 ATMで返済ができるので、気軽に利用ができるでしょう。 エポスカードATMは手数料無料 ・「ロッピー」で入金する場合は手数料がかかる エポスカードATMや提携ATMでの手数料は無料です。 しかし注意したいのがロッピーでの支払いです。 ローソンのATMでは手数料無料ですが、ローソンやミニストップにあるロッピーでの支払いは1件につき108円 税込 かかります。 手数料は払いたくない方が多いでしょう。 では、エポスカードの設置場所はどれくらいあるのか解説していきます。 エポスカードATMの設置場所は全国8万台以上 エポスカードが使えるATMは、提携しているものを加えて全国に約8万台以上あります。 エポスカードのマークが目印なので、利用できるかできないかすぐわかりますね。 エポスカードATM エポスカードのATMはマルイの店頭や駅周辺などに設置されています。 しかし、マルイの店舗も限られているため、マルイや駅が近くにない方には不便でしょう。 そんな方にはコンビニや銀行が提携しているATMもありますので、そちらをおすすめします。 エポスカードと提携している銀行ATM 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行など、他にも提携している銀行は多くあります。 これだけでも利用できる幅が広がった方も多いのではないでしょうか。 さらにコンビニのATMも提携しているので解説していきます。 エポスカードと提携しているコンビニATM コンビニは毎日行く人という人も多いかもしれません。 セブン銀行ATM、ローソンATM、ファミリーマートやスーパーなどにもあるE-netATMもエポスカードと提携しているATMです。 コンビニは昼夜問わず営業しているところが多いので利用しやすい方も多いのではないでしょうか。 しかし先ほど説明したロッピーは、ローソンATMとは別物なので注意しましょう。 スマホなら近くのエポスカードATMが探せる 家の近くならATMがあるところも何となく予想がつくかもしれませんが、土地勘がない場所になると、コンビニを探すのも一苦労ですよね。 エポスカードが使えるATMをスマホで探すことができます。 エポスカードのサイトで住所や駅名などで探す方法、GPS機能をオンにしておくことで探せる方法があります。 ブックマークに登録しておけば、探したい時にすぐ探せるので便利でしょう。 エポスカードATMの営業時間は? エポスカードATMは6:00~26:00 エポスカードはマルイの開店前・閉店後でもATMで利用可能です。 一部の店舗は除きますが、マルイの営業時間に関わらず利用できるというのは便利です。 26時以降に利用したい場合はどこのエポスカードATMも営業時間外なので、提携しているコンビニのATMに行きましょう。 提携コンビニATMなら24時間利用できる エポスカードのATMは営業時間が決まっていますが、提携しているコンビニのATMであれば、24時間利用することができます。 しかし、店舗の営業時間や、ATMのコーナーによって利用できない時間帯もあるので注意しましょう。 事前に調べておく必要はありませんが、調べておいたほうが急にお金が必要になった時に安心です。 まとめ キャッシング、リボ払いについて少しでも参考にしていただけたでしょうか。 近くのATMでキャッシング、返済ができることで、簡単に利用することができますが、一方で無理なキャッシングがない様心がけ、計画的に利用し、便利に使いこなしてみてはいかがでしょうか。

次の

エポスカードのATMって何をする所なの?解説しました

エポス atm

このページの目次• エポスカードのキャッシング利用、金利は何パーセント? エポスカードでキャッシングを利用したいと思っても、ちゃんと返済できるかどうか心配になりますよね。 しかしエポスカードのキャッシング利用で金利が何パーセントなのか分かれば、返済額を予測できるため、そこまで不安になることはありませんよ。 なのでまずエポスカードのキャッシング利用をする前に、金利が何パーセントなのか、どのように返済額を予測できるのかを一緒に確認していきましょう! エポスカードのキャッシングは金利が18% 基本的にエポスカードでキャッシングを行う際、金利は18%と設定されています。 「意外と利子高くないかも…」と思われた方いるんじゃないでしょうか。 このように自分で返済額を予測できれば、キャッシングの返済額を減らす工夫もできるんですよ。 さらに初めてエポスカードでキャッシングをする場合のみ、 キャッシングをした日から30日間は金利が0%になるので利子を負担する必要がなくなります。 なので「初めてのキャッシングで、返済できるかどうか不安だな…」という人はエポスカードのキャッシング利用がおすすめですよ。 それでは次に、エポスカードのキャッシングのやり方について一緒に見ていきましょう。 エポスカードのキャッシングのやり方 エポスカードのキャッシングは国内外のATM、電話、ネットで利用できます。 下記で、それぞれの利用方法を一緒に見ていきましょう。 eposcard. html ATMでキャッシングを行う場合、他社のクレジットカードではだいたい相場として一回につき最大220円前後の手数料がかかってしまいます。 しかし エポスカードなら手数料無料でキャッシングできるんです! 以下の銀行のATMではエポスカードでのキャッシング手数料が無料です。 ATMにエポスカードを入れる 2. 「お借入れ」を選択 3. 暗証番号、キャッシングの利用金額を入力 4. 現金とお客様控えを受け取る 急に現金が必要になったとき、 近くにセブンイレブンやローソンなどのコンビニがあれば、手数料無料ですぐにキャッシングできてしまうんです。 いざ現金が必要なときに備えるためにも、手数料無料でキャッシングができる、エポスカードを持っていても損はありません。 電話とインターネットから口座振込 口座からの引き落としが多い月に、口座にある預金残高が少なかったら困ってしまいますよね… そんな時にエポスカードがあれば、銀行・ATMに行かなくてもネット、もしくはお電話からの口座振込が可能なんです! ネットからの口座振り込みサービスは「エポスnet」と呼ばれ、PC・スマートフォンからいつでも、どこにいても自身の口座に振り込みができます。 エポスnetを利用すれば 手数料無料で、さらに最短数十秒で振り込みができるんです! さらに振り込み額は1,000円からこまめに、必要なぶんだけ借りることができるので、かかる利子も節約できちゃうんですよ。 電話での申し込みは24時間対応しており、自動音声に従って、カード番号・暗証番号を入力すれば、こちらも最短数十秒で振り込みができちゃいます。 電話キャッシング専用フリーダイヤル 0120-0101-25 (24時間自動音声受付) 電話からキャッシングをすれば、手間をかけずすぐに振り込みがされます。 しかし計画的に返済できるかどうか不安であるなら、 キャッシングの利用状況や利用可能額が一目でわかる、 エポスnetの入会をおすすめします。 海外キャッシングもお得で簡単に使える 海外旅行のときエポスカードの海外キャッシングを利用すれば、現地の通貨を両替なしで、現地国の「VISA」もしくは「PLUS」マークがあるATMで、現金を引き落とすことができます。 japannetbank. 空港や両替所で1万円を両替すると、手数料が最大で数千円してしまうのに比べたら、エポスカードの海外キャッシングってお得ですよね。 また海外ATMの操作方法は以下の通りです。 カードを挿入し、暗証番号を入力 2. 「SELECT TRANSACTION」と表示されたら「WITHDRAWAL」を選択 3. 「SELECT SOURCE ACCOUNT」と表示されたら「CREDIT」を選択 4. eposcard. html さらにエポスカードでキャッシング利用ができるATMの設置場所は、簡単にエポスnetから検索できるので、スムーズにキャッシングができるんです! 海外キャッシングの返済方法 返済の仕方としては原則的に一括払いですが、後から分割払い(リボ払い)に変更できます。 ただ利子が大きくなる前に帰国後すぐ、自身の口座に振り込みをしましょう。 また海外キャッシングの場合でも、初めて利用した日から30日間、利息はかかりません。 エポスカードの海外キャッシングを利用すれば、現金を多く持ち歩いたり、わざわざ両替する必要性がなくなります! あなたもエポスカードの海外キャッシングで、海外旅行を満喫してみてはいかがでしょうか?• エポスカードのキャッシングの返済方法 エポスカードのキャッシングの返済方法には、 リボ払いと 一括払いの二種類があります。 これから二種類の返済方法について紹介していくので、参考にしながら自分に合った返済方法を見つけましょう。 リボ払いで返済 リボ払いとは毎月決まった金額を、キャッシングの返済にあてる方法です。 エポスカードキャッシングのリボ払いには、新標準コース・標準コース・定額コースの三種類があるので、それぞれ紹介していきますね。 もしあなたが2021年4月27日に12万円をキャッシングで利用し、新標準コースで返済するとしましょう。 「お支払額」は新標準コースで定められた、 毎月支払わなければならない返済額です。 新標準コース返済プラン ご利用残高 お支払額 5万円まで 毎月 5,000円 10万円まで 毎月 8,000円 15万円まで 毎月10,000円 20万円まで 毎月15,000円 50万円まで 毎月17,000円 12万円を新標準コースで返済していく場合、次のような返済方法になります。 お支払金額 お支払期間 10,000円 2020年6月-2020年8月 8,000円 2020年9月-2021年3月 5,000円 2021年4月-2022年1月 3,240円 2022年2月 2020年6月~8月は利用残高が10万円よりも多いので、 毎月10,000円 を返済にあてる。 2020年9月~2021年3月は利用残高が10万円以下となるので、 毎月8,000円 を返済にあてる。 2021年4月~2022年1月は利用残高が5万円以下となるので、 毎月5,000円 を返済にあてる。 最後の支払日である2022年2月は残りの返済額(主に利子)を払うので、合計の支払回数は 21回 、キャッシングの返済総額は 13万9,240円 となります。 あくまで一例なので、リボ払いを検討している方は各コースのプラン表だけでも参考にしてみてください! 次に標準コースで返済する場合は下の表のような返済プランになります。 標準コース返済プラン ご利用残高 お支払額 5万円まで 毎月 3,000円 10万円まで 毎月 5,000円 20万円まで 毎月10,000円 30万円まで 毎月15,000円 40万円まで 毎月18,000円 50万円まで 毎月20,000円 12万円を標準コースで返済する場合、次のような返済方法になります。 お支払金額 お支払期間 10,000円 2020年6月-2020年8月 5,000円 2020年9月-2021年9月 3,000円 2021年10月-2023年2月 2,049円 2023年3月 2020年6月~8月は利用残高が10万円より多いため、 毎月10,000円 を返済にあてる。 2020年9月~2021年9月は利用残高が10万円以下なので、 毎月5,000円 を返済にあてる。 2021年10月~2023年2月は利用残高が5万円以下なので、 毎月3,000円 を返済にあてる。 最後の支払日である2023年3月は残りの返済額(主に金利)を払い、返済が完了。 したがって12万円をキャッシングで利用し、標準コースで返済すると、最終的には 34回払い で返済総額は 14万8,049円 となります。 標準コースは毎月の支払額をもっと抑えたい方におすすめのコースですが、支払回数と利子が増えて、 返済の負担が大きくなってしまう場合があるため注意しましょう! 「毎月決まった金額で、利子や支払回数を増やさず返済したい!」という方は定額コースがおすすめです。 毎月の決まった料金は5,000円~100,000円まで、好きな金額を選べます。 12万円を定額コース(1万円定額コース)で返済していくと、次のような返済方法になります。 お支払金額 お支払期間 10,000円 2020年6月-2021年6月 5,402円 2021年7月 2020年6月~2021年6月の期間は、利用残高に関わらず 毎月10,000円 を返済にあてる。 最後の支払日である2021年7月に残りの金額(主に利子)を支払えば、返済が完了。 したがって12万円を1万円コース(定額コース)で返済していくと、最終的には 14回払い で返済総額は 13万5,402円 となります。 リボ払いには3つのコースがありますが、毎月払う返済額を少なくできても、 支払回数や利子が増えて一括払いよりも返済の負担が大きくなってしまう場合があります。 そうならないためにも返済日以外でもこまめに返済をしたり、コースを変更をしたりと、計画的に返済していきましょう。 またコースの変更は、エポスnetもしくは電話からできますよ! 一括払いで返済 一括払いとは、キャッシングの利用分と利子の合計を一括で返済する方法です。 例えばキャッシングで5万円を利用したとします。 1週間後に利子と合わせて返済しようとすると一括で返済する場合、返済額はいくらになるでしょうか? 先ほどの利子を求める計算式を覚えていたらわかりますね。 それほど多くないキャッシング利用額(5万円以下)であれば、手数料が増えないように、なるべく一括払いでの返済をおすすめします。 シュミレーションでキャッシングの返済額を想定! 先ほどキャッシングで5万円を利用したときに、一括払いで返済するケースを紹介しましたが、次にリボ払いでの返済の場合、利子を含めたキャッシングの総返済額を想定して行きましょう! といっても計算が大変なので、エポスカード公式サイトで、返済額をシミュレーションできる機能を使っていきます。 以下の表はキャッシングで利用した5万円を、「新標準コース」で返済したときの、シミュレーションの結果です。 キャッシング利用額 50,000円 返済総額 54,661円 利子 4,661円 支払い回数 11回 結果は11回払いで 返済額は54,661円 となり、あっという間に想定できてしまいました。 シミュレーションを利用すれば実際にキャッシングを行う前に、何回払いなのか、利子はいくらで返済総額はどれくらいかを 数十秒で確認できちゃうんです! またシミュレーションを利用することで、自分にあった返済方法を見つけることができます。 自分に合った返済方法を見つけることができれば、キャッシングの返済額をグッと減らせる可能性だってあるんですよ。 なのでキャッシングをする前には、必ずシミュレーションを行いましょう! 次は、エポスカードでキャッシングをしているときによくある質問を紹介して、質問に答えていきます。 まだエポスカードを持っていない人も、参考になるのでぜひご覧ください。 キャッシングが利用できない原因の二点について、それぞれ解説していきますね。 解決策としては、 エポスnetにログインし、キャッシング枠の限度額を増額するといいですよ。 カードを利用すると通常は後払いで口座から引き落とされますが、口座残高が少なければ当然カードの支払はできませんよね。 キャッシングを利用する前に、カードの支払いがきちんとできているか確認しましょう。 返済額を増額してすぐに返済を終わらせたいんだけど、どうしたらいいの? 返済額を増額してすぐに返済を終わらせたい場合は、ATMに直接現金を振り込むか、エポスnetで自分の口座に振り込むかの二択です。 以下の手順を踏めばATMで増額返済ができるんです 1. ATM画面の「お借り入れ」を選択 2. 画面の「全額お支払い」を選択して増加分の金額を入力 3. 「増額引き落としを申し込む」ボタンを押す 4. 変更内容を確認したら「変更内容を送信」ボタンを押す 早く返済を終わらせることができれば、利子も節約できちゃうんですよ。 ただしエポスnetで増額返済する場合は、エポスの「ペイジー」というサービスを利用する必要があります。 エポスカード、もしくはエポスnetのパスワード・ログインIDを入力すれば、「ペイジー」 で簡単なステップを踏んで、すぐに増額返済を始められますよ! エポスnetを利用すれば、いつでもどこでも返済ができるのでとても便利なので、エポスnetを登録していない人はぜひ登録してみてください。 エポスカードのキャッシングまとめ ここまでエポスカードのキャッシングの利用方法から返済方法を紹介してきましたがいかがだったでしょうか? エポスカードでは簡単にキャッシングを利用できますが、やはり返済の負担を減らすためにも、計画的なキャッシングの利用をする必要があります。 しかしエポスカードは計画的にキャッシングができるような機能がたくさんあります。 現金が必要な人はエポスカードのキャッシング利用を始めてみてはいかがでしょうか。

次の

エポスカードのポイント還元率をリボ払いの裏技で2倍にする方法

エポス atm

エポスカードのATMで出来ること キャッシングを利用できる エポスカードをATMへ入れることでクレジットカードのキャッシング機能を使うことが出来ます。 キャッシングとは、クレジットカードを用いて現金を引き出す行為です。 銀行口座と引き出す違いですが、銀行口座であなたの口座からお金を引き出す祭の手数料は、無料かまたは時間外手数料として数百円掛かってしまう程度です。 ただし、エポスカードのキャッシングを利用した場合、 相当高い金利を取られます(18%!)。 そのため、基本的に利用することは無いです。 キャッシングで借りたお金にかんしては、翌日返済することも可能です。 そのため、その日・その時にどうしても現金が欲しい時などは、キャッシングの方が有用なケースもありえるはあり得ます。 そんな万が一の時のために、キャッシング機能を利用できるようにエポスカードのATMは設置されているのです。 キャッシングで借りたお金を返済できる キャッシング機能を利用した場合、相当高い金利を取られてしまいますので、少しでも早くエポスカード側へお金を返す必要があります。 エポスカードのATMを用いれば、キャッシング機能を用いて借りたお金を最速で返すことが可能です。 エポスカードの引き落とし日に、クレジットカードの請求額と合わせて返済しても良いのですが、時間が経過する分、より多くの金利による手数料が発生してしまいます。 エポスカードのATMを用いれば手数料を抑えることが可能となりますあので、キャッシングを利用したならば、積極的に利用していきたいですね。 リボ払い時の支払い残高も一括返済可能 リボ払いを利用した場合も、月々の支払い額が少ないがゆえにエポスカードに支払いきれていないお金が発生する場合があります。 この分のお金に関しても、エポスカードのATMへ出向いてお金を振り込むことで、リボ払いの金利による手数料を少しでも抑えることが可能となります。 リボ払いに関しては、知らず知らずのうちに申し込んでしまっているケースも多々あるようです。 万が一申し込んでしまっていた場合は、リボ払いを一般の一括払いに変更した上で、エポスカードのATMで速やかに残高分を支払うことをオススメします。 クレジットカード請求額の支払いも可能 エポスカードではその月に請求される金額を、実際にATMへ入金することで支払うことが出来ます。 基本的には銀行口座からの引き落としとなるのですが、様々な事情でATMからの振り込みを選択している方もいるかと思います。 そんな時に、エポスカードのATMを利用すると良いと思います。 こちらの内容からもわかる通り、エポスカードのATM利用者はそこまで多くありません。 キャッシングやリボ払い・エポスカードの支払い方をわざわざATMなんかに設定しないですよね。 使う人は、結構限られてきます。 ただし、キャッシングやリボ払いを選択してくれる人はエポスカード側からみれば、金利を支払ってくれるお得意様です。 それゆえ、宣伝も兼ねて十分な数のATMを準備しているのです。 エポスカードのATMの設置場所 マルイの中 エポスカードのATMは、マルイの中に置かれています。 場所はマチマチだと思いますが、エポスカードの宣伝も兼ねてマルイの入り口付近に置かれている所もありますね。 ただし、マルイの中のATMを利用するといっても遠い所までわざわざ行きたくないですよね。 そのため、基本的にはこれから書く提携ATMを利用したほうが良いです。 その他の提携銀行 マルイ以外でもエポスカードを入れることでキャッシングなどのサービスを受けられるATMがあります。 具体的には以下の通りです。 イオン銀行• セブン銀行• ファミリーマートATM• ローソンATM• ゆうちょ銀行• 三菱東京UFJ銀行• 三井住友銀行• 横浜銀行• 北海道銀行• 八十二銀行 結構、色んな銀行で使えますね。 大手コンビニ各店で使える点もポイントが高いです。 しかも、 ATM利用料無料で使うことが可能です。 コンビニのATMが使えるのであれば、わざわざマルイまで行かないですよね。 基本的にはコンビニのATMを使う形になるかと思います。 エポスカードATMの使い方 エポスカードのATMを使用する上で必要なもの エポスカードのATMを利用する上で必要となるものはエポスカードと、エポスカードの暗証番号となります。 暗証番号に関しては、忘れてしまうケースもあるかと思います。 エポスカードの公式サイトであるエポスnetより、暗証番号通知サービスを利用することで、郵送で暗証番号を教えてくれます。 クレジットカードの暗証番号は使っていないと忘れてしまいがちですので、忘れてしまった場合はこちらのサービスを利用すると良いと思います。 エポスカードをATMに入れて暗証番号を入力すれば、あとは画面の指示にしたがって操作すればOKです。 エポスカードのATMは使わない方が良い 結局のところ、色んな場所でエポスカードのATM機能は使うことが出来ます。 ただし、 エポスカードのATMの使用目的がキャッシングやリボ払いなど、あまり使わないほうが良いサービスばかりです。 何せ金利手数料が掛かるものですからね。 また、エポスカードの支払いもエポスカードのATMに行くぐらいなら、銀行口座から引き落としてくれたほうが確実ですし、あなた自身も非常に楽です。 どうしても、今月は金欠でお金が欲しいという時以外は使用しないようにしましょう。 一応、キャッシングの初回利用に関しては借りてから30日間以内に返済すれば、金利ゼロで借りることが可能です。 万が一に備え、頭の片隅に入れておくと良いかもしれませんね。 今回は以上となります。 本記事ではエポスカードのATMについて紹介しましたが、エポスカードは全国7000店舗以上で優待特典を獲得できるお得なクレジットカードとなっています。 こちらの記事にまとめましたので、よかったら参考にしてみて下さい。

次の