白菜 な まで 食べ れる。 キャベツの賞味期限は?いつまで生で食べることができるの?

野菜を食べ過ぎるとどうなる?考えられる病気や症状とは?

白菜 な まで 食べ れる

白菜といえば、鍋料理や煮物、漬物といった食べ方が多いのではないでしょうか。 意外かもしれませんが、ハクサイは加熱せずに生のままで食べても、おいしいものなんです。 和食にしっかりとなじんでいるハクサイですが、英語では「ChineseCabbage(チャイニーズキャベツ)」。 その名が示すように、中国を中心とした、東アジアで多く栽培されてるそうです。 日本で作られ始めたのは、明治時代に入ってからと、比較的新しい野菜だったようです。 欧米では、ハクサイはあまり広まっていないようですが、サラダ用などの需要はあるのだとか。 ハクサイでサラダといっても、どんな感じなのかわかりにくいかもしれませんが、例えばレタスやキャベツを使うところを、ハクサイに置き換えたサラダを作ってみてはいかがでしょう。 白いところは削ぎ切りに、やわらかい葉は適度にちぎるなどして、新鮮でみずみずしいハクサイを、味わってみてください。 ハクサイ以外では、水菜や春菊なども、やわらかい葉の部分をちぎってサラダに加えても、美味しいものです。 冬が旬の葉野菜、鍋料理以外にも試してみて、料理の幅を広げましょう。

次の

早く食べてもらえないストレスを知らせる野菜!?

白菜 な まで 食べ れる

食材の組み合わせが高カロリー(そして食べ過ぎる)• 白菜は水分が多いので食べ過ぎて代謝が下がる 特に2つ目の代謝が下がってしまうのは、 もともと基礎代謝の少ない女性には大問題ですね。 では、理由について詳しく説明していきましょう。 食材の組み合わせが高カロリー(そして食べ過ぎる) 味付けもせず白菜だけで食べる人はなかなかいないと思うんです。 基本的に白菜って味が淡白なので、味が濃いものと組み合わせることが多いですよね。 例えば、• 白菜と油揚げの煮浸し• 白菜のクリームシチュー• 白菜と豚肉の炒め物• 白菜キムチ など。 食欲をそそるものが多く、しかも高カロリーであることも多いです。 さらに白菜は煮たり焼いたりすると量が減るので、たくさん食べられちゃいますよね。 結局1人分以上を食べてしまってカロリーオーバーなんてことにも。 ツナのオイル缶ではなく、水煮缶をつかえば味付けも薄くてさらにヘルシー! 私はかつお節なんかを加えて、ツナの塩味とかつおの風味のみで食べたりしています。 さらにシリコンスチーマーなどに材料をまとめて入れ、5分ほど電子レンジで蒸し焼きにすると、白菜の水分で水も入れずに簡単に作ることができちゃいます。 白菜のサラダ 画像引用: 白菜って生で食べることができるの?と思うかもしれませんが、 実は白菜を生で食べるのはとても理にかなった方法なんですよ! 白菜に多く含まれる ビタミンCやカリウムは加熱することによって減ってしまいます。 生食ならそれを防げますよね。 低カロリーですませたいなら、 マヨネーズやドレッシングではなくポン酢や醤油でいただくのがオススメ! ヘルシーだけど物足りないという場合は、 白身魚やたこなどのお刺身をトッピングすると栄養価も食べごたえもグーンとアップしますよ!.

次の

白菜の賞味期限はいつ⁈しなしなしていても食べられる?腐る目安は⁈

白菜 な まで 食べ れる

そろそろ白菜も名残の時季である。 幅広いメニューに対応できる野菜ではあるけれど、鍋野菜に使う機会が多いこともあって冬野菜のイメージが強いように思う。 しかし、その栽培時期は秋から初夏辺りまでと思いのほか長く、3月から5月辺りまでに出荷されるものは春白菜と呼ばれるなどしている。 今、私たちが手に取る白菜が冬のそれと異なる品種なのかまではリサーチ不足で分からないのだけれど、例え冬のそれと同じであっても「春白菜」と名付けられていると、冬のそれとは異なる新しい気持ちで手に取ることができるから名付けとは面白いものである。 私は、白菜の中央にある柔らかくて甘味が強い部分が好きで、この部分は出来るだけ火を通さずにサラダに混ぜ込むようにしている。 それを楽しむことができるのも、あと僅かということで、最近は機会があれば迷わず手に取っている野菜である。 先日も、冷蔵庫から取り出した白菜を調理しようと洗っていたのだけれど、根元近くの肉厚部分に黒い斑点が出ていたのである。 普段よりも斑点が多いように感じたこともあって、切り取るべきか否か少し躊躇してしまった。 結局、この斑点は無害なものであることを以前確認したこともあり、出来るだけ見栄えにも影響が及ばないようなカットと調理方法で全てをありがたくいただくことにした。 私は白菜に時折出ている黒い斑点の正体を知らなかった頃は、何か良からぬものが付いているのではないかと思い念入りに洗ったことがあった。 それでも黒い斑点は取れず、白菜の内側から出ているものだと気付いて切り落としていたこともあった。 しかし、あの黒い斑点はお野菜全般に含まれているポリフェノールだと知ったのである。 人によっては、あの黒い斑点の見た目を苦手だと感じる方もいらっしゃるので、人様にお出しする際には配慮した方が良いようにも思うけれど、斑点そのものは、汚れやカビなどの人体に害を及ぼすようなものではないとのことなのだ。 それにしても、どうして黒い斑点がというところなのだけれど、あの斑点は、白菜が栽培時に何かしらのストレスを感じると現れるゴマ症と呼ばれる症状なのだそう。 はっきりとした原因は特定されていないようだけれど、私には、白菜がストレスを受ける何かがあったにも関わらず食卓に辿り着くまでに成長したという証、勲章のようなものにも思えて、黒い斑点に出会った折には敬意を表して、美味しくいただくようになった。 注意しなくてはいけないのは、購入時には無かったはずの斑点が現れはじめたときで、これは、白菜の鮮度が落ちたサインなのだとか。 同じ黒い斑点であっても、この場合は、栽培中のストレスではなく早く食べてもらえないことに対するストレスが黒い斑点となって表れているようだ。 モノ言わぬ野菜だけれど、しっかりとした意思表示をしているようでございます。 白菜も名残の時季となりました。 春白菜を手にする機会がありました折には、春白菜がストレスを感じてしまうまえに美味しく、楽しく味わってくださいませ。 画像をお借りしています: hiiragi1111.

次の