硫化カルシウム。 ICSC 1038

koukaichiran

硫化カルシウム

・アリシン ・硫化アリル ・ビタミンC ・カルシウム ねぎ 葱 による健康効果・効能 秋~冬にかけ美味しくなるねぎは、11月~2月頃が旬の野菜。 鍋や煮物、魚や肉のにおい消し、お蕎麦をはじめとする汁ものの薬味としても親しまれてきた。 春ねぎ、夏ねぎもあり、スーパーでは1年中扱われている。 ねぎの白い部分には、ビタミンCと・血行を良くする香り成分の硫化アリルが多く、緑の部分にはやカルシウムが豊富。 緑の部分に多いセレンというミネラルには、活性酵素の発生や発がんの抑制効果も期待できる。 ・血液をサラサラにする ・血管年齢が若返る ・殺菌作用 ・活性酸素の発生を抑制 ・がんの抑制作用 ・スタミナ回復 ・脳卒中、心筋梗塞の予防 硫化アリル アリシン ねぎ 葱 独自の辛みと香りは、硫化アリルというフィトケミカル。 フィトケミカルとは、植物に含まれる色素・香り成分・アクなどの総称で、人にとっても有効な機能性成分のこと。 などが代表的な成分。 硫化アリルは、ねぎ 葱 を始め…「らっきょう・・にら・」など香りの強い野菜類に多く含まれる。 抗酸化作用や抗菌作用のほか、疲労回復に効果がある。 硫化アリルには、血液をサラサラにする働きがあり、血管を若返る作用により動脈硬化や高血圧を防ぐ。 血糖値を下げ糖尿病のリスクを下げたり、発がん物質を除去する働きもある。 、や心筋梗塞防止作用。 デトックス効果により新陳代謝を促進しや美肌効果も。 ・ ・ ビタミンC ビタミンCは、強い抗酸化力によって過酸化脂質の生成を抑制しや、心筋梗塞などを予防する働きがある。 発がん性物質であるニトロソアミンの形成を抑制する働きがあり抗ガン作用も期待されている。 皮膚や血管の老化を抑えたりやをブロックする。 ビタミンCは「メラニンの生成を抑える」「メラニン色素を還元する」というダブルの美白効果があり、有害な活性酸素から細胞を守る抗酸化作用もある。 更には、コラーゲンの生成を助ける働きがあることから、しみ・ソバカス対策には欠かせない成分。 カルシウム カルシウムは、日本人に不足しがちなミネラル。 丈夫な骨や歯を作り、筋肉と神経の働きをバックアップする。 カルシウムが慢性的に不足すると骨折やを起こす可能性が高くなる。 女性はホルモンの影響で骨量が減少しやすいため気をつけるべき。 また、神経過敏な状態となりや腰痛を引き起こすこともある。 ・ ・ ねぎ 葱 の栄養成分表 食品成分表 可食部100gあたり エネルギー 28kcal 水分 91. 7g 炭水化物 7. 2g カリウム 180mg カルシウム 31mg リン 26mg 鉄 0. 2mg 亜鉛 0. 3mg マンガン 0. 10mg ビタミンB1 0. 04mg ビタミンB2 0. 04mg ビタミンB6 0. 2g ねぎ 葱 の種類 種類 特長 下仁田 肉質が柔らかく加熱すると甘味が出る。 群馬特産ののねぎ。 根深ねぎ 土を寄せて葉梢部分を白く長くした品種。 長ねぎ、白ネギと呼ばれている。 万能ねぎ 葉ねぎを若採りした緑黄色野菜。 博多万能ねぎとして有名。 わけぎ ねぎと玉ねぎの雑種。 香りはややマイルドな緑黄色野菜。 良く枝分かれるすることからこの名がついている。 リーキ 西洋種でポロねぎとも呼ばれる緑黄色野菜。 グラタンや煮込み料理で使われている。 あさつき ねぎの近親種で糸ねぎとも呼ばれる。 カロテンを多く含む緑黄色野菜。 九条太 京都特産の葉ねぎ。 1本の茎から5~6本枝分かれする品種。 芽ねぎ 密埴させた柔らかい芽を7cmほどで刈り取ったもの。 寿司のネタや汁の具に利用。 赤ねぎ 茨木特産でレッドポワローともいう。 軟白部分が赤紫になり、肉質は柔らかく辛みが少ない品種。 佐久殿様ねぎ 下仁田ねぎと同品種で、殿様に献上していたことからこの名がついた。 観音ねぎ 広島市の在来種で夏~秋に収穫される。 葉ねぎと白ねぎの中間的なタイプの品種。 ねぎ 葱 の保存方法、その他 ねぎ 葱 を新聞紙で包み、冷暗所で保存する。 泥つきの物は日陰の土に埋めておくと長持ちする。 :香り成分の硫化アリルでリラックス効果が得られる。 ねぎを刻んでキッチンペーパーで包み枕元へ置く。 関連料理 ・ ・ ・ ・.

次の

硫化カルシウム

硫化カルシウム

適切な保護手袋、衣類及び保護眼鏡、保護面を着用すること。 この製品を使用する時に、飲食又は喫煙をしないこと。 取り扱い後はよく手を洗うこと。 粉じん、蒸気、スプレーを吸入しないこと。 【救急処置】 ばく露した場合、直ちに医師に連絡すること。 皮膚(又は毛)に付着した場合、直ちに、汚染された衣類を全て脱ぐこと、取り除くこと。 皮膚を流水、シャワーで洗うこと。 直ちに医師に連絡すること。 汚染した衣類は再使用する場合には洗濯すること。 眼に入った場合、水で数分間注意深く洗うこと。 次に、コンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。 その後も洗浄を続けること。 直ちに医師に連絡すること。 飲み込んだ場合、口をすすぐこと。 無理に吐かせないこと。 直ちに医師に連絡すること。 気分が悪い時は、医師に連絡すること。 【保管】 他の物質から離して保管すること。 適切な保管条件で保管すること。 積荷、パレット間にすきまをあけること。 施錠して保管すること。 【廃棄】 内容物や容器を都道府県知事の許可を受けた専門の廃棄物処理業者に業務委託すること。 国・地域情報: 3.組成、成分情報 化学物質 化学名又は一般名: 硫化カリウム Potassium sulfide 別名: チオジカリウム Thiodipotassium 化学式(分子量): K 2S 110. 26 化学特性(示性式又は構造式): CAS番号: 1312-73-8 官報公示整理番号(化審法・安衛法): 分類に寄与する不純物及び安定化添加物: 濃度又は濃度範囲: 無水物又は結晶水の含有率が30%未満 4.応急措置 吸入した場合: 新鮮な空気のある場所に移動し、呼吸しやすい姿勢で休息させること。 気分が悪い時は医師を呼ぶこと。 皮膚に付着した場合: 直ちに、全ての汚染された衣類を取り去ること。 皮膚を速やかに洗浄すること。 汚染された衣類を再使用する前に洗濯すること。 目に入った場合: コンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。 洗浄を続けること。 水で数分間、注意深く洗うこと。 直ちに医師を呼ぶこと。 飲み込んだ場合: 速やかに口をすすぎ、医師の診断を受けること。 吐かせないこと。 予想される急性症状及び遅発性症状: 眼・皮膚の炎症・痛み、遅発性症状:肺水腫。 硫化水素発生の場合:頭痛、吐き気、興奮、意識喪失、臭覚神経麻痺、けいれん、肺水腫。 二酸化炭素発生の場合:呼吸器官の激しい刺激、咳。 最も重要な兆候及び症状: 肺水腫の症状は2時間以上経過するまで現れない場合が多く、安静を保たないと悪化する。 したがって、安静と経過観察が不可欠である。 5.火災時の措置 消火剤: 小火災:粉末消火剤、二酸化炭素又は散水 大火災:粉末消火剤、二酸化炭素、耐アルコール性泡消火剤あるいは散水 使ってはならない消火剤: 棒状注水 特有の危険有害性: 引火性が強く爆発することがある。 フレアー燃焼効果により速やかに燃焼するおそれがある。 消火後、再び発火するおそれがある。 火災によって刺激性、毒性、又は腐食性のガス及び蒸気を発生するおそれがある。 火災のおそれ。 特有の消火方法: 火災の種類に応じて適切な消火剤を用いる。 危険でなければ火災区域から容器を移動する。 移動不可能な場合、容器及び周囲に散水して冷却する。 消火活動は、有効に行える十分な距離から行う。 容器内に水を入れてはいけない。 消火後も、大量の水を用いて十分に容器を冷却する。 消火を行う者の保護: 適切な空気呼吸器、化学用防護衣を着用する。 6.漏出時の措置 人体に対する注意事項、保護具及び緊急時措置: 「8.ばく露防止及び保護措置」の項に示した適切な保護具を着用する。 漏洩物に触れたり、その中を歩いたりしない。 直ちに、全ての方向に適切な距離を漏洩区域として隔離する。 関係者以外の立入りを禁止する。 漏洩しても火災が発生していない場合、密閉性の高い、不浸透性の保護衣を着用する。 風上に留まる。 低地から離れる。 環境に対する注意事項: 環境中に放出してはならない。 排水溝、下水溝、地下室あるいは閉鎖場所への流入を防ぐ。 回収、中和: 漏洩物を掃き集めて密閉できる空容器に回収し、後で廃棄処理する。 残留物は乾燥土、砂で吸収し、密閉できる空容器に回収する。 封じ込め及び浄化の方法・機材: 危険でなければ漏れをとめる。 乾燥した土、砂や不燃材料(粉砕石灰石)で覆い、密閉できる容器に回収する。 二次災害の防止策: 全ての発火源を速やかに取り除く。 近傍での喫煙、火花や火災の禁止。 7.取扱い及び保管上の注意 取扱い 技術的対策: 「8.ばく露防止及び保護措置」に記載の設備対策を行い、保護具を着用する。 局所排気・全体換気: 「8.ばく露防止及び保護措置」に記載の局所排気、全体換気を行う。 安全取扱い注意事項: 指定された量以下に区分けし積み重ねない。 接触、吸入又は飲み込んではならない。 この製品を使用する時に、飲食又は喫煙をしないこと。 取扱い後はよく手を洗うこと。 眼に入れないこと。 粉じん、ミストを吸入しないこと。 屋外又は換気の良い区域でのみ使用すること。 接触回避: 「10.安定性及び反応性」を参照。 保管 技術的対策: 保管場所は壁、柱、床を耐火構造とし、かつ、はりを不燃材料で作ること。 保管場所は屋根を不燃材料で作るとともに、金属板その他の軽量な不燃材料でふき、かつ天井を設けないこと。 保管場所には危険物を貯蔵し、又は取り扱うために必要な採光、照明及び換気の設備を設ける。 混触危険物質: 「10.安定性及び反応性」を参照。 保管条件: 指定する量以上の大量品は、指定する温度を超えない温度で保管すること。 冷所に保管し、日光を遮断すること。 他の物質から離して保管すること。 容器を密閉して換気の良いところで貯蔵すること。 施錠して貯蔵すること。 容器包装材料: 国連輸送規則で規定されている容器を使用する。 8.ばく露防止及び保護措置 管理濃度: 未設定 許容濃度(ばく露限界値、生物学的ばく露指標): 日本産衛学会(2007年版) 未設定 ACGIH(2007年版) 未設定 設備対策: この物質を貯蔵ないし取り扱う作業場には洗眼器と安全シャワーを設置すること。 作業場には全体換気装置、局所排気装置を設置すること。 保護具 呼吸器の保護具: 適切な呼吸用保護具を着用すること。 防毒マスクには硫化水素ガス用、亜硫酸ガス用吸収缶を使用する。 手の保護具: 製造業者又は当局が指定する保護手袋を着用すること。 眼の保護具: 適切な眼の保護具を着用すること。 皮膚及び身体の保護具: 適切な顔面用の保護具を着用すること。 一切の接触を防止するにはネオプレン製の、手袋、エプロン、ブーツ、又は全体スーツ等の不浸透性の防具を適宜着用すること。 衛生対策: この製品を使用する時に、飲食又は喫煙をしないこと。 取扱後はよく手を洗うこと。 8(水=1) 1 溶解度: 水:非常によく溶ける 1 、アルコール・グリセリン:可溶 3 、エーテル:不溶 3 オクタノール/水分配係数: -4. 23(推測値) 2 自然発火温度: データなし 分解温度: データなし 臭いのしきい(閾)値: データなし 蒸発速度(酢酸ブチル=1): データなし 燃焼性(固体、ガス): 不燃性 粘度: データなし 10.安定性及び反応性 安定性: 空気中の炭酸ガス及び酸素と次第に反応する。 その際、匂いでわかる(危険ではない)量の硫化水素が生じる。 強く加熱されると、有毒・可燃性の硫化水素を生じる。 発火性、爆発性、潮解性がある。 危険有害反応可能性: 酸類と反応して、有害性、可燃性の硫化水素を発生する。 避けるべき条件: 水、湿気、混触危険物質との接触、強熱。 混触危険物質: 酸類 危険有害な分解生成物: 硫化水素、硫黄酸化物。 呼吸器感作性又は皮膚感作性: 呼吸器感作性:データなし、皮膚感作性:分類できないデータなし 生殖細胞変異原性: データなし 発がん性: データなし 生殖毒性: データなし 特定標的臓器毒性(単回ばく露): ICSC J)の記述「吸入により咽頭痛、咳、灼熱感、息切れ、頭痛、めまい、吐き気、肺水腫」 1 、HSFSの記述「pottasium sulfideの吸入は、肺を刺激し咳及び呼吸の短縮を発現 4。 高レベル暴露は肺水腫を発現」及びSITTIGの記述「ミストあるいはダストの吸入は眼、鼻、咽頭を刺激し、くしゃみ、咳、咽頭の痛みを伴う。 高レベル暴露は肺水腫を発現」 5 、区分2 呼吸器系)とした。 本物質は水と反応して硫化水素を発生するが、硫化水素は国のGHS分類(ID998 において、ヒトでの単回吸入暴露により、吐き気、頭痛、譫妄、平衡感覚障害、記憶力低下、神経行動変化、嗅覚麻痺、意識消失、振戦、痙攣などの症状および不整脈、血圧上昇が認められるとの記述(CICAD, 2003 、意識消失および呼吸麻痺により死亡するとの記述(IRIS, 2006 があり、ラットでの単回吸入暴露により、区分1のガイダンス値範囲の用量で条件回避反応の低下、気道粘膜の組織傷害が認められたとの記述、マウスでの単回吸入暴露により鼻粘膜に軽度の刺激性が認められたとの記述(CICAD, 2003)から、区分1(中枢神経系、心臓血管系、呼吸器系)に分類されている。 特定標的臓器毒性(反復ばく露): HSFSの記述「非常な高暴露は不整脈を発現」 4 及びSITTIGの記述「腐食性物質は気管支炎の発現など肺の障害を引起こす 5。 暴露が長引くと鼻の内側に糜爛あるいは潰瘍を引起こす」があるが、他に情報がなく、データ不足で分類できないとした。 吸引性呼吸器有害性: データなし 12.環境影響情報 生態毒性: 水生環境急性有害性:EUでN; R50に分類されているが、データがないので分類できない。 水生環境慢性有害性:EUでN; R50に分類されているが、データがないので分類できない。 N; R50から、水生生物に対して毒性が強い 6。 魚類: 甲殻類: 藻類: その他の生物: 残留性・分解性: データなし 生体蓄積性: データなし 土壌中の移動性: データなし 13.廃棄上の注意: 残余廃棄物: 廃棄においては、関連法規ならびに地方自治体の基準に従うこと。 都道府県知事などの許可を受けた産業廃棄物処理業者、もしくは地方公共団体がその処理を行っている場合にはそこに委託して処理する。 廃棄物の処理を委託する場合、処理業者等に危険性、有害性を十分告知の上処理を委託する。 汚染容器及び包装: 容器は清浄にしてリサイクルするか、関連法規ならびに地方自治体の基準に従って適切な処分を行う。 空容器を廃棄する場合は、内容物を完全に除去すること。 14.輸送上の注意 国際規則 IMDG(国際海上危険物規則)コード 4.2 国連番号: 1382 品名(国連輸送名): 硫化カリウム(無水物又は結晶水の含有率が30質量%未満のもの) 国連分類: 4.2 容器等級: II 海洋汚染物質: ICAO-TI(国際民間航空機関技術指針) 国連番号: 1382 品名(国連輸送名): 硫化カリウム(無水物又は結晶水の含有率が30質量%未満のもの) 国連分類: 4.2 包装等級: 2 国内規制 海上規制情報 船舶安全法の規制に従う。 航空規制情報 航空法の規制に従う。 陸上規制情報 特別の安全対策 危険物又は当該危険物を収納した運搬容器が落下し、転倒もしくは破損しないように積載すること。 危険物又は当該危険物を収納した容器が著しく摩擦または動揺を起こさないように運搬すること。 危険物の運搬中、危険物が著しく漏れる等、災害が発生するおそれがある場合には、災害を防止するための応急措置を講ずると共に、もよりの消防機関その他の関連機関に通報すること。 移送時にイエローカードの保持が必要。 食品や飼料と一緒に輸送してはならない。 輸送に際しては、直射日光を避け、容器の破損、腐食、漏れのないように積み込み、荷崩れの防止を確実に行う。 重量物を上積みしない。 15.適用法令 労働安全衛生法: 化学物質排出把握管理促進法(PRTR法): 指定なし 毒物及び劇物取締法: 指定なし 消防法: 船舶安全法: 可燃性物質類・自然発火性物質 【国連番号】1382 無水物又は結晶水の含有率が30質量%未満のもの【正副ラベル】I 【等級】2 航空法 : 可燃性物質類・自然発火性物質 【国連番号】1382 無水物又は結晶水の含有率が30質量%未満のもの【正副標札】4.2 【容器等級】II 16.その他の情報 1 ICSC J 1997 2 SRC Access on Aug 2007 3 HSDB 2002 4 HSFS 2001 5 SITTIG 2002 6 ECBN-CLASSDB Access on Aug 2007 災害事例.

次の

職場のあんぜんサイト:化学物質: 硫化カリウム

硫化カルシウム

多硫化カルシウム ICSC: 1038 多硫化石灰 ポリ硫化カルシウム カルシウムポリスルフィド 4月 2005 CAS登録番号: 1344-81-6 EINECS番号: 215-709-2 一次災害 予防 消火活動 火災・爆発 可燃性。 火災時に、刺激性あるいは有毒なフュームやガスを放出する。 「注」参照。 酸との接触禁止。 裸火禁止。 乾燥粉末消火剤、乾燥砂を使用する。 作業環境管理を厳密に! 症状 予防 応急処置 吸入 咽頭痛。 めまい。 息苦しさ。 意識喪失。 換気、局所排気、または呼吸用保護具を使用する。 新鮮な空気、安静。 口対口の人工呼吸禁止。 酸素処置が必要なことがある。 医療機関に連絡する。 皮膚 発赤。 保護手袋。 汚染された衣服を脱がせる。 洗い流してから水と石鹸で皮膚を洗浄する。 眼 充血。 呼吸用保護具と併用して、安全ゴーグルまたは眼用保護具を着用する。 数分間多量の水で洗い流し できればコンタクトレンズをはずして 、医療機関に連絡する。 経口摂取 灼熱感。 胃痙攣。 吐き気。 作業中は飲食、喫煙をしない。 食事前に手を洗う。 口をすすぐ。 吐かせない。 水に活性炭を懸濁した液を飲ませる。 口対口の人工呼吸禁止。 酸素処置が必要なことがある。 医療機関に連絡する。 漏洩物処理 分類・表示 ・個人用保護具:空気中濃度に応じた有機ガスおよび蒸気用フィルター付マスク ・この物質を環境中に放出してはならない ・漏れた液やこぼれた液を、密閉式の容器にできる限り集める ・残留液を、砂または不活性吸収剤に吸収させる ・地域規則に従って保管・処理する 国連GHS判定基準に準拠 輸送 国連分類 貯蔵 ・消火により生じる流出物を収容するための用意 ・酸および食品や飼料から離しておく ・密封 ・換気のよい部屋に保管 ・排水管や下水管へのアクセスのない場で貯蔵する 包装 オリジナルの英語版は、EU(欧州連合)の財政支援のもと、ILO(国際労働機関)とWHO(世界保健機関)に代わり、国際専門 家グループにより作成されたものである。 物理的危険性 化学的危険性 酸と接触すると、分解する。 非常に有毒で引火性の硫化水素を生じる。 金属類を侵す。 水溶液は、中程度の強さの塩基である。 化学式: CaS x ・比重 水=1 :1. 28 ・水への溶解度 : 混和する 暴露・健康への影響 曝露経路 体内への吸収経路:経口摂取および吸入。 短期曝露の影響 本物質は、眼、皮膚および気道を刺激する。 経口摂取すると、腐食性を示す。 細胞呼吸に影響を与えることがある。 痙攣および意識喪失を生じることがある。 曝露すると、死を引き起こすことがある。 医学的な経過観察が必要である。 「注」参照。

次の