背中 の 筋肉 名称。 背中の筋肉の名前と働き【トレーナーが覚えておくべき情報も合わせて解説】

部位別の筋肉の名称を覚えよう!それぞれの鍛え方も解説!

背中 の 筋肉 名称

背中の主な筋肉3種類 背中を鍛えるトレーニングを始める前に、背中の筋肉に関してある程度知識を持っておく必要があります。 背中の筋肉は 「僧帽筋」「広背筋」「脊髄起立筋」の3つに分けることが出来ます。 背中の筋肉は、自分の目では見ることが出来ませんし、力も入れにくく意識しにくい部分です。 しかし、この3つの背中の筋肉を鍛えることで大きな背中になることが出来るのです。 僧帽筋 僧帽筋とは 背中の上部に位置している筋肉のことです。 この筋肉を背中で一番広いであろう広背筋だと思っている人がいますが、それは間違いです。 この僧帽筋は肩こりを起こす原因です。 ですから、僧帽筋の筋肉を鍛えたり、ストレッチをすることで 肩こり軽減に役立ちます。 肩をすくめるときに動く筋肉ですからそのことを意識してトレーニングに励みましょう。 広背筋 広背筋は背中の筋肉の中でも 最も面積の広い筋肉のことです。 わき腹や脇の下あたりまで広背筋があります。 しかし、広いとはいえ実際に見ることはできない部位ですから、触って確認してみると良いでしょう。 広背筋は 肩甲骨を寄せるときに使います。 ですから筋トレをするときは、肩の力を抜いて肩骨中を寄せてあげると効果を感じやすいトレーニングとなるでしょう。 この広背筋を鍛えると、よく言われる憧れの 逆三角形ボディになることが出来ます。 脊柱起立筋 脊柱起立筋とは、 背筋深くに位置するインナーマッスルのことです。 これまでに紹介した2つの筋肉と比べると非常に面積の小さい筋肉です。 しかし、この筋肉を鍛えているのといないのとでは、体に大きな変化があります。 脊髄起立筋を鍛えることで 腰を守ります。 鍛えられていない場合、腰を守ることが出来ず、負荷をかけると高い確率で腰痛を引き起こすことになります。 ですから脊柱起立筋の役割は非常に重要です。 関連記事 ・ 背中の筋肉の筋トレを行う場合の注意点2つ 誤った背筋トレーニング 背中の筋肉を鍛えたいばっかりに、間違ったトレーニングを行い、それを重視してしまう場合があります。 例えば、筋トレマシンを使ったトレーニングや、一つの筋肉だけを集中的に鍛える種目をこなしてしまうかもしれません。 しかし、そのような間違ったトレーニングを率先して行いすぎると、見栄えの良い大きな背中にはなかなかならないでしょう。 重いウエイトで地道に鍛えていき、補助的な筋トレで効果を促進させる必要があります。 高レップトレーニング 高レップトレーニングは、背中の筋トレだけに当てはまるものではありません。 いかに負荷をかけるかということを重要視しすぎてしまうと、 体の多くの大筋群の発達を妨げてしまうことになりかねません。 いくつもの筋肉が存在している背中の筋肉は特にそう言えます。 害のある筋トレの仕方は絶対に行わないでください。 3~6レップのトレーニングで持てるだけ重いウエイトを持ちます。 そして、それより重いウエイトが扱えるようになったらレップを7~10の範囲に広げましょう。 できるだけ重いウエイトを上げることで、背中の筋肉肥大を狙うことが出来ます。 徐々に大きな背中へと近づいていけるように、少しづ少しずつ筋肉肥大を目指しましょう。 初めから持てるか持てないかの瀬戸際のような、重いウエイトではなく、 確実に扱える重さのウエイトで始めます。 そして少しずつ扱えるウエイトの重さを増やしていきましょう。 これは背中の筋肉にのみ当てはまることですので、他の筋トレでも同じようにすればうまくいく、という訳ではありません。 ですから、背中の筋肉を鍛えるときは、 毎週の合計レップ数をしっかり記録して管理するようにしましょう。 高負荷の重量でウエイトトレーニングを行えば、それだけ体に負担がかかることになります。 レップ数も考えずにやみくもに行っていると、筋肉は良い状態でつかないばかりか、オーバートレーニングのリスクが上がります。 できるだけリスクを抑えて、たくましい背中になるためにも、管理をきちんと行いましょう。 このデッドリフトは高負荷がかかるものなので多くの人がすることを怖がります。 確かにやり方を間違えると腰を痛めるような危険な種目です。 しかし、正しいフォームで行えば、 腰を強くし背中の筋肉を広範囲にわたって鍛えるという効果的なトレーニングです。 やり方を紹介します。 1.バーベルの前に立つ 2.肩幅より少し広めにバーベルを握る 3.お尻を後方へ突き出すような体制で膝を少し曲げる 4.背中のそりを維持しながら上体を起こす 5.肩甲骨を寄せるように胸を張る 6.背中のそりを維持しながらバーベルを下げる 6~12回を3セット行うと良いでしょう。 背中を鍛えるうえで バーベルを使えばかなり効率よく筋肉をつけることが出来ます。 高重量のトレーニングは筋肉を付けやすいからです。 このベントオーバーローイングの正しいやり方をマスターして、バーベルを使った効果的なトレーニングに挑戦していきましょう。 やり方を紹介します。 1.バーベルを床に置く 2.足を肩幅ほど開きバーベルを握る 3.息を吸いながらバーベルを引き上げる 4.肩を上げないように注意して斜め後ろに肩を引く 5.おへそのあたりまでバーベルを上げたら少し停止する 6.ゆっくりとバーベルを床に戻す この動作を 10回ずつ3セット行いましょう。 背中の上の部分をもっと大きくさせたい時や、背中のぜい肉を除きたい時にワイドグリップチンニングは効果的でしょう。 あくまでも背中を鍛えるためのものですから、腕の力で体を持ち上げたりおろしたりしないようにしましょう。 背中の筋肉がダイナミックに伸展・収縮していることを意識してください。 やり方を紹介します。 チューブトレーニングはゴムチューブさえ手に入れば、どこでも行うことが出来ます。 やり方を紹介します。 ゴムチューブを引っ張るときは背中の筋肉が伸展・収縮していることを意識しましょう。 背中を丸めると効果がなくなってしまいます。 ゴムチューブは筋トレの時以外にもストレッチなので役に立つため、あると便利ですよ。 あまり注目されることのない筋肉ですが、この部分を鍛えることで魅力的な背中になることが出来ます。 また、見た目だけでなく 肩こりの解消や、姿勢の矯正、さらには運動能力がアップするという効果もあるので、僧帽筋をしっかり鍛えていきましょう。 やり方を紹介します。 1.肩幅と同じほど足を広げる 2.ダンベルを腕の力を抜いて手で支える 3.ダンベルは体にくっつけないように注意しまっすぐ下ろす 4.背筋をしっかりと伸ばす 5.ダンベルを横にずらす 6.息を吐きながらダンベルを持ち上げる 7.息を吸いながらダンベルをゆっくりと下げる 猫背にならないように注意しましょう。 この筋トレで鍛えることのできる僧帽筋の動きを意識してください。 余裕が出来てきたらダンベルの重量を上げるとより効果的です。 関連記事 ・ ・ ・ 背中の筋肉の筋トレで守るべきポイント3つ 背中を鍛えるときに、覚えておかなければならないことがあります。 怪我をすることなく然り魅力的な背中に近づくために、この3か条を守りましょう。 レップ数最大まで行かないならウエイトを上げるべからず 筋トレ種目一つをこなす上で何回行ったら良い、という目安があります。 例えば、デッドリフトなら1セット4~6回行うようになっています。 このレップ数が6回まで余裕で出来るようになった時にはウエイトを上げてみましょう。 ギリギリ4回であったり 無理をしてレップ数を増やしたりしないようにしてください。 少しずつ扱える重量を増やすことで、体に余計な負担を与えずに効果的な筋トレが出来ます。 セット間の休憩は決して怠るべからず セット間の休憩は必ず取りましょう。 長い間休む必要はありませんが、筋トレは1セット終わるたびに体が疲れています。 どのセットにおいても、最大の力を出して筋肉を鍛えることが出来るように休憩しましょう。 レップ数に応じて休憩時間を変えてみましょう。 4~6回・・・3分 6~8回・・・2分 8~20回・・・1分 食事を制限するべからず 筋トレをすると、筋肉の修復、増強などのためにタンパク質が必要になります。 またカロリーを消費するため、きちんと食事を食べましょう。 カロリー制限を行っている場合があるかもしれませんが、 過度な食事の制限はやめましょう。 毎食、 栄養バランスの取れた献立を考え、体をいたわりましょう。 背中の筋肉をしっかり鍛えるためには、食事が必須です。 ・背中の筋肉は「僧帽筋」「広背筋」「脊髄起立筋」の3つに分けることが出来る。 ・背中の筋肉は引くトレーニングとローイングのような肩甲骨を引き寄せるトレーニングで鍛える。 ・背中の筋肉を大きくするためには「重いウエイトを上げる」「スピードはゆっくりと」「レップ数の管理を怠らない」のが重要。 逆三角形、Vの字。 こうした形の背中は大変魅力的です。 女性からも男性からもあこがれの的となるでしょう。 大きくたくましい背中になるためには筋トレが欠かせません。 ここでご紹介した筋トレや筋肉を効率よく鍛えるためにポイントを参考にしてください。 無理をせず、しっかり休養を取りながら、地道に続けるなら、きっと背中があなたの努力に応えてくれるでしょう。

次の

【ぎっくり背中の治し方】急に背中が痛んだときにすべき行動とは

背中 の 筋肉 名称

Contents• 筋肉の役割 筋肉の役割は大きく分けて2つあります。 一つは、体を動かす働きです。 筋肉の役割といわれて思いつくィパン的な役割だと思います。 筋の最小単位サルコメアが脳からの刺激によって収縮することによって骨格筋が収縮し動作が生まれます。 そして、もう一つは人の体温の維持にも大きな役割を持っています。 食べものがエネルギーになり、そのエネルギーを体で使っていることはご存知だと思います。 実は、筋肉はエネルギーを使用して収縮するときに熱を生み出します。 体温維持に必要な熱の約4割は筋肉によって作り出されています。 スポーツなどで体を動かすと体が温まりますよね。 これは、激しい運動によりエネルギーが多く消費され、おおくの熱が生まれるからです。 あわせて読みたい 筋肉の名前をざっくりと覚えよう! それでは、人の体の筋肉を大きく紹介していこうと思います。 まずは、上半身の筋肉から ざっくりですが、人の上半身の筋肉はこのような名称がついています。 胸鎖乳突筋・・・・首の筋肉 僧帽筋・・・・首から肩にかけての筋肉 大胸筋・・・胸の筋肉 腹直筋・・・お腹の筋肉 前鋸筋・・・脇腹の筋肉 三角筋・・・肩の筋肉 広背筋・・・背中の筋肉 上腕二頭筋・・・二の腕の前側に筋肉 上腕三頭筋・・・二の腕の後ろ側の筋肉 下半身の筋肉 下半身の筋肉が画像のようになっています。 ・大殿筋・・・お尻の筋肉 ・大腿四頭筋・・・太ももの前側の筋肉をまとめた名称 ・ハムストリングス・・・太ももの後ろ側の筋肉をまとめた名称 ・下腿三頭筋・・・・ふくらはぎの筋肉の名称 ・前脛骨筋・・・・脛付近の筋肉 などなどに分類することができます。 これらの筋肉はざっくりとまとめた筋肉の名称なので、もっと細かく筋肉の名前を知りたい人はいろいろ調べてみてください。 筋肉は200種類ほどあるといわれていますよ! あわせて読みたい 人の体の筋肉量ってどれぐらい?(平均値) 人の体の筋肉量ってどれぐらいあるか知っていますか? 成人の男性で身体の約4. 5割が、女性で約4割が筋肉でできているんです。 結構多いですよね。 体のかなりの割合が筋肉で占められているんですよ。 また、筋肉量は体の中心に大きな筋肉があり、末端にかけて小さな筋肉になります。 前腕の筋肉よりも大胸筋や三角筋のほうが大きいですよね。 これは、物理的に大きな力(筋力)を発揮するときに、体に近いほうが多くの筋力を発揮するためだからといわれています。 そして、平均的な身体の筋肉量は以下のようになっています。 体組成計などで、体の筋肉量を測ることができます。 一度調べてみてください。 あわせて読みたい 筋肉ってどんな種類があるの? また、筋肉には速筋繊維と遅筋繊維と呼ばれる二種類の繊維があります。 速筋繊維は筋肉が白っぽい色をしているため別名「白筋」とも呼ばれます。 この筋肉は、主に、強い力や瞬発系の動きをするときなどに使。 われる筋肉になります。 そして、もう一つの遅筋繊維です。 この筋肉は、赤っぽい赤っぽい色をしているため「赤筋」ともよばれます。 この筋肉は、長く動くときの動作、つまりマラソンなど持久系の動きをするときに使用される筋肉になります。 このように、動きによっても使われる筋肉が違うため、それを理解しながらトレーニングをしていくことが大切になります。 筋肉を増やすことのメリット 筋肉を増やすことには、様々なメリットがあります。 筋力、パフォーマンスの向上 まずは、筋肥大をすることによって筋力を向上させることができます。 筋力は筋の断面積に比例するという研究結果があります。 大きな筋肉であればそれだけ大きな力を発揮することができます。 力強い動きや爆発的な動きを可能にしスポーツ場面でおおきなアドバンテージを得ることができます。 ダイエット効果 また、筋肉量が増えると基礎代謝が向上します。 筋肉1㎏増えることによって1日当たりの消費カロリーが50キロカロリー増加するといわれており、痩せにくい体を手に入れることができます。 1日50キロカロリーでも365日(1年)で考えると18250キロカロリー 脂肪に換算すると2. 5キロの脂肪と同じだけのエネルギー消費してくれる結果になります。 何もしなくても痩せやすい体になるなんて、痩せたい人は、筋肉をつけるしかないですね。 強そうに見える そしてそして、なんといってもマッチョだと強そうに見えませんか? たとえば、どちらかと戦わないといけない場合、ヒョロヒョロの人とマッチョが歩いていたらどちらと戦いますか。 答えは、多くの人がヒョロヒョロの人を選ぶと思います。 このように、筋肉質になることによって、普段の生活で、変な人に絡まれる回数も減ると思います。 筋肉をつけるメリットってたくさんあるんです! まとめ 今回は、人の体の筋肉量や名称、種類について紹介してきました。 筋肉って奥が深くて、種類も様々なんです! 筋肉を学ぶことによって、どんな動きの時にどこの筋肉を使うのか?どんな種類の筋肉を使うのか?理解できるため、必要なトレーニングを理解することができるようになります。 様々な知識を身につけて、自身の健康やトレーニングに役立てましょう それでは! PR これから運動を始める人やトレーニング機材が欲しい方はこちらからお買い求めできます。 こちらの記事も読んでみてください!.

次の

「ぎっくり背中」とは?ぎっくり背中の治し方・症状 [骨・筋肉・関節の病気] All About

背中 の 筋肉 名称

その部位別の作用は以下の通りです。 ・大胸筋上部:腕を斜め上方に押し出す ・大胸筋下部:腕を斜め下方に押し出す ・大胸筋内側:腕を体幹前面で閉じる 大胸筋は、肩の筋肉・三角筋および腕の筋肉・上腕三頭筋と共働して上半身の押す動きを行います。 また、大胸筋外側深層にある小胸筋、大胸筋周辺肋骨に接合する前鋸筋も共働筋です。 その部位別の作用は以下の通りです。 ・三角筋前部:腕を前に上げる ・三角筋中部:腕を横に上げる ・三角筋後部:腕を後ろに上げる 三角筋前部・中部は、胸の筋肉・大胸筋および腕の筋肉・上腕三頭筋と共働して上半身の押す動きを行います。 また、三角筋後部は背中の筋肉・僧帽筋および広背筋と共働して上半身の引く動きを行います。 その部位別の作用は以下の通りです。 ・上腕三頭筋長頭:肘関節の伸展と上腕の内転 ・上腕三頭筋短頭:肘関節の伸展 上腕三頭筋は、胸の筋肉・大胸筋および肩の筋肉・三角筋と共働して上半身の押す動きを行います。 また、前腕伸筋群とも共働関係にあります。 僧帽筋は、背中の筋肉・広背筋および上腕の筋肉・上腕二頭筋と共働して上半身の引く動きを行います。 また、脊柱沿いの長背筋群とも共働関係にあります。 広背筋は、背中の筋肉・僧帽筋および上腕の筋肉・上腕二頭筋と共働して上半身の引く動きを行います。 その部位別の作用は以下の通りです。 ・上腕二頭筋長頭:肘関節の屈曲 ・上腕二頭筋短頭:肘関節の屈曲および回外 上腕二頭筋は、背中の筋肉・僧帽筋および広背筋と共働して上半身の引く動きを行います。 また、前腕屈筋群とも共働関係にあります。 各筋肉が複雑に共働・拮抗しながら手首を屈曲・伸展・回外・回内・内転・外転させる作用があり、その動きは下図の通りです。 その部位別の作用は以下の通りです。 ・腹横筋:腹圧を維持する ・内腹斜筋:外腹斜筋を補助する ・外腹斜筋:体幹を回旋させる ・腹直筋:体幹を屈曲させる 腹筋群は、体幹屈曲時には股関節の筋肉・腸腰筋と共働するとともに、体幹回旋時には腰の筋肉・回旋筋と対角線に共働・拮抗して作用します。 体幹を伸展・回旋させるとともに、姿勢を維持する作用があります。 読みかた:ないてんきんぐん 英語名称:adductors muscles 部位詳細:大内転筋| 長内転筋| 短内転筋| 薄筋| 恥骨筋 さらに、骨盤と大腿骨に接合するように内転筋と呼ばれるインナーマッスルもあり、大内転筋・小内転筋・長内転筋・短内転筋の四部位に分けられ、大腿の内転作用を持っています。 また、腸腰筋群と共働して脚を前に上げる動きも行います。 また、臀筋群を共働して、脚を後ろに上げる動きも行います。 主な筋肉部位の拮抗関係は以下の通りです。 多くの初心者は、まだ手首を保持する力が弱く、腕立て伏せなども先に手首が痛くなってしまい完遂できないケースが少なくありません。 リストラップを使えば、最後まで筋肉を追い込むことができ、とても効率的に身体を鍛えていくことが可能です。 筋トレは101%で行ってはじめて成果がでます。 パワーグリップを使用して引くトレーニングの効率を上げることをおすすめします。 筋トレにおいては、ほぼ必須のギアとも言えますので、ぜひ入手することをおすすめします。 なお、トレーニングベルトはトレーニーにとって「筋トレの友」とも言える存在になってきます。 はじめから安易なものを選ばずに、考えているよりもワンランク・ツーランク上のものを入手することがベルト選びの秘訣です。 このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトは一切の責任を負うものではありません。 記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。 また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。 BLOG内検索.

次の