ファミリーマート 女性。 ファミリーマートの女性用ショーツが意外な用途で使える

客層ごとの販促で攻める/ファミリーマート

ファミリーマート 女性

ファミリーマート(東京都/澤田貴司社長)の商品の訴求方法が大きく変わりつつある。 同社は19年2月期にマーケティング専門の部署を設置して以降、商品を戦略的に消費者にアピールすることで、総菜シリーズ「お母さん食堂」のヒットなどを実現している。 次は夏の看板商品の認知度を向上させるべく動き出している。 香取慎吾さんが出演するテレビCM「ファミマのフラッペつくりかたダンス篇」 「何を売りたいかが伝わる売場」をめざす フラッペ パピ ポピ ぺ 自分でモミモミ フラッペ ポピ ポピ ぺ ミルクだ ジョー。 この独特の歌詞とリズムに合わせてタレントの香取慎吾さんがダンスを踊るテレビCMを目にした人はいないだろうか。 4月22日から1週間全国放映されたもので、ファミリーマートがカウンターで提供するファストフードドリンク「フラッペ」の宣伝だ。 このテレビCM にも見られるように、ファミリーマートの商品の訴求方法が大きく変わりつつある。 18年3月、同社は新たに「マーケティング本部」(19年3月には経営企画本部内の『マーケティング部』に組織変更)を設立。 それまで別々に行っていた、商品のマーケティング、ブランディング、販売促進、広告業務を一元化し、全過程が一貫した専門性の高いマーケティングができるようにした。 マーケティング本部を設置したきっかけは、16年9月に澤田貴司社長がトップに就任後「ファミリーマートではPDCA(計画・実行・評価・改善)を回すという習慣が根づいていないところに課題を感じたから」だという。 「PDCAを基本としたマーケティングを実行し、われわれが何を売りたいのか消費者にしっかり伝わる売場を実現していく」(澤田社長)。 18年9月、同シリーズのイメージキャラクターに、メーンターゲット層である30~40代女性から支持を得ている香取慎吾さんを起用。 その結果、「お母さん食堂」シリーズが牽引し19年2月期の総菜の売上高は対前期比20%増と大きく伸長。 なかでも30~50代の女性の購入客数が同20%増と拡大したという。 ファミリーマート商品・物流・品質管理本部ファストフーズ部の木内智朗部長は「マーケティング本部ができたことで、店頭、接客、テレビCM、SNSなど、全体を通じてどのように消費者に商品をアピールしていくかを戦略的に考えるようになっている」と話す。 次のページは.

次の

ファミリーマート水戸北インター店で強盗で犯人は誰か顔画像など特定情報は?水戸市飯富町のコンビニで刃物男が20万奪い逃走中!エコバック所持

ファミリーマート 女性

ファミリーマートで販売されている女性用ショーツは、シンプルな黒色である。 見た目は ボックスパンツだ。 男女兼用のパンツではないかと見間違えるデザインになっている。 このデザインならば、男性用パンツとして使える。 ランジェリー店で販売されている女性用ショーツとは違ってフェミニン要素がない。 ファミリーマートで販売されていた女性用ショーツ(現在は類似品に変わっている) 家内と一緒に使えそうだ。 私の場合は週2回のスポーツセンターで筋肉トレーニングで使うサポーター下着になるが、使っていないときは家内に使わせることも出来る。 まあ、家内は嫌がるだろうが。 綿95%、ポリエステル5%で伸縮性がある。 肌触りはすこぶる良い。 生地が薄いのでサポーターとして十分使える。 無印良品からのファミリーマート専用のOEM製品として提供されている。 420円(税込)新改良製品として(2017年)750円(税込み)で提供されている。 手頃な価格だ。 その他のコンビニチェーンで販売されている女性用ショーツは、いかにも女性用というデザインと色であるのでジムでのワークアウト用途には適さない。 無印良品店で販売されている女性用ショーツを一度眺めてみると良い。 男性用サポーターとして使える下着があるかもしれない。 男性が使う上での欠点 ジムでのワークアウトをしていると汗がすごく出る。 普通の男性用パンツでは、生地が厚いので汗ビショビショになると不快感を覚える。 これを感じるのは私だけではないのではないだろうか。 ジムでのワークアウトを定期的にしている男性や女性は、ファミリーマートの女性用ショーツをサポーターとして一度使ってみると分かる。 ただ、 男性が使う上で一つだけ欠点がある。 パンツのゴムの締め付けが男性用パンツと違って細くて きつい事だ。 女性用のショーツであるのでこれは仕方がない。 このゴムの締め付けは、動いている限り気にならない。 これ以外は、下着として通用する。 今回は、 筋トレのワークアウトで使うサポーターとして購入し、応用している。 生地がガーゼのように薄く伸縮性が非常に良く、肌感触が良い。 男性にも女性にも受ける素材を使っている。 以上、「 ファミリーマートの女性用ショーツが意外な用途で使える」というタイトルで 筋トレをやっている男性諸君のサポーター下着として紹介した。 改善された製品と新価格 最近、ファミリーマートを覗いて以前と同じ製品が販売されているかを確認したら、420円(税込み)の製品は消えて 750円(税込み)の改良製品が販売されていた。 以前の製品よりも価格が上がった分だけ品質が向上している。 前回はMade in China製であるため製品の作りの面で時代遅れがしていた。 今回の製品は、Made in Thailand製である。 パンツのゴム紐も上品なものになっている。 全体的に使用感が改善されているような印象がある。 ファミリーマートで販売されているショーツは、 サイズがMとLしかない。 XLやXLLのサイズを探すには、無印良品のウエブサイトか、大きな無印良品店舗でしか扱っていない。 現在、この製品のショーツは販売されていない。 無印良品で取り扱っているショーツ 筋トレで使う下着で困っている男性は、女性用の をオススメする。 その理由は、 女性用の下着として意識する必要がない作りになっているからだ。 縫い目がない作りで伸び縮みがあり、女性特有の下着ラインが表に出難い。 汗の吸収も良く、腰でパンツを履く感じである。 サイズは現在MサイズならばLサイズを選んだほうが丁度良い。 XLやXXLサイズは、店頭では販売されていないのでネットショップで探すと良い。 男性用の下着と違って肌触りが非常によく心地よい。 ファミリーマートのショーツを使うよりも筋トレ用には、下記のようなショーツが最適である。 ユニクロの女性用ショーツが筋トレ用サポーターとして使える エアリズムウルトラシームレスショーツ(ヘザー・ヒップハンガー)は なめらかな肌触りと吸い付くようなフィット感。 縫い目がなく、ラインがひびきにくい。 ユニクロにも筋トレのサポーター下着として使えるパンツがある。 素材71% ナイロン,29% ポリウレタン。 590円(税別)2枚で990円(税別)。 サイズは、今のサイズよりも一つ上のサイズ、MならばLサイズにしたほうが良い。 筋トレをするとどうしても足腰のあたりに汗を多くかく。 普通の下着では何かと汗がべたつく。 シニアは、いつものパンツで筋トレをするが出来るならば、汗をかいて気にならない筋トレ専用の局部サポーター下着を使ったほうが楽である。 その意味合いで 無印良品とユニクロの女性用ショーツは、安くて筋トレ用途に活用できる。 運動専用のサポーターパンツは、数千円ぐらいする。 女性用ショーツならば590円で済む。 お得だ。 痔の人はサニタリーショーツが役に立つ 私は、30歳代の頃に 「ぢの病気」で1週間ほど病院に入院していた。 その時に女性用のサニタリーショーツとナプキンを使っていた。 サニタリーショーツとナプキンは 「ぢの病気」の時に役に立つ。 あと、何らかの事情で肛門周辺の皮膚炎になった場合にもサニタリーショーツとナプキンが役に立つ。 結論 週2回筋トレをする私は運動用に女性用ショーツ(シンプルなブラック色)を使っている。 局部をサポートする時にちょうど良いからだ。 スポーツ選手が女性用ショーツを局部のサポーターとして使っているという話を聞いたからだ。 試しにシンプルなブラック色のショーツを買って筋トレ時に使ってみた。 男性用のパンツと違って局部は確かに固定されやすい。 穿き心地は男性用パンツと比べて多少違和感はあるが運動をしているときには感じない。 男性用のパンツはトランクスが多い。 運動時にトランクスは合わない。 私は女性用ショーツ特有のパンティーラインやクロッチが無い、見えてこないショーツを使っている。 無印良品の、ユニクロならば エアリズムウルトラシームレスショーツである。 サイズは一つか2つ大きいサイズが良い。 価格も安い。 デザインも女性らしくない。 このページのシニアライター:Norito H. Yoshida Profile Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。 51歳の時に会社を卒業。 雇われる生活から自分を雇う生活になる。 ソニー 株 、Yahoo! ジャパン 株 でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。 生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。 Western Washington University, B. in Sociology, Bellingham, Washington, USA. シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。 その体験記をこのブログで書いている。

次の

ファミリーマートの女性用ショーツが意外な用途で使える

ファミリーマート 女性

ユニー傘下だったコンビニチェーン、サークルKサンクスを取り込み業界2位に浮上したファミリーマート(東京都)。 黒字であるのにも関わらず希望退職者の募集に踏み切るなど、体質強化に向けた打ち手を講じている同社だが、株価は冴えない。 それは、セブン-イレブン・ジャパン(東京都:以下、セブン-イレブン)に次ぐ、コンビニ業界2位としての今後の成長戦略がみえにくいからではないだろうか。 希望退職者を募るも株価は冴えず 2020年2月19日、ファミリーマートは1025人が希望退職すると発表した。 1025人は全社員の約15%にあたり、募集人員であった約800人を200人以上上回ったことになる。 この発表を受け、株価も反応。 2月21日の株価終値は2542円と、19日に比べて26円高となった。 黒字でありながら早めの対策を打って企業体質強化に動いたことが評価されたと見られる。 また、人員の削減などで年間80億円程度の経費削減効果も見込めることも大きい。 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあって、日経平均株価は21日以降大きく下落。 引きずられるようにファミリーマートの株価も落ち込み、28日の株価終値は 2386円と低迷している。 一連の株価低迷は地合い悪化の影響が大きいが、コンビニが飽和状態といわれるなか、明確な成長戦略が示されていないことも、投資家の判断を消極的にさせていると見ていいだろう。 セブン-イレブンとの差 コンビニの国内総店舗数は5万5620店(19年12月時点)と、飽和論が囁かれて久しく、今後はセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン(東京都)の大手3チェーンを軸としたパイの食い合いの様相を呈している。 コンビニチェーンが自社のシェアを高めていくための主要政策の一つに、「女性客の取り込み」がある。 ファミリーマートの女性客の比率は現在40%台。 同社はこれを50%に引き上げる方針を19年に示している。 しかし、セブン-イレブンの女性客比率は16年時点で47. 4%であり、すでに50%に到達しているとみられる。 ファミリーマートをはじめコンビニチェーン各社は「変化対応業」を謳っているが、シニア層や女性の来店を促す商品および店舗づくりなどにおいて、ファミリーマートはセブン-イレブンに遅れをとってきたと言っていい。 そうした細かい施策の積み重ねの差が、セブン-イレブン約65万円(2019年2月期)、ファミリーマート約53万円(同)という平均日販の差となって現れてきた。

次の