しむら 宜野湾。 志村亭

普天間問題の行方左右 宜野湾市長選立候補予定者2人に聞く

しむら 宜野湾

NHK沖縄放送局は<翁長知事と志村候補が二人三脚で「個別訪問」をしたのは、「公職選挙法に抵触しないと判断して放送した」>と言っている。 しかし実態は「投票依頼のための戸別訪問」であり、明らかに公職選挙法に抵触する。 とすればNHK沖縄放送局は事実誤認により放送してしまったが、事実を正確に認識していれば「公職選挙法違反の報道」をしなかった、ということか? つまり犯罪と正確に認識できていれば「翁長知事と志村候補」が不利になるような報道はしなかった、ということか? もしそうであれば特定の信条に基づき犯罪を隠蔽しようとした可能性があった、ということか? かつNHK沖縄放送局は不当な圧力をかけている。 そうであるならば大問題ではないか? いずれにしてもNHKは自ら墓穴を掘ってしまった、ということか? 正体現したNHK 2016-01-25 17:26:36 普天間移設 今朝のエントリーの最後を次のように結んだ。 選挙に負けたからと言って、「公職選挙法違反」が帳消しになるわけではない。 違反は違反。 罪は罪である。 今後の県警の対応に要注目である。 警察が動き出す前に、「証拠の映像」を放映したNHKが動き出した! 沖縄2紙と足並み揃え、偏向報道の限りを尽くしてきたNHK沖縄が、ついにその正体を現したのだ。 県警に告発状を提出した「県内の民間選挙監視団体の男性」(産経新聞)に対し、NHK沖縄から脅しとも取れる電話が入ったという。 NHKが言うには、翁長知事と志村候補が二人三脚で「個別訪問」をしたのは、「公職選挙法に抵触しないと判断して放送した」とのこと。 したがって、公職選挙法違反とのネットの書き込みは訂正せよ、というのだ。 語るに落ちるとは、このことだ。 NHKがこれまで偏向報道を垂れ流してきた何よりの証拠ではないか。 これまで「反戦平和は免罪符」として、平気で「選挙違反の映像」を公選法には「抵触しないと判断して」放映してきたことを自白したようなものだ。 NHKは警察でもなければ裁判官でもない。 勝手に法令解釈ができる神でもない。 それにネット上の文言に修正を求めるとは言論封殺そのものではないか。 (怒) 県警に告発状を提出した「県内の民間選挙監視団体の男性」の独白を紹介しよう。 選挙期間中においては影響が出ることを考慮し公開をしませんでしたが 選挙が終了したので取材で得た資料を公開します。 沖縄の新聞は一切報道しておりませんが、志村恵一郎氏、翁長雄志氏 両氏は公選法の「戸別訪問の禁止」に違反しているとして告発されています。 先日(選挙期間中)NHK沖縄放送局の幹部から電話が入りました。 「君は当放送局が流した映像を公選法違反の証拠として書いたことでネット上ではそのような書き込みが増えている、当方としては公選法に抵触しないと判断をして放送した、よって君の書いたことをそのように修正してくれないか。 」 私は答えました。 「NHKがそう判断されたのであれば、それはそれでいいと思います、しかしどう判断するかは受け手側に委ねられているのではないでしょうか? 当然ですが問題はないと思う視聴者もいれば問題ありと思う視聴者もいる、発信側の判断基準を受け手側に押し付けることは圧力ですよ、またネット住民の判断まで私がコントロールは出来ません、そもそもこれは違法かどうかはあなた方や私が決めることではなく警察が判断することです、どうしますか? 私は書いてもいいですよ」と返すと 「上の者と相談してから電話する」と言ったきり返信はありません。 連絡するといって無しのつぶてです。 よって公開させていただきます。 今回の案件は大きな問題をはらんでいます。 公選法に抵触するかしないかを判断するのはNHKではありません。 警察です。 もし告発が正式に受理され捜査が開始され、被告発人だけでなく同行した某自称ジャーナリスト氏などにも事情聴取が行われ、公選法違反と判断された場合、NHK沖縄放送局は公選法違反を違反ではないと勝手に解釈して報道を行い地上波で県民に広く流布させたという放送倫理に抵触する重大なミスを犯したことになります。 今回の案件は当事者の公選法違反だけでなく、NHKの放送倫理にまで影響を及ぼしかねないものに発展しそうです。 【動画】 【宜野湾市長選挙】 志村候補と翁長知事、二人三脚の戸別訪問.

次の

宜野湾浄水場裏|Okinawa Non

しむら 宜野湾

宜野湾市長選は24日午後8時、投票が終了した。 開票は午後9時から行われ、午後11時ごろまでには当落が決まる見通し。 午後7時半時点の投票率は45.09%。 当日の有権者数は7万2526人(男性3万4721人-、女性3万7805人)。 期日前投票は1万4256人(男性6365人、女性7891人)で前回の2・2倍。 当日有権者数に占める割合は19・7%となっている。 米軍普天間飛行場問題の今後に影響を与えるとされる今回のは、政府、与党の全面支援を受け再選を目指す現職の佐喜真淳氏(51)=自民、公明推薦=と、翁長雄志知事を中心に「オール沖縄」勢力が基盤の元県幹部職員で新人の志村恵一郎氏(63)の無所属2氏による一騎打ち。 <宜野湾市長選 立候補者> 佐喜真淳氏(さきま・あつし) 1964年8月生まれ、市真志喜出身。 千葉商科大卒。 市議2期、県議2期を経て2012年に市長に初当選した。 志村恵一郎氏(しむら・けいいちろう) 1952年7月生まれ、市普天間出身。 日大卒。 県建築都市統括監などを経て2013~15年NPO法人副理事長。

次の

佐喜真、志村氏が論戦展開 宜野湾市長選公開討論会

しむら 宜野湾

NHK沖縄放送局は<翁長知事と志村候補が二人三脚で「個別訪問」をしたのは、「公職選挙法に抵触しないと判断して放送した」>と言っている。 しかし実態は「投票依頼のための戸別訪問」であり、明らかに公職選挙法に抵触する。 とすればNHK沖縄放送局は事実誤認により放送してしまったが、事実を正確に認識していれば「公職選挙法違反の報道」をしなかった、ということか? つまり犯罪と正確に認識できていれば「翁長知事と志村候補」が不利になるような報道はしなかった、ということか? もしそうであれば特定の信条に基づき犯罪を隠蔽しようとした可能性があった、ということか? かつNHK沖縄放送局は不当な圧力をかけている。 そうであるならば大問題ではないか? いずれにしてもNHKは自ら墓穴を掘ってしまった、ということか? 正体現したNHK 2016-01-25 17:26:36 普天間移設 今朝のエントリーの最後を次のように結んだ。 選挙に負けたからと言って、「公職選挙法違反」が帳消しになるわけではない。 違反は違反。 罪は罪である。 今後の県警の対応に要注目である。 警察が動き出す前に、「証拠の映像」を放映したNHKが動き出した! 沖縄2紙と足並み揃え、偏向報道の限りを尽くしてきたNHK沖縄が、ついにその正体を現したのだ。 県警に告発状を提出した「県内の民間選挙監視団体の男性」(産経新聞)に対し、NHK沖縄から脅しとも取れる電話が入ったという。 NHKが言うには、翁長知事と志村候補が二人三脚で「個別訪問」をしたのは、「公職選挙法に抵触しないと判断して放送した」とのこと。 したがって、公職選挙法違反とのネットの書き込みは訂正せよ、というのだ。 語るに落ちるとは、このことだ。 NHKがこれまで偏向報道を垂れ流してきた何よりの証拠ではないか。 これまで「反戦平和は免罪符」として、平気で「選挙違反の映像」を公選法には「抵触しないと判断して」放映してきたことを自白したようなものだ。 NHKは警察でもなければ裁判官でもない。 勝手に法令解釈ができる神でもない。 それにネット上の文言に修正を求めるとは言論封殺そのものではないか。 (怒) 県警に告発状を提出した「県内の民間選挙監視団体の男性」の独白を紹介しよう。 選挙期間中においては影響が出ることを考慮し公開をしませんでしたが 選挙が終了したので取材で得た資料を公開します。 沖縄の新聞は一切報道しておりませんが、志村恵一郎氏、翁長雄志氏 両氏は公選法の「戸別訪問の禁止」に違反しているとして告発されています。 先日(選挙期間中)NHK沖縄放送局の幹部から電話が入りました。 「君は当放送局が流した映像を公選法違反の証拠として書いたことでネット上ではそのような書き込みが増えている、当方としては公選法に抵触しないと判断をして放送した、よって君の書いたことをそのように修正してくれないか。 」 私は答えました。 「NHKがそう判断されたのであれば、それはそれでいいと思います、しかしどう判断するかは受け手側に委ねられているのではないでしょうか? 当然ですが問題はないと思う視聴者もいれば問題ありと思う視聴者もいる、発信側の判断基準を受け手側に押し付けることは圧力ですよ、またネット住民の判断まで私がコントロールは出来ません、そもそもこれは違法かどうかはあなた方や私が決めることではなく警察が判断することです、どうしますか? 私は書いてもいいですよ」と返すと 「上の者と相談してから電話する」と言ったきり返信はありません。 連絡するといって無しのつぶてです。 よって公開させていただきます。 今回の案件は大きな問題をはらんでいます。 公選法に抵触するかしないかを判断するのはNHKではありません。 警察です。 もし告発が正式に受理され捜査が開始され、被告発人だけでなく同行した某自称ジャーナリスト氏などにも事情聴取が行われ、公選法違反と判断された場合、NHK沖縄放送局は公選法違反を違反ではないと勝手に解釈して報道を行い地上波で県民に広く流布させたという放送倫理に抵触する重大なミスを犯したことになります。 今回の案件は当事者の公選法違反だけでなく、NHKの放送倫理にまで影響を及ぼしかねないものに発展しそうです。 知名度で劣る志村候補ですが、強力な応援を得て支持の拡大に頑張っています。 両候補がっぷり4つに組んだ今回の選挙戦 互いに公選法を遵守した戦いを続けていってほしいと思います。 もっと見る すべてのコメント 20 公開コメントを追加... 評価順 てどこんボギー 3 日前 シムラさんの選対関係者は、「街宣活動の途中に知り合いのところに顔を出すことはよくあり、違法なものではないと考えている」とのことです。 公職選挙法は戸別訪問そのものを禁じており、知り合いだから許されるという除外項目はありません。 日本のためにも、辞めてくれ。 選挙違反に疎い小生は正直なところ、問題の意味がわからなかった。 しかし、ブログを読み進み動画を進めていくにつれてその意味が理解できた。 戸別訪問は明らかに選挙違反である。 例えそれが時の為政者によって行われても例外はない。 思案の末、宜野湾選挙管理委員会に電話したが、既に何件か電話があったのか、 「選挙違反か否かの判断は警察がするので」と素っ気なかった。 こりゃ話を真剣に聞く気がないなと判断し、宜野湾警察に電話を掛け直した。 NHKでこんな映像が流れて選挙法違反ですねと尋ねたら なんだかスッキリしない返答で、動画を観て選挙法違反か否か審議中との返答。 なんかごまされるんじゃないかと数分「違反だ」「それはまだ断定できない」などのような押し問答を繰り返したが、埒が明かないので切った。 沖縄県警に電話してもどうせまた似たようなもんだろうと判断し、 警視庁に電話したら土曜日で相談窓口?が受付時間外であった。 しょうがないから産経新聞の沖縄支局にタレこむともう先に告発が有ったらしい。 全国版記事をネット検索したところその告発に関する記事があった。 選挙の結果は、しむら候補の敗北で終ったが、今後の展開が問題だ。 うやむやにされて揉み消されたら県民から不満の声が上がるだろう。 恐らくこの放送見た人は 市民「いや、志村さん、頑張っているな、よし、この人に入れよう。 」と思っているだろう。 まあ、県民の大半は、 極左琉球新報、沖縄タイムズに操られる愚かな県民だから、結果は見えている。 反対派大圧勝、容認派大敗北は確定だろう。 まあ、こうならない事を望む。 これで、米軍自衛隊排除、人民解放軍沖縄上陸 、琉球自治区成立阻止への、第一歩、沖縄保守勢力の反撃体制が築かれたわけです しかし。 まだ油断はできません。 残りの、沖縄各重要選挙、及び本番の参議院選挙もあります。 本当の戦いはここからです。 映像まで残ってるから言い逃れできないな。 翁長知事が公職選挙法違反をしています。 それがNHKで放映されていますが、逮捕されないのは何故ですか? 2016年1月21日 選挙期間中に知事が候補者と一緒になって有権者の家(事務所)の中にまで入りシムラ氏への支援を要請。 そのようすを、なんとNHKが放送していました。 1月20日 18時10 分からの「おきなわHOT eye」 同日 20時45分からの「ニュース845沖縄」 公職選挙法138条に、「何人も、選挙に関し、投票を得若しくは得しめ又は得しめない目的をもつて戸別訪問をすることができない。 」とあります。 こちらは、知事が一緒になって個人の自宅の中に入り、投票依頼をしています。 完全にアウトです。 これだけ明らかな証拠がありながら、万が一、翁長知事とシムラ候補が「おとがめなし」となれば、沖縄にはもはや民主主義は存在しないと言っても過言ではありません。 NHKに映像の証拠保全を求める NHKで放送された場面は、ほんの一場面でしたが、実際には自宅に入るところから、もっと長時間の録画がされているはずです。 警察が動けば、NHKは全録画データを提出しなければなりません。 仮にシムラ候補が当選しても、本人による選挙違反であるため、当選は無効となります。 翁長知事の責任も免れません。 現在、選管や沖縄県警には、この番組を見た視聴者からの問い合わせが殺到しているとのことです。 しかし警察が捜査に入れるのは宜野湾市長選の投開票日以降。 沖縄県警のトップである翁長知事を、県警がしっかりと立件できるか否か、全国民が、沖縄県警の対応を注視しています。 無法地帯・沖縄に、公正な選挙を取り戻すため、沖縄県警・宜野湾警察署の厳正な捜査と違反者に対する厳しい処罰を求めます。 宜野湾市選挙管理委員会 電話 098-893-4411 FAX 098-893-1241 宜野湾警察署 098-898-0110 沖縄県警 098-862-0110 沖縄の正常化のために活動している手登根安則氏は、自身のFacebookで以下のように訴えました。 (以下、手登根氏のFacebookより転載) 先ほど宜野湾市選挙管理員会に電話しました。 公職選挙法138条に、「何人も、選挙に関し、投票を得若しくは得しめ又は得しめない目的をもつて戸別訪問をすることができない。 」 という記載があります。 それに基づく質問をさせていただきました。 先日のNHKの動画においてシムラ候補と翁長知事が戸別訪問をし支持を訴えている動画が放映されましたが選管は把握していませんでした。 動画の内容を説明したところ、「ほんとうに候補者本人がそんなことをしていたのですか?」と絶句。 ここからは選管の言葉です。 「この事案が戸別訪問として警察が立件した場合、運動員ではなく候補者本人であるため当選したとしても当選は取り消しになります。 」 この言葉は非常に重い。 証拠はどんどん露わになっています。 同行し写真撮影をした某氏も警察の事情聴取を受けるでしょう。 沖縄にはいままで、私たちのような組織はありませんでした。 お金と組織力を持ちマスコミを味方につけた陣営が大手を振ってやりたい放題してきたのです。 それはもう、終焉が近いのかもしれません。 いまインターネットでの情報共有が大きな力になりつつあります。 情報はあっという間に拡散されます。 そしてここは両陣営だけでなく公安当局者、国会議員の先生方まで見ています。 これからも新しい事実が露わになればどんどん公開していきましょう。 それが国の中枢や公安関係者のもとに届くのです。 ここに集う皆さんの投稿ひとつひとつが、沖縄の選挙の正常化へと繋がることを信じて。 (転載おわり) ——- 参考資料 ———- <名護市長選挙での選挙違反、すべて不受理!> 2014年1月19日投開票の名護市長選挙に関し、3月13日 公職選挙法違反の疑いで名護市長以下国会議員5名、県議会議員15名、市議会議員2名、県内二紙の記者2名、政党及び団体役員4名、その他、運動員多数が有志等の連携により沖縄県警捜査二課に告発されました。 しかし、名護警察はこれらの告発をすべて不受理としました。 「志村恵一郎氏(63)と翁長雄志(おなが・たけし)知事」は公職選挙法違反の疑いがある。 不正選挙を行ったのは、公職選挙法で禁止されている戸別訪問をした「志村恵一郎氏(63)と翁長雄志(おなが・たけし)知事」のほうではないか? 映像では翁長雄志(おなが・たけし)知事は「厳しい選挙だけど、宜しくお願いしますね」と投票依頼を行っています。 これは明らかに「個別訪問」ではなく「戸別訪問」です。 戸別訪問は禁止,だけど個別訪問はグレー 選挙期間前及び期間中は「個別訪問」を行います。 あれ,「戸別訪問」は禁止されているはず。 そうです,よーく字を見てください。 禁止されているのは「戸別訪問」で,「個別訪問」はグレーなのです。 この違い,それは前者は「無差別に一軒ずつ回ること」で,後者は「特定の支持者を中心に回ること」です。 つまり,できる限り「個別訪問」を行うのです。 しかも,これは,選挙期間前の方からちゃんとやっておきます。 また,個別訪問でも「投票依頼」をすると,「戸別訪問」となってしまいます。 そこで,挨拶の際は「今,困っていることは何でしょうか」とか「何か行政にいいたいことはあるでしょうか」などのご用聞きを行うのです。 公職選挙法では「投票依頼の戸別訪問」を禁じています。 公職選挙法について 家を1軒ごとに訪問して投票を頼んだり、演説会や候補者の氏名の宣伝をする戸別訪問は、公職選挙法(第138条第1項、第2項)で禁止されています。 選挙運動期間中だけでなく、すべての政治活動において禁止。 違反すると、当選が無効になったり、罰則(1年以下の禁錮又は30万円以下の罰金)があります。 公職選挙法 (戸別訪問) 第百三十八条 何人も、選挙に関し、投票を得若しくは得しめ又は得しめない目的をもつて戸別訪問をすることができない。 2 いかなる方法をもつてするを問わず、選挙運動のため、戸別に、演説会の開催若しくは演説を行うことについて告知をする行為又は特定の候補者の氏名若しくは政党その他の政治団体の名称を言いあるく行為は、前項に規定する禁止行為に該当するものとみなす。 (事前運動、教育者の地位利用、戸別訪問等の制限違反) 第二百三十九条 次の各号の一に該当する者は、一年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。 一 第百二十九条、第百三十七条、第百三十七条の二又は第百三十七条の三の規定に違反して選挙運動をした者 二 第百三十四条の規定による命令に従わない者 三 第百三十八条の規定に違反して戸別訪問をした者 四 第百三十八条の二の規定に違反して署名運動をした者 2016. 23 07:55 宜野湾市長選あす投開票 過熱する集票活動 公選法違反で新人告発 米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾(ぎのわん)市の市長選が24日、投開票される。 現職の佐喜真淳氏(51)=自民、公明推薦=と、新人の元県職員、志村恵一郎氏(63)の一騎打ちの構図で、選挙戦は過熱。 21日には志村氏が、支援を受ける同県の翁長雄志(おなが・たけし)知事とともに公職選挙法で禁じられている戸別訪問をしていたと指摘する動画がインターネット上で拡散し、県内の民間選挙監視団体の男性が22日、同法違反の罪で志村、翁長両氏に対する告発状を県警に提出した。 県警は産経新聞の取材に、告発状について「受理か不受理かを含めて答えられることはない」とし、告発状の扱いは当面、預かりにしたとみられる。 志村氏選対の本部長代行を務める伊波洋一・元宜野湾市長は「街宣活動の途中に知り合いのところに顔を出すことはよくあり、違法なものではないと理解している」とコメントした。 平成8年の普天間飛行場の返還合意から20年、同飛行場の移設問題で市民は二分されてきた。 今回の市長選では佐喜真氏が名護市辺野古移設を否定していないのに対し、志村氏は辺野古移設に反対している。 選挙戦は、佐喜真氏が自公両党支持層の大半の票を固め、企業にも浸透する一方、志村氏は支援を受ける社民、共産両党など革新勢力の支持層を固めている。 勝敗のカギを握るのは有権者の半数を占めるとみられる無党派層だが、無党派層の支持は佐喜真、志村両氏に二分している。 【続報】宜野湾市長選挙 シムラ候補、公選法違反の『戸別訪問』疑惑 民間選挙監視団体が告訴状を提出 2016-01-23 21:55:02 沖縄・基地問題 【続報】宜野湾市長選挙 シムラ恵一郎候補者と翁長知事が、公選法違反の『戸別訪問』疑惑...

次の