禁煙 飲み会。 禁煙が全くできない人が知らない3つの依存

禁煙中の飲み会、その攻略法

禁煙 飲み会

たばこをやめて150日経った。 自分は今30歳半ばでこれまでの喫煙歴は16年だった。 吸う本数はだいたい一日一箱程度。 飲み会があれば2箱に増えることもあったが、喫煙者としては平均的な喫煙本数だったと思う。 過去にも何度か禁煙にチャレンジしているが、いずれも2週間~2カ月の短期間で挫折していた。 それが今回はそれほど苦しまずに続けられている。 「5カ月程度の禁煙じゃ、まだまだやめたうちに入らないよ」 いうツッコミもあるかもしれない。 ではなぜ禁煙を継続できているのか、ここで自分なりの考察をまとめてみる。 加えてタバコやめた理由と禁煙開始後の身体的、精神的な変化も書いてみようと思う。 スポンサーリンク 目次 たばこをやめたきっかけ いろいろあるけどこの3つが大きい。 (1)喫煙するのがめんどくさい 嫌煙ブームの昨今、喫煙所が少なすぎる! 自分の場合、まず職場には喫煙所がないし最寄駅の近所で数えてみても今は3か所位しか思いつかない。 そしてたばこを吸うために、いちいち喫煙所まで時間をかけて移動しなければならない。 嵐の日でも一服するために1日何回も傘をさして外に出て吸っていた。 今考えてみるといったい何やってたんだろうかと。 喫煙者ってちょっと一服のためにとてつもない無駄を強いられているよなぁと思っていた。 (非喫煙者より税金を多く払ってるのに!) 逆に楽に吸える環境、時代だったらまだやめずに吸っていた気もする。 (2)タバコを吸う自分が心底嫌になった タバコ自体が嫌いになったという事もあるが、タバコに依存している自分自信にほとほと嫌気がさした。 思えば30代になってからから、以前ほどタバコを美味いと感じなくなっていたし、休みの日や飲み会のときは吸いすぎてしまい、気持ちが悪くなることも多かった。 それでもついつい吸ってしまう強い常習性に本当に参っていた。 喫煙所でない場所でどうしても我慢ができなくなりタバコに火をつけてしまうこともあった。 (非喫煙者の皆様、ご迷惑をおかけし本当にすみませんでした) 本当はやめたいと常々思っていたがずるずると吸い続けている、そういう自分への自己嫌悪が日増しに強くなっていたところだった。 (3)体調を崩した 禁煙の直接のきっかけは体調不良だった。 やめる直前には咳が止まらない日が何日か続いていた。 辛いけどついついタバコを吸ってしまう。 そしてまた咳き込む。 この繰り返しだった。 頭痛も併発し体調は最悪。 そんなある朝、咳き込みながらもまたタバコをくわえた。 頭痛を感じながら火をつけた時、不意に「タバコをやめてみようか」と思った。 そんな軽いはずみで禁煙をスタートした。 やめてからの記録 禁煙開始から1カ月くらいは日記みたいな記録を付けてたのでさらしてみます。 この時はちょっとタバコ休んでみようかね、という軽い気持ち。 最後に吸っていた銘柄はキャスターマイルド 3mg。 片頭痛がひどくて左目とこめかみがギリギリと痛む。 今思えば風邪とたばこの離脱症状が重なっていた状態だったかもしれないが、とにかく起きているのがつらかった。 なんとか仕事を終え、家に帰ると食事もろくにとらず布団に入ってすぐ寝るという数日間。 そんなことで一番禁断症状がキツいはずのこの期間は幸か不幸かタバコはあまり吸う気にもならなかった。 とはいえ食後や仕事の合間の喫煙していたタイミングは口さびしいので代用品として何箱かまとめ買いしたフリスクをがりがり食べていた。 体調がだいぶ戻り、吸いたい欲求が出てきた。 その度にフリスクを口に放り込んでやりすごす。 嫁と子供は用事があり実家へ帰った。 一人家にいるとどうしても吸いたくなる。 ということで日が高いうちから布団に入り寝てしまう。 「寝てしまう」というのは吸い魔から逃げる手段としてはいい手だったと思う。 眠気はなくなりつらかった片頭痛もだいぶ収まってきた。 フリスクは高いのでMINTIAに切り替える。 無茶な依頼内容にイライラするもなんとか吸わず、夜中にミッション完了。 仕事完遂後、タバコを吸って締めたいところをなんとか我慢。 まだ時々吸いたい。 やっちまったーと思った瞬間夢と気づいた。 タバコのない生活には慣れてきたがまだまだ食後や作業がひと段落したタイミングで吸いたくなる。 もう離脱症状のようなものは感じない。 しかし家で酒を飲んでいると手持ち無沙汰になり、吸いたいと思うことがある。 何か物足りないという感覚がある。 そんなときはMINTIAをガリガリ。 以前ならてんてこ舞いだったろう仕事の案件の量をわりと普通に回せている。 ただ家でビールを飲んでるときに時々吸いたくなる。 外を歩いているなど誰かが吸ってるタバコの煙を「いいにおい」とは思わなくなってきた。 これは嫌煙家になるかも? またここにきて嗅覚が敏感になってきているせいか寝室とは廊下を隔てた別の部屋にある猫のトイレがくさい。 こまめに掃除せねば。 今は飲み会で横で吸われても大丈夫です。 タバコが無い生活が当たり前になってきたように思う。 (でも時々ふいに吸いたくなる時はある) 体の変化としては白目の濁りが減ってきた気がする。 この気持ちを維持できれば大丈夫だと思うが、飲み会には気を付けるべし。 しかしタバコを吸っている人はくさいと気づく。 休煙後しばらくの間は、喫煙が習慣化していたタイミング(食後、飲酒時、仕事終わり、帰り道)で吸いたいと感じていたが今はもう考えることもなくなってきている。 思えばここ最近、周りにタバコを吸っている人が少ないのが良かった。 ただし飲み会など、油断は禁物。 普段はタバコの存在自体を忘れていることが多い。 禁煙して気づいた変化 これは個人差あると思いますが自分で感じたことをまとめてみる。 プラシーボ的なのも混じってるかもしれない。 歯を磨いていてえずかない。 朝ダルくない• 便が固くなった。 (以前は常に軟便だった)• 寝起きも悪くない。 しかしこれは1か月で元に戻ったような気がする(呑みすぎてるせいか?)• 嗅覚が敏感になった(1カ月目あたり~)• 舌が敏感になった。 例えば昼食でよく食べる「なか卯」の牛丼の味付けがしょっぱく感じる• 白目の濁りが減った気がする(1カ月目~)• やたらと腹がへる(1カ月目あたり~)• 肌にハリがでたというかきれいになった(久しぶりに会った友人にも言われた)• 階段を登ったり、朝、駅まで走るなどちょっとした運動で疲れない(2カ月目~)• 皆さん気になる体重は・・・ ここ10年のアベレージから3キロくらい増えてる。 しかし要注意。 喫煙欲求による集中力の途切れがないので粘り強くなった気がする(3週目あたり~)• あまり好きではなかった甘いものも美味しく感じる。 ほとんど食べないけど。 お小遣いが減らない(ただ他に使っているので財布に残っていない気もする)• 時間に余裕ができた。 口臭や服の臭いを気にしなくてよくなった。 火事の心配が無くなった なぜ禁煙を続けられているか? これまでは禁煙しても短期間で挫折していた。 そんな情けない自分だが、なぜ今回は禁煙外来やチャンピックスにもお世話にならずに禁煙を続けられているのか考えてみる。 今回は禁煙のために理由付けをしなかった。 これがよかったのではないかと思う。 4年前に禁煙にチャレンジしたときに 「お金が浮くから」というのを理由にしていたけど結局失敗した。 なので今回はお金のことは特に気にしないようにした。 あと健康のためとか子供のためとか、そういった事もあまり考えないようにした。 またタバコの代用品についても依存しすぎないように注意した。 禁煙パイポ、飴、ガムがよく禁煙時の代用品として使われるが、自分も禁煙開始当初はを1日1箱くらい消費していた。 しばらくは手放せない感じだったので意識的あまり依存しすぎないようにしていたら3カ月目以降はだんだん無くてもOKになった。 今は全然買っていない。 いままでの経験から、禁煙の手段としてお金の節約という理由付けやミンティア等の代用品では、禁煙を続ける事は難しい。 理由付けや代用品の使用は 吸いたい気持ちを紛らわしているだけだ。 初めは「これでやめるんだ」と盛り上がっていても、時間が経って初期衝動が薄まると失敗する確率が高くなる。 結局のところ「我慢」をしても一時的なごまかしにしかならない。 火元になっている「吸いたい」という気持ちを処理しないことには、いずれまた「一本お化け」につかまって喫煙者に逆戻りしてしまう。 だから今回は 「我慢してやめる」というスタンスはとらず、禁煙を続けつつタバコとの向き合い方を徹底的に考え直していった。 前述の「タバコが心底嫌になった」ということが下地にはなっているが、 「たばこは嗜好品」ではなく「依存度の高い麻薬のようなもの」 と強く認識し、自分の意識に深く深く刷り込み定着させていった。 この認識を持ち続けることであまり苦しまずに吸いたい欲求を継続して抑えることができたのではないかと思う。 禁煙直後の辛い期間中にインターネット上の禁煙に関する記事やブログも読み漁っていたのだが、その時見つけたこのブログの記事がこの考え方をかなり後押ししてくれた。 タバコやめたい人はみんなこれ一回読んでみてほしい。 なんかの宗教みたいな言い方になってしまうけど、自分はこれを読んで喫煙に対しての考え方が固まってスパっとやめられた。 何度か読んでるうちに 自分にとって喫煙はもう無意味だと心の底から思えるようになった気がする。 実は禁煙本で有名な「 」も10年以上前、学生の頃に読んだことがある。 (この時は全く禁煙できなかった) もう内容はあまり覚えてないけど、つまるところ上の記事と同じように無意識的にタバコに対する考え方を変えて禁煙に導く内容だったように思う。 おまけに禁煙でつらいときに見つけて面白かったサイトを紹介する。 糸井重里「おっぱい理論」 「おっぱいを、ちょっと吸う」ことはありえない!タバコもしかり! すごい力技な気がするけど、実際これでやめてるから面白い。 みんなの禁煙失敗談 喫煙歴27年間。 8年前に2年間で禁煙失敗。 失敗の理由は飲み会での一本。 始めは飲み会だけだったのに、日常的に吸うようになるのはあっという間でした。 とにかく一本だけでも絶対ダメ。 ALL or NOTHING!! 長い間禁煙できている人でも失敗するんですね。 こうはならんぞと気持ちが引き締まりました。 「ちょっと一本」には要注意! はいまでも時々覗きにいってます。 禁煙当初はネットで人の禁煙成功・失敗談をしょっちゅう検索してたなぁ。 ちなみに156日目で 吸わずにすんだ本数&タバコ代は・・・ 約 3129 本 計 65709 円 by 金額より3000本とかスゲエ。。。 今まですごい本数吸ってたんだな。 あの不自由な日々に戻ってしまうと考えると吸いたいとも思わない。 以前の考え方でやめていたらもうとっくに吸ってなくなっていたと思う。 以上、長々と自分語りになってしまいましたが、タバコに対する考え方を変えてみると割と楽に禁煙を続けられるよ、という話でした。 タバコから自由になりたい人の参考になれば幸いです。 スポンサーリンク.

次の

三ヶ月間禁酒してたときに、シラフで飲み会に行った結果

禁煙 飲み会

古川武士(ふるかわ・たけし)/習慣化コンサルタント 関西大学卒業後、日立製作所などを経て2006年に独立。 約3万人のビジネスパーソンの育成と約500人の個人コンサルティングの現場から「続ける習慣」が最も重要なテーマと考え、オリジナルの習慣化理論・技術をもとに個人向けコンサルティング、習慣化講座、企業への行動定着支援を行っている。 主な著書に「続ける習慣」「やめる習慣」「早起きの技術」などがあり、全16冊、計70万部を超え、中国・韓国・台湾など海外でも広く翻訳され読まれている。 これまで、さまざまなやめたいことにチャレンジしてきたライフハッカー[日本版]編集部員たち。 ラストを飾るのは、編集長・松葉による「 タバコ」をやめるです。 やめようと思ったきっかけ Image: ・休日や家では吸わないが臭いが気になると家族に言われた ・休日は吸わないでいられるのだから、平日もできると思った ・世間的な肩身の狭さ ・やっぱり健康面が気になる 一番大きなきっかけは、やはり家族から タバコの臭いについて指摘されること。 また、住んでいるマンションが規約上ベランダで吸えないし、換気扇の下で吸うこともしたくないので、吸うなら近くのコンビニまで行かねばならず、もともと休日や平日の夜は吸わない習慣。 それもあり、だいたい1日10本くらいのペースでした。 だったらいっそのことやめてしまえば、家族に臭いで不快にさせることもないのでは?と考えました。 あとは、世の中的に、これから喫煙者に優しくなる方向には絶対いかないよな、ということを考えると、やっぱりそろそろ潮時かなという感覚も。 ちなみに、30代後半にさしかかり、健康診断の項目ではちらほらアラートがありますが、どちらかというとお酒由来かな?という感じです。 ・禁煙アプリで、禁煙時間や本数、節約したお金などを可視化 ・キリのいいタイミングからはじめる(年末の会社の飲み会で宣言してスタート) ・節約したお金で自分にごほうび(安いBluetoothイヤホンを買いました) Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部 via やめるためにまずしたことは、 数値化すること。 禁煙ウォッチ( , )というアプリを使って、禁煙時間・禁煙できた本数・節約できた金額を可視化しました。 1日に吸っていた本数と1箱の値段を入れるだけで、上記に加え、ちょっと眉唾ですが延びた寿命まで表示してくれるので、モチベーションにつながりました。 またはじめる タイミングとして、休日に吸わない習慣なことから年末年始を活用しようと、会社の納会の二次会で、その場にいる人に宣言してスタートしました。 おかげでいいスタートが切れた気がします。 年明けの仕事始めからというもの、タバコを吸う時間がなくなったおかげもあり、子どもが寝る前やお風呂を入れる時間に帰れることが多くなり、息抜きの時間や喫煙スペースでのコミュニケーションが恋しくなることがありつつも、メリットを感じていました。 結果、約1カ月で7000円ほどを節約でき、その ご褒美としてBluetoothイヤホンを買い、物欲も満たされ順風満帆といきたいところだったのですが… ・採点は 80点。 やめる施策はよかった。 ・キリの良い タイミングではじめる、 宣言するということができている。 ・ アプリで数値化するというのも習慣化としてはいい(効く人と効かない人がいるとは思うが) まず試したことへの評価は上記のとおり。 失敗したにもかかわらず、なかなか高い評価をいただきました。 そのうえで古川さんが続けたのが「 タバコを断つ習慣化の難しさ」。 実は28歳まで1日に2箱半も吸っていたという古川さん。 せっかくロケットスタートを決めても、ギリギリのところで引力に負けて戻ってきてしまったりする」と解説。 だからこそ、それなりの決意のタイミングですることが大切。 そこまで待つのもひとつの手、といいます。 なんとなく富士山に登ってきましたというひとがいないように、 なんとなく禁煙しましたというひとはいない。 家族からきつく言われるとか、値上げ、使っていた喫煙スペースがなくなるとか、そういうタイミングを活用するべきだとアドバイスされました。 では、そのタイミングが来たときにどうすればいいのか? 答えは「 退路を断つ」。 ・四方八方、ぜんぶ宣言してしまう(職場も家も) ・禁煙外来などの助けを借りる ・別のことでストレス発散をする(依存性のあるものでもよい) 退路を断つには上記のことをするのがおすすめだそう。 1つ目の宣言に関しては、僕は宣言した飲み会の場にいた人や編集部、そして家族には伝えていましたが、もっと広く宣言したほうが効果があるようです。 確かに喫煙スペースで会っていた人には「最近いないねぇ」とか言われてもはぐらかしたりしていました。 たくさんの人と約束をすればするほど破りにくくなる。 それほど「 人との約束」の力は大きいんです。 また、古川さんのお知り合いの禁煙外来の方が言うには、脳は本数を減らしていっても1本に快感を感じてしまい、その1本がやたらうまく感じてしまうから、 減煙ではなく禁煙がいいのだとか。 こうした専門家の知見はやはり大切です。 Image: ヨコヤマコム そして、衝撃だったのが「 他の依存性のあるものに代替してもよい」ということ。 例えば、僕の場合は、仕事が忙しくなるというのトリガーでした。 そこで、吸いたくなったらエナジードリンクを飲むというのもアリなんです。 やめていた1カ月間、炭酸水やコーヒー、ガムなどで紛らわせていたのですが、エナジードリンクはちょっと罪悪感もあったのでそれで代用しようという発想はありませんでした。 しかし、古川さんによると、他の依存に置き換える手法をとる必要があるくらい、タバコの習慣は手強いんです。 確かに自分の場合、タバコよりもエナジードリンクのほうがやめられそうな気がします。 脳には、タバコを吸うことでリフレッシュしているというシーンがこびりついています。 意識を消すには時間が必要で、頭のなかにイメージがあるうちは欲しくなり、イメージが薄くなると欲しくなくなっていきます。 例えば、恋愛して失恋する。 失恋直後はキツイですが、だんだん時間がたつと、あまり思い出さなくなる。 それは、時間がたつと鮮明に思い出せなくなり、回数も減るから。 タバコの場合も、僕のようにエナジードリンクでもいいし、人によってはチョコでもよくて、吸いたい衝動が出たときにパッと抑えられると続けられる。 まずは、それを3カ月続ける。 そして、半年経つと脳の中の快感イメージが減ってきて、どんどん欲しくなくなってくるといいます。 Image: ヨコヤマコム 古川さんは1日2箱半も吸っていたのをやめたあと、へんな咳がでなくなった、時間がとられる感覚がなくなった、空気が美味しく感じられた、と言っていました。 そんな話を聞いて、古川さんから教わったアドバイスに従って、もう一度、そして最後のチャレンジになるように禁煙を始めてみることにしました。 僕自身、いままで何度も禁煙に失敗してきました。 この記事を読んでくれた方にもそういう方がいるかもしれません。 Image: Shutterstock. com(, ), ヨコヤマコム Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部 Source: 禁煙ウォッチ( , ) 松葉信彦.

次の

禁煙が全くできない人が知らない3つの依存

禁煙 飲み会

アルコールも飲んで気分もよくなったころに、ついでにタバコに自然と手が伸びちゃうんですよね。 ただ、 飲み会の席ではセーフだと考えてよいでしょう。 というのも、体に影響があるとかではなくて、あくまで 禁煙中の一環としてはということでです。 大体が酔っ払っているし、次の日にはタバコを吸ったことなんて忘れてしまっているはず。 そう考えれば、禁煙中の喫煙もカウントされないということ。 これはあくまで、 自分の意識の中での問題となってきますがね。 大事なのは、 タバコ吸った=良かったという感情を残さないこと!! ここが重要になってきます。 余りはあげる 飲み会の席ではセーフと書きましたが、注意点が一つ。 もし、飲み会用にタバコを用意していたなら、 飲み会が終わった後は、残りのタバコは持って帰らないこと!! ここが重要。 家に持って帰って、素面にもどったときにタバコが手元にあると、ついつい誘惑に負けてしまいますよ!! 絶対に持って帰らないように。 残りは必ず、誰か喫煙者にあげましょう。 (捨てるのはもったいない) お正月とかお盆とか たまにならOK 飲み会などはセーフと書きましたが、それ以外でもセーフとしている事があります。 喉が痛い• 吐き気がする• 寝る前に咳で寝れない など体調に関する理由はたくさんあるはずです。 それなのに、吸ってしまうのは、心のどこかで抵抗を感じているはず。 その部分を強く全面に出していくことをオススメします。 そうすることで、 タバコは体に悪いこと!! とインプットされ、次第に体に刷り込まれていきます。 そうすると、次にタバコを吸おうものなら罪悪感にさいなまれます。 そうなると、タバコもおいしくない・・・ ここまでくれば、ほぼ 9割は禁煙が成功したといっても過言ではないです。 禁煙するときの思考 私の禁煙体験をベースにポイントを書いてきましたが、禁煙のポイントは 難しく考えないこと!!です。 これが私に言える一番のアドバイスです。 たまにならいいや!!という軽い気持ちで初めてみて、それでもダメなら諦める。 そして、もう一回トライしてみる。 何度も禁煙にトライすることが大事です。 イライラすることも多いですが、自分の体のためです。 そう思えば、禁煙することに価値が見いだせるはずです。 タバコの代わりになるもの 今すぐ禁煙をするというのは言葉で言うよりも難しいものですが….

次の