子供 に関する ニュース。 【ニュースの深層】話題の「スマホ育児」 子供の成長に悪影響の不安広がるなか、上手な付き合い方があった!?(2/3ページ)

【ニュースの深層】話題の「スマホ育児」 子供の成長に悪影響の不安広がるなか、上手な付き合い方があった!?(2/3ページ)

子供 に関する ニュース

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2016年2月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2016年2月) 週刊こどもニュース ジャンル ・ 出演者 参照 製作 制作 (NHK) 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 8:05 - 8:35 関西地区:8:30 - 9:00 放送分 30分 特記事項: ナレーション: 字幕放送は2009年4月4日放送分から最終回まで実施。 『 週刊こどもニュース』(しゅうかんこどもニュース)は、で放送された、1週間に起こったニュースを子供たちに分かりやすく伝えるである。 概要 [ ] ニュースや社会問題をお父さん・お母さん・3人の子供の5人家族の設定の中で、子供にも理解できるような分かりやすい言葉を使って報道・解説する番組である。 放送されるニュースは「世の中まとめて一週間」のコーナーで日めくり方式で要約したをマスコットキャラクターのナレーションで流し(、等週末の報道番組と同じ)、その後のコーナーで感心の高かったり質問投稿が寄せられたニュースについて「お父さん」がスタジオで家族(出演者)を交えて詳しく解説するものであった。 放送前に子供役の出演者たちに分かってもらえるまで推敲をし、様々な出来事については、模型や図表・国家の金融政策を一般的な家庭の家計簿などに置き換えるなどわかりやすい解説を行う。 番組の編集長でもある「お父さん」が主に解説を担当する。 初代の(元NHK主幹)は開始以来11年間担当していたが、4月からはNHK記者でのが4年間、4月からは同じくNHK記者で解説委員のが担当した。 それ以外の家族は基本的に約3年ごとに入れ替わっていた。 開始当初から2007年度まで長男役は13-15歳のと寄りに位置する年齢層を充てており、解説コーナーなどでリードする立場にいたが、2008年度からは12-13歳(小学6年-中学1年)に引き下げられた。 番組が与えた影響と類似番組 [ ] 番組の企画者は池上自身である。 「今のニュースは難しく、子供が理解しづらい」と企画し上司に提案したところ、「言い出しっぺのおまえ自らやりなさい」といわれ、企画者自ら初代お父さん役に就任した。 池上曰く「各民放の報道関係者も見ている番組」「平易な言葉で時事問題を取り上げるので、日本語を学ぶ外国人がよく見ている番組」であるとのこと。 実際番組で使用した解説用フリップのデザインが、翌週月曜日の『』(系列)でそのまま模倣されたと語った(池上が講演で語ったもの)。 一方、時事問題を模型などで平易に説明する手法は『ニュースステーション』が先駆者である。 なお、民放では発の全国ネット番組である「」が1990年代から2009年まで存在していたが、こちらも情報バラエティ系統の内容であった。 番組の終焉 [ ] 2010年4月の最末期に時間帯を日曜朝に移動した。 そして、11月にNHKは同年の放送を以って番組を終了する旨を発表した。 4月起点の番組で且つ同年度に家族役キャストを一新していたため、年度途中での終了はを示唆した内容であった。 そして12月19日に通常通りの時間枠での放送を以て番組終了。 16年9ヶ月の歴史に幕を閉じた。 最終回は例年の「世の中まとめて1年間」を簡略したもの(1年間の主要ニュースのダイジェストのみ)と、終盤に番組の歴史をやなど時事と絡めながら辿る特集を流して放送終了。 このため、例年に放送される特番扱いの「世の中まとめて1年間」は放送されなかった(2010年分が最終)。 NHKの定例会見で打ち切りの理由として、番組の趣旨が「子供を対象としたニュース番組」であるにもかかわらず、実際の視聴者層は50歳以上の(用語で言う)が多くを占めていたことを挙げた (このため「 老人ニュース」と揶揄されることもあった )。 後継番組として子供から高齢者まで幅広い層をターゲットとしたファミリー向けニュース解説番組『』を2011年1月より開始させることも併せて発表した。 なお、打ち切りが発表される約40日前の『』の『あの時をわすれない』コーナーで、ピントくん役の個人を取り上げた際に、ピントくんのやスタジオでのメイキング風景などのシーンが30秒程挿入されており、これが事実上最後に公開されたメイキング風景となった。 放送時間 [ ] 年度 放送時間 備考 1994 - 1998 毎週日曜 8:30 - 8:55 のち8:57までに延長 1999(4月-) 毎週日曜 10:30 - 11:00 『』とセットで「日曜ファミリータイム」として放送 1999(10月-) 毎週日曜 10:05 - 10:35 2000 - 2009 毎週土曜 18:10 - 18:42 2010 毎週日曜 8:05 - 8:35 関西地区のみ 8:30 - 9:00 特例• 関西地区(・・・・・の6局)では、従前から関西地域向けの経済情報番組『』を日曜 7:45 - 8:10枠で放送しているため、2010年度はになった(この場合でもリアルタイム字幕放送には対応している)。 そのため、番宣では「 毎週日曜あさ放送」という開始時間を伏せた形で放送時間が表記されていた。 国内と同時放送されるではノンスクランブルで視聴可能(2010年4月より)。 以前はNHKワールドTVでも放送されていたが、英語放送強化による番組改編で放送分を最後に打ち切りとなった。 大晦日には、その年に起こった出来事を振り返るスペシャル版「世の中まとめて1年間」が放送された。 大晦日の放送であることを生かし、当日夜放送の『』のリハーサル中の出演者が登場することもあった。 なお、番組打ち切りとなる2010年についてはのレギュラー最終回で収録放送した。 なお、この番組の大晦日スペシャル中止に伴う事実上の代わりとして、「2代目お父さん」役の鎌田が司会を務める報道ドキュメンタリー『』の年末特別番組「真相ファイル2010」が17時半から18時50分に生放送された。 特別番組等に対する対応 [ ]• がある場合は番組は休止で、仮に野球が雨天中止の場合でも放送は行われない。 ただし、でプロ野球中継が中止になったは急遽放送された。 2008年放送分はNHKワールド・プレミアムのみ、セ・リーグクライマックスシリーズ 第1ステージ 第1戦「阪神」対「中日」()の中継(同時)のため放送休止。 2008年、放送分もNHKワールド・プレミアムのみ、日本シリーズ第1戦(1日)、第6戦(8日)「巨人」対「西武」()の中継(BS hi同時)のため放送休止となっている。 いずれも時差放送は行われない。 2004年放送分は報道のため休止、以降ではしばらく放送されなかった。 放送分は地方のみ関連番組放送のため休止した(共にNHKワールドTVを直接受信すれば視聴できた)。 2008年放送分は通常のスタジオでなく、「」の特集番組枠として「」からの公開放送だった。 通常の鎌田家の出演に加え、NHKアナウンサーのも観客のインタビュアーとして番組に出演。 2008年放送分は内閣総理大臣の記者会見の中継(北京から)を放送(18:30 - 18:55)するため18:30までの時間短縮放送となった(総合テレビ、BS1、ラジオ第1、NHKワールド(プレミアム、ラジオ日本)同時放送。 NHKワールド・プレミアムでの総理記者会見の中継はノンスクランブル放送を実施。 中継終了後、次の『』開始までの5分間はスクランブル放送となっていた)。 2008年放送分は日中韓首脳共同会見放送のため番組は休止(この模様はNHKワールド・プレミアムではノンスクランブル放送を実施)。 2009年放送分は通常のスタジオでなく「SAVE THE FUTURE」スペシャルとして、同番組のスタジオからの生放送に。 通常の岩本家の出演に加え、同番組キャスターのと松本和也も番組に出演。 ただし、お父さんの岩本は会議取材のためコペンハーゲンからの生中継出演だった。 2010年放送分は「特集」を中心に放送枠を25分拡大し8:05 - 9:00の放送となった。 関西地区では以下の編成により10:35 - 11:30の時差放送に変更された。 7:45 - 8:30 ビジネス新伝説 ルソンの壷スペシャル• 8:30 - 8:50 新・三銃士• 8:50 - 9:00 番宣/アニメ「メジャー〜吾郎夢の舞台へ〜」• NHKワールド・プレミアムでは放送権上の制約によりFIFAワールドカップの映像が一切放送できないため、番組自体海外向けの放送が休止され、別番組として『カラフル! 』スペシャル版(8:05 - 8:55)と『やまとの国宝』に差し替えとなった(ノンスクランブル放送も休止)。 それ以降もFIFAワールドカップ期間中は11:30 - 12:00の時差放送に変更された(ノンスクランブル放送は通常通り実施)。 2010年は、高校野球の中継の編成が組まれている都合で関西地区のみ番組自体が休止され、代替放送も無かった。 逆に翌週は『ルソンの壺』を休止し、全国ネットの時間に放送した。 これは当日が第65回終戦記念日だったため、いつもより放送時間を拡大し9時まで関連する特集を放送したためである。 主なコーナー [ ] 基本的に「世の中まとめて一週間」「今週の大ハテナ」「今週のキラリ」を放送し、その他のコーナーは不定期に放送する。 世の中まとめて一週間 直近一週間のニュースを分かりやすく伝える。 今週の大ハテナ ニュースの中で分かりにくい言葉や話題を模型を使って解説。 なるほど! うなずキッズ ある話題について出演者が現場に出向いて取材をする。 質問バンバン! 視聴者からの質問をなんでも受け付ける。 たまに出演者が取材をしたりすべてこのコーナーを放送する場合もある。 今週のキラリ 一週間のニュースの中で、最も輝いた人を流行の曲にのせて紹介。 おたずねもうす 以前エベレストに登頂した。 その際にどんな感想だったかを聞いた。 出演者 [ ] 家族、ナビゲーター [ ] 期間 お父さん役 お母さん役 長の子役 中の子役 下の子役 ナビゲーター 1994年 04月10日〜1997年 03月30日 いけがみ・あきら しばた・りえ むとう・けいた むらやま・まな 石川茉侑 スクープくん (声:) たつた・なおき 1997年 04月 06日〜1999年 03月28日 たかいずみ・じゅんこ やまもと・かおり 池田祐一朗 いけだ・ゆういちろう ぬまだ・くみこ 1999年 04月 04日〜2002年 03月30日 はやし・まや おおつか・つゆな あらかわ・ゆう 嘉部彩加 かべ・あやか 2002年 04月 06日〜2004年 03月27日 はやしや・きくき あんどう・ひびき やなぎ・えりな おおつ・あやか 2004年 04月 03日〜2005年 03月26日 大津綾香 おおつ・あやか いけだ・まさし 2005年 04月 02日〜2008年 03月30日 かまだ・やすし なかじま・かな さの・こうか ひが・ひらく おおかめ・みお ピントくん (声:) ふるかわ・としお 2008年 04月 05日〜2009年 03月28日 かねこ・ゆう なら・ひとみ わたなべ・かいし 2009年 04月 04日〜2010年 03月27日 いわもと・ゆたか 2010年 04月 04日〜2010年12月19日 みつうら・やすこ ふるた・たいが はぎわら・りく やなぎした・かれん 近所の住人役 [ ] 不在な年度もある。 お天気おじさん - (気象予報士、1999 - 2001年度、5:50・6時台・11:54の気象情報、『』 1999年度のみ と兼務)• 隣のお婆さん『マヤババ』 - 林マヤ(二役、1999 - 2001年度不定期、名前の由来は林の番組内での愛称『マヤママ』より)• 近所のお兄さん - (松田洋昌・鈴木Q太郎、2010年度) 備考 [ ]• お父さん役の池上は元NHK主幹、鎌田・岩本はNHKの報道記者で当時であった。 大塚と荒川は同学年(生まれ)であった。 年長の2人の子役が同学年になったのはこの時のみ。 誕生日は大塚の方が1ヶ月早い(大塚は生まれ、荒川は生まれ)。 大津は2004年度は長女役に変更。 スクープくんは鼻がのズームレンズになっているのキャラクターである。 制作当時、めったに使われない動物キャラクターということで創作された。 豚であるため、系の話題では宗教上の配慮から登場しなかった。 毎年最後の放送になると、パペットとしてスタジオに実写で登場していた。 ピントくんはがモチーフ。 これが「週刊こどもニュース」だ! [ ] により刊行された池上の著書である。 この中で池上は『週刊こどもニュース』を製作する中で起こった苦労話や裏話などを綴った。 その例として以下のようなものが挙げられる。 金融について解説する際出演者の子供たちが理解できていない様子を見て「融通が利かない」と言ってしまった。 について解説する際「社長さんは今もをしている」という内容のコントを作ったが、放送後抗議の電話が殺到した。 がについて説明したときの話( を参照)。 他にもスクープ君誕生の逸話や農家への訪問に関する裏話などを綴った。 備考 [ ]• NHKがに公開した「ジャンル別番組制作費」によると、同番組の制作費は1本710万円とのことである。 日本全国協議会主催で実施された2006年度「とに関する意識調査」において、「親が子どもに見せたい番組」第7位にランク付けされた。 放送分よりを開始した。 では他の各番組と同様、2010年まででは放送はしておらず、16:9画像を4:3コンバートして放送していた。 同以後はレターボックス16:9となった。 2010年度改編で、開始以来続けられてきた生放送が打ち切られ、収録による放送(基本的には)に変更。 地域によって放送時間が異なることとなった。 名古屋の対応 [ ] エリア内(主に豊田市と豊橋市周辺)在住のに対する放送での支援を強化しているでは、生という性質上放送は他の地域と同じく通常のスタイルをとっているものの、放送後に専門のスタッフが特集企画のポイントを翻訳し、同局のポルトガル語ホームページ で公開していた。 これは、番組内容がこどもにニュースを分かりやすく説明するということから、日本語が十分にできない日系ブラジル人にも役立つと判断してのものである。 2か国語放送が行われないにもかかわらず、名古屋局ポルトガル語ページの番組情報に「 KODOMO News Weekly」として列挙されていた。 脚註 [ ]• 日刊スポーツ. 2010年11月17日. 2016年10月6日閲覧。 日刊スポーツ. 2010年11月17日. 2016年10月6日閲覧。 2010年11月NHK放送総局長定例会見より。 2011年7月19日時点のよりアーカイブ。 2010年11月17日閲覧。 関連項目 [ ]• - 戦前のNHKの子供向け報道番組。 直接的なつながりはない。 - 土曜日朝に放送される(一般向けの)ウィークリーニュース。 2011年に上記の『ニュース深読み』に吸収 それに伴い番組名も『週刊ニュース深読み』に変更• - 『週刊ニュース深読み』の後継番組としてに放送を開始したウィークリーニュース。 外部リンク [ ]• - 公式サイト• - (2016年3月4日アーカイブ分)• 日曜 8:30 - 8:55枠 前番組 番組名 次番組.

次の

どうぶつ新聞

子供 に関する ニュース

1.新聞を購読する家庭が減っている 新聞を子供に読ませた方が良い、そういう意見は今も昔も根強くあります。 しかし90年代の新聞発行部数は全国で約5400万部ありましたが、2016年は約4300万部になっており、なんとここ約20年で1000万部も購読数が減っています。 つまり昔は一世帯に一部新聞があるのが一般的でしたが、現在では新聞を購読する世帯がどんどん減っています。 もはや 社会情勢を知るには新聞を頼ることができず、子供たちにはせめてニュースを見て社会情勢を知ってもらう必要があります。 参照 1-1.何でもスマホで情報を取り入れられる世の中 新聞を購読しない家庭が増えた要因として、何といってもインターネットの存在があります。 特にスマホは1台あれば通勤電車の中でも気軽にニュースを見ることができ、新聞やテレビのニュースを見なくても情報を取り入れることができます。 しかし大人はそのように簡単に情報を取り入れることができても、小学生といった子供はニュースを見る機会がありません。 子供なんて普段アニメやゲームばかり見ている、特にニュースなんて見なくても良いのでは?と感じる人もいるでしょう。 しかし目まぐるしく動く日々の社会情勢を、全く子供に知らせないのは良くありません。 今世の中で起きている現実を知り、自分ができることは何か考えてもらうことは、これからの社会を担う子供の役割と言えます。 1-2.子供と一緒に見るニュース番組がない!? 昔は子供のためのニュース番組がありました。 代表的なものが2010年までNHKで放送していた「週刊こどもニュース」です。 しかし実際の視聴者は子供よりも大人が多かったり、視聴率が伸び悩んだりしたこともあり現在では放送されていません。 民間のテレビ局は朝と夕方の時間帯にニュースを放送していますが、内容としてはニュースと言うよりワイドショーが中心です。 芸能人の不倫問題やお宅訪問など、子供に見せてもあまり勉強になるといった内容ではありません。 そうしたこともあり子供にニュースを見せない家庭が増えているとも言えます。 2.子供がニュースを見るメリットとは 子供が勉強になるようなニュース番組は減っているものの、やはり今起きている社会情勢を全く知らせないのは問題があります。 理想としては新聞を読んでもらうのが一番ですが、難しいと言って読んでくれなかったり、新聞購読をしていなかったりする家庭もあるでしょう。 せめてテレビのニュース番組を子供に見せ、世の中のことを把握してもらいましょう。 子供がニュースを見ることで、思いがけないメリットが生まれることもあります。 2-1.ニュースには学校で学べない情報もある ニュースを見ると、今世の中で起きていることを把握することができます。 小学生くらいの子供にとっては、海外の政治のことや株価の動きを見ても意味が分からないでしょう。 しかし交通事故や火災現場、三面記事に載っているような殺人事件などはニュースを見ることで何が起きたか理解することができます。 殺人事件といった残酷なことはあまり見せたくない親もいるかもしれません。 しかし世の中には恐ろしい事件もあり、また遊びに夢中になっていたら交通事故に合うといったリスクなども、ニュースを見ていれば知ることができます。 ニュースの中には残酷な事件もありますが、知ることでそれを回避するきっかけになるかもしれません。 ニュースは学校では学べない情報がたくさんあるのです。 2-2.世の中を知ることで、自分の将来についても考える ここ数年議論されている待機児童問題ですが、こうした要因の1つに若年層の投票率の低さがあげられます。 高年層の人は政治に興味を持ち、これから自分たちが恩恵を受ける老人福祉制度に力を入れてくれる政党に投票する人がたくさんいました。 その分子育て支援はおろそかになり、投票率の低い若者の声は届きにくくなったのです。 若年層がもっと新聞やニュースを見て、待機児童問題に危機感を持っていれば、世の中は多少変わったかもしれません。 今の子供たちには小さいうちから社会に興味を持たせ、自分の将来をどう運んでいくべきかニュースを見て考えてもらう必要があります。 2-3.テストに役立つことも 子供がニュースを見ていると、ふと疑問を感じることもあるでしょう。 例えばある難民問題で、家も家族も失った子供が泣いている画像が流れたとします。 ここ日本では考えられない惨状に、「どうしてこのようなことが起きるのか」と疑問を感じる子供もいます。 その疑問を口に出し、家族で話し合ったり自分で調べたりすることは、とても貴重な学習体験になります。 近年では社会情勢に関したテストも増えており、受験対策の面でもニュースを見ておいた方が有利になることがあります。 3.子供におすすめ!ニュース番組 子供と一緒に見ることのできるニュース番組は減っていますが、それでもいくつかのおすすめできるニュース番組はあります。 その多くは子供が見ても理解しやすい内容であり、大人が見ても面白いものばかりです。 3-1.週刊ニュース深読み 週末に一週間の出来事をまとめているニュース番組はたくさんありますが、中でも土曜日の朝8時15分からおよそ9時半まで放送している「NHK 週刊ニュース深読み」はおすすめです。 一週間に起きた出来事が非常に分かりやすく見られるのはもちろん、「深読みテーマ」といって分かりにくい問題を子供でも理解しやすいよう絵や解説を交えて紹介してくれます。 過去のテーマでは「受動喫煙対策」「南スーダンPKO」「トランプ政権対日本」など、聞いたことはあるけれどいまいちよく分からない問題を深掘りしてくれます。 いつのまにか親子で見入ってしまう貴重なニュース番組です。 朝食後のゆっくりとした時間、ぜひ家族で楽しんでみてください。 参照 3-2.池上彰さんの情報番組 池上彰さんは「週刊子供ニュース」のメインキャスターとして活躍していました。 現在でも民放番組の情報特番として人気が高く、その優しい語り口調は大人から子供まで分かりやすいと常に話題になっています。 「憲法改正」や「テロ等準備罪」など、大人でもうまく説明できない難しい問題を多くの人が理解できるような解説をしてくれます。 多数の番組があるのでここに詳細は載せませんが、毎月1~2回のペースでどこかの民放テレビで特番を放送しています。 受験を控えた小中学生のバイブル番組としても有名です。 3-3.子供向けニュースサイトもチェック 子供向けニュース番組が減った一方で、ネット上では子供向けの情報サイトが充実しています。 スマホやパソコンは子供にとって遊び道具になりつつありますが、どうせ画面を見せるなら「子供 ニュース」で検索してみてはいかがでしょうか。 どのサイトも子供を意識した分かりやすい内容になっています。 サイトの中には 簡単なゲームをしながら分かる社会情勢や、クイズ形式になったニュース問題などもあり、ニュースとは言っても楽しめる内容になっています。 まとめ 今の社会は、大人もニュースを見ない人が増えているようです。 仕事や家事で見る余裕がない、スマホでチェックできるのでニュースは見ないなど、その理由はさまざまでしょう。 しかし大人が社会問題に関心を持つことは重要です。 子供と一緒にニュースを見て疑問に思ったことを話し合う時間を持てば、それは学校では経験できない重要な学習時間になります。 普段なかなか忙しくてニュースを見る時間がないという人は、せめて週末だけでも子供と一緒にまとめニュース番組を見るようにしましょう。 ニュースを家族で見ることにより、子供が世の中の変化や身近な問題に関心を持つようになるかもしれません。

次の

独占スクープ!! 元SKE48・松村香織結婚へ

子供 に関する ニュース

小学生新聞や子ども向けニュースサイトをご紹介します。 NEWS WEB EASY(イージー)は、小学生・中学生や日本在住の外国人に向けて、わかりやすいことば でニュースを伝えるNHK運営のウェブサイトです。 平日は毎日更新、1日5記事を掲載しています。 ビデオニュースやオーディオニュースもあります。 ニュースだけでなく、「ニュースのことば 話題の用語 」「なるほどヒヨコ」「疑問氷解」などの記事もあります。 記事には、ふりがなが付いています。 こども記者が取材した面白ニュースを掲載しています。 楽しめます。 読売新聞による「子供向けニュース」のコーナー。 わかりやすい内容で 小学生に最適な内容となっています。 朝日新聞による小学生向け新聞。 「1面の記事から」「ニュースあれこれ」「ことばなるほどね」など、一部の記事を無料公開しています。 産経新聞が運営。 更新はゆっくりですが、楽しいニュースを厳選して集めています。 「朝日小学生新聞 中学受験eye - 関西圏」が運営しています。 中学受験に出そうなタイムリーなキーワードをピックアップして解説しています。 受験生のお子さんへの「意識付け」のきっかけとしても使えそうです。 宮城県の新聞社「河北新報」が運営する週刊発行のこども新聞です。 PDF形式で閲覧できます。 「中学・高校生の視点」に立って書かれたニュースを掲載しています。 勉強、部活動、校外のイベント、エンタメニュース、留学、大学進学、進路選択に関するニュースを掲載する本格的なオンラインニュースです。 読売新聞が運営。 中学生、高校生向けのニュース。 朝日新聞が運営。 「1面の記事から」「まとめてわかる!ニュース1週間」など、一部の記事を無料で公開。 毎日新聞の中高生向けニュース。 毎月5ページまで無料。 「キッズ・ポータルサイト」や「子ども向け情報サイト」をご紹介! 小中学生のためのポータルサイト。 ゲーム、クイズ、ペーパークラフト、図鑑などのオリジナルコンテンツのほか、検索エンジンも付いています。 ゲーム、科学、学習など、「遊び」から「学び」まで幅広くカバーするサイト。 学習向けコンテンツも多数掲載されています。 ゲーム、うらない、工作、じっけん、アタマのたいそう、バッチリンク、けいじばんなど、こども向けのコンテンツがたくさんあります。 JAXA(宇宙航空研究開発機構)の宇宙科学研究所(宇宙研)が運営する子供向け宇宙情報サイト。 太陽系、地球、月、銀河系、宇宙全体の情報、宇宙のお仕事情報などを解説。 親御さんがお子さんに説明する情報ソースとしても最適です。 外務省の子供向けサイトです。 世界の情報や、日本と外国との関係などを学べます。 こどもだけでなく、おとなが見ても楽しめます。 トヨタ自動車が運営する子供向け自動車情報サイトです。 自動車の作り方の解説や質問コーナーなどがあります。 「モノ作り」について学べます。 保護者(親御さん)&お子さんの視点に立った教育情報など。 リセマム(ReseMom)では、受験や進路・進学情報の教育ニュースを掲載しています。 幼児教育、中学受験、高校受験、大学受験情報など。 幼稚園受験、小学校受験、中学受験、高校受験、大学受験の情報を掲載する受験情報サイトです。 掲示板がメインのカテゴリで、最新&ナマの情報が各板内で飛び交っています。 その他、塾サーチ、学校情報など。 幼児から高校生までを対象とした教育の総合情報サイトです。 受験というよりも、子育てや日常の教育情報を中心に掲載しています。

次の