美顔器 ems。 【知らないと危険?】EMS美顔器の副作用とは

美顔器って毎日使って大丈夫?使用頻度はどれくらいがちょうどいい?

美顔器 ems

EMSって本当に効くの? 「EMSは本当に効くのか?」「ピリピリした痛みは大丈夫なのか?」使い始めは不安になりますよね。 これを利用し、神経へ微弱な電気刺激を与え、 人工的に筋肉を収縮させているのがEMSです。 「筋肉を動かそう」と頭で考えなくても、勝手に筋肉が動き、ストレッチできます。 ほうれい線や目の下・口元などの顔のたるみは、表情筋の衰えが関係していると言われています。 EMSを使用すると、普段使っていない表情筋を動かすことができるため、むくみ改善や引き締め、リフトアップ効果が期待できます。 EMS美顔器で期待できる効果• たるみ改善・リフトアップ効果• むくみ改善• ハリアップ• 小顔・引き締め効果• たるみ毛穴改善• ほうれい線・シワ改善 ピリピリした痛みとは? EMSでは微弱な電気刺激を神経に与えるので、ピリピリとした感覚が起こります。 顔用のEMS美顔器の場合、個人差はありますが「ピリピリというかヒリヒリするな」というレベルです。 初めて使用する場合は出力を弱めて使い、慣れてきて物足りない感じがしてきたら、徐々に強さを上げていきましょう。 EMS機器の種類 電気の力で筋肉を自動で動かすEMSは、顔用リフトアップ美顔器の他、ダイエット、筋トレ、マッサージなど目的ごとに種類が分かれています。 同じEMS 低周波 ですが、それぞれ周波数(Hz)や強さが違います。 1、顔用リフトアップ美顔器 目的:リフトアップ、引き締め 特徴:美容ジェル使用 ほうれい線、目の下・口元のたるみなどを引き締めるために使用します。 2、ダイエット用ボディ美容機器 目的:ダイエット、痩せる 特徴:美容ジェル使用 お腹や太ももなど気になる箇所を引き締めるために使用します。 EMSはエステサロンでも痩身メニューにも使用されています。 EMSでは痩せない? EMSダイエットの効果がなかったという方もいますが、そもそもEMSは筋肉を動かし、ストレッチをするものです。 いくら運動しても、それ以上食べてしまうと痩せないのと同じで、 食べる量を制限しないと痩せることはできません。 3、筋トレ運動器 目的:筋トレ、エクササイズ、インナーマッスルを鍛える 特徴:粘着パッドorジェルシート使用 お腹や腕、太ももなどたるみがちな箇所の筋肉を引き締めるために使用します。 4、マッサージ機(低周波治療器) 目的:肩こり・首こりマッサージ 特徴:粘着パッドorジェルシート使用 肩、首筋、背中など凝り固まった箇所をマッサージするために使用します。 整体院や鍼灸整骨院などでもEMS インナーマッスル強化 を取り入れているところが多くなってきています。 身体用なので、顔に使用するのはやめましょう。 関連記事: 逆効果?EMSのやりすぎ危険!顔への頻度と場所 EMS美顔器は、エステサロン並の施術を自宅で体験できるよう開発された画期的なアイテムです。 誰でも簡単に手に入る人気商品ですが、その分使い方をよく確認せずに使用している方も多いのではないでしょうか。 安全な使い方をおさらいしておきましょう。 使用頻度は週2〜3回にとどめる EMS機能のついた美顔器のほとんどは、 「2〜3日に1回の使用にしてください」と書かれている場合が多いです。 EMSは、筋肉を電気で動かして鍛える仕組みですが、 「筋トレ」は、毎日やると逆効果になってしまうんです。 筋トレをすると、筋肉が破壊されます。 筋トレ後に休むことによって、筋肉が同じ負荷でも破壊されないように前より回復します。 だからこそ筋トレ前よりも引き締まります。 もし、休まず毎日やってしまった場合、筋肉を休ませる期間がないため、筋肉が壊れたままになってしまいます。 そうすると疲労が蓄積するばかりでなく、逆に筋肉が落ちてしまったり、肌に負担がかかる場合もあります。 休んでいる間に引き締まるので、EMS美顔器を毎日使用するのはあまりおすすめではありません。 メディリフトの特徴は ハンズフリーというだけでなく、積極的に動かすべき筋肉と休ませるべき筋肉への働きかけを自動でしてくれるところです。 様々な表情筋を鍛える方法がありますが、約30種類以上もある表情筋の中には、鍛えるべきものと、休ませるべきものがあります。 誤った表情筋トレーニングでは、かえってエラが張って顔が大きくなってしまったり、悩みを増幅させてしまうこともあります。 メディリフトはマスク型なので、積極的に動かすべき筋肉「大小頬骨筋」には トレーニングEMS、休ませるべき筋肉「咬筋」には リリースEMSが働くようになっています。 「大小頬骨筋」や「咬筋」が顔のどこにあるのかわからなくても大丈夫なんです。 テレビや雑誌などでも話題となり、人気が出すぎて入荷待ち状態になったほどです。 肌表面から微弱な電流を流す仕組みなので、 肌が乾いた状態ではほぼ効果がありません。 必ず専用のジェルを塗ってから使用しましょう。 専用のジェルは値段が高い場合が多いので、他の化粧品で代用しても構いませんが、油分が入っていると成分の浸透がはじかれてしまうので注意してください。 美顔器専用のジェルであれば、成分も浸透しやすいように設計されています。 さっぱりした質感のジェルタイプのものが多いですが、油分が入っている可能性があるので成分表をチェックしてください。 少量の油分であれば構いません。 副作用・使用不可な人とは? 医師の治療を受けている人や、インプラントなど歯の治療中の人、肌が弱くアレルギー体質の方は注意が必要です。 銀歯や歯の治療中の人は大丈夫? 銀歯の方は使用して大丈夫です。 ただ、EMSの出力を強にして銀歯の上に当てると若干痛みを感じる場合があるので、銀歯の上を避けるか、出力を弱めましょう。 インプラント・歯の矯正治療をしている人は使用不可です。 EMSが使用できない方は、美顔器ではなく、 化粧品や サプリメントでの改善を目指しましょう。 現在は優れた成分が開発されているため、化粧品やサプリメントであっても、たるみ改善効果が期待できます。 エステサロン並の施術を自宅で体験できるため、人気美容グッズのひとつです。 1台あるだけでお肌の状態は変わります。 誰でも簡単に手に入るからこそ、使用上の注意を良く読み、安全に注意してお肌のケアをしていきましょう。 に戻る。

次の

EMS美顔器の効果とメカニズム!おすすめはどれ?厳選4選!

美顔器 ems

結論から言いますと、縦に伸びきった大きな毛穴は全く気にならなくなりました。 これは製薬会社のお安い導入型ビタミンC化粧水を入れたらすぐに効果がありました。 半顔やって数滴足す、という感じでやっています。 ジェルじゃなくても足していけば全く問題ないです。 またビタミンCだけだとしっとり感が不足するので、Cで全顔やり終わったら日本酒系のこれまたお安い化粧水しっとりタイプで再度全顔やってます。 混ぜてやるより別で入れた方が自分には良かったのでそうしています。 途中、時間切れとなりますが、あらためて追加でやっても何の問題もありませんでした。 ・・・何度も撫でる事になるからでしょうか、多分。 これも時間切れになってもリピートしてやっています。 私の場合は問題なし。 赤色LEDは毛穴にも眉間のシワにも効きました。 特に眉間のシワ。 1クールの時間全てを眉間に費やしたら 移動させながら 見た目ですぐわかるくらいシワが薄くなりました。 ある程度薄くなったシワはそれ以上はすぐには消えず、毎日コツコツとやっています。 ・・・イオン導出は月に2回くらい、他は毎日やっていますが、トラブルはありません。 トラブルがないのは化粧水が濃すぎないからかとも思いますが、もともと薄目?の化粧水だからか、途中で蒸留水のスプレーをしたのではパサつきました。 クールモードも毛穴が引き締まります。 肌が引き締まる、これはラジオ波で温めた直後だからなおさら良いのだと思います。 とにかく信じられないくらいお肌が変わりました。 他の似た感じの美顔器ではなぜこうならなかったのか謎なのですが、おそらく、ヘッドの形状にあるような気がします。 本当のところはわかりません。 ただ、説明書にはおすすめの頻度として週に数回とあったと思います。 自分は毎日で大丈夫でした。 様子をみながら自分なりの頻度を見つけるのがベストなのではないでしょうか。 ・ピーリング効果 わたしの場合、水で行いましたが白ずんだ汚れがスパチュラ(鉄部分)に着きましたが想像していたより汚れが落ちなかったです。 ・化粧水導入効果 まずスパチュラの真ん中を触れると音が静かでしたがちゃんと振動していてこれならば化粧水とともに充てれば毛穴の奥まで届くだろうと納得しました。 実際に使用した翌日はおでこ以外のテカリが消えました。 もともとオイリー肌だったので感動しました笑。 ただおでこの部分はスパチュラを充てるのが難しくこれは慣れてくしかないなと思います。 ・静音性 他の製品と比べて振動時の音が静かで気にいっています。 ・バッテリー 私の場合1回の使用時間(化粧水導入)が8分間くらいかかるのですが、二日後にも同じ時間使用して途中で充電切れ間近のアラームがなってその時に充電器にさします。 (2回目使用後の時点で充電はまだ少し残っている) バッテリーに関する細かい点として、ノイズが聞こえます。 かなり小さい音ですが。 後ずっと充電台におき続けると本体の充電が完了した後でも若干台が発熱 触ってあたたかい程度 してます。 台が発熱しているので充電完了のLEDが点灯したら気付き次第とりはづすようにしてます。 ・不満点 1 充電台が小さい。 普通におけば倒れないがもう少し安定感が欲しい。 決して安い商品ではないので。 2 充電の端子がUSB。 これ開封して気付きました。 ケータリングするものでもないし不便。 普通のコンセントでいい。 3 ボタンの使い勝手が今ひとつ。 機能が4つ実装されている訳で各機能を切り替えるのに1回づつボタンを押す感じです。 また電源を切るには開 始してから計5回押すのが面倒。 どのモードからも長押しすればすぐに電源が切れるなどの機能が実装していて欲しかったです。 ・総評 実際不満点もあるが、化粧水導入効果がしっからみられたので買ったかいがありました。 この手の商品は使い続けることに意味があると思いますのでこれからも使用し気になる点、発見がありましたら逐次レビューを追記指定きたいと思います。 また使い続けるには機能面、使用感など伴っていないとダメなわけで、私的にはそこらへんは満たせている商品だと思っています。

次の

美顔器って毎日使って大丈夫?使用頻度はどれくらいがちょうどいい?

美顔器 ems

読みたいところから読める目次• 1.EMS美顔器を使ってみたいあなたへ 若い女性からエイジングケア世代の女性まで、をに取り入れる方が増えています。 そんな中で人気が高いのが、EMS美顔器。 EMS(Electrical Muscle Stimulation)という電気刺激をあててやなどを刺激することで、やの予防や改善に役立てる美容アイテムです。 の方では、によるやなどのために使われています。 今では、そんなEMS美顔器もたくさんの種類があります。 だから、選び方や使い方を正しく理解することが大切です。 この記事では、EMS美顔器のメカニズムや効果から選び方、使い方まで幅広くご紹介します。 また、おすすめの商品の特徴や体験談まで幅広くご紹介します。 「EMS美顔器の役割を知りたい!なぜお肌に効果があるの?」 「EMS美顔器ってどんな肌悩みに効果的なの?選び方を教えて欲しい!」 「EMS美顔器の使い方を知りたい!注意点はあるの?」 「人気のEMS美顔器は?実際におすすめの商品を教えて!」 「EMS美顔器の効果ってどこまで期待できるの?」 などが気になる方は、続きをお読みくださいね。 <編集部おすすめの美容機器~ランキング1位、2位、3位> <この記事の大切なポイント>• EMS美顔器とは、Electrical Muscle Stimulation=エレクトリカル・マッスル・スティミュレーション、つまり電気的刺激で美顔効果を発揮する美容機器です。 表情筋に電気刺激を与えて、筋肉を動かすことで効果を発揮します。 EMSが筋肉に与える電気刺激は、それぞれの機器の周波数で特徴や効果が異なります。 周波数とは、振動の単位のことで、1秒あたりの数値を「Hz(ヘルツ)」で表します。 EMS美顔器で予防や改善できる肌悩みは、顔のたるみやそれが原因のほうれい線やしわ、たるみ毛穴などです。 また、血行不良や代謝低下によるむくみなどです。 家庭用のEMS美顔器では、深いたるみを改善するなどの劇的な効果は改善できません。 あくまで長期的な仕様でじっくり肌悩みを改善したり、肌老化を予防するものです。 EMS美顔器は、他のタイプの美顔器と比べて、肌荒れのケアや美白ケアなどにはあまり向かないタイプです。 こうした肌悩みには他の美顔器を使ったり、エイジングケア化粧品や美白化粧品などを上手に組み合わせて使いましょう。 EMS美顔器を選ぶ際は、まず、実績のある信頼できるメーカーのものを選びましょう。 また、肌質や肌悩みを考慮して目的にあったものを、さらに長期的な使用の観点から自分の経済事情にあったものを選びましょう。 EMS美顔器は、基本的にはメイクをクレンジングで落とし、化粧水を塗布した後に、ジェルと合わせて使用します。 各製品でも違いがあるので、使用説明書をよく読んで使うことが大切です。 2.EMS美顔器とそのメカニズム 1)EMS美顔器とは? EMSを活用してをもたらす効果を発揮する美顔器のことです。 EMSとは、Electrical Muscle Stimulation=エレクトリカル・マッスル・スティミュレーションの略です。 「Electric」は「電気的」• 「Muscle」は「筋肉」• 「Stimulation」は「刺激」 つまり、EMS美顔器は、表情筋に電気刺激を与えて、筋肉を動かすことで美顔を目指す美容機器です。 もともとは、EMSは、ボディケアの手段として人気を集めていました。 そこに着目して顔の美肌効果を期待して開発されたのが、EMS美顔器です。 数分から10分使えば効果が期待できるので、今ではエイジングケア世代の女性に人気です。 また、自分自身の手でエクササイズやすることと比べると、テクニックに左右されないことやエステに行かなくても家庭でできるというメリットもあります。 なお、EMSはケガをした人のリハビリテーションやアスリートのトレーニングでも活用されています。 2)EMS美顔器のメカニズムを理解しよう 人のカラダには、「生体電気」という微弱な電気が流れています。 その電流は脳から神経を通り、身体のさまざまなパーツに指令を出しています。 EMS美顔器は、外から微弱な電気を流すことで、体内で「筋肉を動かしなさい」と指令を出すように、顔のお肌や筋肉にアプローチするのです。 自分の力で筋肉を動かして鍛えるのではなく、代謝活動を美顔器に助けてもらうのです。 つまり、電流を筋肉に流すことで筋肉に刺激を与え、固まった筋肉をほぐしたり、筋肉を鍛えることができます。 その結果、新陳代謝が活発になり、顔のリフトアップや小顔効果が期待できるのです。 3)EMS美顔器の周波数と特徴 EMSが筋肉に与える電気刺激は、それぞれの機器の周波数で特徴や効果が異なります。 周波数とは、振動の単位のことで、1秒あたりの数値を「Hz(ヘルツ)」で表します。 その分類は、低周波、中周波、高周波、干渉派の4つがあります。 顔の表皮や真皮、皮下組織から筋肉の表面ならこの周波でも届きます。 また、顔の部位によって大きな周波ではダメージになるリスクもあるので、多くのEMS美顔器は低周波です。 デメリットとしては、皮膚への抵抗が大きいため、痛みを感じることがあります。 低周波数治療などに用いられるものと同様の振動数ですが、筋肉の動きまでは実感が難しいレベルです。 一部には、特定の顔のパーツをターゲットにした中周波のEMS美顔器があります。 主にボディ用のEMSで採用されますが、一般的に高価格になります。 家庭用のEMS美顔器ではほとんど採用されません。 美容クリニックで使うRF美顔器などは、40000Hz以上の高周波のものがあります。 干渉派を使ったEMSはこのはたらきを利用したもので、単一の振動ではなく、複数の異なる振動を与えることで、より深く、広範囲にわたって筋肉にはたらきかけるタイプのEMSに採用されます。 このタイプも高価格で、家庭用のEMS美顔器ではほとんど採用されません。 EMS美顔器には周波数の記載がないものがありますが、多くは低周波か中周波です。 気になる場合は、メーカーに確かめましょう。 3.EMS美顔器はどんな肌悩みに効果があるの? EMS美顔器はどんな肌悩みに効果があるのでしょうか? 1)顔のたるみとそれが原因の肌悩み EMS美顔器を使うことによって顔のたるみが引き締まり、リフトアップ効果が期待できます。 たるみの原因は複数ありますが、その一つが顔の筋肉の衰えです。 顔には表情筋と深層筋の2種類があります。 どちらも加齢に伴って筋力が低下します。 EMS美顔器は、表情筋を適度に刺激する効果に優れたアイテムです。 表情筋にはたらきかけて、筋肉を適度に動かすことによって、たるみの解消につながるのです。 また、筋肉運動によって余分な脂肪の燃焼にも効果があります。 つまり、顔のたるみが大きな原因なのです。 EMS美顔器は、の細胞を刺激してを改善します。 また、を活性化させることによって、コラーゲンの生成を促す効果が期待できます。 深いことは難しいですが、少しずつほうれい線を目立たちにくくすることは可能です。 もちろん、EMS美顔器はほうれい線の予防が可能です。 ほうれい線が深くなると消すことは難しいので、日頃からほうれい線予防の対策に使うことがおすすめです。 間違ったエクササイズやフェイスマッサージなどを行うと、かえってほうれい線を引き起こしてしまうリスクがありますが、EMS美顔器の場合はその心配がなく筋肉トレーニングをすることができます。 加齢とともにやなど、顔のさまざまなパーツでしわが目立ちます。 EMS美顔器を使うことによって、ほうれい線のケアと同じメカニズムでも期待できるのです。 しかし、深いシワを消すことは難しいので、予防的に使うことがおすすめです。 しわが目立ちやすい目元や口元などにEMS美顔器を予防的に使いましょう。 EMS美顔器は、他にも顔のたるみが原因で目立つやの予防も期待できます。 加齢とともに肌がたるむと毛穴が縦長に開きますが、肌を引き締めることで目立たなくすることが可能です。 つまり、EMS美顔器を使用することで、加齢によるもできるのです。 2)むくみ解消による小顔効果 は、血行不良やたるみが原因でおこります。 EMS美顔器は、電気的な刺激で筋肉を動かすことによって、血行の改善や老廃物の排出が促進されます。 つまり、肌の代謝アップにつながるのです。 その結果、し、小顔効果が期待できるのです。 また、EMS美顔器を使うと普段自分ではなかなか動かせない筋肉を動かすことができるため、余分な脂肪を燃焼させ、さらに小顔効果を期待することが可能です。 3)二重アゴを目立たなくする 顔にたるみが生じると二重アゴになってしまうリスクも増えます。 EMS美顔器のリフトアップや脂肪燃焼効果によって、二重アゴが目立ちにくくなることも期待できます。 もちろん、二重アゴの予防に使うことも可能です。 ただし、効果はゆっくり現れてきますので、地道に使い続けることがポイントです。 4.EMS美顔器の弱点や効果の限界も知っておこう! 1)EMS美顔器の弱点 EMS美顔器は、表情筋を鍛えることや脂肪燃焼などが期待できますが、弱点もあります。 EMS美顔器は、やメラニンによる、やニキビ跡のクレーターの改善には、他の美顔器よりも効果が低いのです。 だから、やことに悩んでいるならEMS美顔器だけでは効果が不十分なこともあるのです。 2)EMS美顔器の効果の限界は? 美顔器は、市販のタイプは、法律(「医薬品、医療機器などの品質、有効性及び安全性の確保などに関する法律」)上「雑貨」に分類されます。 美容クリニックなどで使用されている医療機器とは別なのです。 家庭用のEMS美顔器は、医師の指導で使うものではないので安全性には配慮されていて、専門的な知識がなくとも使用できるのがメリットです。 一方、お肌の構造的な衰えを改善するような効果を得ることは難しいのです。 美顔器で得られる効果は、緩やかなもので的なものです。 美顔器から生み出されるさまざまな刺激により、肌悩みへの間接的かつ長期的なアプローチをすることで、ゆっくりと改善が期待できるものにあたります。 つまり、美顔器を使用したからといって、肌悩みが一気に解消するわけではないのです。 だから、エイジングケアは美顔器だけ頼らずに、によるやも大切です。 まや、ことやなど、も大切なのです。 5.美顔器の選び方と種類 1)美顔器の選び方の基本 EMS美顔器を選ぶ前に、多くの種類がある中で、まずどのような機能の美顔器を選ぶかを検討しましょう。 選び方として、ポイントは3つあります。 自分の肌悩みや美顔器に期待する効果を明確にして、自分のお肌にあった美顔器を選びましょう。 EMS美顔器は、リフトアップやたるみ予防に効果的です。 たるみやシワなどの肌悩みがある人は、EMS美顔器を使ってみることをおすすめします。 また、ランキングは過度に信用しすぎないことが肝心です。 ランキングで選ばれていても、機能が肌悩みなどにあっていなければ、期待した効果は得られません。 ランキングが上位であれば、それだけ多くの人から支持されているアイテムなのでよい美顔器であることは間違いありませんが、あくまで一つの目安としましょう。 参考にするなら、自分と似た肌悩みを持つ人の口コミなどをみるとよいでしょう。 自分の望む効果を得ている人の意見は役立ちます。 ただし、あくまで他人の意見ですので、最終的には自分のお肌と相談しながらお肌にあったものを選ぶことが大切です。 長期間、継続的に使用することで徐々に変化が現れてきます。 選ぶときは、目安となる使用時間も確認し、自分のライフスタイルにあった継続しやすい美顔器を選ぶようにしましょう。 1日数分程度でできるものなら、忙しい人にもおすすめです。 EMS美顔器は軽量で持ち運びしやすいものが多いですが、使っていて負担にならない重さかどうかもチェックしましょう。 また、自分の手に持ちやすい大きさや形を選ぶと、無理なく使用を継続できるでしょう。 デザインなどが自分の好みと合致しているかもポイントとなります。 使っていて楽しいと感じる美顔器がおすすめです。 高額だからといって必ずしもよいとは限りません。 長く使うものだからこそ、無理のない範囲で自分にあったものを選ぶことをおすすめします。 美顔器を選ぶときは、ランニングコストにも着目するとよいでしょう。 専用の美容ジェルを併せて使う美顔器も多いので、その費用も含めて使うことが負担になるようなランニングコストのものではなく、長く楽しく利用できる美顔器を選ぶことをおすすめします。 2)美顔器の種類 ここでは美顔器の選び方の参考のためにEMS以外のものを簡単にご紹介します。 EMS美顔器以外に、代表的なものとしては下記の5つがありますので、簡単にご紹介します。 超音波ならではの振動により細胞の活性化を促し、たるみやむくみの改善に効果が期待できます。 採用されている周波数によって1秒間の振動数が変わり、適しているケア方法も異なります。 選ぶときは周波数や振動数に着目することが大切です。 一般的に高い振動数であれば細かい汚れの除去、低い振動数は細胞の活性化への効果が期待できます。 微弱な電流を用いて、美容成分を肌の奥深くまで届けてくれます。 通常よりも約30〜100倍程度浸透率が高くなると言われ、などに含まれる美容成分をしっかりとお肌の深部に届けられることが魅力です。 特に、エイジングケアに効果的なや、などのは浸透しやすく、の成分です。 お肌に合わないことが少なく、美顔器初心者の方も使いやすいという特徴があります。 あたたかいスチームによって、血行促進やに役立つ点も高評価ポイントです。 リラックス効果によるにも効果的です。 電源を必要とせず、比較的コンパクトなので、いつでもどこでも手軽に使用できるというメリットがあります。 初心者でも使いやすい美顔器です。 ただし、使いすぎは逆効果なので注意しましょう。 お肌の新陳代謝を促し、などに効果を発揮します。 ただし、家庭用のものでは、美容クリニックなどが使用している医療機器レベルの効果は期待できません。 時間をかけてゆっくりと活用することがおすすめです。 このように、EMS美顔器以外にもたくさん種類があるので、、肌悩みや肌老化に応じて、ピッタリのものを選びましょう。 6.EMS美顔器の選び方 それでは、EMS美顔器をどのように選べばよいでしょうか? EMS美顔器といってもさまざまなものがありますし、他の機能も一緒になったマルチなタイプが増えています。 そんなEMS美顔器の選び方の基本をご紹介します。 1)実績のある信頼できる企業の製品であること 美顔器の市場において長年実績があり、信頼を得ているメーカーのものを選ぶことが大きな安心材料です。 長年実績があるということは、多くの支持があることの証明です。 また、サポートや電話対応が親切な企業であればEMS美顔器購入後も安心です。 通信販売で買う場合なら、電話で問い合わせて接客やサポート体制をチェックすることも大切です。 2)自分の目的にあっていること エイジングとともにさまざまな肌悩みが増えてきます。 EMS美顔器があまり得意でない肌表面の悩みもある場合は、マルチな機能を搭載したものがおすすめです。 EMS美顔器には、「イオン導入」や「RF(ラジオ波)」、「振動マッサージ」などが付いた多機能タイプも増えていますので、自分の肌質や肌状態、肌悩みと効果のバランスを考えて目的に合ったものを選びましょう。 3)ランニングコストも含めて継続的に使えること EMS美顔器は、長期的に継続的に使うことを考えて選ぶことが大切です。 ランニングコストも含め、自分自身の経済事情やコストパフォーマンスを考えて選びましょう。 7.オススメのEMS美顔器 オススメのEMS美顔器として、ヤーマンのメディリフト、RFボーテフォトプラスEX、エステナードのエステナード リフティをご紹介します。 @クチコミやさまざまなウェブサイトのランキングなどでも評価が高く、いずれも当社スタッフなどが実際に体験して使っています。 メディリフトは、着けるだけで大小頬骨筋のトレーニングと咬筋のトリートメントが可能です。 ハンドトリートメントは皮膚への摩擦が心配ですが、メディリフトは電気シグナルなので皮膚に余分な負荷をかけにくいところも魅力的です。 当社の協力スタッフが実際に体験しています。 RF(1MHz)、イオン導出入、ダブル波EMS、赤色LED(フォト)に加え、冷却ができて、 海外でも使えるワンランク上の多機能美顔器です。 業務用でも採用される1MHzのラジオ波でお肌の深部 角質層 まで温めながら、クレンジング、うるおい保湿、表情筋ケア、光トリートメントのケアなどができ、仕上げの冷却でハリとキメの整ったお肌へ導きます。 エクストラだけの限定機能であるマイクロカレントにより、目もと周りにアプローチする「アイケアモード」を使ったピンポイントケアも可能です。 *当社スタッフも実際に使って効果を確かめた上で、体験レビューを書いています。 ライザップ監修のもと効果的な筋肉トレーニングを実現する本格的なEMSを搭載しています。 EMSで顔の筋肉を刺激し、効果的なトレーニングとマッサージを行うことで、顔を引き締め、筋肉の衰えに効率的にはたらきかけます。 当社スタッフも実際に使って効果を確かめた上で、体験レビューを書いています。 * * 8.EMS美顔器の使い方と頻度 1)EMS美顔器の使い方のポイント EMS美顔器は、基本的には、をで落として、化粧水を塗布した後に、ジェルと合わせて使用します。 各製品でも違いがあるので、EMS美顔器の使用説明書をよく読んで使うことが大切です。 お肌が乾いた状態で使用すると、負担になりますので、ジェルは多めにとって使用する箇所にまんべんなく塗布して使いましょう。 お手入れ中に乾いてきたと感じたら、ジェルを足すこともおすすめです。 基本的には往復運動はせず、下から上、内から外へ向かって一方向に動かします。 ゆっくりと動かして使うことがポイントです。 なお、力の入れすぎもNG。 適度な力加減で行うことで、EMS美顔器の効果を最大限引き出すことができます。 顔への使用の目安は多くても10分程度です。 使用目安時間を超えての使用は、顔の筋肉の負担になるので控えましょう。 最近では、使用目安時間を越えると自動的に電源が切れるタイプのEMS美顔器もあります。 美顔器の使用に慣れていない場合は、自動電源タイプを選ぶと安心です。 皮膚の弱い目の周りなどへの使用は禁止されている場合もあります。 使用が禁止されている場所へは、決してEMS美顔器を使わないようにしましょう。 2)使用頻度は適切に! 製品にもよりますが、使用の目安は週に2〜3回程度。 早く効果を得たくてつい多く使ってしまう方もいますが、やりすぎは逆効果ですので、推奨使用頻度を守りましょう。 頻繁に使いすぎると、電気の刺激から筋肉が回復する時間がなく、筋肉が弱ってしまう可能性があります。 筋肉が弱くなることで肌トラブルなどが引き起こされる危険性もあるので注意しましょう。 使用後は、化粧水やなどを塗布して通常のお肌のお手入れを行います。 いつ使用するかは、厳密に決まっているわけではありませんが、落ち着いて使用できる夜寝る前の使用がおすすめです。 自分が継続して取り組みやすい時間帯を選ぶと続けやすいでしょう。 9.まとめ 今、エイジングケア世代の人気のEMS美顔器のメカニズムや効果から選び方、おすすめの商品、使い方まで幅広くご紹介しました。 いかがだったでしょうか? EMS美顔器は、電気の刺激で表情筋を動かし、肌を引き締め鍛えることのできる美顔器です。 このため、肌のハリやたるみの予防が期待できます。 そんなEMS美顔器もさまざまな種類があるのでしっかりと特徴を理解して選びましょう。 また、正しく使いましょう。 自分に合ったEMS美顔器を上手にエイジングケアに活かしてくださいね。

次の