ご査収の上、お取り計らいのほど何卒宜しくお願い申し上げます。。 今さら聞けない「ご査収」の意味と使い方

ビジネスメール・手紙に使える表現「お取り計らい」の使い方・例文

ご査収の上、お取り計らいのほど何卒宜しくお願い申し上げます。

「ご査収の程宜しくお願い致します」の意味や使い方を例文で徹底解説! 「ご査収」の間違った使い方は? 上記では、「ご査収」についての正しい使い方を紹介しましたが、それだけではなく、間違った「ご査収」の使い方も覚えておきましょう。 メール返信のポイント|Re: 見積もり送付メール Re: お見積送付の件 株式会社就活 就活 様 平素はお世話になっております。 「の程」がないと命令口調のように感じてしまうからです。 「ご確認のほどよろしくお願いいたします」の類似表現 「ご一読のほど」 「ご一読」の意味は「 一度読むこと・さっと読むこと」です。 それでは「ご査収のほどよろしくお願い致します」の使い方を見ていきましょう ビジネスシーンではどう使う? 「ご査収のほどよろしくお願い致します」は、通常ビジネスシーンや公文書を扱う時にしか使われません。 内容を確認させていただきましたが、1点修正のお願いがございます」などと切り出した上で、修正内容を明記しましょう。 「ご査収お願いします」はおかしい日本語? よろしくお願いいたします。 「ご査収ください」の言い換え表現いろいろ 今まで、「ご査収ください」の意味や使い方について見てきましたので、もうこれで問題なく使えること間違いないしですが、「 やっぱり使うの何か抵抗ある・・・」と感じたりしていませんか? 「正しく使えてるか自信がない」 「ご査収って使うの、いつまでも違和感がある」 「ご査収ってご査収って、いったい何なのよ!」 上記のことに当てはまるなら、無理して使うこともありません。 受取株式会社 受野 鳥夫 今度は、届いた見積書が見直して欲しいものであった場合の例文です。 「一読」には「さっと一度読んでください」というようなニュアンスがありますが、ビジネスシーンで使うような場合には「じっくり読んでほしい」という場面でも使用することができます。 Please check the contents. 「ご査収願います」というフレーズの意味を考える際、解釈などに悩む方が多いのは、「ご査収」という言葉だと考えられます。 返事の書き方は次の通りです。 「ご確認の程よろしくお願いいたします/申し上げます」の意味と敬語、返信、英語 「いただければ」は、「もらう」の謙譲語である「いただく」に、「ければ」という仮定形を使用して敬語にしています。 しかし、「わかりました」は丁寧語であるため、目上の人にたいして使用するには敬意の度合いが低い表現になります。 ご笑納いただければ幸いに存じます。 ・ご査収のうえ、お取り計らいのほど何卒宜しくお願い申し上げます。 「する」の尊敬語は「なさる」「される」なので、正しくは「 ご確認なさってください」「 ご確認されてください」となります。 また、すでに送ったことのある資料の最終版などを送付する際も「ご確認ください」で十分です。

次の

間違いも多い敬語「お取り計らい」の意味と使い方・メール例文

ご査収の上、お取り計らいのほど何卒宜しくお願い申し上げます。

「お取り計らい」の意味と目上の方への使い方、注意点について例文つきで誰よりも詳しく解説していく記事。 まずは基本として「お取り計らい」の使い方は、 「お取り計らいのほど宜しくお願い申し上げます」 「お取り計らいを頂き、ありがとうございました」 などのようにして使うと、目上の方やビジネスパートナーへの敬語として、とても素晴らしい表現になっています。 理由については本文中で解説しています。 目上の方や取引先などへ、お礼やお願いをするビジネスシーン(ビジネスメール)で使われる「お取り計らい」ですので、この機会にマスターしておきましょう。 くわしくは本文中で解説しています。 この記事の目次• 「お取り計らい」の辞書的な意味は「ものごとがうまく運ぶように考え、処理をすること」。 ここで「お」は尊敬語であり、「取り計らう」を敬語にして目上の方へも使えるようにしています。 決して「相手へ気づかい、配慮、心配りをすること」という意味ではありません。 整理するとこんな感じ。 「お取り計らいの程、よろしくお願い申し上げます」の意味はくだけた表現にすると、 「ものごとがうまく進むように、やってくださいね。 どうかお願いしますわ~」という意味。 実際には尊敬語「お」を使っている上に、「お願いする」の謙譲語「お願い申し上げます」を使っているため、とても丁寧な表現になっています。 目上の方やビジネスパートナーに対して、丁寧にお願いをするには素晴らしい敬語表現です。 自分をへりくだる(下げる)ことで、相手を敬っている。 「お取り計らい」はお礼をするときにも使います。 例文で使った「お取り計らいを頂き、誠にありがとうございました」の意味は、くだけた表現にすると 「ものごとをうまく進めてくれて、ありがとう!!感謝やでぇ!」という意味。 実際には「取り計らう」に尊敬語「お」を使っている上に、 「もらう」の謙譲語「いただく」を使い、 さらに、お礼の一言まで添えているため。 とても丁寧な表現になっています。 目上の方やビジネスパートナーに対し、お礼をするには素晴らしい敬語表現です。 目上の方や取引先に使える文章にしていますので、ご参考にどうぞ。 人事部の佐藤です。 その際、各部署より講師として1名ずつ派遣していただき新入社員へ向け、 それぞれのテーマでお話いただけないかと考えております。 お忙しい中、恐縮ではございますがご査収の上、 お取り計らいのほど宜しくお願いいたします。 メール署名 例文にしたように「お取り計らい」を使うビジネスシーンは、何か依頼やお願い事をしたい時ですね。 他には感謝の意を示す時「お取り計らいをいただき、誠にありがとうございました」などとして、メール冒頭に使えます。 いろいろと考えを巡らせてはみたものの、しっくりとくる言い換えが思いつきませんでした。 「うまく進めてください」では丁寧じゃないし、「解決できるようご協力お願い申し上げます」でも何だか変…。 そこで、少しだけ例文を出して解説しておきます。 「お力添え」はビジネスメールや商談などで 感謝・お願いをしたいときに使います。 主にビジネスメールの文頭の挨拶、締めくくり(文末・結び)に使います。 「お力添え」を使った例文:• ご尽力をいただき、誠にありがとうございます。 (お礼)• ご尽力をいただき、心からお礼申し上げます。 (お礼)• ご尽力賜り、感謝申し上げます。 (お礼) 詳しくは別の記事にしていますので、以下のリンクよりご確認ください。 具体的には「お取り計らいの程、よろしくお願い申し上げます」の意味を、間違った意味「相手の気づかい」を使って考えてみましょう。 するとこんな意味になります。 「気づかいしてくださいね。 どうかお願いしますわ~」 なんか意味不明な文章になりますよね(汗)。 ということで「お取り計らい」は「相手の気づかい」を意味するのではなく、先に示したとおり辞書的な意味 「ものごとがうまく運ぶように考え、処理をすること」が正しい、ということになります。 まとめ これでもかというくらい「お取り計らい」について語ってみました。 これはとても便利な表現で、どんな「お願い・お礼」をするシーンであれば、目上の方や取引先に万能に使える表現です。 とくにメールの締めくくりに使うと、グッとメールが引き締まります。 「お取り計らい」に慣れないうちは、使うのがちょっと気持ち悪く感じますが、慣れると便利すぎてどんどん使っちゃいます。 ぜひ、ありとあらゆる場面を経験し、使い倒してください。 頭でどうこうなるものではないので、ビジネスシーンで場数を踏んでくださいね。 ではでは~~。

次の

「ご査収のほどよろしくお願い致します」の意味と使い方

ご査収の上、お取り計らいのほど何卒宜しくお願い申し上げます。

この記事の目次• お取り計らいの程よろしくお願い申し上げます の意味と敬語 「お取り計らいの程よろしくお願い申し上げます」の意味は「うまく処理してくれるよう、お願いします」 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 お取り計らいの程〜意味は「物事をうまく処理してくれるよう」 「お取り計らいの程〜」の意味は「物事をうまく処理してもらうよう〜」あるいは「物事をうまく処理してくれるよう〜」 「お取り計らい」のもととなる単語は「取り計らい」であり、尊敬語なのか謙譲語なのかイマイチはっきりとしない「お(ご)」をつかって敬語にしています。 「(自分が相手に)うまく処理してもらうよう」と考えるのであれば 謙譲語の「ご」• 「(相手が自分に)うまく処理してくれるよう」と考えるのであれば 尊敬語の「ご」 となります。 「お取り計らいの程」というように漢字を用いてもOKですし、「お取り計らいのほど」と平仮名にしてもOK。 お取り計らいの程〜の「のほど」ってどんな意味? ここで「お取り計らいの程」の「のほど」は限定を避ける言い方で、意味としては「〜してもらうよう」「〜してくれるよう」と考えることができます。 断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。 たとえば、• ご査収のほどお願い申し上げます 意味「よく中身を確認して受け取るよう、お願い」• お取り計らいのほどお願い申し上げます 意味「物事をうまく進めてくれるよう、お願い」• ご検討のほどお願い申し上げます 意味「検討してくれるよう、お願い」• ご了承のほどお願い申し上げます 意味「了解してくれるよう、お願い」 などのようにして使います。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 よろしくお願い申し上げます は「お願いする」の丁寧な敬語 「お願い申し上げます」の意味は「お願いします」• もととなる単語は「 願う+言う」であり、• さらに丁寧語「ます」を使って「 お願い申し上げます」という敬語にしています ここでつかう「よろしく」には深い意味はありません。 何かを頼んだりするときに添える語です。 「お願い申し上げます」は「よろしくお願い申し上げます」としてもOKですし「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」を使い「何卒よろしくお願い申し上げます」としても丁寧。 あるいは「お願い致します」「お願いいたします」とも言い換えできます。 お取り計らいの程よろしくお願い申し上げます の意味は「うまく処理してくれるよう、お願いします」• お取り計らい = うまく処理すること• のほど = 「〜してもらうよう」あるいは「〜してくれるよう」の意味• すると「お取り計らいの程よろしくお願い申し上げます」の意味は… 「うまく処理してくれるよう、お願いします」 のように解釈できます。 文章のバランスを考えて使い分けしましょう。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 お取り計らいの程よろしくお願い申し上げます の使い方 つづいて「お取り計らいの程よろしくお願い申し上げます」の使い方について。 おもにお願い・依頼のビジネスメール結び締めに使うフレーズであり、決まりきった使い方のみ。 使い方「依頼・お願いビジネスメール結び締め」 「お取り計らいの程よろしくお願い申し上げます」の使い方 おもに問い合わせをしたり、何かをお願いするビジネスメール結び締めとして使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使えます。 たとえば、• 例文「お取り計らいの程よろしくお願い申し上げます」• 例文「お取り計らいの程何卒よろしくお願い致します」 のようにしてお願いすると丁寧です。 具体的にはたとえば、サンプル取り寄せをするビジネスメールのとき。 「さて、新商品の一部材として貴社製品Aを検討いたしたく、よろしければ下記のとおりサンプルをご手配いただきたく存じます。 (中略) お忙しいところ大変お手数ではございますが、 お取り計らいの程よろしくお願い申し上げます。 」 みたいにメール結びとして使えます。 まぁ、ようするに「うまく処理してね!よろしく」という意味なのです。 「お取り計らいの程何卒よろしくお願い申し上げます」としても丁寧 ところでビジネスシーンでは、 「お取り計らいの程宜しくお願い致します」としても丁寧ではありますが… 「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「お取り計らいの程 何卒よろしくお願い致します」 あるいは「お願い致します」とおなじ意味の「お願い申し上げます」をつかい、 「お取り計らいの程 何卒よろしく お願い申し上げます」としても丁寧です。 頭の片隅にいれておきましょう。 前置きに気づかいのフレーズを! ビジネスメールの結び締めをより丁寧にするためのコツ。 「お取り計らいの程よろしくお願い申し上げます」の前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますがお取り計らい〜」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますがお取り計らい〜」 「たびたび恐縮ではございますがお取り計らい〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがお取り計らい〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますがお取り計らい〜」 「たびたび恐れ入りますがお取り計らい〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますがお取り計らい〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますがお取り計らい〜」• 勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますがお取り計らい〜」 お取り計らいの程・くださいますよう・頂きますよう の違い ところで「お取り計らい」の使い方というか続くフレーズには、 「お取り計らい くださいますようお願い致します」 「お取り計らい のほどお願い致します」 「お取り計らい 頂きますようお願い致します」 「お取り計らい いただければ幸いです」 というように主に4つあります。 これって何が違うのでしょうか? ただし本来であればどれも丁寧な敬語であり、使い分けする必要はありません。 「お取り計らいください」でもOKだけど…もう少し丁寧に! 「お取り計らいください」とする人も中にはいますが…私はオススメしません。 「〜してください」は「〜してくれ」の尊敬語「くださる」の命令形であるため敬語としてはOK。 目下のヒトにたいする言葉づかいや、社内あてのメールであれば問題ありません。 ですが「〜してください」は結局のところ命令形であるため、どうしても強い表現です。 もっと丁寧なフレーズがあるのですからそちらを使うのが無難。 とくに目上のヒトや取引先に何かをお願いするときには相手への気づかいが必要です。 「お取り計らいの程 お願いいたします」「お取り計らいの程 お願い致します」と言い換えすることもできます。 また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「お取り計らいの程 何卒よろしくお願い申し上げます」 としても丁寧です。 【例文】お取り計らいの程よろしくお願い申し上げます のビジネスメール全文 さいごに「お取り計らいの程よろしくお願い申し上げます の」を使ったビジネスメールや文書の例文を紹介します。 関西大学の関西太郎です。 この度は、次回面接のご案内をいただき、誠にありがとうございます。 さて面接日程の件、こちらでは特に希望する時間はございませんので、日時をご指定いただければ幸いです。 お忙しいところ誠に恐れ入りますがご査収の上、 お取り計らいのほど何卒よろしくお願い申し上げます。 メール署名• 人事部の佐藤です。 その際、各部署より講師として1名ずつ派遣していただき新入社員へ向け、 それぞれのテーマでお話いただけないかと考えております。 お忙しいところ恐縮ではございますがご査収の上、 お取り計らいのほど宜しくお願いいたします。 メール署名 例文にしたように「お取り計らい」を使うビジネスシーンは、何か依頼やお願い事をしたい時ですね。 他には感謝の意を示す時「お取り計らいをいただき、誠にありがとうございました」などとして、メール冒頭に使えます。 請求書が来ないときに催促するメール例文 【to 社外ビジネス取引先】 社外ビジネス取引先に催促メールで「請求書の提出を催促する」ときのビジネスメール例文。 相手から請求書が来ない、届かないときなどに使える例文。 メール件名:請求書送付のお願い(転職・ノマド) ビジネス 株式会社 経理部 〇〇 様(社外ビジネス取引先) いつもお世話になっております。 転職・ノマドでございます。 さて首記の件、以下の注文分に対する請求書が未だ到着しておらず、大変失礼とは存じますが、確認までに連絡いたしました。 まだのようでしたら請求書を頂戴したく存じます。 また、本メールと行き違いで手配いただいておりましたら申し訳ありません。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、お取り計らいのほど何卒宜しくお願い致します。 メールで案内をしていなければ、新たに催促メールを作る。 メール件名:精算申請書・修正および再提出のお願い 営業部 のまこ 部長(社内上司/目上) お疲れ様です。 経理部・ノマドと申します。 さて首記の件、のまこ部長よりご提出の以下申請書に関して不備があり、先般、社内便にて返送しておりました。 書類はお受け取りになりましたでしょうか。 なお、精算の締め日が11月15日までとなっておりますので、それまでにご対応頂ければ幸いです。 また、行き違いでご返送いただいておりましたらその旨お申し付けください。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、お取り計らいのほど宜しくお願い致します。

次の