鬼滅の刃生存。 鬼滅の刃しのぶが復活!?吸収された後に生存していた?ネタバレ考察!

鬼滅の刃|胡蝶しのぶの生存説が出た理由とは?月がきれいですねの意味も考察

鬼滅の刃生存

鬼滅の刃の未回収の伏線一覧 鬼滅の刃の未回収の伏線を以下にまとめます。 炭治郎と青い彼岸花 無惨は唯一の弱点である太陽を克服するために「青い彼岸花」を日本中隈なく探しても見つからなかったと15巻127話で明かしています。 この遥か前の5巻39話内、炭治郎の走馬灯で彼岸花が映っています。 アニメでもすでにこのシーンが登場していますが、彼岸花はなんとカットされているのです。 カラーで映像が映るため、 意図的にカットされたのではないかと私は考えています。 物語がほとんど進んでいない炭治郎の回想の中で「青い彼岸花」を映してしまっては伏線が台無しになってしまいます。 実は炭治郎は「青い彼岸花」がなんなのか知っており、一時とは言え無惨と精神を共有したことでその存在をはっきり思い出し語ってくれるかもしれません。 188話過去の回想では、蛇鬼に付き従う一族の中で370年間生まれなかった唯一の男児が小芭内と分かりました。 オッドアイになる原因としては、両親のそれぞれ目の色を受け継ぐ場合があります。 目の色が金色の鬼は、手毬鬼の朱紗丸など何人かいます。 こう考えると小芭内が鬼と人間のハーフであったと想像できます。 また彼岸花の別名が「蛇の花」ということもあり、蛇柱である 彼自身が「青い彼岸花」だったのではないかという説が浮かんでいます。 愈史郎生存のその後 203話で人間に戻った炭治郎を確認して安堵の涙を流す愈史郎。 無惨が死んでも消滅しなかった彼は、珠世が作った鬼なので生存できたとも言えますが、無惨の血が炭治郎の中で完全に消滅していない証拠とも考えられます。 無惨復活や第二の鬼の始祖登場のの伏線だとしたら鳥肌が立ちます。 もし愈史郎が人間に戻りたい意思があるならば、珠世が作った人間に戻す薬はもうありませんので彼が 「青い彼岸花」を探しに行く物語が成立します。 炭治郎が愈史郎の旅についていく展開など来たら面白いですね。 医者の素性 青い彼岸花の話と並んで、よく取りざたされるのが無惨を鬼にした「医者」の素性です。 鬼の始祖である無惨も元々は平安時代に暮らしていた人間でした。 しかし、無惨の一族は代々病弱だったそうで、無惨も例外ではなかったようで、その治療にあたっていたのが「善良な医者」と呼ばれる存在です。 そして、この医者が無惨に与えた「生き長らえさせるための薬」が発端となって、無惨は鬼化することとなりました。 なので、ある意味この医者が全ての鬼の元凶と言えるわけですが、この医者が何者なのかという点について詳しくは触れられていません。 ただのモブキャラであるという可能性もありえますが、結構重要な秘密を抱えているキャラクターのようにも思えます。 今後、物語の中で触れられてくるのか注目したいところです。 ちなみに、この医者は「薬が効いてない」と勘違いした無惨によって殺されてしまっています。 痣のデメリットと克服方法 鬼に匹敵するほどの力を発揮できる痣を発現したものは例外なく25歳で死ぬというデメリットがあります。 緑壱がデメリットを克服して老人になるまで生き延びていたころが判明していますが、克服方法については分かっていません。 痣持ちで生存確定しているのは炭治郎・義勇・実弥の3人です。 21歳の義勇と実弥が4年後も生きていられるようになんとしてもこの伏線は回収してほしいに願っています。 また、痣のデメリット克服には 「透き通る世界」と「赫刀」がカギになっていると私は感じています。 なぜなら、緑壱の他に痣を出しながら25歳を超えてもいきていた人物として炭治郎の父炭十郎がいるからです。 炭十郎は単なる木こりでありながら日の呼吸の12ある型すべてマスターし「透き通る世界」を見ることができていました。 これは緑壱も同じ条件をクリアしていてかつ「赫刀」を長く保てます。 多くの犠牲を払ってやっと無惨を倒した炭治郎たちには、鬼のいなくなった平和で世界でぜひ痣のデメリットを克服して長生きできるように吾峠先生にはデメリット克服を示唆してほしいものです。 生存者は誰なのか? 203話時点で生存がはっきり確認できていないのが小芭内と蜜璃です。 200話で互いに体を寄せ合い死を予感しているセリフを掛け合っていました。 しかし、その後死亡を誰かが確認した描写がまったくありません。 そのため、この二人は死亡したものと思われていますが、本当に死んでしまっていたらあまりにも悲しすぎます。 私の希望的観測で蜜璃の強靭な体のおかげで運よく生き残り、蜜璃を一人にさせないために小芭内も生き残るに賭けています。 一方で、203話炭治郎と無惨のやりとりのなかで非常に気になるコマがひとつあります。 炭治郎の深層心理を現実に戻すようなシーンで、鬼のままであるように説得する無惨から炭治郎を助けるために、炭治郎の背中をすでに亡くなっている煉獄などの手が押しているコマです。 右から煉獄、悲鳴嶼、玄弥、しのぶ、そして小芭内の手だとわかります。 その次が分かりにくいですが、だぼっとした感じの隊服は無一郎です。 最後の一人が白い羽織が見えるので蜜璃であると言えます。 小芭内と蜜璃以外はすべて死亡が確定しているキャラとなっており、二人が死んでいるのはかなり濃厚なことを示しているコマで心がえぐられるシーンでした。 鬼滅の刃 未回収の伏線まとめ 鬼滅の刃で回収された居ない伏線は、炭治郎・伊黒小芭内と青い彼岸花、愈史郎生存の理由、医者の素性、痣のデメリット克服方法、そして小芭内・蜜璃生存の有無です。 これらの伏線が回収されて完結を迎えるのか、あるいは伏線を回収しつつ第二の敵が現れて話が続いていくのか毎話見逃せない作品です。 個人的には続編があってまだまだ鬼滅という話を楽しむことができたらと思っています。 他にも伏線っぽいものがあれば、是非コメントで教えてください!•

次の

鬼滅の刃しのぶが復活!?吸収された後に生存していた?ネタバレ考察!

鬼滅の刃生存

クリックで ジャンプ• 富岡義勇 とみおかぎゆう の現状 「水柱」の富岡義勇は第「202話 帰ろう 」時点では生存しています。 とは言え、 義勇の状態はかなり危険だと言えます。 なぜなら、 無 惨の攻撃から伊之助達を守る際に右腕を失ったからです。 その他にも、義勇は全身に大きなダメージが負っているので、 かなり死亡する確率が高い柱だと言えます。 第202話「帰ろう」でしたことにより、義勇は再び戦闘を強いられるかもしれませんしね。 今後の展開に注目です。 胡蝶しのぶ こちょうしのぶ の現状 「蟲柱」の胡蝶しのぶは、 上弦の弐「童磨 どうま 」との戦いの最中に死亡しています。 しのぶは童磨を倒すために、 「あえて喰われる」という戦略を取りました。 具体的には、戦闘に入る前に自らの体内に高濃度の藤の花の毒を巡らせる」という戦略です。 なぜこのような戦略を立てたのかと言うと、しのぶは童磨と「普通に戦っても勝てない」と戦う前から既に認識していたからです。 この戦略が見事に功を奏し、しのぶは童磨に決定的なダメージを与える事に成功しています。 最後はしのぶの継子 つぐこ である「栗花落カナヲ」がとどめを刺しました。 胡蝶しのぶが死亡した理由・シーンに関しては「」でも詳しく解説しているので合わせてどうぞ。 煉獄杏寿郎 れんごくきょうじゅろう の現状 「炎柱」の煉獄杏寿郎は、 上弦の参「猗窩座 あかざ 」との戦いに敗れ死亡しています。 ことの成り行きは、地獄列車を乗っ取った「魘夢 えんむ 」を倒した直後に起こります。 一向のもとに突如、上弦の参である「猗窩座 あかざ 」が登場。 炭治郎達 かまぼこ隊 は怪我を負っていたので、先輩である煉獄杏寿郎は1人戦うことに。 極めて接戦ではありましたが、猗窩座の攻撃が煉獄杏寿郎の腹部を貫通してしまいます。 この腹部に受けたダメージが死亡を決定づけました。 煉獄杏寿郎の死亡した理由・死亡シーンについては「」でも詳しく解説しているので合わせてどうぞ。 宇髄天元 うずいてんげん の現状 「音柱」の宇髄天元は「」にて活躍した柱。 宇髄天元は、上弦の陸「堕姫 だき &妓夫太郎 ぎゅうたろう 」との戦いにより重傷を負いますが生存しています。 とは言え、左腕切断、左目失明の重傷を背負ったので、今後柱として鬼と戦う場面は見られないでしょう。 現に、 宇髄天元は遊郭での戦いが終わったあと、柱を引退宣言をしています。 その後は煉獄杏寿郎の父 元柱 「槇寿郎(しんじゅろう)」とともに、親方様「産屋敷輝 うぶやしきかがや 」の護衛に回っています。 なお、宇髄天元が活躍した【遊郭編】の情報に関しては「」をご覧ください。 時透無一郎 ときとうむいちろう の現状 「霞柱」の時透無一郎は、 上弦の壱「黒死牟 こくしぼう 」との戦いの最中に死亡しました。 死亡の決め手となったダメージは胴体を真っ2つにされてしまったこと。 かなり一方的な展開ではありましたが、とは言え、無一郎は無駄死にしたわけではありません。 最後のシーンでは、 黒死牟の懐に飛び込み、大きなダメージを与えています。 その際、片腕1本で日輪刀を「赫刀化」させるなど、数々の見せ場を作りました。 最後は、悲鳴嶼行冥・不死川実弥の2人が黒死牟にとどめを刺しています。 時透無一郎が死亡した理由・死亡シーンに関しては「」でも詳しく解説しています。 甘露寺蜜璃 かんろじみつり の現状 「恋柱」の甘露寺蜜璃は、 鬼舞辻無惨との戦いにより死亡しています。 死亡の要因は鬼舞辻無惨の攻撃によるもの。 甘露寺蜜璃は無惨の攻撃を上手くかわしながら初めは戦っていましたが、突如無惨の攻撃の軌道が変わり、 ダメージを受けてしまいます。 その後、手当てされ一時的に回復しましたが、炭治郎の援護に回った際、再び無惨の攻撃を受けてしまいます。 甘露寺蜜璃の死亡要因は、無惨からの ダメージの蓄積だと言えます。 最後は恋愛関係にあった伊黒小芭内の腕の中でそっと息を引き取ります。 甘露寺蜜璃が死亡した理由、死亡シーンに関しては「」でも詳しく解説しています。 不死川実弥 しなずがわさねみ の現状 「風柱」の不死川実弥は、無惨戦で大きなダメージを負いましたが、 ギリギリのところで生き残りました。 とは言え、不死川実弥が背負っているダメージは誰よりも深刻なので、現状だと、 1番死亡する確率が高い柱だと考えてまず間違いありません。 不死川実弥は、腹を切られている上に指を2本切断されています。 黒死牟との戦いでもかなりダメージを受けていたので、今後もし戦いが始まっても戦闘に加わることは不可能でしょう。 追記:不死川実弥の生存が確定しました。 無惨との戦いは完結したため、不死川実弥は最後まで生き延びた柱の1人です。 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめい の現状 「岩柱」の悲鳴嶼行冥は、 鬼舞辻無惨との戦いが終わったあと死亡しました。 悲鳴嶼行冥は、上弦の壱「黒死牟」を不死川実弥とともに撃破しましたが、その後の無惨との戦闘中に左足を切断されてしまいます。 この「左足切断」というダメージが、悲鳴を死亡させた決定的な要因だと言えます。 その後も残された右足のみで 「無惨の逃亡を食い止める」などの活躍を見せましたが、無惨が消えて無くなるのと同時に悲鳴も力尽きます。 何とか悲鳴を助けようと鬼殺隊の「隠」が薬を使おうとしましたが 「他のものに使って欲しい」と最後の最後まで悲鳴は優しさを貫き通しました。 なお、悲鳴嶼行冥が見た「走馬灯」は、裏切られた寺の子供たちに迎えられるシーンです。 伊黒小芭内 いぐろおばない の現状 「蛇柱」の伊黒小芭内は、 鬼舞辻無惨戦が終わったあとに死亡しています。 なぜ伊黒が死亡したのかと言いますと、甘露寺蜜璃や悲鳴嶼行冥同様、無惨から深いダメージを受けたからです。 具体的には、無惨の攻撃で両目を失明、全身に深い傷を負っています。 しかし、伊黒は無惨戦で「痣」を出現させたり、日輪刀を「 赫刀化」させるなど、大いに活躍を見せた柱でした。 伊黒は無惨戦以外ではほぼ見せ場がない柱だったので、吾峠呼世晴さんもここぞとばかりに伊黒を登場させていましたね。 そんな伊黒ですが、最後は想いを寄せていた甘露寺に好きだと伝えて死亡します。 このシーンはとしてファンの間でも語り継がれているので必見です。 鬼滅の刃の柱は誰が死亡した?現状確認まとめ 本記事では鬼滅の刃に登場する柱の 【死亡状況】についてご紹介してきました。 それではまとめです。

次の

鬼滅の刃の未回収の伏線まとめ!青い彼岸花の他にも多数存在

鬼滅の刃生存

鬼滅の刃の未回収の伏線一覧 鬼滅の刃の未回収の伏線を以下にまとめます。 炭治郎と青い彼岸花 無惨は唯一の弱点である太陽を克服するために「青い彼岸花」を日本中隈なく探しても見つからなかったと15巻127話で明かしています。 この遥か前の5巻39話内、炭治郎の走馬灯で彼岸花が映っています。 アニメでもすでにこのシーンが登場していますが、彼岸花はなんとカットされているのです。 カラーで映像が映るため、 意図的にカットされたのではないかと私は考えています。 物語がほとんど進んでいない炭治郎の回想の中で「青い彼岸花」を映してしまっては伏線が台無しになってしまいます。 実は炭治郎は「青い彼岸花」がなんなのか知っており、一時とは言え無惨と精神を共有したことでその存在をはっきり思い出し語ってくれるかもしれません。 188話過去の回想では、蛇鬼に付き従う一族の中で370年間生まれなかった唯一の男児が小芭内と分かりました。 オッドアイになる原因としては、両親のそれぞれ目の色を受け継ぐ場合があります。 目の色が金色の鬼は、手毬鬼の朱紗丸など何人かいます。 こう考えると小芭内が鬼と人間のハーフであったと想像できます。 また彼岸花の別名が「蛇の花」ということもあり、蛇柱である 彼自身が「青い彼岸花」だったのではないかという説が浮かんでいます。 愈史郎生存のその後 203話で人間に戻った炭治郎を確認して安堵の涙を流す愈史郎。 無惨が死んでも消滅しなかった彼は、珠世が作った鬼なので生存できたとも言えますが、無惨の血が炭治郎の中で完全に消滅していない証拠とも考えられます。 無惨復活や第二の鬼の始祖登場のの伏線だとしたら鳥肌が立ちます。 もし愈史郎が人間に戻りたい意思があるならば、珠世が作った人間に戻す薬はもうありませんので彼が 「青い彼岸花」を探しに行く物語が成立します。 炭治郎が愈史郎の旅についていく展開など来たら面白いですね。 医者の素性 青い彼岸花の話と並んで、よく取りざたされるのが無惨を鬼にした「医者」の素性です。 鬼の始祖である無惨も元々は平安時代に暮らしていた人間でした。 しかし、無惨の一族は代々病弱だったそうで、無惨も例外ではなかったようで、その治療にあたっていたのが「善良な医者」と呼ばれる存在です。 そして、この医者が無惨に与えた「生き長らえさせるための薬」が発端となって、無惨は鬼化することとなりました。 なので、ある意味この医者が全ての鬼の元凶と言えるわけですが、この医者が何者なのかという点について詳しくは触れられていません。 ただのモブキャラであるという可能性もありえますが、結構重要な秘密を抱えているキャラクターのようにも思えます。 今後、物語の中で触れられてくるのか注目したいところです。 ちなみに、この医者は「薬が効いてない」と勘違いした無惨によって殺されてしまっています。 痣のデメリットと克服方法 鬼に匹敵するほどの力を発揮できる痣を発現したものは例外なく25歳で死ぬというデメリットがあります。 緑壱がデメリットを克服して老人になるまで生き延びていたころが判明していますが、克服方法については分かっていません。 痣持ちで生存確定しているのは炭治郎・義勇・実弥の3人です。 21歳の義勇と実弥が4年後も生きていられるようになんとしてもこの伏線は回収してほしいに願っています。 また、痣のデメリット克服には 「透き通る世界」と「赫刀」がカギになっていると私は感じています。 なぜなら、緑壱の他に痣を出しながら25歳を超えてもいきていた人物として炭治郎の父炭十郎がいるからです。 炭十郎は単なる木こりでありながら日の呼吸の12ある型すべてマスターし「透き通る世界」を見ることができていました。 これは緑壱も同じ条件をクリアしていてかつ「赫刀」を長く保てます。 多くの犠牲を払ってやっと無惨を倒した炭治郎たちには、鬼のいなくなった平和で世界でぜひ痣のデメリットを克服して長生きできるように吾峠先生にはデメリット克服を示唆してほしいものです。 生存者は誰なのか? 203話時点で生存がはっきり確認できていないのが小芭内と蜜璃です。 200話で互いに体を寄せ合い死を予感しているセリフを掛け合っていました。 しかし、その後死亡を誰かが確認した描写がまったくありません。 そのため、この二人は死亡したものと思われていますが、本当に死んでしまっていたらあまりにも悲しすぎます。 私の希望的観測で蜜璃の強靭な体のおかげで運よく生き残り、蜜璃を一人にさせないために小芭内も生き残るに賭けています。 一方で、203話炭治郎と無惨のやりとりのなかで非常に気になるコマがひとつあります。 炭治郎の深層心理を現実に戻すようなシーンで、鬼のままであるように説得する無惨から炭治郎を助けるために、炭治郎の背中をすでに亡くなっている煉獄などの手が押しているコマです。 右から煉獄、悲鳴嶼、玄弥、しのぶ、そして小芭内の手だとわかります。 その次が分かりにくいですが、だぼっとした感じの隊服は無一郎です。 最後の一人が白い羽織が見えるので蜜璃であると言えます。 小芭内と蜜璃以外はすべて死亡が確定しているキャラとなっており、二人が死んでいるのはかなり濃厚なことを示しているコマで心がえぐられるシーンでした。 鬼滅の刃 未回収の伏線まとめ 鬼滅の刃で回収された居ない伏線は、炭治郎・伊黒小芭内と青い彼岸花、愈史郎生存の理由、医者の素性、痣のデメリット克服方法、そして小芭内・蜜璃生存の有無です。 これらの伏線が回収されて完結を迎えるのか、あるいは伏線を回収しつつ第二の敵が現れて話が続いていくのか毎話見逃せない作品です。 個人的には続編があってまだまだ鬼滅という話を楽しむことができたらと思っています。 他にも伏線っぽいものがあれば、是非コメントで教えてください!•

次の