しつこい 類語。 しつこい

しつこい

しつこい 類語

「しつこい」と「ひつこい」の違いのポイント! 最初に、「しつこい」と「ひつこい」の違いについて簡単にお伝えします。 「しつこい」とは、「執念深い」という意味の標準語。 「ひつこい」とは、「しつこい」が変化した言葉。 ということで、「しつこい」が標準語、「ひつこい」は「しつこい」が変化した言葉ということです。 「ひつこい」は主に関西地方などの西日本で多く使われています。 しかし、本当に「しつこい」が最初で本家本元なのでしょうか??? 「しつこい」が先なのか、「ひつこい」が先なのか、その語源などについてさらに詳しく解説していきますね。 特に「し」と「ひ」の使い方は、その土地によって特徴がありますよ。 執念深い。 あきらめが悪く、いつまでもつきまとうといった意味ですね。 「彼に反論すると、絶対に自分を曲げることなく、しつこい攻撃が…」 といった使い方をします。 「脂が多すぎて、味がしつこい」 といった使い方をします。 1つ目は、「躾(しつけ)」と「濃い」が合わさったという説です。 つまり「躾」というのは、何度も何度もうるさく指導されますよね。 そして「濃い」は、何度も何度も重ねられて濃くなるという意味の「濃い」です。 2つ目が、「執(しつ)」に「こい」をくっつけたという説です。 「執」とは、「とり付いて、はなれない」という意味があります。 「執念」「執拗」「執着」「固執」 といった、熟語がありますがなんとなく「とり付いて、はなれない」といった意味が共通していますよね。 そして「こい」は、漢字では「濃い」で「~っこい」の「こい」です。 「丸っこい」「あぶらっこい」 といった使い方をします。 「水っぽい」の「~ぽい」と似ていますね。 「~ぽい」の語源は、「多い」という説がありますが、もしかしたら「濃い」だったりして…。 3つ目が、「執拗」の読み方が「しつくどい」だったという説です。 実際に、明治時代の小説家である尾崎紅葉氏の「心の闇」に、「執拗く(しつくどく)」という言葉が出てきます。 その「しつくどい」が「しつこい」に変化したということですね。 4つ目が「湿」と「濃」が合わさったという説です。 江戸時代に執筆された書籍「春色梅美婦祢・二・八」に「湿濃」が実際に出てきます。 「何時私が湿濃(しつこく)した事が…」 これも「執念深い」という意味で使われています。 単純に考えれば、元々「しつこい」があり、それが「ひつこい」に変化したと考えるのが自然です。 しかし、本当に「しつこい」が最初なのでしょうか? というのは、もしかしたら「躾」は「ひつけ」で、「執」は「ひつ」だったということもあり得るのではないかということです。 そもそも「し」と「ひ」は、日本国内でごちゃごちゃです。 基本的に「江戸」の人の言葉が標準語として浸透したのですが、「江戸」の言葉と「江戸以外」の言葉でどっちが最初なのかというのは意外に曖昧だということです。 江戸の人は、「ひ」を「し」と発音することが多かったそうです。 そして、それが東日本に拡大したと思われます。 また、 西日本の人は「し」を「ひ」と発音することが多かったようです。 ちなみに「七」は、全ての人というわけではありませんが、東日本は「しち」ですが、西日本では「ひち」と発音する人もいます。 それから、「布団を敷く」と言ったり「布団をひく」という人もいますよね。 これも、おそらくは東日本と西日本の発音の違いだと考えられます。 さらに、江戸の人は「人」を「しと」と発音していたといった説もあります。 だとすると、西日本の「ひと」という発音が本流になったということですよね。 現在は「しつこい」が標準語として定着しています。 しかし、 「しつこい」が先なのか「ひつこい」が先なのかはよくわからないということです。 もしかしたら、「車にひかれる」の「ひかれる」は、「敷かれる」が語源だったかもしれませんよ…。

次の

しつこい人の6つの特徴としつこい人への対処法とは?

しつこい 類語

しつこいというのは好意からくる場合があるというのも、しつこい人を理解するポイントです。 神経質で恐怖心やプレッシャーを感じやすい繊細な人ほど、自分なりの克服方法を持っていて、多くは準備を怠らない、という解決方法に至ります。 実際は感覚や問題への対処法は人によって異なりますが、「自分はこうして乗り越えた」というのを押し付けてくることがあります。 言われた側としては話の正当性については一定の理解ができるものの、納得や譲歩をするには言い方と態度に配慮が足りないので、成否はともかく心情には寄り添えないと感じる状態です。 これは話し手が望んでいる「内容を通じて心情を汲み取ってほしい」ことと正反対の状態で、勘違いしたまま話し合いを続けると双方ヒートアップしがちです。 受け手が言い方に我慢して意見を受け入れると、話し手の態度も軟化し円満に解決することが多いです。 相手の話を理解することと連動して、自分が断るにしても順番を意識することが大切です。 その際、相手の気持ちにも一定の理解を示すと話が円滑に進みます。 一般的には頼みごとをする際に相手はまず用件を端的に説明するはずです。 こちらはこのタイミングで拒否する、または否定的な理由を先に言ってしまう、その上でなぜそれをする必要があるのかの説明を求めると交渉の主導権を握ることができるでしょう。 否定的な理由を先に説明するのは、話の詳細によっては肯定する余地があることを感じさせ、しつこい人の用件が本当にこちらの事情より大切なことか考える心理にさせることと、結果的に断られたが交渉の上仕方がなかったという心理にさせるためです。 上下関係のない団体で活動しているにも関わらず、個人の労働量や実績、モチベーションによって立場に便宜上の差が出ることがあります。 この差を埋めるためについつい強い口調で叱咤激励をしてしまいがちですが、控えるべきでしょう。 注意した人にしてみれば、イメージした成果と真逆の結果になり、自分も損をすると踏んだり蹴ったりです。 この場合に忍耐強く理性的な判断ができるかどうかがしつこいと思わせるかそうでないかの分岐点です。 どのような場合でもヒステリックになるのは禁物です。 話題の性質上否定的な物言いになり、私情を抑えるのは大変ですが「チームとして良くなること」を優先し前向きに行動することで、結果的に信頼も深まるでしょう。

次の

しつこい人の6つの特徴としつこい人への対処法とは?

しつこい 類語

一見すると悪い意味で 受け取られる事が多い言葉ですが、 良い意味での粘り強さを 表現する時にも使われます。 例えば、 「検察は企業の不正行為を 執拗に追及しています。 」 などと使います。 良い意味で使われる場合は 諦める事なく全力を尽くす様子を表す一方で、 いつまでも固執している様子に 呆れ果てて批判的に使われる事もあります。 例えば、 「彼は最後の1球まで諦めず、 しぶとく粘った。 」 などと使います。 物事に執着する事で いつまでもその事から離れない様子を表し、 諦めが悪く陰湿なイメージで 使われる事が多い言葉です。 例えば、 「彼女は執念深いから気を付けた方が良い。 」 などと使います。 「しつこい」の類語は 印象の悪い言葉が多くありますが、 中には使い方によって 良い意味になる言葉もあります。 類語は似た意味を持つ言葉ですが、 僅かな意味の違いによって それぞれの言葉の印象は異なっています。 ある言葉を類語で置き換える場合は、 意味の違いだけでなく その類語を使う事で受ける印象が どう変わるかなどにも注意してください。

次の