クレバー ドリッパー。 Cottea

クレバーコーヒーで手早く美味しく楽しいコーヒーを飲もう

クレバー ドリッパー

「自宅でも美味しいコーヒーを飲みたいけど淹れるのが面倒臭い。 もうすでに世界中のプロのコーヒーマン バリスタやロースター 、そしてコーヒーラバーからも多くの賞賛を得ているコーヒー器具なのでご存知の方も多いかもしれない。 多くのメディアやブログがこのクレバーコーヒードリッパーの素晴らしさを紹介している。 さらに踏み込んでクレバーコーヒードリッパーの魅力を紹介したいと思う。 「コーヒーを始めたばかりの人」から「コーヒーのプロ」まで世界中で多くの人達に愛用され、高い評価を得ている「クレバーコーヒードリッパー Clever Coffee Dripper 」。 なぜ『超面倒臭がりだけど自宅で美味しいコーヒーが飲みたい』人たちにとって最適なコーヒー器具なのか? 目次• 皆様もハンドドリップでコーヒーを淹れた経験はあるはず。 一番よく知られた抽出方法で、淹れていてとても楽しい。 しかし、その半面ハンドドリップで美味しいコーヒーを淹れるには、一度に以下のような多くの事に気を配らなければならない。 非常に繊細な作業となる。 ・抽出時間 ・注湯スピード ・注ぎ方 ・注ぐ回数 ・湯量 ハンドドリップの場合、毎回同じように淹れているつもりでも人間がやる以上ケトルのコントロールの際に若干のブレが生じる。 例えプロのバリスタであってもハンドドリップで毎回一寸の狂いもなく抽出するのは至難の技なのだ。 しかし、クレバーコーヒードリッパーは一味違う。 コーヒーミル コーヒーを粉砕する道具 で挽いたコーヒー豆をクレバードリッパーの中に投入し、そこに ただドバッとお湯を注ぐだけ。 ハンドドリップで淹れるコーヒーのように抽出テクニックが全く必要なく、抽出によるブレを最小限に抑えることができる。 つまり毎回誰が淹れても同じ味を作り出すことができる。 テクニックいらずで再現性に優れ、超絶簡単なのである。 理由その2 コーヒーの成分をしっかりと引き出しつつクリアな味わいを実現 クレバーコーヒードリッパーは 浸漬式と 透過式の両方の特徴を持つ ハイブリッド型のコーヒー抽出器具である。 コーヒーとお湯をフレンチプレスのように一定時間漬け込み 抽出弁が閉じた状態 、最後はコーヒーカップの上にドリッパーを置くことでコーヒー粉をペーパーフィルターで濾過する 抽出弁が開いた状態 という仕組み。 フレンチプレスのようにコーヒーとお湯を一定時間漬け込むことで、コーヒーの成分をしっかりと引き出しながら、最後はペーパーフィルターでコーヒー粉を濾過することで クリアーな味わいと滑らかな質感のコーヒーを作り出すことができる。 そんな浸漬式・透過式の良いとこどりのハイブリッド型ドリッパーなのだ。 理由その3 手入れが圧倒的に楽 水でじゃぶじゃぶ洗うだけ 手入れがとてもイージー。 毎日のコーヒーライフを楽しむ上で、コーヒー器具の手入れの簡単さというのはとても大切なポイントになってくる。 ペーパーフィルターごとコーヒーかすをゴミ箱へインして、水洗いして自然乾燥して終了。 日々の手入れはこれで十分。 分解しての洗浄は2週間に一度程度で問題なし。 中性洗剤で軽く洗って乾かして終了。 分解するのも力も必要なくとても簡単。 番外編 抽出中に手を離せる ハンドドリップ中にもし便意を催してしまったら・・ そう考えるととても恐ろしい。 ハンドドリップの場合、一度抽出を始めたらノンストップ。 しかし、クレバーコーヒードリッパーはそんな問題を解決してくれる。 浸漬式という抽出方法なのでお湯を注いでからは手が空く。 便意を催してしまっても、問題ない。 冗談をさておき、抽出中に手を離すことができるということはその間に、身支度や洗い物など別のことをできるということ。 朝の忙しい時間帯には大変ありがたい。 クレバーコーヒードリッパーの欠点 欠点というよりもクレバーコーヒードリッパーの残念だと思っている点はデザイン性。 同じ性能でよりスタイリッシュなデザインのクレバーの発売を心待ちにしている。 「美味しいコーヒーさえ淹れらればデザインは特に気にしない」というのも一理あるのだが、やはり毎日使う器具がカッコよくてデザイン性に優れたものであれば、コーヒーライフがより更に楽しいものになるに違いない。 従来の薄茶色のカラーよりもっとクールでデザイン性に優れたものの方がいいという方は実はブラック 黒 のバージョンも発売されている。 「コーヒーで幸せに」 「コーヒーで幸せに」をコンセプトにコーヒーの楽しさや多様性などをより多くの日本人の方々に発信していきたいという想いでこちらのメディアを開設しました。 私自身の経験からも、コーヒーのあるライフスタイルは毎日の生活に少しの潤いを与えてくれるものだと感じています。 「コーヒーを通して、今よりほんの少しでも皆様に幸せになってもらえたら。 」 コーヒーを淹れる方、コーヒーを飲む方にとって少しでもお役に立てるような情報を発信できるよう誠意を持って運営させて頂きたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

次の

CLEVER クレバー コーヒードリッパー:珈琲(コーヒー)器具の専門店【ブランディングコーヒー】

クレバー ドリッパー

今回は浸漬法というコーヒー抽出方法に関連したトピックです。 簡単に言えば浸漬法は挽いた豆をお湯に付けおきしてコーヒーを抽出する方法で、 初心者でも安定して 味がブレずに コーヒーが淹れられると評判です。 コーヒーミルのタイムモアCの色に合わせて赤色を購入しました クレバーコーヒードリッパーは台湾発のコーヒードリッパーで、上の写真のような一見は普通のコーヒードリッパーです。 公式サイト: 以外かもしれませんが、中華圏 中国、台湾、香港 のコーヒー道具には結構魅かれるものも多くて、まめにチェックしています。 特に台湾はコーヒー好きも多そうです クレバードリッパーの概要は既に色々なサイトにあるので省きます。 取って付けたように言っているわけではなく、実際に定期的に 雲南コーヒーの果肉茶を入れています。 雲南コーヒーの生豆をよく購入していますが、購入する度におまけで付いてくるので... 味の方はコーヒーチェリーの果肉なので、酸味のあるフルーティなお茶です。 雲南コーヒーの方も酸味が特徴です... お茶は成分がコーヒーよりもシンプルなのでしょうが、濃度の濃い・薄いぐらいを気をつければ、入れ方によって味はほとんど変わらないですね... クレバーコーヒードリッパーの使用時の注意点 ようやく本題ですが、浸漬式のクレバードリッパーでは下記のようなことがよく言われています。 一方、 透過式のコーヒーの入れ方 いわゆる普通のハンドドリップ が安定しない理由に挙げられるのが、 お湯の注ぎ方です。 通常のハンドドリップのお湯の注ぎ方には蒸らし、注ぐお湯の太さ、速度、動かし方、土手を崩す・崩さない、ドリッパーを揺らす等、数々の作法があります。 これが初心者にとって、ハンドドリップでは毎回同じようにお湯を注げず、味が安定しない、良い味を作り出せない大きな要因になり易いです。 毎回同じようにコントロールするのは慣れが必要で、豆を変えたら微調整も必要になってくることもあります しかし、浸漬式にもお湯を注ぐ過程があり、実体験から上記のような 注ぎ方について触れないクレバードリッパーの説明は不十分だと思っています。 極端な例として、クレバーでも下記の動画のような入れ方をしてみると分かり易いです。 5:10~ぐらいのところがお湯を注いでいる場面です 上記は極端な例ですが、 お湯を注いでいる間、 コーヒーの粉が動けば動くほど、クレバードリッパーでも味は変わります。 味の表現は難しいですが、ここまでやると非常に雑味や苦味が強く、不味いレベルに達します... 動画中のコーヒーのことではありません…念のため 味の変化は本人の感じ方にもよるところも大きいと思いますが、クレバードリッパーを使う場合、一度、 お湯の注ぎ方の影響はぜひ自分で確認しておいた方がよいです。 これが注意点です やはり、味を安定化させたり調節する上では影響する要因を予め把握しておく必要があり、 把握していなければ 、自分では同じように入れているつもりでも 味はブレる可能性が高いです。 工業製品の品質管理手法と類似です… また、 クレバーだったらポットややかんからお湯を直接注いでも問題ないというような記載をしているサイトもありますが、私の場合は それでは味の調整は難しいかなと感じました。 最初は普通の温調付きケトルから直接注いでいましたが、コーヒー用ケトルを使うようになり、さらに面倒くさくなって コーヒー用の温調付きケトルを使うようになってしまいました... コーヒー用の温調付きケトル 右端 はかなり便利ですね。 中国製ですが使用上、全く問題ないです… コーヒー用の温調付きケトルを買う前は、電気ケトルからコーヒー用の細口のケトルにお湯を移し替えて使用していました。 基本的に面倒くさがりなので、もうそのやり方には戻れないです... 温調付きのコーヒー用ケトルはおススメです。 クレバーで味を調整する際のコツ 最後に一例として、私のクレバードリッパーでの味の調整法を紹介します。 ざっくりまとめると下記のような感じです。 豆の粒度:中挽き 自分の使用しているミルのタイムモアCでいうと27クリックぐらい• お湯の注ぎ方: 粉の真ん中付近にゆっくりとできるだけ低い位置から注ぐ。 これが基本です。 苦味やコクを増したい場合は、注ぐ際に下記の動画みたいな動きを少し取り入れています。 ただし、あまり動かさないですね。 スッキリとした味と豊かな香りをクレバーには求めているので... 浸漬時間: 4〜5分と長めです。 長めの方が浸漬法の特徴が出やすく、香りもコーヒーに移り易いです。 そのため、最近は 浸漬時間を4~5分とるのを前提で、他の条件を調整するようになりました。 ちなみに上記のように長めに浸漬するので、ドリッパーには蓋をしておくのですが、 蓋を開けた瞬間の香りは最高です。 ここが強烈過ぎて、嗅ぎすぎるとコーヒーの香りがわからなくなりますが…... 落ち着いてから嗅いでみても コーヒーの香り自体が通常のドリップより出やすいのがわかると思います。 たぶん豆がお湯と接している時間が長いので... 下の写真は蓋を外して、カップの上で抽出する様子です。 蓋をして5分放置後にドリッパーをカップにセットした状態が一番右端の写真。 クレバードリッパーを使用して気付いたこと コーヒー豆には お湯に溶けやすい成分 ただ浸漬するだけで溶けていく成分 と 溶け難い成分 粉に動きを与えないと溶け難い成分、たぶん高分子量成分 の 両方が含まれているのを、はっきりと実感できます。 たまにクレバーでいれているお茶では実感できません... コーヒー豆の香りは、 浸漬時間を長くとればとるほどコーヒーに移っていくのも実感できます。 普通のドリップでコーヒーの香りが出なくて悩んでいる人は、蒸らしや抽出の時間を長くすることも考えた方が良いのかもしれません... もし、クレバーコーヒードリッパーに興味の湧いた方は下記をチェックしてみて下さい。 現在、日本国内での取り扱いがあまり多くないようです...... 現状ではYahoo ショッピングが一番掲載が多いようです 私が使用しているのはSサイズで通常200mlぐらい注いでいます。 仕上がりは170ml程度。 上の写真が200ml注いだ状態です リンク 下記のハマ珈琲さんのように、個別のコーヒー屋さんでも取り扱っているところはあります。 以上、ご覧いただき、ありがとうございました。 以降では本ブログのコーヒー関連の他の記事を紹介しています。 よろしければどうぞ! 下記の記事では自分なりの 手動コーヒーミルの使い方を紹介しています。 焙煎したてのコーヒー豆を自分で挽くのは、一番コーヒー豆の香りを楽しめる瞬間だと思います。 クレバードリッパーで浸漬後に蓋を開けた瞬間の香りもすばらしく良いですが、挽きたての豆の香りはまた違った良さがあります。 下記の記事は現在お気に入りの Timemore タイムモア 社のコーヒーミルについての記事で、特にエントリーモデルの タイムモアCについての記事です。 クレバードリッパーにも使用して、 通常ハンドドリップに使用するぐらいの粒度であれば手にかかる負荷をほとんど感じないぐらい快適に速やかに挽けます。 下記は Timemore タイムモア の G1についての紹介記事です。 G1は同社のフラッグシップモデルに相当します。 こちらは刃をエスプレッソ向けに変更し、直火式エスプレッソメーカーに使用しています。 下記は タイムモアのミルのハンドドリップ用とエスプレッソ用の刃の違いを検証した記事です。 ここではタイムモアのG1とG1Sで比較していますが、他のモデルと刃の形状は同一なので、傾向は他のモデルにも当てはまると思います。 下記は タイムモアの SLIMというコーヒーミルについての記事で、中国の新興企業であるタイムモアのミルを、ドイツの老舗ザッセンハウスが うっかり? パクってしまったという話です。 下記は、タイムモアのコーヒーミルの 普段のメンテナンスについての記事です。 普段はほとんどブラシを使った掃き掃除しかしてないです... 下記は自宅焙煎を始めた頃の話です。 初めから 片手鍋に出会っていればとも思いますが、懐かしい思い出です。 コーヒーの自宅焙煎は慣れればコスパもよく、非常にハマると思います。 下記は片手鍋に出会う前の記事で、コーヒーの焙煎器具として煎り上手や手網を比較した記事です。 しかし、現在、 片手鍋が一番気に入っています。 下記は、コーヒーの 自宅用の焙煎器具として片手鍋を初めて知った話です。 ずいぶん遠回りしてしまいました... まさに灯台下暗しでした... 自宅焙煎に興味のある方は是非ご覧ください! 下記の記事で紹介している 片手鍋が現在焙煎に使用しているもので、上記の記事で紹介している片手鍋よりも 鍋底が薄いタイプです。 価格も安いです あっさりが特徴と言われる雲南コーヒーですが、クレバードリッパーで入れると香りも際立ってきます。 お茶感覚で何倍も飲めそうな感じに仕上がります。 ラテや食事の後によく飲んでいます。 下記はお気に入りの 直火式エスプレッソメーカーのKamira カミラ についての記事です。 クレマを上手くつくるにはコーヒーミルでの粒度調整と焙煎豆の鮮度が非常に重要です。 絶賛おススメできるマキネッタです!) 下記はカミラのフィルターホルダーへのコーヒーの充填性を改善するために、 なんちゃってファンネルをつくった話です。 zhenshux.

次の

クレバードリッパー|ドリッパー・フィルター|コーヒー器具|コーヒー豆の通販なら【HAMACOFFEE[onlineshop]】

クレバー ドリッパー

間違いなくクレバーの仕組みを参考にした製品であるが、浸漬法で抽出する器具を作ろうと思えば大抵同じ構造(排出部に弁を付ける)になるはずだから、似ていて当然。 コーヒー豆の産地や収穫法による個性(キャラクター)や、品質がより鮮明に表れやすい浸漬法は近年のスペシャルティコーヒー市場と非常に相性が良い抽出法。 HARIOスイッチの特徴をまとめると以下のとおり• フィルターコーヒーよりも豆の特徴をしっかり抽出• 油分や雑味をペーパーにより除去• 再現性が高く毎回安定した抽出が可能• 忙しい朝などお湯に浸している待ち時間に他の作業ができる• スイッチ機能が秀逸 浸漬法と透過法の違いについて HARIOスイッチやクレバーは下記に示した フレンチプレスとペーパーフィルタードリップの両者による抽出利点を享受し、それぞれの欠点を解消したハイブリッド器具と言える。 コーヒー抽出方法 ・フレンチプレス(浸漬法) 粉と湯の浸漬時間をコントロールすることが可能。 豆と湯の触れる時間が長いためコーヒー豆が持つ特徴をしっかり抽出できる。 その反面、油分まで多く抽出してしまうため、雑味も出やすく鮮度の良い豆を選ぶことが重要。 また僅かではあるが、粉がプレス網をすり抜けるため飲み口は粉っぽくなる。 また、掃除は比較的面倒だ。 ・フィルタードリップ(透過法) 最も一般的なペーパーフィルターでは、紙で濾過するため粉っぽさは無いが、粉と湯の接触時間が短いためかなりクリーンな味わいに。 浸漬時間は無く、透過させる時間をドリップテクニックにより制御する。 そのため安定した抽出は難しい。 ハリオV60のガラスドリッパー コーヒー好きなら誰しもが知っているであろうHARIOのV60ガラスドリッパー。 美しく洗練されたスパイラルリブのデザイン。 このドリッパーで浸漬式抽出できるというだけでもHARIOを選択する人は多いのではないだろうか。 浸漬させてしまうので、実際にはこのリブ形状である必要性は無いけどデザイン重視ってことで サイズは1-4杯用が採用されており、もちろん通常の透過法としての使用も可能となっているのは嬉しい。 スイッチを押すとパチンコ玉を下から突き上げて、隙間が生じて排出される仕組み。 このプラスチック部が、だいぶチープな感じなのが気になる…。 HARIOの取扱説明書の2分では短すぎて浸漬の良さが発揮できない。 4分〜6分ほど浸漬できると、旨味を十分に溶け込んだ浸漬法ならではのコーヒーを愉しめる。 焙煎度や挽き具合によって異なるベストな時間を探してみよう 湯を投入 透過法のドリップのような 蒸らしは不要。 撹拌させるように一気に必要湯量を投下する。 投入時の撹拌が不足していれば、スプーン等で優しく撹拌。 また1〜2分後に粉が浮いてくので、上澄みをかき混ぜてあげるとよい。 4〜6分経過後 スイッチを押さなければ、この状態でも一切漏れてこない。 時間が経過したら、シリコンゴム部分をしっかりと握ってサーバーへのせてスイッチをONすれば抽出完了。 スパイラルリブの影響で、クレバーと比較すると落ちる速度が早い。 クレバー(Clever)との比較 HARIOスイッチが発表された際に、まず感じたのが 『温度』についてである。 クレバーやフレンチプレスにみられる浸漬法は、 数分間の浸漬時間があるためコーヒーの温度が冷めやすいのがデメリット。 クレバーでは蓋の使用は必須となるが、HARIOスイッチにはそれが無い。 結論を言うとこれはHARIOスイッチのミステイクだろう。 コーヒーを扱うプロであれば、冷めたコーヒーはもとより、顧客のマウスに運ぶまでの大きな温度変化は避けたいところ。 デザイン性との兼ね合いもあったのかもしれないが、蓋をつけていないのは非常に残念。 Clever(クレバー)の洗練された使い心地 HARIOスイッチの円錐形のペーパーフィルターよりも、クレバーに用いられる台形型の方が、湯と粉が接しやすく重なりが少ない(撹拌もされやすい)。 この蓋があるのと無いのとでは、抽出後の美味しさには少なくない差が生じる。 これで抽出前後の温度差を抑えて、コーヒーの味への影響も少なくできる。 【追記:2019. 20】 保温性の高いサーバーを使う この記事をみてくださったRED POISON COFFEE ROASTERSの森藤オーナーより貴重なアドバイスを頂けた。 レッドポイズンではクレバー抽出の際、一般的なガラスサーバーでは無く 真空断熱二重構造のステンレス製コーヒーサーバーを使用。 このHARIO社のV60保温ステンレスサーバーは熱の流出が高いレベルで抑えられるとのこと。 RED POISON COFFEEでは浸漬時間を長めにとる浅煎り豆ではクレバーに蓋をして抽出するが、それ以外では熱くなりすぎないように蓋を外した状態で抽出をしているとのこと。 これがプロの仕事だね。 温度低下を抑えるためにHARIOスイッチに同じHARIO社の真空断熱二重構造のステンレス製コーヒーサーバーを用いるのも有効な改善策となろう。 真空断熱二重構造のステンレス製サーバー click• まとめ 冒頭の質問に対する答えだが、味と扱い易さを重視するならばクレバーに軍配が上がるだろう。 クレバーが長年にわたり、浸漬式ドリッパー市場で勝ち続けている理由を改めて理解できた。 デザイン性はどうだろうか?シリコン部分のサイズ、プラスチック部品など、もう少し美しく作れたように思うが、HARIOスイッチを好む人が多そうだ。 先日Cleverを開発した台湾のhandy brew社の方とお話する機会があった。 その際に2つほど質問をしてみた。 こんなに素晴らしい器具だが、なぜ日本ではバリエーションが少ないのか?安価なのは結構だが高価格でもう少し洗練されたモデルなどは作らないのか? 回答として「カラーバリエーションはオーダーで応えられるが最小受注ロットが大きいため、ベーシックカラーしか出回らない。 Newモデルも作っているが、当初モデルの人気を取って代わるものには育っていない」とのことであった。 デビューシングルが大ヒットした後、その実績を超えられずに苛まれている歌手みたいな感じかな。 まあクレバーひとつで食べていけるだろうし ハンドドリップほどのテクニックは不要で、美味しい豆さえ用意すれば誰にでも簡単にプロの味を再現できる。 浸漬式のドリッパー市場はまだまだ成長できると思う。 今後さらに器具が改良・開発されて、Coffeeloversを愉しませてくれることを期待したい。

次の