ビジョナリー ホールディングス 株価。 (株)ビジョナリーホールディングス【9263】:株主優待

ビジョナリーホールディングス (9263) : 株価予想・売買予想・株価診断 [VCO]

ビジョナリー ホールディングス 株価

PTSマーケット情報はジャパンネクスト証券株式会社から情報提供を受けています。 PTSマーケット情報に関する知的財産権はジャパンネクスト証券株式会社に帰属します。 技術的不可避な理由によってPTSマーケット情報伝達の遅延や中断が生じたり、ジャパンネクスト証券株式会社の事由によりマーケット情報の変更がある可能性があります。 当社およびジャパンネクスト証券株式会社は、PTSマーケット情報の正確性及び信頼性を保証するものではありません。 また、この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社および情報提供元は一切の責任を負いません。 掲載するPTSマーケット情報は閲覧者自身のみ利用するものとし、第三者に提供することを禁じます。 PTSマーケット情報及びその編集もしくは加工情報を閲覧している端末機以外の媒体への転載を禁ずるとともに、PTSマーケット情報の蓄積、編集及び加工等、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 当社のウェブサイトにおいて掲載するPTSマーケット情報及びその編集もしくは加工情報は、参考情報であり、投資等の勧誘を目的にしたものではなく、いかなる有価証券の価値を保証するものではありません。 モーニングスター株式会社(以下当社)が展開しているウェブサイト、スマートフォンアプリ、携帯サイト(当社が承認したうえでtwitterやfacebookなどのソーシャルメディアで配信・共有された情報も含みます)ならびにモーニングスターウェブサイトを介した外部ウェブサイトの閲覧、ご利用は、お客様の責任で行っていただきますようお願いいたします。 【当サイトのご利用について】 当社がウェブサイト等で展開している投資信託、株式、ETFなどの比較検索、アナリストコラム、マーケットニュース、ポートフォリオ機能およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。 また、当社が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。 利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても、当社およびその情報提供者は責任を負いません。 【リンク先サイトのご利用について】 モーニングスターウェブサイトの各コンテンツからは外部のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。 リンク先のウェブサイトは当社が管理運営するものではありません。 その内容の信頼性などについて当社は責任を負いません。 【著作権等について】 著作権等の知的所有権その他一切の権利は当社ならびにMorningstar,inc. またはライセンス提供を行う情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 掲載しているウェブサイトのURLや情報は、利用者への予告なしに変更できるものとします。 ご利用の際は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせていただきます。

次の

モーニングスター [ PTS価格 株式会社ビジョナリーホールディングス ]

ビジョナリー ホールディングス 株価

みんかぶ予想株価は「513円で【買い】と評価されています。 みんかぶ予想株価は、プロの証券アナリスト、個人投資家予想、株価診断(業績診断)それぞれから総合的に算出している予想株価です 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

メガネスーパーが上場廃止となり、ビジョナリーホールディングスが新規上場

ビジョナリー ホールディングス 株価

「メガネスーパー」を中心にメガネ小売・アイケアサービスを展開するビジョナリーホールディングスを紹介します。 株購入費用以上の価値がある株主優待は既存ユーザーにとって超魅力的。 メガネスーパー関連のサービスを利用している方にはぜひ株購入をおすすめしたいですね。 また、小売からサービス業に転換したことで8年連続赤字からの脱却に成功。 テレビ東京「カンブリア宮殿」に取り上げられるほどの再成長性が注目されており、コロナショックで下落したビジョナリーホールディングスの株は買い時であると思います。 今回は、ビジョナリーホールディングスの株価チャートや業績、そして投資判断を左右する3つのポイントについて解説していきます。 ビジョナリーホールディングスの株価チャート 株価はコロナショックの影響を大きく受けており、2月下旬から3月下旬にかけて半値にまで下落してしまいました。 また、3月17日の20年4月期第3四半期決算は赤字転落し、下げが加速する要因となりました。 来店が必須となる業態ですのでコロナショックによる売り上げ減少は必至。 300円以下の株価でも指標上の割安感はありませんので、優待目的の投資であれば、優待獲得後に素早く売却した方が良さそうです。 ビジョナリーホールディングスの業績 2020年は増収減益という業績予想です。 アイケア専門の店舗展開など、業容の近代化が進んだ結果、客数と売り上げが増加予想となりました。 2018年4月にテレビ東京「カンブリア宮殿」に取り上げられたことによる広告効果も大きいようです。 一方、改装費用や人件費増加の影響で減益に。 また、財務状態の健全性を表す自己資本比率は10. コアとなる業績は悪くありませんので、コロナショックからの立ち直りを確認したら値上がり益が狙えるかもしれませんね。 ビジョナリーホールディングスの株主優待 ビジョナリーホールディングスの中核はメガネスーパーですので、株主優待もメガネスーパーの商品・サービスが中心です。 ビジョナリーホールディングスの株主優待• ・100株以上で 1 2 3 各2枚• ・1,000株以上で 2 3 各5枚および 4 5 各2枚• ・100株以上1,000株未満の場合、5年以上継続保有でメガネフレーム券(10,000円)1枚を追加 1 メガネレンズ仕立券(10,000円) 2 トータルアイ検査コース券(4,000円) 3 リラクゼーション10分券(1,000円) 4 メガネフレーム券(30,000円) 5 メガネレンズ仕立券(30,000円) 100株2万8千円で買える株ですが、100株保有で3万円分のサービスがもらえる破格の株主優待です。 サービス利用が前提となりますが、メガネスーパーユーザーには非常にお得。 人を選ぶ優待ですが活用できるならぜひ獲得しておきたいですね。 フル活用すれば株購入費用以上のリターンがある優待ですので、普段からメガネスーパーを利用している、これからも利用する予定があるのであれば買っておくべきでしょう。 長期保有の必要はなく、権利付最終売買日だけ保有した後、すぐ売却すればリスクも最小限です。 メガネという物を売る、という小売事業から、健康を売るというサービス業への転換に成功しており、付加価値の高い=利益率の高い業態に進化していくことが期待されます。 次世代型店舗の拡大が順調に進めば、高収益企業として株価が上昇するのではないでしょうか。 メガネスーパーの次世代型店舗についてはカンブリア宮殿でも放送され話題になりました 正式なお知らせは。 メガネスーパーをはじめとする実店舗網を生かし、視聴覚関連サービス開発・提供する予定となっており、ビジョナリーホールディングスのリアルな顧客情報とエムスリーの28万人の医師会員・医療機関とのネットワークを活用して新規事業開拓を目指します。 超大手との資本業務提携ですので、比較的規模の小さいビジョナリーホールディングスの業績に与える影響は大きいものがあります。 ビジョナリーホールディングスの投資判断をする上で今後の進捗に注目するべきでしょう。 まとめ 「眼」に関する事業を展開するビジョナリーホールディングスの概要と投資ポイントを解説しました。 財務状況は芳しくありませんが、従来の小売事業からサービス業への転換に成功しつつあり、今後は利益率が高まっていくものと予想されます。 コロナショックにより株価が大きく下落していますが、成長期待を織り込んでいるとは思えない株価ですので、今後の再成長が確認できればぜひ投資したい銘柄です。

次の