ワイマラナー。 ワイマラナーの特徴と性格・価格相場|犬図鑑|いぬのきもちWEB MAGAZINE

ワイマラナー子犬の販売状況!出産予定情報!ワイマラナー販売予約承ります

ワイマラナー

大型犬• シングルコート• 嗅覚、スピード、勇気、知性、スタミナ、警戒心など全ての能力を併せ持つ猟犬の雑種• まだ歴史の浅い犬種 ワイマラナーの性格 非常に賢い犬で、適切な関係が築けていれば飼い主にとても従順で愛情深い犬です。 反面、他人や他犬に対しては警戒心が強いのが特徴です。 頭がいいので、自ら頭で考える判断力や洞察力にも優れています。 サイズ・体格 ワイマラナーは 大型犬の一種で、成犬時の目安は、 体高がオスで59~70cm、メスで57~65cm オスで30~40kg、メスで25~35kg程度 とされています。 ちなみにジャパンケンネルクラブの理想体高としては、オスで62~67cm、メスで59~63cmです。 大型犬の飼い方や魅力は。 ワイマラナーは引き締まった筋肉量の多い体格をしています。 脂肪が無くスマートな体型でありながら、必要十分な筋肉で動きも機敏です。 被毛・カラー 一般的には美しい光沢のある、• グレー• シルバー• マウスグレー• ノロジカ色 などの シングルコートの短毛種ですが、20世紀に入る頃から長毛のワイマラナーが作られたため、現在でもダブルコートの長毛種もいます。 換毛期がないといわれているため、抜け毛が比較的少ないのが特徴です。 寿命 大型犬の中でも平均的で、平均寿命は 10~12年です。 ワイマラナーの歴史 歴史 ワイマラナーは確実な歴史がなく、色々な説が出回っています。 その中でも有力な情報として18世紀末頃「ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公カール・アウグスト」と呼ばれる宮廷で狩猟のために作りだされたといわれており、それ以降完璧な猟犬になるよう長い年月改良が重ねられ、現在のワイマラナーが生み出されました。 20世紀までは上流階級の人間のみがワイマラナーを飼育できるとされており、繁殖に関しても厳重な管理のもと行われていたといわれています。 1942年以降にアメリカワイマラナークラブが作られ、正式な犬種登録がアメリカンケンネルクラブによってされました。 名前の由来 ワイマラナーという名前の由来は大きく分けて2つあります。 1つ目は、歴史的にドイツ中部「ワイマール地方」のカール・アウグスト大公が猟を好んでいたことから名付けられたという説です。 そして2つ目は、「ワイマール地方」の貴族がワイマラナーを好んで飼育していたことから名づけられたという説があります。 残念ながら、どちらも今現在でも立証はされておらず、あくまで説に過ぎません。 ワイマラナーの飼い方や飼うときの注意点 室内飼育 ワイマラナーの性格上、飼い主と一緒に過ごす時間が多く必要なため室内飼いに適した犬です。 室内フリーで人とコミュニケーションがとれる時間、クレートやケージなどで落ち着いて過ごす時間をバランスよく作ってあげましょう。 室温にも敏感なので注意してあげて下さい。 運動量 猟犬として改良されてきたワイマラナーは非常に体力があるため、個体差はあるものの 一回1時間以上の散歩を一日2回目安で考えましょう。 1時間というと長めではありますが、ワイマラナーにはそのくらい必要です。 1時間が無理であれば、1日3回行ってあげないとストレスが溜まってしまう可能性があります。 運動量が極端に少ないと破壊行動や攻撃性などを中心に、ストレスによる問題行動を起こしやすいので、しっかりと十分な運動時間を確保しなければいけません。 そしてたまにはドッグランなど、自由に走り回れる環境があるとストレス発散や筋力維持に効果的です。 散歩のしつけ リーダーウォークができないと散歩が非常に困難になります。 リーダーウォークとは飼い主が主導権を握り、犬が飼い主に合わせて歩くということです。 引っ張ったり、違う方に走り出したりしないということを指します。 力が強いので子犬のうちから上下関係をしっかりと築き、散歩時の主導権は飼い主がしっかりと握らなければいけません。 専門家に散歩の指導をしてもらうのも1つの手ですから、うまくしつけをしていきましょう。 愛情のかけ方 ワイマラナーは歴史的に人と一緒に働いてきたため、飼い主さんの十分な愛情が必要です。 適切な信頼関係構築のためにも愛情を十分に与えましょう。 飼い主さんを独占したがる犬もいるので、子供や他のペットに危害を与える危険性があるので注意が必要です。 とにかく出来る限り長い時間を一緒に過ごし、そばに居させてあげることが重要です。 社会性 飼い主に対する忠実心が高い一方、他人に対しては排他的な一面もあります。 頑固で神経質な面もあるので、子犬のうちから社会性を身につけさせ色々な環境に適応できるようしつけましょう。 大型犬の中でも非常に力が強く、喧嘩になってしまうと死亡事故を招いてしまう危険性もあるので十分注意しなければいけません。 温度管理 犬は一般的に寒さに強いといわれていますが、ワイマラナーは寒さに弱いため室内飼育で温度管理をしてあげなければいけません。 被毛も短く体の脂肪も少ないので、冬を中心に寒さ対策には細心の注意を払いましょう。 ワイマラナーのなりやすい病気 股関節の病気 ワイマラナーは運動量も多く体つきも大きいため、 股関節形成不全を中心に股関節の病気に対しての配慮が大切です。 定期的な健康診断はもちろんのこと、室内では滑りやすいフローリングは避け、クッションフロアやカーペットなどを利用して肢や関節に負担がかかりにくい環境を作ってあげましょう。 肥満は股関節に大きな負担をかけるので、体重管理にも注意が必要です。 おやつなどのあげすぎに気を付けて下さい。 胃捻転の病気 ワイマラナーのように大型犬で胸の深い犬種は、 胃捻転リスクが非常に高いので注意が必要です。 胃捻転とは胃の内部にガスが溜まることで胃が拡張、捻じれてしまう病気です。 適切な緊急治療をしないと短時間で命を落としてしまう危険性が高い恐ろしい病気ですので、食後や食前の運動は絶対に避け、必要に応じて食事回数を分けることをおすすめします。 まとめ 今回は、光沢のある美しい被毛や堂々とした容姿で人気を集めるワイマラナーについてご紹介致しましたが、ワイマラナーは運動量が非常に多く、家族に深い愛情を求める犬ですので、十分時間的な余裕がある飼い主さんに向いています。 他者や他犬に対して頑固で神経質な一面があるので、子犬のうちからしっかりとしたしつけを行い、愛情豊かな環境で育ててあげましょう。

次の

ワイマラナーの特徴と性格・価格相場|犬図鑑|いぬのきもちWEB MAGAZINE

ワイマラナー

ワイマラナーの魅力 ワイマラナーは、独特のつややかなグレーの短毛が特徴です。 そのため 「グレー・ゴースト(灰色の幽霊)」という異名があります。 体も筋肉質の引き締まった体型で、気品あふれる風貌が魅力。 1800年代には宮廷で飼育されていたともいわれるワイマラナー。 気品と風格を兼ね備えた、美しい大型犬です。 無邪気で甘えん坊な犬です。 なかには警戒心が強く神経質な性格の犬もいますが、知的で学習能力が高いため、幼いころからほかの犬と触れ合わせ、積極的にトレーニングを行うと社会性が育ちます。 飼い主さんには従順で、 もともと賢いので、しつけには困らないタイプでしょう。 輝くようにつややかな、シルバーの被毛を持つワイマラナー。 ほどよく骨太で引き締まった足やたくましい肩、筋肉質な体つき、やや波打った耳やブルーグレーの目など、気品あふれる容姿が特徴的です。 瞳は、琥珀色や美しいブルーグレーです。 毛色の種類 ポピュラーな短毛のほか、比較的珍しい長毛の2種類があります。 被毛はきめ細かく、ビロードのようになめらかな触り心地。 長毛の場合、上毛は長くて柔らかく直毛、あるいはわずかにウェーブがかっています。 短毛も長毛も、上毛は直毛で下毛はまったくないか、まばらに生えている程度のため、暑さには強いですが、 寒さには弱く、温度管理が必要です。 毛色は長毛も短毛もシルバー、ノロジカ色 少し赤みがかった灰色 、グレー。 これらの色に濃淡が見られることもあります。 迎え入れ方、価格相場 愛犬の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護犬などさまざまな方法があります。 例えばペットショップで購入する場合だと、下記のような価格相場です。 また、体が大きい大型犬なので、食費、医療費、老犬介護費などの金銭的負担がクリアできることも条件として考慮する必要があるでしょう。 活動的なので、自由に動き回れる飼育スペースが確保できる人が向きます。 速足での散歩やドッグランでの自由運動も、ときどきできるとさらにいいですね。 エアコンなどで温度管理ができる環境が作れることも、犬との生活を快適にするためには必要です。 中・大型犬だけに、力が強い犬のコントロールやトレーニングは難しい面がありますので、飼育経験豊富な人向けといえるでしょう。 ポイント(2)しつけはできるだけ早い段階から ワイマラナーは、その昔、鹿や熊などの大型獣を狩るための猟犬として活躍していたので、活動量は豊富です。 日々の運動量はかなり必要で、 本能を刺激するような、朝夕1時間たっぷりの散歩ができるといいでしょう。 たとえば、水辺に行って一緒にバードウォッチングを楽しむなどしても猟犬の本能が刺激されて喜ぶでしょう。 とても力が強いので、 しつけはできるだけ早い段階からスタートし、社会性を身につけられるまで辛抱強く行いましょう。 神経質な犬にしないためにも、充分な社会化は必須です。 体が大きいので、つい物を飲み込んでしまう誤飲が多いです。 食事や水を嘔吐するようなときは、すぐに獣医師に相談しましょう。 ポイント(3)食後すぐの運動は避けて 室内で自由に動けるようにして、入ってもらいたくない場所には、仕切りなどを設置して事故の予防をしましょう。 また、犬が静かに落ち着けたり、眠ることができたりする自分だけの場所として、クレートや大きめのベッドを用意しておくといいでしょう。 運動量が多いので、犬が自由に走れる庭があると理想的です。 庭がなければ、 定期的にドッグランなどへ行き、思い切り自由に走らせる習慣をもつとよいでしょう。 寒さに弱い老犬の場合、冬は洋服を着せて保温してもいいですね。 一年を通して室内の温度・湿度は犬が快適な程度に保ち、熱中症などにならないよう十分に気をつけましょう。 胃捻転になりやすい犬種なので、食後すぐの運動は避けてください。 ポイント(4)年齢と目的に合わせたフードを 主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。 一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。 フードのパッケージの裏に 総合栄養食と記載されているものを選んで。 犬は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。 「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「大型犬用」など、 年齢と目的に応じたフードを与えましょう。 手作りフードは与えている物を飼主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。 しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。 ポイント(5)美しい毛並みを保つ努力を ワイマラナーは多くが短毛なので、毎日、硬く絞ったタオルで全身を毛並みにそって拭き上げます。 その後まだ体表に湿り気が残っているうちに、 全身をラバーブラシでブラッシングしましょう。 長毛の場合は、美しいグレーの被毛を保つためにも、股や脇など被毛が擦れて絡まりやすい部位に注意したブラッシングを実施しましょう。 参考 『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版).

次の

ワイマラナー 人気ブログランキングとブログ検索

ワイマラナー

ワイマラナーってどんな犬? photo by ワイマラナーの魅力とは• 圧倒的な存在感を放つ優美なルックス• 利口でしつけしやすい• 身体能力が高い ワイマラナー最大の魅力といえば、やはりグレーやシルバーの美しい被毛でしょう。 太陽の光に当たると宝石のように美しく輝き、他の犬種とは一味違うオーラを放ちます。 また、目の色も非常に独特で、青みがかったグレーをしています。 その上品かつ優雅なルックスは、一度見ると忘れられないほど強烈な印象を残していきます。 そんなワイマラナーは、とても利口な犬種です。 自分で物事を判断する力もありますし、知識の飲み込みも早いため、ワンちゃんを初めて飼う方でもスムーズにしつけを行えるでしょう。 また、昔から人間のパートナーとして生活してきた犬種ですので、とても従順な性格をしています。 特に信頼できる飼い主の指示には、素直に従ってくれます。 ワイマラナーの魅力はこれだけではありません。 身体能力が高く、一緒にスポーツやアウトドアを楽しめることも大きな魅力です。 このワイマラナーには引き締まった筋肉が付いており、それをバネのように動かして軽やかな動きを見せてくれます。 また、足元が不安定な山道でも簡単に歩いていくことができ、アウトドアのお供にピッタリです。 ワイマラナーの歴史 photo by ドイツ生まれのワイマラナーは非常に長い歴史を持っているため、未だに解明されていないことが多いです。 それゆえ起源については様々な説が上がっていますが、リアム・ハウンド(のちのブラッドハウンド)が祖先犬なのではないかという説が濃厚だとされています。 また、ワイマラナーは1830年代にはすでに存在していたとされ、ワイマール宮廷で飼育されていたとの話もあります。 そんなワイマラナーは当時ペットとしてはもちろん、狩猟犬としても人気がありました。 高い身体能力を活かし、多目的のハンティングドッグとして活躍していたそうです。 その後ワイマラナーは、狩猟犬として優秀だと言われていたポインターやセターと異種交配されるようになります。 しばらくは異種交配が続けられましたが、1890年頃には他の犬種との交配をストップし、繁殖計画にのっとってワイマラナーを作出するようになりました。 そして、20世紀へ入る頃には短毛だけでなく、長毛のワイマラナーも誕生。 長毛種は非常にエレガントなルックスをしており、今でも高い人気を誇ります。 同時期にワイマラナーは海外へと進出し、アメリカでは人気犬種の仲間入りを果たしています。 ただ、日本ではまだまだ知名度の低い犬種で、日本最大級の畜犬団体「ジャパンケネルクラブ」の調査によると、現在国内で飼育されているワイマラナーはたった163頭しかいないそうです。 (2018年現在)それゆえ、ペットショップにはほとんど出回らず、お迎えはブリーダーからに限定されるでしょう。 ワイマラナーの性格・性質• 愛情深い• やや頑固 ワイマラナーは非常に愛情深い性格をしており、一緒に暮らす家族や飼い主には献身的に尽くしてくれます。 この犬種はとにかく家族が大好きなため、長時間ひとりぼっちになる留守番は苦手です。 たった2~3時間家族と離れただけでも大きな不安を抱えてしまいますので、できるだけ一緒にいる時間を作るようにしましょう。 また、ワイマラナーには勇敢な性格が備わっています。 もし大切な飼い主が襲われていたら、どんな相手であっても勇敢に立ち向かっていきますので、番犬としては非常に優秀な犬種だと言えます。 そんなワイマラナーには、やや頑固な一面があります。 基本的には従順な性格をしていますが、自分が嫌だと思ったことには決して従いません。 力づくで従わせようとすると余計に動こうとしませんので、頑固モードが発動した際はワイマラナーが動き出すまで気長に待ちましょう。 ワイマラナーのお手入れ ワイマラナーは短毛ですので、ブラッシングは週に2~3回ほどが理想です。 ただ、春や秋にやってくる毛の生え変わり時期には大量の抜け毛が発生しますので、その時期のみ毎日ブラッシングを行いましょう。 抜けるべき毛が抜けずに放置されていると皮膚疾患にかかる恐れがありますので、忘れないようにしてくださいね。 なお、長毛の子を飼育する場合は毎日のブラッシングが必須です。 手入れを怠ってしまうと毛が絡まり、体の至るところに毛玉ができてしまいますので、注意しましょう。 また、ワイマラナーは垂れ耳ですので、週に2回ほどの耳掃除が欠かせません。 この垂れ耳は通気性が悪くニオイや汚れが溜まりやすい環境になっているため、耳の病気にかかるリスクが高いのです。 病気を未然に防ぐためにも、定期的な耳掃除は必ず行いましょう。 ワイマラナーの飼い方の注意点 photo by ワイマラナーは元々狩猟犬として活躍していた活発な犬種ですので、多くの運動量を必要とします。 そのため、1~2時間ほどの散歩を毎日2回行いましょう。 ただ、若い時期は体力が有り余っており、2時間散歩に行っても運動量が足りない場合があります。 その際はドッグランや広い公園に行って、自由に遊ばせてあげましょう。 思う存分走らせることで、しっかりと体力を消費させることができます。 もし体力が十分に発散されていないと、大きなストレスに繋がってしまうため、運動時間は必ず確保しましょう。 また、ワイマラナーは体に多くの脂肪を蓄えていないため、寒さに弱いです。 そのため、冬場は暖かい室内で飼育してあげましょう。 特に寒さが厳しい東北地方で飼育する際は、温度管理に注意してください。 もしワイマラナーの体が震えていたら、洋服を着せて防寒対策をしてあげましょう。 特に初対面の相手に対しては強い警戒心を抱き、飼い主の後ろから様子を伺う姿も珍しくありません。 また、ワイマラナー自身フレンドリーな性格ではないため、グイグイと距離感を詰めてくる相手に対して攻撃的になってしまうこともあります。 そのため、知らないワンちゃんや人と接触する際は、愛犬の様子を注意深く観察しておきましょう。 とても利口ではありますが、飼い主の指示を待たず勝手に行動を起こすことも多く、知らないうちに門を空けて外へ出ていたなんて話もあるのです。 そのため、ワイマラナーの行動から目を離さないようにしてくださいね。 それゆえ、一人にされる時間が多いと「分離不安」になる恐れがあります。 症状の例としては、声が枯れるまで鳴き続ける、血が出るほどしっぽを噛む、足を舐め続けるなどが挙げられます。 この分離不安はワイマラナーのような甘えん坊の犬種がなりやすいとされ、改善には長い期間を要するようです。 また、飼い主だけで分離不安を改善することは難しいため、問題行動を専門にしているドッグトレーナや獣医師に相談する必要があります。 ワイマラナーをお迎えしよう! photo by ワイマラナーの基本データ ワイマラナーの大きさ 56~69cm ワイマラナーの体重 25~41kg 平均寿命 12~13年 原産国 ドイツ ワイマラナーのカラー• シルバー• マウスグレー• ノロジカ ワイマラナーのカラーは基本的にグレーベースとなっており、一見どれも同じように見えます。 しかし、よく見てみると少しずつ違いがあるのです。 まず、シルバーはやや明るめのグレーをしています。 3色の中では最も透明感があり、神々しさすら感じられます。 一方マウスグレーは、深みのある暗いグレーをしています。 名前にもある通りネズミのようなカラーをしており、とてもクールで凛とした印象を受けます。 そして、あまり聞きなじみのないノロジカというカラーは、少し赤みがかったグレーの被毛を持ちます。 赤が入ることで、先ほど紹介した2色とは違った優しげな雰囲気が漂います。 そのため、どちらを選ぶかは飼い主の好みとなります。 一般的に女の子は優しい顔つきが多く、男の子はキリっとした凛々しい顔の子が多いと言われています。 ただ、ワイマラナーのブリーディングをしている方が少ないため、お迎えする場所はかなり限られるでしょう。 その中でも奈良県のブリーダーは、全国平均価格より若干安い価格でお迎えができます。 少しでも安くお迎えしたいと考えている方は、奈良県のブリーダーを訪ねてみてはいかがでしょうか。

次の