ささみ レンジ。 ささみそチーズのレンジ蒸しのレシピ/作り方

【鶏ささみの保存】冷凍しても超しっとり!レンジを使ったテクニック

ささみ レンジ

下味で砂糖をふって、余熱で火を通せばパサつかず、びっくりするほどしっとりした仕上がりに! まとめて下処理して冷凍ストックしておきましょう。 【冷凍方法】 1 耐熱皿にささみを並べ、調味料をまぶす ささみはペーパータオルで水けを拭き取り、耐熱皿に並べる。 POINT 塩・こしょう・酒で臭みを取り、下味を付ける。 砂糖の保水性でささみのパサつきを防ぐ。 2 電子レンジで2分30秒加熱する ふんわりとラップをして、4本(約240g)につき電子レンジ(600W)で2分30秒加熱する。 3 余熱で火を通す 加熱後、庫内でそのまま5分ほど置き、余熱で火を通す。 取り出してそのまま冷ます。 POINT 余熱で火を通すことで、ささみがパサつかず、しっとり仕上がる。 4 食べやすい大きさにほぐす 粗熱がとれたら、ささみを食べやすい大きさに手で裂く。 POINT 筋がある場合は、裂いている途中で取り除く。 中がうすピンク色だった場合、10秒ずつ様子を見ながら再加熱する。 5 小分けに包み、冷凍する ほぐしたささみは1回に使う分ずつ小分けにしてラップで包み、冷凍用保存袋に入れる。 空気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍する。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 【解凍方法/使い方】 凍ったままスープや炒め物に加える。 または電子レンジ(600W)で1本分(約50g、加熱状態での重量)につき40秒加熱して解凍したあと、そのままサラダや冷やし中華のトッピングなどに使う。 解凍後はさまざまな料理に活用できる方法です。 【冷凍方法】 1 筋があれば除く ささみは筋があれば包丁で取り除く。 筋に沿って両側に包丁で浅く切り込みを入れる。 筋が下になるようささみをまな板の上に置き、片手で筋を持ちながら、もう片方の手で包丁の背を下にして持つ。 包丁を上下に動かし、筋を引っ張りながら身と筋をはがす。 2 ペーパータオルで水けを拭く 臭みの原因となるドリップ(水分)はペーパータオルでしっかり拭き取る。 3 1本ずつラップで包む ラップでぴったりと包む。 POINT 面倒でも1本ずつラップで包むこと。 肉同士がくっつかず、乾燥を防ぐこともできる。 4 冷凍用保存袋に入れて冷凍する 冷凍用保存袋に入れ、空気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍する。 冷凍庫で3週間程度保存可能。 【解凍方法/使い方】 電子レンジ 600W で1本(約60g)につき20秒〜30秒加熱し、半解凍してから調理する。 または冷蔵庫で1本分(約60g)につき4時間ほど自然解凍(半解凍の状態)し、ペーパータオルで水けを拭き取ってから料理に使う。 POINT 半解凍状態だとドリップが出るのが少なく、切りやすいというメリットも。 【番外編 冷凍ささみフライ】衣を付けて冷凍しておくと便利!お弁当にも大活躍 お弁当やごはんのおかず、カツカレーなど、日々の献立に活躍すること間違いなし! 衣を付けてから冷凍すると、そのまま油で揚げればできあがるので簡単です。 材料(2人分)• 鶏ささみ…4本• 塩・こしょう…各少々• 小麦粉…大さじ2〜3• 溶き卵…1個分• 揚げ油…適量 【冷凍方法/使い方】• ささみは筋を除いて半分の長さに切る。 さらに太い方のささみを縦半分に切る。 塩・こしょうをふる。 3個(ささみ1本分)ずつラップで包み、冷凍用保存袋に入れる。 空気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍する。 3週間程度保存可能。 凍ったままのささみフライを入れ、両面がきつね色になるまで揚げ焼きにし、最後に少し温度を上げて、カラリと仕上げる。 POINT 低めの温度でじっくり揚げることで中まで火を通す。

次の

【鶏ささみの保存】冷凍しても超しっとり!レンジを使ったテクニック

ささみ レンジ

スポンサーリンク ささみの下ごしらえ!筋を取る方法は? ささみは下ごしらえで筋を取る必要があります。 筋とは、ささみの片側についてる白くて長い紐状の肉ですね。 筋を取ったあとに、電子レンジで加熱する流れとなります。 筋を取る手順は次のとおりです。 ささみの片側の先端に、 筋に沿った切れ目を3~4cm入れる• 筋があるほうを下側にして、切れ目に沿って包丁の背を使い、筋を取る 次の動画を参考にすると、わかりやすいですよ。 筋が残っていると、口当たりの悪い食感が残ってしまいます。 しっかり取りましょう。 スポンサーリンク ささみを電子レンジで加熱する方法は? ささみを電子レンジで蒸す方法は、次のとおりです。 材料 ささみ:2本 酒:大さじ1• 耐熱容器に筋を取ったささみを入れ、酒をかける• ラップをゆるくかけて、 電子レンジ600Wで1分20秒加熱する• 電子レンジから出し、粗熱が取れるまで待つ• ほぐしたりして料理に使う 非常に簡単ですね! 加熱時間は、もしささみ 3本なら600Wで2分 になります。 お好みで塩コショウをかけてもいいですよ。 ポイントは、加熱後に粗熱が取れるまで待ち、 余熱で中まで火を通すことです。 また、加熱しすぎると身が固くなりやすいですが、 酒をかけて加熱することでやわらかくなります。 ちなみにラップを厳重にかけて密封すると、卵のように爆発する可能性があります。 注意しましょう! 電子レンジで加熱するメリットは、手間と時間がかからないことです。 忙しいときにオススメの方法ですね。 レンジで蒸したささみを冷蔵・冷凍保存する方法は? レンジで蒸したあとのささみを、まずほぐします。 その後、 チンしたときに出た汁と一緒にジップロックなどで冷蔵保存するとよいです。 こうするとあまり身がパサパサしません。 冷蔵庫での保存期間は、 3~4日です。 加熱したとはいえ、なるべく早めに食べたほうがいいですね。 冷凍保存するときは、ほぐしたささみをジップロックなどに平たく入れて冷凍してください。 使うときに一塊になりにくいです。 また、 チンしたときに出た汁も一緒に冷凍してください。 解凍方法は、時間があるときには冷蔵庫内に置いて解凍しましょう。 ただ、急ぎのときには電子レンジでもOKです。 冷凍の場合の保存期間は、 3~4週間です。 多めにささみを蒸して冷凍しておけば、便利に使えます! どちらもコツは、チンしたときに出た汁と一緒に保存することです。 身がパサパサしにくくなります。 まとめ ささみを電子レンジで加熱する方法は、 筋を取ってから酒をかけ、余熱で中まで火を通す方法がおすすめです! 電子レンジを使うと手間が減るので、忙しいときに役に立ちます。 冷凍・冷蔵保存するときには、電子レンジで加熱したときに出た汁も一緒に保存すると、身がパサパサしにくいです。 電子レンジで蒸す方法は、茹でるより楽なのでぜひ試してみてください。 ささみのカロリーや栄養が気になるときは、次の記事を参考にどうぞ。 参考: スポンサーリンク•

次の

【鶏ささみの保存】冷凍しても超しっとり!レンジを使ったテクニック

ささみ レンジ

どうも。 こんにちは。 先日、トマトを電子レンジでスープにするやつを作るために容器を買いました。 こいつを流用しようということで冷凍ささみを電子レンジでチンして食べてみました。 冷凍ささみを電子レンジで 冷凍ささみは肉のハナマサで買いました。 500gで498円です。 使うのはこの容器です。 ネットで調べたやり方だと、冷凍ささみを電子レンジで作るには1分で裏返しにして、また1分で裏返しにしてなどクソ面倒でした。 裏返しをする理由なんですが、電子レンジの原理的に底と表面でムラが出るらしいんですね。 そこでほんのちょっとですが、穴空き容器で底にべったりって状況を避けています。 冷凍ささみをそのままポイー。 料理酒をかけます。 これ超重要です。 あるのと無いのとじゃ大違いなので必ず入れましょう。 かけた後です。 分量でいうとトットットッってくらいです。 お次に塩コショウをかけます。 こちらも分量でいうとパッパッパッってくらいです。 蓋の上部の穴は爆発するのが怖いので開けておきます。 電子レンジに入れます。 この時回るタイプのやつなら端っこにいれるほうがいいです。 自分は600Wで6分チンしてます。 電子レンジから美味しい匂いがしてきます。 取り出すとこんな感じです。 ちゃんと火が通ってます。 これで完成です。 味付けこれだけで十分美味しいです。 お好みでゆず胡椒をつけるのもおすすめです。 おわりに ささみと言えばヘルシーの代表ですよね。 冷凍ささみなら1個ずつ使えますし、楽チンで便利です。 ダイエットや筋トレしてる方や単に面倒くさがりの方におすすめです。 使ったもの載せて終わりにします。

次の