ビット コイン 採掘。 ビットコインの採掘とはどういう意味?分かりやすく解説

ビットコインの歴史と価格推移

ビット コイン 採掘

ビットコインの「採掘 マイニング 」とは? そもそもビットコインの「採掘」とは? 一般的にビットコインを新規発行するための一連の作業のことを 「採掘()」と呼びます。 ビットコインは、全取引データが記録された鎖状のブロックの繋がりである、ブロックチェーンと呼ばれるシステムに基づいて発行されています。 ブロックチェーンにおいて、ビットコインの採掘作業を行う人々は 「(採掘者)」と呼ばれます。 マイナーは数多く存在しており、マイナー同士が競い合っています。 その競争における勝者がその報酬として、ビットコインを得ることができる、という仕組みになっているのです。 詳しいビットコインの採掘(マイニング)の仕組みに関しては、次の段落で詳しく説明していきます。 ビットコインの採掘量には上限がある ビットコインの総発行総数の限界は 2100万枚と定められており、それ以上は発行されません。 ビットコインは21万ブロックが生成されるごとに発行額が半減する仕組みとなっており、 4年ごとに発行額が半減します。 これをと呼びます。 そのため、発行の過剰を防ぐことができ、インフレを起こさないように設計されているのです。 2018年現在、1回のマイニングあたりの報酬は12. 5BTCです。 次回の半減期は2020年に起こるとされており、1回のマイニングあたりの報酬は6. 25BTC へと半減します。 ビットコインの採掘はいつまでできるの? 4年ごとに半減期が起こる、と聞くと、近いうちにビットコインの採掘が終わり、枯渇してしまうのではないか、と考える方もいるかもしれません。 しかし、半減期が繰り返され、実際に全ての発行が終了するのは2140年で、少なくとも私たちが生きている間は採掘を行うことができます。 半減期では、供給が減少することから通貨価格が上がる傾向があるため、半減期付近の時期にはビットコインの価格の値動きに注意する必要があります。 ビットコインの採掘(マイニング)の仕組みをわかりやすく解説 ビットコインの採掘(マイニング)の原理 ビットコインは上で採掘(マイニング)作業が行われた際、その成功報酬としてマイナーに対し新規発行されるものです。 では、この採掘(マイニング)作業において、実際にどのような作業が行われているのでしょうか。 ビットコインの取引記録は全て正確に取引台帳(ブロックチェーン)に記録されます。 一定期間に行われた全ての取引は1ブロックの中にまとめて記録されていきます。 このブロックの生成、以前の全ての記録の集合体であるブロックチェーンと新たなブロックをつなぎ合わせる作業、そしてその結果の精査を行うためには、莫大な量のコンピューターによる計算が必要となります。 この計算作業が「採掘(マイニング)」と呼ばれる作業で、数多くのマイナーの中で最も早く正しい計算結果を出すことができたマイナーに対し、その情報処理の成功報酬として、ビットコインが与えられます。 この方式はと呼ばれています。 この一連の流れがビットコインの新規発行の仕組みなのです。 ブロックチェーンに関しては下記の記事で詳しく解説していますので、よろしければ合わせて参考にしてみてください。 ビットコインの「マイニング(採掘)工場」とは? マイニングを通して報酬を得ることを事業としている会社も多く存在します。 そういった企業は 「マイニング(採掘)工場」と呼ばれる、大量のコンピューターが置かれた施設を作り、マイニング作業を行なっています。 計算速度を競うビットコインのマイニングにおいて、コンピュータの処理速度は非常に重要です。 そのためビットコインのマイニングにはASICといったような、マイニングに特化した専用機械が利用されることが多いのです。 また、ビットコインの採掘には大量の電力を必要とするため、マイニング工場は電力が安い場所に作られる傾向があります。 マイニングシェア世界トップの中国のマイニング業者であるビットメインは、火力発電が盛んに行われており、年中電気が豊富かつ安価な内モンゴル自治区のオルドスに大規模な工場を構えています。 中国では盛んにマイニングが行われている一方で、徐々に中国政府によるマイニング規制は強まっています。 そのため、ミャンマー、マレーシア、カナダ、北欧、キルギスといったような電気代、冷却代を安く抑えることのできる他国への工場移転を検討している企業も多くあるようです。 ビットコインの世界のマイニング(採掘)シェア マイニングシェアの半分以上を中国企業が占めている 2018年6月時点のビットコインの世界のマイニング(採掘)シェアを円グラフで表したものです。 出典: 上位4社のマイニング企業は全て中国の企業であり、マイニング事業の中国企業の占める割合がいかに大きいかということがわかります。 特に、1位のBTC. comと2位のAntPoolはどちらもJihan Wu(ジハン・ウー)氏が共同設立者である、マイニング機材およびマイニングプール会社、 BITMAINの子会社です。 BITMAINはビットコインマイニング機器で圧倒的シェアを誇るASICの生産および販売を行う企業として知られています。 マイニングが中国企業に集中してしまうと、ビットコインの本来の意義である「分散型」というビットコインの特徴が失われてしまうのでは、と懸念する見方もあります。 日本国内でもマイニング(採掘)工場は存在する? 日本は仮想通貨取引量は多い一方で、マイニングに関してはあまり盛んでないような印象がありますが、最近では日本企業でもマイニングを行なっている企業が増えてきています。 最近ではGMO、DMM、SBIがマイニングへの参入を表明しました。 DMMはすでに金沢にマイニングファームを設立しています。 また、GMOは自社開発の仮想通貨マイニングマシンである「 GMO miner B2」を発表しました。 今後日本でもマイニング産業が盛り上がっていくことが予想されます。 個人でもビットコインの採掘(マイニング)は可能なのか? 個人でビットコインのマイニング(採掘)をする方法 では、企業ではなく、ビットコインのマイニング(採掘)をすることはできるのでしょうか? 個人でマイニングすることは「ソロマイニング」と呼ばれ、これは ASICや高性能の GPU(グラフィックボード)を駆使して個人でマイニングを行う方法です。 PCもしくはマイニング専用マシン、マイニングソフト、報酬を受け取るためのウォレットさえ準備すれば、理論上はマイニングに参加することが可能です。 実際に個人でのマイニングは儲かる?儲からない? しかし実際は、ビットコインをソロマイニングすることは非常に難しいといえます。 ビットコインのマイナーの数は非常に多く、マイニングの競争率も高くなっています。 マイナーが多い分、ビットコインのアルゴリズムは非常に難易度が高くなっており、個人レベルの機器の規模、スペックでは成功率が非常に低いといえます。 家族でBitcoinの話になったから暗号通貨のマイニングちょっとだけやってみたけどこれはガチでチューニングしたマシンじゃないとまともにはやってられんってことがわかった — 猫宮リンクス Lynx098 一度でもマイニングに成功すれば報酬は大きいですが、確率は非常に低いです。 初期投資としてマイニング機器を購入するのにコストがかかる上に、電気代も高くなってしまうため、ビットコインでソロマイニングをするのはお勧め出来ません。 ソロマイニング以外に個人でもビットコインの採掘(マイニング)に参加できる方法がある! ソロマイニングは難易度が高く、現実的ではありません。 しかし、マイニング事業者に契約料を支払うことでハッシュパワーの一部を購入し、その見返りに報酬を得るクラウドマイニングや、自分のパソコンのマシンパワーをネット経由で提供することで、そのマシンパワーの大きさに応じて報酬を受け取るサービスである プールマイニングなどの方法を使えばマイニング報酬を受け取ることのできる可能性があります。 詳しくは以下の記事で解説していますので興味がある方は参考にしてみてくださいね。 ビットコインの採掘(マイニング)まとめ 中国のマイニング企業が占めるシェアが大きいものの、ビットコインの採掘(マイニング)は政府規制などに伴い徐々に地理的に分散してきています。 今後日本でもマイニング工場が増えてくる可能性も大いにありえます。 今後のマイニング企業の動向にも注目が集まりそうですね。 また、クラウドマイニングやプールマイニングなど、マイニングへの個人参加の方法も色々と存在しています。 初期投資にお金をかけず、マイニングをやってみたい、という方は一度挑戦してみてはいかがでしょうか。 この記事が皆さんのビットコインの採掘(マイニング)の理解に少しでもお役立ていただけましたら幸いです。

次の

採掘難易度上昇とビットコイン価格の関係とは?ミーの仮想通貨最新ニュース【3月10日】

ビット コイン 採掘

暗号通貨(仮想通貨)ビットコインは、供給量が一定の水準に達した段階でマイニング(採掘)作業者に報酬として与えられる新たなコインの数が半分に減る「半減期」を近く迎える。 過去の半減期は大幅な価格上昇を招いたが、新型コロナウイルスの流行で今回は不確実性が高い。 半減期は、11年のビットコインの歴史で3回目となる。 近く到来すると幅広く予想されている。 ゲイン・キャピタルの市場リサーチ担当グローバル責任者、マット・ウェラー氏は「合理的な市場の観点からは、半減期への基本的な反応は現時点で十分に織り込まれているはずだ。 これ以上の予見可能なイベントは考えられないからだ」と述べた。 半減期はビットコインのインフレを抑えるための仕組みで、ほぼ4年ごと、採掘量にして21万ブロックごとに訪れる。 理論的には供給が減るため、価格は上昇する。 ビットコインの各プラットフォームによると、半減が必要な水準までは残り100ブロック程度の採掘が必要なだけとなっており、早ければ11日か12日に半減される可能性がある。 マイニング作業者に対し、報酬として与えられる新たなコインは現在、1ブロック当たり12. 5ビットコイン。 これが6. 25コインに半減される見通し。 半減期を意識した買いが入り、ビットコインの価格は年初から40%近く上昇し、安値からは85%余り上げている。 直近の価格 は8630ドル。 対照的に、ドル指数 は年初から3. 3%高にとどまっている。 ビットコインが最初の半減期を迎えたのは2012年11月で、報酬額は50コインから25コインに減少。 2回目は2016年7月で12. 5コインに減少した。 16年半ばから17年12月までに約2500%の大幅高 一方、トレーダーらによると、価格は12年終盤から14年までの期間に約1万%急騰し、16年半ばから最高値を記録した17年12月までの間に約2500%の大幅高を演じた。 暗号資産データ企業メッサーリのリサーチアナリスト、ライアン・ワトキンス氏は新型コロナ流行の経済への悪影響が、ビットコイン半減後の価格上昇を阻止する主な要因になり得ると予想。 一方、仮想通貨ディークレッド(Decred)共同創業者のジェイク・ヨコムピアット氏はウイルスの世界的流行(パンデミック)のさなかだからこそ、半減がビットコインや他の仮想通貨に好影響を与えると分析。 「パンデミックは極めてデフレ型のイベントで、経済活動はまさに激減するだろう。 ビットコインの半減は必然的にデフレ的な行為だ」とし、このような景気シナリオは仮想通貨にとっては強気材料だと語った。

次の

半減期とは?ビットコインマイニング(採掘)量の規制ルール

ビット コイン 採掘

仮想通貨市況 10日の日経平均株価は、新型コロナウイルスの感染拡大や大幅原油安に伴う投資家心理の悪化を背景にパニック売りが継続。 一時700円超下落し、19,000円を割り込んだ。 米国市場では、寄り付きからダウ平均株価に売り注文が殺到。 2013年の導入以降、米株式市場でのサーキット・ブレイカー発動は初。 同制度は、株式市場や先物取引において相場が急変動を起こした際、強制的に取引を止めることで、投資家のパニックを抑制するための措置を採るもの。 国内では、米国同時多発テロ発生時のほか、リーマン・ショック、東日本大震災などの影響で、先物市場にてサーキットブレイカーが発動したことがある。 投資家の恐怖感情を示すVIX指数も、08-09年のリーマン・ショックに次ぐ2番目の歴史的水準に達したことが見て取れる。 The reaching levels not seen since the 2008 financial crisis. 売り過熱の反動もあり、ビットコイン(BTC)など仮想通貨市場を含め、相場の巻き戻しが起こっている。 このまま指数の大幅下落が続いた場合、日銀が大量保有する上場投資信託(ETF)や、巨額の運用資金を有する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の評価損も危惧される。 時価が簿価を平均で4割弱下回ると、日銀は債務超過に陥るとの指摘もあるからだ。 日銀は9日、金融市場の動揺を抑えるため、過去最大規模の1000億円余り買い入れたことを発表。 金融政策決定会合で決定した追加緩和政策をさらに増額している。 安倍首相は、参議院予算委員会で「消費税率引き上げに伴う、個人消費の反動減」に言及したほか、新型コロナウイルスの感染拡大については、「足元では海外からの観光客減少に加え、工場の製造ラインを維持できるのかといった不安も拡大している。 景気への影響に対し、26兆円規模の経済対策を着実に実行するとともに、世界経済の動向も十分に注視しながら、インパクトに見合うだけの必要かつ十分な経済財政政策を行っていく」と述べている。 日銀の黒田東彦総裁は9日、参院予算委員会で、「投資家のセンチメントが非常に悪化している」と言及。 「国内外の金融市場を注視し、適切に躊躇なく対応」することを明言している。 ビットコイン(BTC)市況 10日の仮想通貨ビットコイン(BTC)は、前日比0. 9万円に。 金融市場の混乱を背景に、日足レベルの三尊ネックライン下抜けから落勢止まずの状況に陥っていたが、7700ドルの下値支持線で買い戻しも入ったことから、急激な下げは一服した。 不安定な国際金融市場の情勢から、依然として予断を許さぬ状況にあるなか、海外の著名トレーダーのは、ビットコインの週足移動平均線について分析。 過去チャートからも、21週平均線(EMA)を下回った場合は弱気相場を鮮明にすると言及。 200週平均線は絶好の買いの機会だとした。 なお、今回の相場急落には、株式市場暴落でリスク資産が投げ売られたことの連れ下げのほか、過去最大規模の被害をもたらした仮想通貨ポンジスキーム、PlusToken(プラストークン)が再び悪影響を及ぼしたとの見方もある。 エルゴ・リサーチは6日、PlusTokenが保有する仮想通貨のうち、13,000BTCがミキシングサービスへ動かされたことが発覚したことを報告した。 Almost all previous mixer deposit change has entered mixing, confirming my theory. Much slower than September and November. New report and full sit rep imminent. 不正流出した仮想通貨はマーキングされ、取引所に受け入れ拒否されるため、ミキシングサービスは、資金洗浄手段の一環として用いられることがある。 PlusTokenは、18年半ばに開始された高収益を謳った中国のウォレットサービスで、会員は紹介者数に応じて報酬を受け取ることができる、いわゆるネズミ講(出口詐欺)の仕組みになっていた。 被害は、20万BTCを含む計29億ドルと報告されるなど、過去最大規模の仮想通貨詐欺被害と指摘される。 採掘難易度とは、ブロック生成の難易度の度合いを表すものだ。 ビットコインは10分に1回ブロックが生成されるよう設計されており、マイナーの競争激化により生成速度が速まれば、難易度が上昇するように調整が行われる。 ハッシュレート(採掘速度)も1. ハッシュレート上昇は、採算が取れるマイニング参加者増加を示唆するものだ。 ハッシュレートの低い小規模PoWチェーンは、悪意のある攻撃に対して脆弱であるものの、セキュリティ及びネットワークの堅牢性向上が見込めることから、ポジティブなサインとして捉えられる。 CoinPostに寄稿された、CoinGecko共同創業者による「ビットコイン半減期展望など 2020年10の予測」のにもあるように、マイナーには、ビットコイン価格を維持させるモチベーションがある。

次の