トヨタ プログレ。 プログレの歴史 唯一無二の小さな高級車 偉大な生産終了車

プログレ(トヨタ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

トヨタ プログレ

5ナンバーサイズながら決して安っぽくなく、上質さを感じさせたプログレ トヨタ プログレは、1998年から2007年まで販売されたやや小ぶりな4ドアセダンです。 当時、肥大化するいっぽうだった高級車業界に一石を投じるべく「ラージクラスの性能と品質を5ナンバーサイズに凝縮!」というテーマを持って登場した「小さな高級車」でした。 プログレの開発を統括したチーフエンジニアは野口満之氏。 野口さんは、トヨタの最高級車種「センチュリー」のチーフエンジニアも務めた人で、センチュリーの超絶手法を惜しげもなく投入したのがこのプログレだったのです。 内装には「木目調」ではない本物のウッドパネルが惜しみなく使用され、シートはレザーまたはジャガード織のゆったりとしたサイズ。 ボディパネルの上塗りも全色5層コートで(通常の上塗り工程は2コート塗装が基本なんです)、吸音材もたっぷり使われました。 搭載エンジンは2. 5Lまたは3Lの自然吸気直列6気筒で、駆動方式はいわゆるFR。 そのためハンドリングは軽快かつ上質で、小回りも利きました。 ちなみにサスペンションは4輪ともダブルウィッシュボーンです。 2000年4月からは内装のリアルウッドに、それまでのウォールナットだけでなく「サペリマホガニー」という高級木材も選べるようになり、2001年4月にはマイナーチェンジで直6エンジンを直噴化。 2WDのATが4速から5速になり、その他モロモロの内外装装備もより豪華に、より充実したものとなりました。 2004年と2005年にも装備類をさらに充実させるなどしたのですが、残念ながら市場からの評価は高まらず、プログレは2007年途中にあえなく生産終了。 その後、「2代目プログレ」が登場することはありませんでした。 時代の先を行き過ぎた!? プログレが絶版になった訳 今となっては希少なセダンらしさのある3ボックススタイルのリアスタイル トヨタ プログレが生産終了となった理由は二つあると考えられます。 一つは「時代が追いついていなかった」ということでしょう。 当時の人々が「なんでカローラサイズの車に400万円も出さなアカンのじゃ!」と言ったかどうかは知りませんが、「ある程度のお金を出すなら、やっぱ立派に見える車がいいよね」と思ったのは確かなようです。 それが証拠に1999年の販売台数ランキングを見ると、売れているセダンはクラウンあるいはマークIIといった立派系か、サニーやコロナ、カリーナなどのお手頃系ばかり。 そこには小さな高級車のちの字もありません。 でも……当時の民衆にそれを受け入れる度量とセンスがあったとしても、プログレはやはり生産中止に追い込まれていた可能性は高いと思われます。 理由は「デザイン」です。 悪いカタチだとは思いませんが、プログレの外観からはどうしても「おじいちゃん感」が漂ってきます。 鎌倉あたりにお住まいの70代資産家にはハマるのでしょうが、もう少し若い40代から50代ぐらいの港区在住資産家が、このデザインを「いいね!」とか言いながら契約書にハンコを押してる姿は、どうしても想像できません。 同時期のドイツ製小さな高級車「E46型BMW 3シリーズ」ならイメージできるのですが。 とはいえプログレは本当にいい車でした。 今でも、それこそ鎌倉あたりでご高齢の方が運転している姿をしばしばお見かけしますが、「いい光景だなぁ……」と、しみじみ思います。

次の

トヨタ プログレ 価格・車種カタログ情報

トヨタ プログレ

トヨタ プログレとは 一代限りで販売が終了した、実はクラウン以上の品質を持った車 1998年か5月ら2007年6月までトヨタが製造・販売していた5ナンバーサイズの5ドアセダンで、一代限りで販売が終了したモデルです。 キャッチコピーは「小さな高級車」、「メルセデスベンツ Cクラス」や「BMW 3シリーズ」といった世界に名だたる高級ブランドの入門セダンモデルをターゲットに開発されています。 その開発経緯から保守的だが実によく練られたデザインと、車としての圧倒的な品質を合わせ持つ車に仕上がっています。 プログレの開発には2代目センチュリーのチーフエンジニアを務めた方が担当し、プログレのデザインをはじめ数多くの開発を手がけました。 フロントフェイスのデザインなどはセンチュリーのデザイン案にあがっていたフロントマスクがプログレに流用されていたと言われています。 品質面では全グレードに5層コートを採用し、静粛性の向上のため吸音材などを多数使用、本木目調を多用した「ウォールナットパッケージ」をオプションで選択できるなど、豪華装備を満載していました。 エンジンは2JZ-GE 3. 0L 直6 DOHCエンジン、1JZ-GE 2. 5L 直6 DOHCが発売当時搭載されました。 2001年4月のマイナーチェンジで直噴化され、2JZ-FSE 3. 0L 直6 直噴 DOHCエンジン、1JZ-FSE 2. 5L 直6 直噴 DOHCエンジンへと変更されています。 このエンジンをFRプラットフォームに搭載し、シフト付き5速AT及び4速ATと組み合わせられています。 4輪ダブルウィッシュボーンサスペンションも搭載し、そのスペックや装備の充実ぶりは「メルセデスベンツ Cクラス」や「BMW 3シリーズ」に引けを取りません。 車としての品質は上記の内容や乗った感想などからクラウンではなくセルシオと同等と言われており、この時代の国産5ナンバーサイズセダンとしては、類を見ない圧倒的な性能を有していました。 0mm 圧縮比:11. 1m 駆動系 駆動方式:FR トランスミッション:5AT 変速比 第1速:3. 357 第2速:2. 180 第3速:1. 424 第4速:1. 000 第5速:0. 753 後退:3. 431 最終減速比:3. 価格が高く販売面では苦戦したトヨタ プログレ スペックや、トヨタ流に完成された車としてのクオリティは、決して「メルセデスベンツ Cクラス」や「BMW 3シリーズ」に引けを取っていなかったプログレですが、販売面では相当な苦戦となり、9年間の販売期間を経て、結局フルモデルチェンジをすることなく生産終了となりました。 販売面で苦戦した原因は、その価格にあると言われています。 プログレ(最終モデル)のメーカー希望小売価格(税抜)が322万~420万円なのに対し、同時期に販売されていたクラウンロイヤル(11代目)は295万~442万円と、基本グレードの価格ではクラウンよりもプログレの方が高かったのです。 スポーティな走りやプレミアムカーとしてのブランド力を背景に販売を伸ばしてきた「メルセデスベンツ Cクラス」や「BMW 3シリーズ」と違い、プログレにはそういった背景がなく、しかも同価格帯でトヨタ流プレミアムの代名詞クラウンが購入できてしまいます。 価格を正当化するだけのブランド力が足りなかったというのが、プログレの不振の理由ではないかと思えます。 Provision みんカラでは高評価、初見でけなされ、乗れば驚くギャップが魅力 車が好きな人に特有の特徴として、「自分だけが価値をわかっている」という優越感を抱きたいところが、あるのではないかと思います。 例えば、漫画や小説などが映画化されると、連載当時から追いかけ続けてきたファンというのは口をそろえて、「有名になったのは嬉しいけど、なんだか寂しい」と言ったりします。 そういう部分が車好きにも見られるのです。 プログレの場合は連載も終了し、中古でしか手に入らないけど、「実はこれって名作なんだぜ」って車に詳しくない人に自慢できる車というところでしょうか。 ポイントとして大きいのが、見た目と性能とのギャップです。 外装自体も非常に品良くまとめられていて、個人的にはオペルを思い起こさせる、嫌みの無い良いデザインをしていますが、まあ、知らない人から言わせればただの古くさい車です。 ですが、いざ乗ってみると静粛性や乗り心地はセルシオクラス、ウィンカーのカチカチ音から異常に品が良い音がしますし、シートはまさかの本革シート、ベージュのシートに乗ろうモノなら高級感ハンパありません。 という訳で、車好きの集う総合車情報サイト「みんカラ」でのプログレは非常に好評かを博しています。 ドライバー自身もそのギャップに驚き購入していますし、何より同乗者が必ずと言っていいほど、見た目でけなし、乗って感動します。 そういった部分を体験した方のプログレの評価は、総じて高いように思えます。 【トヨタ プログレ】気になってきたら、とにかく試乗してみましょう。 Provision トヨタの量産車と言うことで、プログレにも同車をベースに開発された姉妹車が存在します。 案外違う魅力を備えたプログレの姉妹車達をここでは見てみましょう。 セルシオに一歩近づいたトヨタ ブレビス 一言で言えば「ミニセルシオ」です。 プログレの外装をセルシオ風に仕上げた車で、「アクティブ・エレガンス」のキャッチコピーに企画された車です。 プログレからは全長・全幅ともに拡大され、ホイールもオプションで17インチが選択でき、内装はオプティトロンメーターに加えてアルミのオーディオパネルを採用するなど、若い層への販売を意識して開発がされています。 プログレとの差別化はなされていたものの、結局プログレ同様販売が振るわず、一代限りで製造終了となりました。 内容的にはもはやセンチュリーと言えるトヨタ オリジン ブレビスが「ミニセルシオ」ならオリジンは「ミニセンチュリー」です。 プログレをベースに初代クラウンRSをモチーフにした丸みを帯びた外装と、観音開きのドアを採用した、プログレ・ブレビスに比べると非常に印象的な外装を持つモデルです。 ボディサイズがブレビス全長・全幅・全高ともにブレビス以上に拡大され、車格でもプログレより一段上の車と言えます。 内装が一部手作業で専用の仕様に変更されていますが、基本的にはプログレのままです。 しかし、大きく変更されている外装に関してはほとんどの部分が手作業で製作されており、その製作手法が5ナンバーサイズのセンチュリーと言われる所以になっています。 新車価格は700万円と同時期のセルシオよりも高額な設定で、1,000台限定で販売された希少車種でもあります。 miyazono. html どんなに新しくても10年落ちですし、重量も1,500キロ以上、排気量も2,500ccから3,000ccと維持費がかさむ車となっていますが、その分中古車市場の底値で、30万円用意すればとりあえず購入できます。 正直な所、コストパフォーマンス重視の車という観点ではプログレは最善の選択です。 トヨタが本気で作った高級車ですので、頑丈なのです。 10年落ちでも壊れませんし、トヨタディーラーに行けばきっちりメンテナンスを受けられます。 修理費用も海外ブランドに比べれば遙かに割安で、10年落ちの中古車でも維持費をそれほど心配せずにすむというメリットがあります。 加えて、プログレは丁寧に乗られ、しっかりとディーラー整備を受け続けた車両がほとんどで、中古車選び自体が非常に楽です。 パフォーマンスに優れ、コストも掛からず、車両選びも容易なプログレは、中古車で乗れる高級車として、最善の車と言えます。 下に2016年6月現在の中古車情報へのリンクを張っていますので、興味がある方はどうぞ。

次の

トヨタ プログレ 価格・車種カタログ情報

トヨタ プログレ

本体 価格 126. 5万円 支払総額 134. 8万円 トヨタモビリティ東京 田無芝久保店(旧:東京カローラ)• 本体 価格 120. 8万円 支払総額 130. 5万円 トヨタモビリティ東京 UーCar谷原光が丘店(旧:東京トヨタ)• 本体 価格 68. 5万円 支払総額 78. 6万円 トヨタモビリティ東京 U-Car足立島根店(旧:ネッツ東京)• 本体 価格 83. 8万円 支払総額 97. 7万円 トヨタモビリティ東京 UーCar昭和の森店(旧:東京トヨタ)• 本体 価格 244万円 支払総額 万円 トヨタモビリティ東京 UーCar深川店(旧:東京トヨペット)• 本体 価格 66. 4万円 支払総額 71. 3万円 ネッツ多摩 立川マイカーセンター• 本体 価格 163万円 支払総額 174. 5万円 トヨタモビリティ東京 府中西原町店(旧:ネッツ東京)• 本体 価格 309. 8万円 支払総額 319. 4万円 トヨタモビリティ東京 U-Car西東京店(旧:東京トヨタ)• 本体 価格 204. 9万円 支払総額 213. 8万円 トヨタモビリティ東京 府中西原町店(旧:ネッツ東京)• 法定費用 自動車税(含. 未経過相当額)、重量税、環境性能割、自賠責保険料(含. 未経過相当額) 販売店手数料 検査登録手続代行費用、車庫証明手続代行費用、預り法定費用(検査登録・車庫証明)、公正証書作成費用• <ご注意>以下の場合等で支払総額が変わります。 ・自宅など、指定の場所へ納車を希望される場合• ・販売店所在地の所轄陸運支局以外で登録を希望する場合• ・登録月が、商談開始月からずれる場合• ・他の販売店経由で商談、購入の場合•

次の